« 『メリー・ポピンズ』(5) | トップページ | 『新妻聖子コンサート2022』 »

『My Story,My Song ~ and You』

2022.5.22(Sun.) 13:00~15:30
シアタークリエ 6列10番台(センターブロック)

4日間6公演限りのトーク&ソングライブ、行ってきました。
山口祐一郎さんをメインホストに、各回替わり2日ずつのゲストが登場する構成。
大塚千弘さん登場は2回、この日と前日の土曜マチネの2回でしたが、
この回のチケットをご用意いただけたので、幸運にも生で見られました。

第1部がトーク、第2部が歌の構成。

第1部、ゲストと言いつつ最初出てくる、ちーちゃん(祐さんは「ちひろりん」と言ってました、慣れない笑)と圭吾さん。「ゲストなのに最初に出てくる(笑)」と笑いを取りつつ、祐さんを迎え入れての、第1部はトークパート。1セクション10分で、30秒前に舞台前方のバーが点灯、15秒前に舞台前方のパトライトが点灯(点滅か点灯かで客席にアンケート…笑)、時間になると盆が回って強制終了(笑)という構成。

この回の進行役は予想通りのちーちゃんでしたが、流石の進行力でばっさばっさと2人をぶった切る(笑)。「先生」って自ら言ってましたが、客席から見てても「そうだよね」な、「先生と、言うこと聞かない生徒2人」という関係性(笑)で、しかもそれを客席もスタッフさんも期待してるというポジションがとっても面白い。

祐さん曰く「出会ったときはセーラー服」なちーちゃん、最初にお父様お母様に「うちの娘をよろしくお願いします」と挨拶されて「僕でいいんですか」と答え、お父様が「祐一郎さん、私と同い年です」と答えられて「あぁ、僕は大塚さんの保護者になるんだな」と思った話とか(笑)、圭吾さんが祐一郎さんに憧れてこの道に入って「兄弟じゃないかってぐらい似てた」と祐さんが仰ってる話とか、それぞれ大切な思い出なんだなぁと。

今回の公演、女性キャストは知寿さんとちーちゃんと2人だけで、知寿さんが祐一郎さんが四季在団時の代表的な共演者として呼ばれたということなら、ちーちゃんは祐一郎さんが東宝に出られるようになってからの代表的な共演者ということなわけで、そのポジション自体が有難い話だなと。

直接的な相手役は『レベッカ』の「わたし」ですが、それ以外にも『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のサラ、『モーツァルト!』のコンスタンツェと言った共演作があり、先ほどの話の「保護者と娘」という関係性に、「あまりならない」絶妙な距離感が、祐さんとちーちゃんのいいところなんだろうなと。
ちーちゃんも以前からスカッとサラッと、漢前のサバサバしたところがありますから、「ヒロインとしてそこにいてくれる」安心感で、「濃すぎず薄すぎず」の立ち位置が良かったのだろうなと思うのです。

ちーちゃんと圭吾さんの関係も絶妙ですよね。M4の「フレンドシップ」が、「私たちいい関係だと思わない?」からの導入で、関係性と選曲の組み合わせが流石で、何かボニクラとか合いそうじゃない的な距離感。先日の『笑う男』が実質的にガッツリ組んだ初とのことですが(言われてみればそうですね)、過去『SHIROH』、『モーツァルト!』、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』と共演歴は多く。

ちなみに、『笑う男』では2人が初参加組(再演組)だったために、居場所に困り(笑)、稽古場で端っこにいて、役作りについて随分話すことが多くて、より濃い関係性になったという話をされてて納得。

で、ここでセットリストです。

●セットリスト
1.The Music of the Night/The Phantom of Opera(山口)
2.私だけに/エリザベート(大塚)
3.恋をしているのなら/ダンス・オブ・ヴァンパイア(山口・吉野)
4.フレンドシップ/エニシング・ゴーズ(大塚・吉野)
5.夜を越えて/レベッカ(山口・大塚)
6.砂に刻む歌/ラ・カージュ・オ・フォール(吉野)
7.ダンスはやめられない/モーツァルト!(大塚)
8.It All Feads Away/マディソン郡の橋(山口)
9.持ちつ持たれつ/レベッカ(吉野)
10.糸/オトコ・フタリ(山口・大塚・吉野)

セットリストは回替わりで、ソロが2曲ずつということで、この回のちーちゃんは初出しの「私だけに」。
ちーちゃん曰く「無茶苦茶緊張してる」と。「祐一郎さんと一路さんの『エリザベート』を拝見して大感動してた私がこの曲を歌う日が来るとは」と話されていて、その緊張が伝わってくるほどでしたが、そのいっぱいいっぱいさが役とシンクロした感じで新鮮でした。

もう1曲はM7「ダンスはやめられない」。「18年前に演じた役を、今倍の年齢で歌う」とシレっと言っちゃうちーちゃんは、ある意味凄いわけですが、こちらも当時の「いっぱいいっぱいさ」が役とシンクロした(名古屋と博多のみの出演だったので、東京では本役として演じていない)とまた違った魅力。今の年齢になっても若さゆえの危うさを自在に出せるところは、ちーちゃんご自身もあまり意識されていないけれども、実はとっても武器なんじゃないかと思うわけです。

デュエットでのM3が、祐さんアルフレートと吉野さんヘルベルトという、またまた面白い関係性だったわけですが、その後ろで本役サラのちーちゃんがまったり水飲んで苦笑しながら見てる図式が一番面白かったかもです(笑)。

祐一郎さん中心に、ちーちゃん&圭吾さんという絶妙な関係性のトライアングルだったこの回。
お3方が歌ってくださった最後の曲「糸」が、客席や配信の方を思ってくださる優しい歌声で、当時からの積み重ねて来た日々を感じさせるかのような空気感を共有できて、素敵な公演になったのでした。

|

« 『メリー・ポピンズ』(5) | トップページ | 『新妻聖子コンサート2022』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『メリー・ポピンズ』(5) | トップページ | 『新妻聖子コンサート2022』 »