« 『千と千尋の神隠し』 | トップページ | 『メリー・ポピンズ』(3) »

『メリー・ポピンズ』(2)

2022.3.25(Fri.) 13:00~16:00
東急シアターオーブ 3階5列10番台(下手側)

2018年以来4年ぶりの再演、この日がプレビュー2日目、笹本玲奈メリーの初日です。

玲奈ちゃんと言えば、去年のオーブの「マリー」から「メアリー」になって、「メリー」になるという、なんだか「M」にご縁があります(爆)。

シアターオーブって結構作品を選ぶ劇場だと思ってるんですが、メリポピは群を抜いてオーブ向きな作品だと思っています(次点はシスアク)。劇場の立ち位置的に、エンタメ寄りの作品との相性が凄く良く、家族連れでやってくるのにぴったりな作品だなぁ、と思ってます。内容も深いのに考えなくても見られる、とっても好きな作品です。

初演のメリーは今回も続投されてる濱田めぐみさんと平原綾香さんでしたが、今回、再演では平原さんが出演されず笹本玲奈さんに。

玲奈ちゃんがめぐさんの後任というのは過去もあります(『ジキルとハイド』のルーシー役)が、Wキャストは今回が初めて。めぐさんの凄さと有難さを感じながら、「手順の鬼」と言われるメリーを、きっちり仕上げてくる玲奈ちゃんの凄さも感じました。

実際のところ、プレビュー初日なので硬さは拭えなかったですし、特に1幕は緊張のせいなのか、役柄的なせいなのか、子守であるメリーが、バンクス家の子供2人にかなり厳しめに当たってて見えました。
意識的に隙を見せないような様の役が今まであまりなかったので新鮮です。

今回、玲奈ちゃんが何度もインタビューで語っていますが、4年前にオーディションを受けたものの、キャメロン=マッキントッシュから「君の印象はエポニーヌかキムという少女のイメージだからメリーには合わない」と言われて涙を飲み、「いつまでもエポニーヌやキムをやってちゃいけない」と卒業を決断したと、ご本人が仰っていました。が、その4年間の間に結婚もされ、お子さんも生まれて、「母」という立場になって表現できるようになった様が確実にあって。

同じオーブの『マリー・アントワネット』でのマリーの時も、Wキャストのお相手である花總さんに教えを請いながら、でも「母」ということが、玲奈ちゃんしか持っていない役作りの「武器」になっていたように感じていて、今回、とてもそれと似た印象を持ちます。

今まで同じ役(エポニーヌ、キム)をやってきた知念ちゃんがバンクス家の奥様、ウィニフレッドということで、玲奈ちゃんが知念ちゃんを諭すという、未だかつて見たことがないシーンもあったりします。年齢的には知念ちゃんが上ですからね。でも、2人とも「母」だからこそ、「母」として苦悩する様が言わなくても通じ合える、みたいな空気感はとても新鮮でした(今回、メリーとウィニフレッドで、女優さんがリアルに「母」なのはこの組み合わせだけ)。

この日は1幕、寝室にメリー、子供たちが入ってくる直前で音楽がループして場面が先に進まなくなり、一旦舞台が中断するトラブルがありました。この作品はすべて自動制御(コンピュータ制御)の舞台機構なので、安全を考えての再開に相当時間がかかるかと心配しましたが、当作品のプロデューサー(女性)のお詫びの挨拶が入り、5分足らずでの再開になりました。

再開直後、玲奈メリーが先頭切って入ってきたのですが、それまでの少しばかり緊張した様とは変わり、堂々としたメリーで入ってきて頼もしい限り。「さっ、いくわよ」がスパッと嵌った瞬間というか、玲奈ちゃんの役者魂を感じて、そこからどんどん勢いに乗った感。

スパカリの陽の空気もぴったりなんですよね。元々踊りに定評があるので、すっと立つ様と、ダイナミックに振付を展開する様がきれいに嵌る。アンサンブルさんも続投の方含めていっぱいいらっしゃるので、懐かしみながら楽しめます。緑色の青山郁代さんの動きがみられて嬉しい。プレビュー初日から手拍子が入ってたのも客席流石です。

そして相棒のバート・おのりゅー(小野田龍之介氏)は、「初演もバートで出てたよね(違います笑)」ってぐらいの安定感なので、玲奈メリーと、おのりゅーバートを組ませたのは大正解だよなぁ。

2幕は玲奈メリーにも笑顔が見えてきて、おのりゅーバートに茶目っ気見せて、ちょっと弄ぶようなポジションを楽しんでる様が、見ててとても楽しい(笑)。

プレビュー初日ということもあってか、メリーの人となりというか、判断基準みたいなものは、まだ「手順をこなすのにいっぱいいっぱい」という感じもあってか、これからに期待と言ったところです。

この回の席は3階5列目の下手側ということで、意識して取ったのですが、知る人ぞ知る「メリーがステージから飛んでくる到達点」のすぐそば、なのです。1階席の上を旋回し、2階席の上を旋回した後、いきなり3階席の上にぐいっと現れる玲奈メリーにびっくりする(笑)わけですが、本当に近かったので目が合ったと信じてる、それだけ。他には何もいらないの(←おい笑)

プレビュー日程が後ずれになった関係で、いつのチケットを取ってあるんだか混乱してるので、これから再チェックしようと思います(笑)。

|

« 『千と千尋の神隠し』 | トップページ | 『メリー・ポピンズ』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『千と千尋の神隠し』 | トップページ | 『メリー・ポピンズ』(3) »