« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

『笑う男』(3)

2022.2.18(Fri.) 18:00~21:10
 帝国劇場 1階U列1桁番台(下手側)

 帝劇前楽、この日が(Wキャスト)デア役、真彩希帆さん(きぃちゃん/なっちゃん)の帝劇楽。

 2月3日初日予定だったこの作品は、初日が開演25分前に中止。1週間遅れの2月10日(帝劇開場記念日)からの公演となりました。帝劇公演は当初きぃちゃん12公演、彩春ちゃん11公演で合計23公演だったところが、2人とも7公演ずつ14公演ということになりました。

 元々きぃちゃんといえば、パワフル歌唱が持ち味で、可憐なデアを演じられるのかに一抹の不安を感じないではなかったのですが、公演前半では正直「目が見えない」ことを強く意識しすぎなような”らしくない”硬さを感じて。
 ただ、この日のきぃちゃんデアはすべてのピースが嵌ったかのような素晴らしさ。今までは役柄もあり、声量を極限まで抑えていたようなところも、圧を出せるところの強弱の使い分けがこの日は絶品で。脆さと強さを場面ごとに巧みに使い分け、デアが「ただ守られる役ではない」ことを見せていて素敵です。

 今回のデアのWキャストは好対照ですが、彩春デアには「月」、きぃちゃんデアには「太陽」を感じます。彩春デアは皆が守ってあげたくなる存在、きぃちゃんデアは皆が守ってもらいたくなる存在というか、タイプの違いで選べるデアのWキャストに拍手です。

 キャストの地力の高さを感じるこの作品ですが、物語として捉えると、しっくりこないところもいくつもあって。とりわけ、2幕後半の通称「明日への階段」での「貴族の立場から変革を試みる」ことをすぐ諦めるあたりに、なんか逆カタルシスというか、ちょっと萎えてしまうところをいつも感じて。

 女王から投げつけられる「目が見えない方が幸せ」という言葉に、(クランチャリー伯爵としてではなく)グウィンプレンとしてデアを思い出すからこそ、「根本的に相いれない考え方(貴族的な世界)との決別」を決断。そして、ジョシアナ公爵からの引き留めも聞かず、デアの元に戻ってくるあたりが、ちょっと微妙な展開に思えるんですよね。

 とはいえ、富も名誉も持っているジョシアナ公爵が、一人の信頼できる相手もおらずに一人で生きていかなければならないのに比べて、盲目で物を見ることはできないけれど、ウルシュス一座の光として、たくさんの仲間に見守られているデアが好対象なのも印象的。

 ジョシアナ公爵と言えばフェドロに対して「あなたの裏切りに気づいていないとでも思ってるの」と言ってるのが何を指すかも気になるところ。諸説あるようですが、何となくフェドロがアン王女と通じているように思えます。ジョシアナ公爵にとって格が上な人物はアン王女しかいないわけで、見るからに「絶許」かのような振る舞いは、クランチャリー公爵との結婚を既成事実化させようとしたあたりにフェドロが能動的に関わっていたのではないか、と推察します。
 で、何を言いたいかというと、ジョシアナ公爵のちーちゃんに「消えなさい」台詞が似合いすぎです。この組み合わせ決めた方に拍手です、はい。

・・・

 この日のカーテンコールはきぃちゃん(なっちゃん)楽ということで、まずは浦井さんからご挨拶。

浦井さん「皆様の感染対策へのご協力のおかげで、我々は舞台を続けることができています。感謝申し上げます。舞台上におりますと、皆様の消毒液の匂いまでわかるのですが(カンパニー笑)その匂い故に、皆様が舞台のためにしていただいているお力を感じます。御礼申し上げます。」

…という、エピソードが浦井語録(笑)。

浦井さん「そして帝国劇場楽は明日ですが、今日一足早く1名のキャストが帝劇千穐楽を迎えます。
こんな真っ直ぐな女優さんに出会ったことがありません。真彩『さま』!」

真彩さん「『さま』って(苦笑)

「本日は『笑う男』帝国劇場千穐楽にお越しいただきありがとうございます。舞台に立つことを仕事としている身として、舞台に立ち続けることが『当たり前』じゃないんだなということを感じる『ここ数年』ですが、先ほど浦井さんも言われていた通り、お客様皆様のご協力もあり、『みんな』で今日を迎えられましたこと、心から嬉しく感謝申し上げます」

「私は一足先に『憧れの』帝国劇場千穐楽で、皆にエールを贈ることしかできませんが、明日の帝国劇場千穐楽をみんなが無事に終えられますことを祈っています。本日はありがとうございました!」

…一つ一つの言葉をしっかり紡ぐ、宝塚トップ娘役時代からのハキハキ挨拶はこの日も健在。
見守るカンパニーのみんなが、なっちゃん大好きでニコニコしてて、幸せなカーテンコール。

幕の後方に下がっていくと伸び伸びと浦井氏と同じポーズして見たり、はたまた劇中ではデアとしては襲われてたのに、実は高校同じで前作(『ドン・ジュアン』)からの引きずりで仲良しな吉野氏と踊ってみたり。

きぃちゃんにも、ちぃちゃんにも満場の拍手が贈られてて本当に嬉しい限り。
素敵な帝劇前楽になりました。

| | コメント (0)

『ボディガード』(3)

2022.2.17(Thu.) 13:00~15:50
 東京国際フォーラム ホールC
 1階15列20番台(センターブロック)

 大阪1回、東京3回目のセイチェル(新妻聖子レイチェル)にして、この日がセイチェル千穐楽。

 翌日18日にメイチェル、19日にちえチェルの楽(大楽)を控えていますが、聖子さんは翌日18日にLA DIVAとして「ミュージックフェア2900回記念コンサート」に出演されることもあり、一足早くこの日が千穐楽です。(というか、もう少し日が離れてると思いきや、千穐楽の後に新幹線で大阪入りしててびっくりしました。凄い)

 幕開きから全開で歌い踊るセイチェル。「20年近くミュージカル界にいるのに、誰もニイヅマセイコを躍らせようとしなかった(本人談…笑)」のに、「音感あるから大丈夫よ」と乗せられると、あれだけ踊れてしまう、さすがはニイヅマセイコ。むろん本人比ではあれど、歌力に芝居歌力、それに踊りまでできるようになれば、どれだけ表現が広がることか。

 「新妻聖子コンサートみたい」という評も随所で聞きましたが、「新妻聖子コンサート」は実は歌力と芝居歌力で突っ走るので、今回のようなショー的な要素はほとんど初めてなんですね。なのにもかかわらず、疑うことなくスーパースターとして舞台で歌い踊り、それでいて周囲のダンサーも輝かせるのがとても新鮮です。舞台デビュー以来、聖子さんを見続けて19年になりますが、かつては「聖子さん1人が突出して輝く」ことが多かったのに対して、今回のセイチェルは「レイチェルとしても輝くけれど、レイチェルといることで周囲も輝く」ことが出来ているのがとっても魅力的。

 『王家の紋章』再演キャロルあたりからその傾向があったと思っていて、「カンパニーとして楽しむ、高みを目指す」ことに重きを置くようになったと感じています。元々気配りには定評がある聖子さんでしたが、こと最近はベテランとして、カンパニーの中のまとめ役として振舞われているように感じます。

 今回は「レイチェル一座」の座長というポジションにいましたが、それを自然にふるまい、カンパニーみんなから愛の眼差しを送られる存在。この日はセイチェル楽でしたが、周囲の共演者から「聖子さんと一緒に舞台に立てて嬉しい、聖子さんと離れるのが寂しい」という思いが自然に伝わってきて、「この人と一緒だから高みを目指せる」、そんな存在となられていることが本当に凄いな、と思わされます。
 もともと「一人で頑張ってきた」タイプの聖子さんが、多くの人生経験を経て、周囲への感謝を口にされるようになったことが、今回の当たり役となったこととは決して無関係ではないと感じさせられます。

 もちろん歌も演技も絶好調以外の何物でもなく、この日は楽ということもあり、歌も演技もさらに一段ギアが入っているのですが、「レイチェルという役を越えない」コントロールが絶妙。フランクと別れる前、「行かないで」とフランクを抱きしめ、そしてレイチェルから離れようとするフランクを、また「ぎゅっ」と抱きしめた姿は、なんだかもう、いじらしさから寂しさから何から何まで心に響いて、そこからの「I Will Always Love You」でしたから、もうこの世のものと思えない感情の昂ぶりとともに終演することになったのでした。

 セイチェルのすばらしさは何度も語っていますが、やはり人生経験の積み重ねあってこその芝居の分厚さが大きかったと思います。フランクと出会い、フレッチャーがフランクに取られると感じたレイチェル。レイチェルがフランクに反発を感じた一つの理由ですが、それはレイチェルが女手一つでフレッチャーを育ててきた、育てていくと思っているからこその”心の声”。それが2幕、オスカーに向かう前日の夜、あまりに辛い時に、眠れないフレッチャーが来たときにかけたレイチェルの母親としての言葉に、「人生経験を経ての変化」を感じて。

 かつてはフレッチャーのすべてを自分の庇護下に置きたがっていたのに、あえて「眠れるまで一緒にいようか」ということで、フレッチャーから「一人で寝られる」という”自身の言葉”を導き出すことにより、息子を成長させているさま。それは、リアル母親だからこその説得力を最も感じたところでした。

 派手なステージをしていても、ステージの外では不器用に生きることしかできない女性。直前に愛する男性と別れたとは思えないほどのステージを見せるセイチェル。なぜフランクが自分の元から去ったことが分からないセイチェルは、ほどなくしてフランクの本意を知り、真摯に詫びる誠実さも素敵でした。

 この日の席は番号的にどセンターということもあり、セイチェルの視線を何度も感じました。勘違いなことは分かってはいますが、ドキドキ嬉しくて仕方なかったです。後で知り合いに会って、同じ番号(私より前の列)で同じことを感じたそうで、そうだよねと(笑)。

 千穐楽のラストパフォーマンスではマイクが外れることもなく(土曜ソワレでマイクの先端吹っ飛んだそうです笑)、踊りながらお姉さんのニッキー(AKANE LIVさん)とアイコンタクト、ハンドコンタクトする様は嬉しい限りだし、セイチェル楽だからかさりげないワンアクションの心配りが憎いフランクも素敵だし。

 カーテンコールのご挨拶では、いつになく涙を浮かべる聖子さん。

聖子さん「こんなに嬉しい涙は久しぶりです」

を発した後、らしからぬ「自分から言葉が出てこない」状態で、まずは息子のフレッチャー・重松くんを紹介。

聖子さん「重松くんは唯一の初フレッチャーで、何歳?」
重松くん「10歳、小学4年生です」
聖子さん「初めてのフレッチャーだったけど、台本にないこと投げたりするこの変なお母さん(笑)にもしっかり応えてくれてありがとう」

聖子さん「感動で何言っていいか分からないです(笑)。自慢のカンパニーみんな、まず列変わろう!前に出てよ!

 とアンサンブルさんを前列に出して満場の会場からの拍手をもらう、セイチェル回ではほぼ定番のこの儀式でも、アンサンブルさんの笑顔がみんなすごく嬉しそうで、本当に気持ちいい。

聖子さん「大谷さん、是非ご挨拶を」
大谷さん「いや、俺はまだあるから」
聖子さん「それは分かってるけど、
     私への餞なんぞ(カンパニー爆笑)」

大谷さん「聖子さんの千穐楽を見届けるために皆さまが集まっていただいて嬉しい限りです。完走することへの思いがカンパニーの中でも一番強かったのが新妻聖子だったと思います。この状態で、幕が上がるかどうか皆が不安になっていたとき、聖子さんは誰よりも幕が上がることを信じて、皆を励まして、皆の背中を押してくれて、この作品、『ボディガード』を引っ張ってくれた。本当にありがとう

そんな言葉を聞いちゃったらあの聖子さんも泣くしかないよね…

その言葉を聞いてるカンパニーのみんなも本当にみんな笑顔で。

「レイチェルの成功はみんなの成功」が、
「セイチェルの成功はみんなの成功」とシンクロするからこそ、こんなに伝わるんだなと思わされました。

聖子さん「支えてくださったお客さま、スタッフの皆さまありがとうございました。
 明日、明後日とトリプルキャストでそれぞれ最終公演を迎えます。
 この作品が最後まで完走できますよう、皆さま応援よろしくお願いします。
 本日は本当にありがとうございました。」

涙を滅多に流さない聖子さんが、完走とともに嬉し涙。
最後は全開のご機嫌な様とともに、フランクを「引っ張って」舞台上から去って行かれたのが、もうさすがセイチェルという、大団円の千穐楽だったのでした。

また、見られることを願ってます。
まだできるよね!!!(聖子さん風に圧)

| | コメント (0)

『笑う男』(2)

2022.2.10(Thu.) 18:00~20:50
 帝国劇場 2階補助席(下手側)

2022.2.12(Sat.) 13:00~15:50
 帝国劇場 2階F列50番台(上手側)

2022.2.12(Sat.) 18:00~20:50
 帝国劇場 2階F列10番台(下手側)

 2019年4月に日生劇場で初演、5月にツアー公演のあったこの作品、3年ぶりの再演で初の帝劇公演です。
 最近は2020年公演の中止に伴う再公演というパターンが多いですが、この作品は純粋な再演になります。

 本来はこの作品は2月3日ソワレで開幕する予定でしたが、開演20分前に帝劇館内放送が流れて中止が決定(陽性者が出たため)。今まで公演中止は幾度となく経験していますが、さすがに劇場に入ってから中止が発表されたのは初めて。客席開場されておらず、何となく違和感を感じたのも事実で、ちょうどパンフレットを購入しようとした瞬間だったので、迷わず購入しました(入手できなくなる可能性もあるため)。

 その2月3日ソワレが真彩希帆さん(きぃちゃん)帝劇デビュー日になる予定でしたが順延となり、2月10日のマチネが熊谷彩春ちゃんの初日、ソワレがきぃちゃんデア初日となりました。
 鬼のような業務調整で何とか滑り込んだ2月10日ソワレは、自分の気持ちの余裕も少なかったためか、落ち着いて見られなかった感じもあって、あ、そうだ、デアはソロ曲なかったんだ、ワイルドホーンなのになーというのが正直な感想。

 土曜日にマチソワで両キャストを改めて見て、ようやく物語にすんなり入り込めた感じです。

 新キャストのデア2人に共通しているのは、「愛され力」に溢れていること。タイプが少し違いますが、この作品のデアに求められる要素をしっかり満たしていて、皆がデアのことを大事にしていることが伝わってきます。実年齢のせいか、きぃちゃんがお姉さん的な面、いろはちゃんが妹のような面を持ってるので、きぃちゃんに対しては少し崇拝が入って、彩春ちゃんに対しては溺愛が入っているように見えます。

 きぃちゃんデアはとにかく役作りが緻密で、「目が見えない」演技に対して強く意識されているように見え、正直言うと、演技では少し硬さを感じます。歌声は本当に繊細で、絞った声量でも心がまっすぐ伝わってきて、雪組トップ娘役時代の『壬生義士伝』の2役の経験は大きかったのだろうなと。(歌声を押さえた役はトップ娘役時このぐらい)

 なので、デアとしての自然さ、ということで言うと彩春ちゃんデアの方が自然かなとは思います。あと、心の中でのグウィンプレンの占める割合が、きぃちゃんデアがすごく強く感じて。清水彩花ヴィーナス&宇月颯フィービーに励まされる「涙は川に流して」では、彩春デアが結構早く笑顔になるのに対して、きぃちゃんデアは本当に最後の方まで笑顔にならなくて、あぁ、グウィンプレンが戻ってこないと本当の笑顔にはなれないんだろうな、と感じさせられました。

 とはいえ、2人のデアは、好みで選ぶぐらいの違いという、見ごたえのあるWキャストです。

 新キャストと言えば、大塚千弘さん(ちーちゃん)演じるジョシアナ公爵が、すんごい存在感とすんごい色気とすんごい歌唱で度肝抜いてきます。誰がこのキャスティングをしたのか聞いてみたいぐらいにどピッタリ。アン王女の腹違いの妹で、貴族として高位にいるけれどまったく満たされない様もこれでもかというぐらい全開に演じていて。元々はデアタイプの女優さんだったのに、TdVでサラ→マグダにシフトチェンジして好演した経験をしっかり花開かせて素晴らしいです。色気も品があって、帝劇コードにもぴったりはまってる。
 そのジョシアナ公爵の婚約者、ディビッド卿の吉野圭吾さんの妖しさも天才的で、悪が強い(アクが強いともいう)役をやらせたら右に出る者はいない圭吾さんの爆走状態、ジョシアナ公爵との欲の突っ張りあい(爆)に痺れました。

・・・

 土曜日ソワレはチケットぴあ・おけぴネットの合同貸切公演ということで、浦井さん、きぃちゃんからご挨拶。

浦井さん
「帝国劇場に何度か立たせていただいていますが、ご一緒した時に死神様だったり、スボンジ好きな女の子だったり(笑)、Tバックな人だったり(笑)、そしてそれを客席から見ててくれてた人(きぃちゃん)が(このカンパニーに)いたりで嬉しいです」

きぃちゃん(真彩さん)
「この作品に立つと気持ちがとても暖かくなります。今回、初めて帝国劇場に立たせていただいておりますが、この作品を見に来ていただくことを決めてくださった皆様に、免疫というわけでもないですが、何かをお持ち帰りいただければという思いでやっております。皆さま、芸術の世界をよろしくお願いいたします

浦井さん
「このカンパニーでは一人、今離れてしまっているメンバーがいますが、必ず帰ってこれますよう、皆さまの応援をいただけますと幸いです

 という素敵なご挨拶で幕。
 なお、キャストが1名休演中ですが、休演日明けの月曜日から復帰予定とのことで、最終週はフルメンバーでの公演ができるようです。
 18日(金)ソワレがきぃちゃん東京楽、19日(土)マチネがいろはちゃん東京楽(帝劇楽)です。

| | コメント (0)

『ボディガード』(2)

2022.2.9(Wed.) 18:00~20:30
 東京国際フォーラムホールC
 3階5列10番台(センターブロック)

2022.2.11(Fri.) 12:00~14:30
 東京国際フォーラムホールC
 1階15列1桁番台(下手側)

 ”奇跡の再演”、2年前は果たせなかった東京上陸、セイチェル(新妻聖子レイチェル)東京2回目と3回目です。

 セイチェルは次週はずっと平日マチネなので、平日ソワレと祝日マチネは実に貴重で、どちらも最初から押さえた回でした。今は平日はソワレよりマチネが主戦場なので、客入り優先でマチネに集中してセイチェルなのかなと。終演後のリピーターチケットのQRコードを写そうとするお客様の列の鈴なりさに驚きつつ、うん、そうなるよね、とファンながら嬉しい気持ち。

 梅芸よりもPA(音響)がしっかり調整されきって、セイチェルの第一声から言葉が伝わりまくる。M1は梅芸では正直セイチェルでさえ歌詞が聞き取りにくかったのですが、第一声から言葉が伝わるということは、登場人物の気持ちが伝わりやすくなるということなので、大事なことかと。

 セイチェルの魅力は勿論第一に歌で、とにかく新妻聖子コンサートと思うぐらいにガンガンに歌いまくりますが(※参考までにコンサートではもっと歌いますが、基本的にほぼ踊らない、というところが異なります)、それ以上に嬉しいのは、レイチェルとして生きている生き様の気持ちの流れがしっかりしていることなんですよね。

 今回、最大の当たり役と言ってもいいレイチェルですが、その要素の一つにあるのは、今回の日本語歌詞が森雪之丞さんが手がけられていることが大きいのかなと思います。聖子さんの過去の当たり役の一つである『GOLD』(シアタークリエ)の歌詞を担当されたのも森雪之丞さん。その作品で聖子さんが演じたカミーユ・クローデルは、石丸乾二さん演じるオーギュスト・ロダンの弟子として、愛人として、女性彫刻家という認知がされていない時代に、自らの生きざまを貫いた女性でしたが、この時の「カミーユ・クローデルの人生」を歌詞に乗せて辿る、ということと同じようなことを、このレイチェル・マロン役に感じます。

 というのも、雪之丞さんの歌詞はストーリー性があって、「歌詞に感情を乗せて歌う」聖子さんとの相性がすこぶる良いんですね。フランクへの愛をまっすぐに伝える1幕ラスト「I Have Nothing」は、ただただまっすぐに、フランクのことを思い歌います。
 それが、スターであるレイチェルの、「スター」としてではなく、「ただ一人の女性として大切な男性へのメッセージとして伝える」。フランクの孤独さに水を注ぐかのような、まるでフランクによって”大切な”母親を思わせるような様。それは、”歌詞に気持ちを乗せて、曲をさらに大きく見せる”、今の聖子さんにしかできない歌だなと。

 2003年の舞台デビュー以来ずっと聖子さんを見てきていますが、ここまで相手の気持ちに向けて歌うようになったのは、結婚されてからのことだと感じていて、今回も「物語としてお客様を置いていかないようにしたい」と聖子さん自身仰っていることと組み合わせても、「歌の人」と思われがちな聖子さんの、「芝居歌の巧みさと、芝居の確からしさ」ゆえの、レイチェル・マロンの完成度と思わされます。

 この作品はレイチェル・マロンの人生を描いているように見えて、不思議なほど聖子さんのリアルともシンクロしているのも興味深いところ。一人息子・フレッチャーがいるレイチェルに対して、今回のレイチェルのうち唯一の既婚者で、息子もいるのが聖子さん。フレッチャーとの距離感もいかにも「リアルお母さん」であることを感じさせます。

 フランクをデートに誘うシーンの恥ずかしがり方も、リアルすぎて本当じゃないかと思えてしまうし(爆)、姉のニッキーとの関係性も絶妙でしたね。
 ニッキーは妹のレイチェルのスター性の下で生きるしかない、とどこか諦観している女性ですが、リアルで、聖子さんのお姉さん(新妻由佳子さん)もシンガーソングライターなわけで、実のところ初見の時は由佳子さんこれ見て大丈夫なのだろうか、と本気で心配しました。(東京公演で拝見されて感動されていたとのことで安心しました。)

 1幕の歌詞で聖子さん自身が「大好き」と仰る「失敗も成功も自分が信じた道」は、ファンから見る限り間違いなく聖子さんの辿ってきた道そのものだし、2幕でフランクに不安を吐露する場面で呟いた「いつもカッコ良く生きてきたわけじゃない、でもここまで来れた」という言葉は、今までの聖子さんの道のりとシンクロする姿をびんびんに感じます。

 かつて聖子さんが語られていたことがありますが、「30歳を前にして、舞台を見てくれる人をもっと増やすために、テレビの仕事を増やそう」として動いた経験があり、その結果、カラオケ番組で実績を残し、知名度を大きく上げることで、「ミュージカル」の地位向上の一翼を担ってきた聖子さん。
 それら一つ一つの努力があってこそ、たどり着いた当たり役、「レイチェル・マロン」として堂々と歌い踊る姿だと思うと、感動以外の何物でもないですし、それでいてカンパニーみんなに気配りする姿は、『ボディガード』という作品のボディガードのようで、頼もしいかぎり。

 フランクの大谷さんとの演技の相性も絶品。大谷さんはかつて(笹本)玲奈ちゃんとテレビドラマで共演(TBS系『ノーサイド・ゲーム』)したときの距離感も絶妙で、ミュージカル女優さんとの相性がすごくいいんですよね。流されないように見えて、実は心を動かされる、という様を凄く巧みに見せてくれて嬉しい限り。金曜日のカーテンコールでは、聖子さんからさんざん挨拶を促されて、根負けしてお辞儀されていたのが力関係を感じさせましたが(爆)。

 無駄に感じさせる場面がほとんどなく、休憩含めて2時間30分というコンパクトさも有難いかぎり。
 東京公演ラストまで、無事に上演が続くことを願い、残り見られる貴重な機会を楽しみにしています。

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »