« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

『ボディガード』(1)

2022.1.29(Sat.) 12:00~14:25
 梅田芸術劇場メインホール
 3階2列10番台(下手側)

2022.1.29(Sat.) 17:00~19:25
 梅田芸術劇場メインホール
 2階3列30番台(センターブロック)

梅田芸術劇場制作のこの作品、当初は2020年3月に大阪・梅田芸術劇場で公演、4月には東京で公演が予定されていましたが、結局2020年3月の大阪の5公演のみが上演されたにとどまりました。
自分も大阪の2日目の公演(新妻聖子さんレイチェルの初日でした)を予約していましたが、緊急事態宣言の発出で遠征を断念、結局は公演中止になったこともあり、見れずじまいで終わっていました。

今回の再演も梅芸スタートで2月に東京国際フォーラム(ホールC)公演が予定されていますが、何しろ東京国際フォーラムは、ほぼ都の施設(あまり記憶されていませんが、平成3年まで丸の内に都庁があった場所の跡地にあるホールなので都の外郭団体の管理)で、昨今の感染者数急増でリスクが大きいと判断しました。
前日までに仕事の調整を必死にして、前日22時近くに新幹線からホテルからチケットまで予約するという綱渡りでの観劇。

昼は今回の初キャスト、May J.さんがレイチェル・マロン役(通称「メイチェル」)、夜は新妻聖子さんがレイチェル・マロン役(通称「セイチェル」)です。

メイチェルは舞台出演が2作目(1作目は『ウェストサイド物語』の2st、アニタ役)で今回が初主演。
作品名は「ボディガード」で大谷さんを指してますが、実質の主演はレイチェル・マロンです。

メイチェルを最初に見た感想は「若いころの聖子さんぽい」が第一印象。この印象は実は終演後まで変わりませんでした。いい意味で、歌に全力。歌が役と作品の空気を作ってる。だから歌っている場面ではイキイキするけれども、芝居のシーンになるとたどたどしくもなったりして、ボディガードのフランクとの恋愛場面ではそれも有効に出る場面もありますが、全般的にぎこちない感じ。

姉のニッキー役を元宝塚のAKANE LIVさん(マロンの3人のキャストのあと1人、柚希さんと同期)がされていますが、歌声も雰囲気もとても素敵で、「姉が妹の才能の『影』になっている」というよりかは、May J.さん相手だと同じポジションぐらいに見えて、ちょっと「妹」感が強く出ちゃってた感じがあるメイチェル。

レイチェルはスターなので、我を通すのが当たり前のようなキャラで、そこはメイチェルも上手く出せてて、歌手出身のポジションとしては十二分な存在感ですが、正直言ってしまうと、役としての気持ちの流れは「頭ではわかっているけど、表現できていない」感じなのかなと思えて、そこはまさに舞台デビューしたての聖子さんにそっくりで、今後、経験や年齢を重ねることで出てくる味なのかなと思います。

というのも、セイチェルは3人のレイチェルの中で「歌」を大きな特徴にしている方ではあるけれど、実は、若いころの聖子さんは「バズーカ」という言葉で揶揄されていたことが多いように、直線的な歌い方、鋭く突くような歌い方が多かったんですね。『マリー・アントワネット』のマルグリット役が一番特徴的かと。

では、今回のセイチェルが直線的な歌い方かというと、全然そんなことはなくて、鋭い歌い方と、結婚されて以降の特徴である「暖かい歌い方」をすごく自然に切り替えて歌われている。そして歌と芝居がとっても自然に繋がっていて、時に母親、時に恋人、時に妹というポジションを切り替わる感じなく進めていく、その成熟した力量が存分に発揮されていました。梅芸は流石の音響の良さで、センターにこだわって2階席にはなったのですがこれが大正解!

ちょうどメイチェルを見たときに「聖子さんの若いころ」を感じたのは、聖子さんの歌い方もずいぶん変わったんだなぁ、と改めて感じられたからなんですね。いい意味でもそうでない意味でも、まっすぐ突っ走ることしかできなかった若いころに比べて、今は強く押すことも、感情を込めて歌い上げることも、見守るかのように包み込むように歌うこともできる。そこに聖子さんの経験の積み重ねと、今この時にレイチェル・マロンと聖子さんが出会えた奇跡に感謝しました。

シングルマザーとして他人を信じることもできず生きてきたセイチェルが、フランクのボディガードとしてのプロの矜持に触れ、心を動かされていくさまはとっても自然で、ぎこちなく誘うところに上手いこと客席を惹きこむコメディエンヌさも、さすがは百戦錬磨の若きベテランの経験あってこそ。初々しさと成熟をここまでしなやかに切り替えられる女優さんもなかなかいなくて、約20年間ミュージカル女優の第一線で活躍してきたことによる厚みをしっかりと感じられます。(そういえば約20年間…のくだりでパンフレットに載っている聖子さんのコメントに爆笑できます。是非ご覧ください)

セイチェルは歌も芝居も行間が凄く分厚くて、フランクに対する疑心暗鬼からの、信頼そして愛情に向かうさまの、心の動きが「こうなってるからこう感じるんだな」が凄く自然で、歌声と演技それぞれの意味が繋がっている。だから、ひと時たりとも目が離せなく魅力的なのと同時に、物語が自然に前に進んでいくんですね。メイチェルと同じ日に見たからこそ感じた違いでもありました。

特に1幕ラスト「I Have Nothing」は聖子さん自身も「好き」と仰っていますが、とにかくまっすぐにフランクに対してハートを伝えている。「何も気にせず気持ちを伝えてごらん」と言われなくても、セイチェルならそうすると思うのですが(笑)、フランクにとってとても大切な「母親」という存在を補完するかのような、セイチェルの「母親かのような、フランクが身を預けられる歌い方」も興味深くて。歌も演技も、ポジションを自由自在に行き来できる「気力体力ともに充実してる」今のセイチェルだからこそできる表現だったなと。

メイチェルが若さからくる余裕のなさがピリピリとしたさまを感じられた反面、セイチェルは経験ゆえに上手く余裕のあるときと、余裕のない時を使い分けてて、「強気スイッチ」と「弱気スイッチ」を上手く切り替えて波乗りしている感じ。これ、聖子さん無茶苦茶楽しいだろうなぁと思ったら案の定、カーテンコールではアイドル張りの歌い踊るシーンで生き生きとした末、カテコでは完全に座長の立ち姿。

生演奏のバンドメンバーを最前列に出るよう促して挨拶してもらい、今度はアンサンブルさんを前に出して挨拶してもらい、そんな中その状況についていけず前列にとどまりがちな大谷さんのことを「もう何やってんのー」みたいに腕でつんつんしてたのが、やりたい放題ニイヅマセイコって感じで大笑いしました(笑)。投げキスも久しぶりだったなー。

こんなご機嫌な、ニイヅマセイコの歌唱全開の作品もなかなかないので、東京で公演ができますことを心の底から願っています。


そして、ちょいとネタバレ





そういえば本編ラスト、「I Will Always Love You」でメイチェルとセイチェルで印象が違ったのも印象的。メイチェルは、フランクとの別れに正直未練があって、引きずる感じ満々だったけれど、セイチェルは愛するからこそ別れる、それが愛する人との思い出を素敵な形で残すための形、と本心で納得していたように見えて、そこが人生経験と女優経験の違いなのかな、と感じたのでした。

| | コメント (0)

『綿引さやか Billboard Live 2022 「結の音 -Yuinote-」』

2022.1.8(Sat.)
 昼の部 15:30~17:10
 夜の部 18:30~20:10
Billboard Live Yokohama

 新年ライブ初めは、Billboard Live Yokohamaでのびびちゃん(綿引さやかさん)ライブ。

 この日はミュージカルライブの特異日かのように、あちらこちらでライブが行われましたが、私はこちらのマチソワを選択。

 びびちゃんも仰られていましたが、音が素敵、雰囲気が素敵、そして皆を包み込んでくれるかのようなBillboard Live Yokohamaで、びびちゃん自身の、気持ちが素敵、思いが素敵、歌が素敵、久田菜美さん率いる演奏が素敵、と来れば、良いライブになることは保証されたようなもの。もちろん、期待以上のライブでした。

 まずはセットリストです。

●セットリスト
0.ひかり(Instrumental)

1.花瓶の花を/石崎ひゅーい

<昼の部>
2.Into the unknown/アナと雪の女王2
3.Swanee/横浜ジャスミンホテル

<夜の部>
2.Defying Gravity/Wicked
3.セントルイス・ブルース/横浜ジャスミンホテル

4.Just me/six the musical
5.世界が終わる夜のように/ミス・サイゴン
 (藤岡クリス&・綿引キム デュエット)
6.Tears in Heaven/エリック・クラプトン
 (藤岡・綿引 デュエット)
7.so close/魔法にかけられて
 (藤岡ソロ)
8.Never Enough/グレイテスト・ショーマン
9.ひかり
10.On My Own/レ・ミゼラブル
11.umbrella/オリジナル

En1.Can't Take My Eyes off of You
 /ジャージー・ボーイズ

 Mゼロ、はて?と思われるかと思いますが、このライブはびびちゃんからの「お久しぶりです」の書き出しで始まる、手紙の朗読から始まりました。

 過去、色々な方のライブを拝見してきてかれこれ20年以上、軽く3桁に行っているであろうライブ経験でも、手紙で始まるライブは初めてで、そこにまずびっくり。

 2年半ぶりのソロライブ。会えなかった期間に感じていたびびちゃんの正直な気持ち、すべての人を思う丁寧な心配りが綴られた手紙は本当に素敵で、「会いたかった」のが決して片方だけの気持ちじゃなかったんだ、と思えるライブのスタートは、ライブの成功をその時点で予測させて余りあるものでした。
 「ソロライブは人柄が現れるもの」というのは私の持論でもありますが、そもそもが温かい空間なBillboard Live Yokohamaがさらに温かくなる最高のスタートで、そして選ばれたセットリストも、今までと少し違って、踏み出した感じが強く感じられる選曲。

 M1は「皆さんと再会するときに必ずこの曲で始めたい」と思っていたそうな、思い入れのある曲だそうで、選曲ももちろんですが、MCの端々に入る「会えてよかった、会えたらこれを伝えたいと思っていた」という思いがダイレクトに伝わってくるのが素敵です。

 M2は昼・夜と回替わりになりましたが、昼のM2「Into the Unknown」は綿引さやかチャンネルでは披露されていますが、ライブでは初めて。夜のM2「Defying Gravity」は2017年12月のクリスマスコンサート(品川)以来久しぶりの披露となった両大曲がドンとやってきますが、ここにきて大曲を選ぶことに臆さなくなったことに、びびちゃんの変化を感じます。昼夜ともM8「Never Enough」も相当なものではありますが、「Never Enough」についてのMCも印象的でした。

 もともとこの曲を選曲されたのは昨年3月の東京芸術劇場公演『BURNUM』で演じたジェニー・リンド役、そのジェニー・リンドさんが「グレイテスト・ショーマン」(映画)で歌われていた曲だから、ということでしたが、

びびちゃん
「この曲は、『仮に自分がいろんなことに満たされても、あなたがいないと意味がない』という曲なんです。私は歌も好き、舞台も好き。でも、皆さんがいるから頑張れるということに改めて気づいたんです。そこにステージがあっても、皆さんがいないと意味がない、そう思った思いを歌でお届けしたい

という飾らない言葉の輝きが本当に素晴らしかったです。

この日のゲストはびびちゃんからのたってのお願いということで藤岡正明さん。
びびちゃんは結構緊張して頼んだそうですが、マサさんは「いいよ!」と快く引き受けていただいたそうで。
『ジャージー・ボーイズ』で初共演した時は、

びびちゃん→マサさん「怖そうだな…」
マサさん→びびちゃん「凛としてて聡明な感じ…」

が初印象だったそうですが、いつしか

マサさん→びびちゃん「おっ、びび!」

となったそうで(笑)

びびちゃん「あれって不思議ですよね。なんか家族になるような感じというか」
マサさん「え、家族?」
びびちゃん「だって稽古で1日8時間とか9時間とか一緒にいるじゃないですか、なんかそうなる瞬間がある感じがして」
マサさん「そうだね」

そういえば「マサさん初見では怖い話」はジャージー稽古場では結構あるようで(笑)

マサさん「ミュージカルに慣れてない人が入ってきたりするとつい口出しちゃって怖がられる(笑)」
びびちゃん「わかる(笑)」
マサさん「イケメンだから嫉妬してるわけじゃないですよ(笑)。昨日別件でその彼(あえて名前伏せます笑)と会ったら『あの時マサさんむっちゃ怖かったですよ』って言われた(笑)」
びびちゃん「最初は怖く感じるけど、(他の人の)懐に入るのすごく上手い気がする」

マサさん「トランプに慣れなきゃいけなくて、稽古場で練習してたら、某先輩(あえて名前伏せますpart2笑)から『うるせえよ!』って言われて」
びびちゃん「あったあった(笑)」
マサさん「『あん?』って答えたら稽古場がみんな震え上がって(笑)」
びびちゃん「ガールズもみんなざわめいて…『マサさんが喧嘩買った!』って(笑)」
マサさん「その先輩とは仲いいからできる話ですよ(笑)」

・・・みたいなトークが弾む弾む(笑)

 そうそう、マサさん呼び込む前のMCも素敵でした。

びびちゃん「(こうなる前は)世界はどんどん便利になって、行きたいところに行けて、会いたい人に会って、世界は近いものだと感じてたところがあったように思うんです。だから、いつでも行けると思って行っていなかったり、いつでも会えると思って会っていなかったということもあったように思って。
でもある日突然、世界のルールが変わってしまって、いつでも行ける、いつでも会えるということは当たり前のことじゃなかったんだなって最近思います。
そう考えると、『いつかは会える』と信じ続けた2人の物語がとても素敵なものに感じられます

 からの『ミス・サイゴン』「世界が終わる夜のように」。

 この曲、藤岡さんクリス&びびちゃんキムでは、2018年7月に藤岡さんのTIAT SKY HALLでのコンサートで、びびちゃんゲストで歌って以来なのですが、今回はそのびびちゃんMCの尊さもあって、その時以上にピュアなキムに感じられてとっても良かったな。「やっと会えた」気持ちに包まれたびびちゃんの気持ちがキムに乗り移った感じがして、この曲の熱量がさらに高まった様が素敵でした。

・・・

 この日のライブは特に昼はMCが多めで、「久しぶりに会えた」ことの喜びに満ち溢れた言葉の数々だったのですが、いつも以上に言葉の一つ一つに、「思い」と「思いやり」が感じられて。今の世相を直接的に思い出させるような言葉は使わないことで、観客の想像力で、このライブの空間で、このBillboard Live Yokohamaという空間をより温かくする感じがして。

 「現実を全く無視しては生きられないけど、皆が繋がっていることを感じて、日々を前向きに頑張れる」パワーを見せてくれた、新年ライブ初めに相応しい、素晴らしいライブでした。

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »