« 『小南満佑子オペラ&ミュージカル』 | トップページ | 『et-アンド- Monthly LIVE 2021「RGB」 ~#008000#~』 »

『サテンドールミュージカルシリーズ』

2021.9.18(Sat.) 14:00~15:10
2021.9.18(Sat.) 17:00~18:15

六本木サテンドール
昼公演/Dブロック、夜公演/Aブロック

六本木の老舗ジャズライブレストラン「サテンドール」で始まった「サテンドールミュージカル」シリーズ、今回が2回目とのこと。
2日間で各2回公演の両日とも泉見洋平さんがメイン司会を務め、この日は高橋由美子さんがゲスト。

まずはセットリストです。

●セットリスト
1.ショーより素敵な商売はない
 /アニーよ銃を取れ(高橋)
2.One Song Glowly/RENT(泉見)
3.サラへ
 /ダンス・オブ・ヴァンパイア(泉見)
4.終わりのない音楽
 /MOZART!(高橋)
5.夢やぶれて
 /レ・ミゼラブル(高橋)
6.カフェ・ソング
 /レ・ミゼラブル(泉見)
7.The Last Night of the world
 /ミス・サイゴン(泉見・高橋)
8.一歩ずつ/オリジナル(泉見)
9.友達でいいから(高橋)
10.夢の中へ/井上陽水(泉見・高橋)

由美子さんはいわゆるミュージカルライブに出ることはほぼなく、ホールでは何度か出ていますがこのクラス(本来は100人収容ですが、今回は50席のみ販売で、配信を併用)のミュージカルライブはほぼ初めてということもあり、昼公演は特にガチガチに緊張されていて、普段ならあり得ない「スリリング」(夜公演で昼公演のことをご本人が喩えて曰く…笑)なことも起きていました。

M1とM2は「ミュージカルと本格的に関わるきっかけになった2曲」で、由美子さんはM1のアニ銃(1997年、新宿コマ劇場)ですが、実際には演じたアニー・オークリーが歌った曲ではなく、皆が歌っている作品のテーマ曲のような曲なので、歌うのは初めてとのこと。泉見さんも同様に自身が役で歌った曲ではないとのことでしたが、どうしてどうして、どちらも流石な出来でした。

M3とM4は「本格的にミュージカルをやっていこうと思った作品の2曲」で、泉見さんはV!の曲。「ヴァンパイアの墓を調べに行く助手の相手、教授が(自分が演じていた当時は)市村正親さんで、日々違う問いかけに鍛えられたとのこと。由美子さんが挙げたM!の「終わりのない音楽」もパパであるレオポルトは同じく市村正親さんで、「毎回新鮮なことを投げかけようとしてくださる」と市村さんのことを評されていました。400回以上歌った「終わりのない音楽」も、実は自身が卒業してから初めて歌われる(2011年の金沢が大豪雪の大雪だったので10年ぶり)ということで、昼公演はまさかの歌えなくなるハプニング発生。

夜公演でそのことに語って曰く、「役の上で歌うということだと何の違和感もなくできるけれど、自身として歌っているのか、役として歌っているのか分からなくなってしまって、ポンと飛んでしまった」と仰っていて、そういうところはこういったミュージカルライブの経験が少ないからなのでしょうね。

M5とM6は2人の初共演作『レ・ミゼラブル』から代表曲1曲ずつ。泉見さんと由美子さんは2003年『レ・ミゼラブル』(7~8月公演。2004年1月博多座)、2004年『ミス・サイゴン』(8月~11月公演、2人は10月まで出演)、2004年『SHIROH』(12月公演。2005年1月梅田芸術劇場)と一年以上一緒だったこともあって、当時は「帝劇の住人」と化していて、公演終わりにそのまま(9階の)稽古場、ということもあったそうです。

今はこのご時世、そんなこともできなくなってしまったと仰っていましたが、お2人の話で印象的だったのは「前向きな思い出話ができるのはいい」とお互い仰っていた点。
最初はミュージカルを目指していたわけではないという2人の共通点(泉見さんはもともと歌手、由美子さんは元々アイドル)だけれど、ミュージカルを目指して、本腰入れようと思える作品に出会えて、「あの時があるから今がある」と言われている姿は印象に残りました。

M7は共演作だけれども一つも接点がない(というかこのお2人、3作で共演して3作品とも役としての縁がゼロという笑)『ミス・サイゴン』からのデュエットは、

泉見さん「この曲がなければ、僕も撃たれずに済んだし、
 由美子さんも泣かずに済んだという曲です」

由美子さん「自分の旦那が寝言で隣で他の女の名前を呼ぶってそうとう堪えますよ(苦笑)」

という、「泉見クリス&由美子キム」での「世界が終わる夜のように」。由美子キムは今さんとこの曲でデュエットされたことがあるので2回目ですが、この曲調に由美子さんの声質合うんですよね。
2人歌い終わった後、「この曲って(歌うのに)凄いエネルギー要るよねー」と言い合ってて納得(爆)。

・・・

今回、泉見さんからのお声がけで由美子さんが登場することになったのですが、なんとなく、泉見さんにとって「自身のミュージカル歴を同時代の空気感で話せ、歌える相手」ということで選んでいただいたのかな、という感じ。ど緊張の昼に比べれば夜は由美子さんが完全に脂が乗った状態で(爆)。

泉見さん「『SHIROH』も革命的な作品だったよね」
由美子さん「だよね。ロック風だったし、来てくれた両親も驚いてた」
泉見さん「(由美子さんの演じた)寿庵も凄い動いてたじゃない」
由美子さん「うん、今、あのキレはない(笑)」

…(爆)

2人の歩みの話から、由美子さんの先日の30周年コンサートの話題を泉見さんが出して下さり。

泉見さん「30周年コンサートを記事で拝見しましたが、ご自身としてはどうでしたか」
由美子さん「そうですね、『10年前、20年前…に、高橋由美子を応援していて感じてくださっていた気持ちを思い出していただければ、という思いでやってやりきれたので、自分自身としては大成功です』

という言葉が由美子さんご自身から出されたことが、何より幸せだったのでした。

|

« 『小南満佑子オペラ&ミュージカル』 | トップページ | 『et-アンド- Monthly LIVE 2021「RGB」 ~#008000#~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『小南満佑子オペラ&ミュージカル』 | トップページ | 『et-アンド- Monthly LIVE 2021「RGB」 ~#008000#~』 »