« 『マリーアントワネット』(13) | トップページ | 『ひめゆり』(4) »

『BARNUM』

2021.3.6(Sat.) 17:00~19:20

東京芸術劇場プレイハウス
1階H列20番台(上手側)

興行師バーナムの半生を元敷きに作られたブロードウェイミュージカル、この日が初日です。

主演バーナムを演じるのは加藤和樹さん。ほぼ口から「イカサマ」(自称)で次々と企画を実現していくあたり、なぜかわからないけれどハマっている(笑)

そんなバーナムの奥様は元宝塚宙組トップの朝夏まなとさん。和樹氏とまぁ様の掛け合いが絶妙で、遠すぎず近すぎず、夫婦のお互いの違う様を認識しながらも、愛し合って必要としあっている様がとっても見ていて楽しい。テンポもいい。

派手な興行をぶち上げるバーナムに全面的に賛成しているわけではない奥様だけど、何だかんだ言いながらも最後はやりたいようにやらせてあげてる様がカッコ良くて、口げんかでつい旦那様も「何年もこんな『男』とやってきて」とか言って会場内の笑いを誘ったりしますわな(笑)

※和樹氏曰く「間違い」って言ってましたが台本じゃないですよね(笑)

そんなバーナムの興行の中でもとりわけ輝きを放つのがスウェーデンのオペラ歌手、ジェリー・リンド役。Wキャストで、この日は綿引さやかさん(びびちゃん)。明日はフランク莉奈さん。

本編のアメリカに連れてきたときの説明で紹介されるときに「スウェーデンの王様に2度も拝謁し」という話になってて、リアルすぎる…と思ったり(びびちゃん自身、スウェーデン王閣下・王妃様の前で歌を披露されたことがあります)

オペラ歌手ということで今までと違う音域ということもあり、どんな感じかと思っていましたが、澄み切った高音と、ドレスをまとった高貴さ、そして異国から来て、良い意味でふわふわした感じがぴったり。英語が通じないわけで、バーナムの和樹氏と「ズレた会話」するんですが、そのすれ違いぶりが超面白いです(笑)。

そんなコメディエンヌぶりも発揮しながら、しっかり堂々と存在しつつ、バーナム夫妻の間に微妙な空気感を持ち込むあたり、どこかで見たことがある役の系統な気も(爆)

ともあれ、興行師の物語だけにエンターテイメントの目指すものというか、前向きなエネルギーをたっぷり持った作品で、楽しく見られたのでした。

 

|

« 『マリーアントワネット』(13) | トップページ | 『ひめゆり』(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『マリーアントワネット』(13) | トップページ | 『ひめゆり』(4) »