« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

『マリーアントワネット』(13)

2021.2.14(Sun.) 12:00~15:10
 東急シアターオーブ 3階5列30番台(上手側)

2021.2.14(Sun.) 17:00~20:10
 東急シアターオーブ 3階1列10番台(センターブロック)

2021.2.21(Sun.) 13:00~16:20
 東急シアターオーブ 1階14列40番台(上手側)

『マリーアントワネット』2021年東京公演、東急シアターオーブ公演も無事に全公演を完走し終演。
楽のご挨拶で玲奈ちゃんが涙ぐみながらお話しされる様に、凄まじいプレッシャーがあったのだろうなと改めて感じさせられる東京楽でした。

緊急事態宣言中ということもあり、前週まではおおむね収容人数の50%制限になっていた客席も、この日は容赦なく入っていて、客席は80%以上の入り。今回は緊急事態宣言発出時点ですでに売れていた客席はそのまま適用可能で、東京楽はその時点でほとんど売れていたから故と思われ、久しぶりに人でごった返すシアターオーブのロビーが、なんだか嬉しいです。

前週にマチソワで玲奈マリー・花總マリーを両方見られたのもあって、改めて玲奈マリーを見返すことができたこの日の東京楽。

花總マリーが「存在」としての王妃を貫くのに対して、「王妃」としての「役割」を貫くのが玲奈マリー。
その「王妃」という立場を守ろうとする1幕、「家族」を守ろうとする2幕前半、「王家の誇り」を守ろうとする2幕後半というストーリーが、新演出版MAの流れにしっくり。

1幕は意識的に軽はずみなように見せているのか、今まで以上に子供っぽく見えて、更にフェルセンが甲斐フェルセンとなると、万里生フェルセンよりはるかに甘えているように見えて新鮮です。片や万里生フェルセンには無条件で「委ねて」いるように見えます。

今まで見ていて少し違和感を感じていたのが、マリーが乱入したマルグリットにシャンパンをかけられ、マリーが「許す」ところ。

マリーはこの後のシーンでは、ロアン大司教を過去の出来事に遡ってまで憎み、オルレアンに対しても激しい怒りを持ちます。なぜ1幕のマルグリットには欠片の憤りも見せず、ロアン大司教やオルレアンに対しては全く許すことを考えもしないのか。

そこに玲奈マリーの「役割」という立ち位置が上手くかかわっているように思うのですね。


マリーアントワネットは他国(オーストリア)から、自らの意思ではなく輿入れし、旧態依然とした王室の中で戦ってきたと言われ、「自らの立場を侵すものに対しては戦う」ということがおそらく自然だったと思われます。

1幕のマルグリットは、マリーのことを憎みはしていても「王妃」としては認めていて(望ましい王妃となれているかは別として)、マリーにとって「王妃」という「役割」を侵す相手ではないから、余裕を見せて許すことが、「王妃」としてのふさわしい立場だと理解して行動しているわけですね。

半面、ロアン大司教やオルレアンは、明確に「マリーが王妃であることを認めていない」もしくは「マリーが王妃であることを覆そうとしている」わけなので、マリーにとっては自らの「王妃」という「役割」を侵す存在として、戦う対象になるのだと、そう理解できます。

…時が経ち、2幕でマリーとマルグリットは再会し、お互いの立場を理解することなく「憎しみの瞳」をぶつけ合いますが、マリーが言う「なぜあんなことを」を、ずっと「シャンパンをかけた」ことだけを指していたのだと思っていたのですが、1幕ラス前、マリア様の生誕を祝う場で浴びせかけられた「よそ者の王妃」という言葉にありありとショックを受ける(特に)玲奈マリーを見て、「あんなこと」は、むしろこちらの方が大きいということを感じさせられます。

「フランスに人生と王太子を捧げた」マリーアントワネットにとって、「皆に心から(わがフランスの)王妃」と思ってもらえることこそ、ずっと願ってきたこと。そのために尽くしてきた自らの半生をすべて否定される「よそ者の王妃」という言葉によって、マリーアントワネットにとってマルグリットは確実に敵となるわけです。

「存在」が王妃たる花總マリーを見ていると、そもそもマルグリットが自らの立場を傷つけるなど、あり得るはずもない、だからこそ、自分がなぜここまで追い詰められていくのか分からない様が紡がれているように感じますが、「役割」が王妃たる玲奈マリーを見ていると、マルグリットの存在は明確に脅威であり、絶対に許しようもない相手。

…なのにもかかわらず、玲奈マリーの歌う「明日は幸せ」を聞いて、それまで鬼の形相だった昆マルグリットが本当に嬉しそうな顔で歌声に浸って、そこから歌い始めて玲奈マリー衝撃…って流れが本当に絵のように綺麗で印象的でした。

マリーとマルグリットに共通して感じるのは「母親の不在」なんですよね。母親に対する感情が、無視もしくは忌避。マリーは母親のことを一言も口にしませんし、マルグリットに至っては母親のことを吐き捨てる始末です。マリーが口うるさい母親(マリア・テレジア)が嫌いだったのは有名ですが、それゆえ父親の歌に感情を委ねる様がシンクロするのが興味深くて、「優しさ」をなかなか得られなかった2人の人生を感じるようで胸に詰まります。

マリーとマルグリットがお互いに「心に鎧を着て」生きてきたさまがだんだん変わっていく。
押されっぱなしだったマリーは、王を失い、王太子を失ったのに、マルグリットを責める様の破壊力が凄い。革命に疑念を持ち始めたマルグリットの傷を確実に抉り、「あなたの信じる革命は、こんなものなの」と責める様は、戦いに生きてきた玲奈マリーだからこそのメッセージの強さ。だからこそ、裁判で認めるべきは認め、否定すべきは否定するマリーの強さにマルグリットの心は揺らぐのですね。

玲奈マリーの特徴は、最後の裁判シーンの「真実を伝えて」で、明らかに後をマルグリットに託すんですよね。託されたマルグリットは、明らかに抱えきれず呆然とするソニンマルグリットと、静かに受け入れる昆マルグリットとで好対照。今回は特に昆マルグリットが、自らの行いをかなり早く認識していたように感じられ、マリーのメッセージを受け継ぐことに、躊躇いが少ないように感じられました。

・・・

この作品のカーテンコールは、タイトルロールのマリーアントワネットと、もう1人のMA、マルグリットの2人。この規模の作品でご挨拶がお2方とも女性というのは非常に珍しく印象的でした。

涙ぐみながらご挨拶された玲奈ちゃん。

「見に来ていただけた方に心の健康を、見に来ていただけなかった方に私たちの思いが届けば嬉しいです」

という言葉は、この緊急事態宣言の中で、舞台を上演し続けたキャスト・スタッフすべての思いを乗せたように思えて、心に温かいものが残りました。

特にこの日は、玲奈ちゃん含めて若いメンバーがプリンシパルを固めて、今まで玲奈ちゃんとともに舞台を作ってきた人たちがたくさん。後輩だけど同じような大変さを感じてきたであろう「デキる同志」な昆ちゃん、心が通じ合った優ちゃん、何気に共演歴むっちゃ長い龍ちゃん。ベテランでは東宝初舞台からずっと見守ってくれてる駒さん…みんなが玲奈ちゃんを見守って、タイトルロールとして頑張る玲奈ちゃんを支えてくれていた空間が、本当に温かくて、嬉しいという言葉だけでは言い尽くせない時間だったのでした。

| | コメント (0)

『マリーアントワネット』(12)

2021.1.29(Fri.) 17:00~20:10
 東急シアターオーブ 1階7列10番台(センターブロック)
  ※6列が最前列なので、実質2列目

2021.2.7(Sun.) 13:00~16:15
 東急シアターオーブ 3階6列30番台(上手側)

 再演版MAのさらに再演。この時期は帝劇が使えないため、劇場をシアターオーブに移しての再演です。

 本公演初日は1月28日で、実のところ自分の誕生日でもあったので、キャストが合えばと思っていたのですが、(笹本)玲奈さんのマリーは1月29日初日ということで、誕生日翌日観劇になりました。(そして誕生日当日はなんと『パレード』を見ていたという…苦笑)

 緊急事態宣言下の開幕ということで、終演を20時までに納めるために、開演時間も18時から17時に変更となったことで、勤務終了後には間に合わないことになったので、午後休を取って劇場へ。(とはいえ15時まで外せない会議があったので、実際には1時間早退しただけでした…苦笑)

 初日はどうしても緊張が拭えなかったというか、やはりこの事態下での開演であることの空気は否めず、玲奈ちゃん、(マルグリットの)昆ちゃんともにかなり慎重な運転。実はセットのドアが開いてはいけないところで開くといったハプニングも複数あり、ひやひやし通しでしたが、何とか終演。カーテンコールで玲奈ちゃんと昆ちゃんが全身で何度も嬉しそうに抱き合う姿が感動的でした。

 終演後のご挨拶で、玲奈ちゃんから「普段であれば『また、ぜひおいでいただきたい』とお話しするところですが、こういった状態ですので皆さまと、皆さまのご家族の健康が最優先です。ご無理をなさらず、今日の観劇で1つでも心に残っていましたら嬉しいです」と仰られていたのが感動的で、タイトルロールとして本当に安心して任せられる存在になったんだなぁということがとても嬉しかったです。

 それでいてご挨拶中「今日、初日だった人手を挙げて!」と言って手を上げさせる天然さは健在で笑えます(笑)。

 ・・・

 それから1週間強空いた日曜日マチネは、期待していた(笹本)玲奈マリー・ソニンマルグリット・(田代)万里生フェルセンの勢ぞろいの初めての回。

 今期から「孤独のドレス」の歌詞が1か所変わって、マリーの「孤独のドレスを”着て”」という歌詞が「孤独のドレスを”纏い”」になりました。

 この回を見て、この歌詞の変更の意味をようやく理解したのですが「着て」だと、マリーが自らの意思で孤独のドレスを”着た”、かのように思えてしまうのですね。もちろんそうではなく、”運命として”嫁いできたからこその、王室の中の「孤独」な立場。だから「孤独のドレス」は、自分の意志ではない「纏い」という言葉に変わり、そしてだからこそ、「(孤独のドレスを)脱いで」、愛するフェルセンとともに生きたいのだと、そのメッセージの流れがしっかり伝わってきました。

 玲奈ちゃんと万里生さんの関係性は初共演(『ウーマン・イン・ホワイト』)以来長いですが、お互いが信じあっている様が、孤独なマリーと、フェルセンの関係性と完全にシンクロして、泣けてきてしまうぐらいに温かい。

 そんな中に起きた、この日の最大のハプニング。

 プチトリアノンでのお茶会の時、それは起きました。
 マリーがフェルセンにお茶をすすめ、フェルセンが断る。そこまでは同じでした。
 ところが、次にマリーがケーキを取り分けようとして、何とケーキが取り分けられない!
 ホールに5つに切り分けられたパーツを取ろうとしてナイフが入らない!

 玲奈ちゃんの心の中としては
 「ナイフが入らない!なんで?」とひとしきり焦り、
 「(王妃なんだから)手で取るわけにはいかないし」…
 「ど、ど、どうしよう…もう渡さなきゃいけない時間だし」…
 「いいや、もうホールごといったれ!」

 …てな感じ(と想像されます)で、まさかの

 「ケーキをホール丸ごとフェルセンに差し出す」

 という事態が(爆笑)

 そして、フェルセンの万里生氏がどうしたか。

 そこはさすが、百戦錬磨な玲奈マスターにして、ベテランのフェルセンの風格。いつもと違うマリーの行動にも微動だにせず「いつもと同じように断った」ことで、無事に物語はそのまま本線に戻ったのでした。

※この件、ツイートに書いたら、なんと4時間足らずで10000PV以上見ていただき…
 王妃様の秘密を暴露したということで、そろそろ王妃様により監獄に送られることになるのではと心配になってます(笑)

・・・

 そしてもう一つの関係性、玲奈マリーとソニンマルグリット。「憎しみの瞳」でバチバチにぶつかり合う様はさすが同世代の女優同士。玲奈ちゃん×昆ちゃんだと、どうしても姉妹関係を感じてしまうけれど、玲奈ちゃん×ソニンは容赦ないぶつかり合いで、もともと一癖あるソニンちゃんと、「癖を隠す癖のある」玲奈ちゃんの癖が表面に出てくる感じが面白くてしょうがなくて、ワクワクします(爆)。

 ソニンマルグリットは、今期はそう感じるのですが、マリーを王妃として認めてはいるんですよね。貴族がマリーを王妃として認めていないのとは逆に。憎しみの対象であるけれど、それは貧しさといった現実から目を背けていると思っており、マリーの存在や行いが「皆の貧困の唯一の原因である」と信じ込んでいるから。ソニンマルグリットの瞳は、それしか目に入っていないかのような怖さを感じたりします。

 1幕ラストに向けて動き出す世の中で、マルグリットがマリーに放った「余所者の王妃」という言葉に、マリーは心の鉛を射抜かれたかのように、動揺を隠せないほどにショックを受けていて。自分を必死に保とうとしている玲奈マリーの姿は、ソニンマルグリットとの関係性だからこそだなと。玲奈マリーは昆マルグリットに対してはここまで動揺しないのは、どこか「手のうちに入れている」面を見せている印象があるのですが、ソニンマルグリットのパワーはその「仮面」を剥がすほどのマグマがあるんですよね。

 その関係性を見て、改めて感じさせられたのは、国王ルイとマリーアントワネットの立場の違い。過去の作品よりはるかに、両者の関係は良好なゆえに、同じ立場と思い込んで見ていてしまったのですが、実のところ立場は全然違うんですよね。

 国王ルイは、生粋の王族であり、自らの立場が国民によって覆されることがあるなど、露ほどに思ってもいないのに対し、マリーアントワネットは他国から輿入れしてきた「余所者の王妃」。
 旧来の貴族の慣行にことごとく反旗を翻したことから貴族からも敵視され、民衆からは贅沢の象徴として嘲笑の対象となり、限られた味方しかいない中「孤独のドレス」を纏わざるを得なかったマリーアントワネットの立場は、実のところ、脆弱で崖っぷち。

 だからこそ、首飾り事件で軽はずみな行動をしたことで、さらに信望を失い、王家の威信に傷をつけていく、そのさまが、マリーアントワネットが「わがまま」だったからではなく、「攻撃に対して反撃せざるを得なかった」立場だったからと考えると、納得がいくものがあります。それでいて、結構、玲奈ちゃんは過去、勝気な役が多いというのもあって、ドレスを纏っても、戦闘モードになるとやたらと攻撃力強いみたいなところ(笑)がありますから。蛇のシーンからの反撃は何度見てもワクワクします。

 ぶつかり合ったマリーとマルグリットも、マリーの最後のシーンで、倒れ掛かったマリーに、マルグリットは手を差し伸べます。
 再演ではここは、マリーが自らの足で立ち上がるまで、マルグリットは手を差し伸べるだけにとどめていて、再演版の大好きなシーンですが、これは、マルグリットがマリーを王妃として認めていたからこそなのだろうなと。革命は、マリーを王妃としてではなく、ただの人間として葬りたかったけれども、マルグリットにとってそれは違和感でしかなかった。

 マリーが自らの罪を認めながらも、王妃として生きた様は堂々と主張したさまを見たマルグリット。玲奈マリーの裁判のシーンの威厳はいつ見ても圧倒されるのですが、それを目の前で見たからこそ、そして「マリーが王妃として生きるために払った代償」を知っていたからこそ、マリーの、「王妃のまま死なせてほしい」という願いをかなえたマルグリット、ということなのだろうなと。

・・・

 本編で正面からぶつかり合った玲奈マリーとソニンマルグリット、カーテンコールになると、すっきりしたように笑顔な玲奈マリーと、本編引きずってもやもやしてるソニンマルグリット、というのが対照的で、なんだか可笑しかったのでした。

| | コメント (0)

『屋根の上のヴァイオリン弾き』(9)

2021.2.6(Sat.) 17:00~20:25
日生劇場 2階I列10番台(下手側)

2021年シリーズの初日です。

実のところ、2021年始まって日比谷に縁がなく、初日比谷だったので、HMV日比谷でパンフレットを買ったりMAグッズ(チケットホルダー)を買ったり、キャトレーヴ日比谷できぃちゃん(真彩希帆さん)の写真を買ったりする時間を多めにとった挙句に時間が余り(笑)、開場時間(16時15分)に劇場入り。

客席2階でパンフレットを読みながらいたら、客席オープン時間(16時30分)に日生劇場特有の鐘がなってびっくり。素敵な満足感。

私が『屋根の上のヴァイオリン弾き』(屋根ヴァ)を見始めたのはテヴィエが市村さんになった2004年、この年の三女チャヴァが(笹本)玲奈さんだった時からですが、それ以降の6キャストは次女ホーデル、三女チャヴァのどちらかに必ず気になる女優さんが入っていて、実はコンプリートを続けています。

2004年以降の長女ツァイテル、次女ホーデル、三女チャヴァを並べるとこんな感じになります。

     長女     次女      三女
2004年 香寿さん(O)、知念さん(E/C)、笹本さん(E)
2006年 匠さん(O) 、剱持さん(C) 、安倍さん
2009年 貴城さん(O)、笹本さん(E) 、平田さん(E)
2013年 水さん(O) 、大塚さん  、吉川さん
2017年 実咲さん(M)、神田さん(C) 、唯月さん(E)
2021年 凰稀さん(O)、唯月さん(E) 、屋比久さん(E)

これ、アルファベットで書いたのは、長女がすべて宝塚出身者で、(O)が男役トップスター、(M)がトップ娘役出身なことで、唯一、前回の実咲さん(みりおん)だけが娘役なことがわかります。

次女と三女は、『レ・ミゼラブル』でエポニーヌ経験者を(E)、コゼット経験者を(C)と表記してみましたが、次女も三女もどちらも経験していなかったのは2013年の大塚千弘さんと吉川友さんの組み合わせだけ。とはいえ、ちーちゃんは帝劇ヒロインも経験している(『ダンス・オブ・ヴァンパイア』)ので、実質的には同じクラスの女優さんでしょう。

で、今回の次女(唯月)ふうかちゃんと、三女の屋比久ちゃんは、3回目の「次女・三女ともにエポニーヌ経験者」(2004年、2009年に続く)なのですが、これ、何が凄いって、芝居も歌も分厚くなるんですよ、とてつもなく。

その期待は大きく…そして、期待通りの初日!でした。

ふうかホーデルは1幕は芯の強さをそれほど出さず、ふわっとした感じのバランス型。同じくチャヴァからホーデルになった玲奈ちゃんに似た印象を受けます。ふうかチャヴァが目の前で見つめた神田(沙也加さん)のホーデルはとっても堅物で強いタイプだったので、引きずられていない感じが心強いです。

印象的だったのは長女ツァイテルに持ち込まれた縁談の話を、家族みんなで聞いてしまう場面の、ふうかホーデルの反応。身体を一気に緊張させ、戸惑う(知奈ちゃん)チャヴァを手で制し、ツァイテルに「おめでとう」と声をかける、その声色の深さに痺れます。

ツァイテルは本当は幼馴染のモーテルと一緒になりたいことは、妹としてわかっていて、でも持ち込まれた縁談に対して、喜ばなきゃいけない「娘」という立場もある。大好きな姉も傷つけちゃいけない、だからこそ妹が取り返しがつかないことを言うまえに、自分が言わなきゃいけない、それを瞬時に見せていたさまが、さすが、ふうかちゃんが演じるホーデルでした。

4年前、2017年の初日で見たとき、実はここで(神田)沙也加さんホーデルが、(唯月)ふうかちゃんチャヴァに対して、ほとんど同じ行動をしていることを自分はblogに書き留めてまして、チャヴァからホーデルになることの大切さ、受け継がれているさまを感じられて、本当に嬉しかったです。

で、1幕はふんわりしなやかだったのに、2幕の自らの結婚を認めてもらおうというシーンではがらりと変わり、今度はさーやホーデル譲りの意思の強さを覗かせます。「絶対に(大好きな)パーチックと一緒になりたい」という強さがびんびんに伝わってきます。

面白かったのは、「姉(ツァイテル)が結婚を認めてもらったから、自分(の結婚)も認めてもらえると思ってるだろ?」というテヴィエの言葉に、【即座に】うんと頷くふうかホーデルがお強い(笑)。
そしてその頷き方がむっちゃ可愛すぎて、ふうかホーデル無双になっていた(爆)。

それでいて、ホーデルの見せ場である駅のテヴィエとの別れのシーンは、大好きだった(笹本)玲奈ホーデルばりにパパ大好きな気持ちが身体全体からあふれていて、それでも大好きな人のために自分で踏み出すんだ、という様が強く強く伝わってきて、素晴らしかったです。

で、(屋比久)知奈ちゃんのチャヴァ。チャヴァって実のところ見せ場がそれほど多いわけではないのですが、別れのシーンの芝居の濃さをもう一段高められるとかなり変わるのかなと感じます。歌はもちろん流石なわけで。

正直、自分はチャヴァの初見が玲奈ちゃんで、前回がふうかちゃんなわけで、チャヴァへのハードルはむちゃくちゃ高い(爆)わけですが、”愛され力”というチャヴァに必要な要素をしっかり満たしているので、更に期待したいところです。

・・・

久しぶりに屋根ヴァを見ていたら、ふと感じたのですが。

ホーデル1人の「愛する我が家を離れて」が、最後は皆の「愛するふるさと離れて」になってしまうのが苦しいなと。

ホーデルが先に皆と別れただけだったはずなのに、ユダヤ人という理由だけで、愛する故郷を奪われる物語が、2021年の今上演される意味を改めて深く感じたのでした。

終演後は市村さんからご挨拶。

「稽古場ではずっとマスクだったので、初めての方とは全然表情が分からなくて、昨日初めて分かった(笑)」

「今はお客様はマスクで見ていただくことになっているけれど、これからワクチンもできてくる、そうすればお客様とも顔と顔を突き合わせて芝居を見ていただける日がくる」

「今回は日生劇場の後、名古屋公演、そして私の生まれ故郷、アナテフカ(←カンパニー一同笑い)、いや川越公演まで、皆で走り続けたいと思いますので、応援よろしくお願いします」という流石な締めで初日は幕を閉じたのでした。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »