« 『Beautiful』(6) | トップページ | 『つんいくライブ10735』 »

『Now.Here.This.』(1)

2020.11.29(Sun.) 18:30~20:25
 博品館劇場 L列1桁番台(下手側)
 2チーム制のTeam Water初日です。
 もう片方のチームのTeam Earthは昨日に初日を迎えていますので、これで2チームともに初日を開けたことになります。

 4人+ストーリーテラー2人の6人芝居で、4人は古代史博物館にやってきた知り合い4人組。リーダー的な存在のハンター役が浜中さん(両チーム兼任)、冷静な突っ込み役ジェフが寺西さん、まさしくキャリアウーマンなスーザンが小此木まりさん、女優をやっているしっかり者ハイジが綿引さやかさん、
 ストーリーテラーは女性側が今泉りえさん、男性側は吉田要士さん(演出補兼任)が務めます。

 物語は自然史博物館にやってきた4人が見る古代から現代に至る地球上の歴史と、登場人物4人それぞれのパーソナルな過去の出来事を辿るストーリー。
 故に、登場人物4人それぞれの過去に関する(どちらかといえば良くない)思い出がコミックソングのごとく歌われながら作品は進んでいきます。

 男性陣2人はジャニーズ出身・在籍のお2方ということもあり、客席は女性が中心です。

 女性陣2人は『ジャージー・ボーイズ』での女性メンバー(通称:ジャージー・ガールズ)として共演歴も長いだけに、仲良しな役回りがまさに自然。
 キャリアウーマンでボーイッシュなまりころちゃんと、史上最強にキュートでチャーミングでアイドル風なびびちゃんとの好対照が、まさに「1mmも持ち味被らない」最強のコンビです。

 物語としては地球の歴史と、登場人物の過去から現在を、「過去の諸々から現在は形作られている」という観点で並行するストーリー。どちらかといえばネガティブな要素が多い前半の登場人物の過去の吐露が、後半どのように見えてくるのかが、見所かなと。

 地球の歴史に触れるパートでは、かなり難解な説明というか、この作品に対してどう必要なシーンか消化しきれなかったシーンもありはしたのですが、明るいキャラクターと素敵な音楽、伸びやかな歌声がそういった点を気にしなくさせるかのようなエネルギーに溢れていて自然に拍手が生まれました。

 1回で物語的に理解するのは正直大変かもとは思いましたが、どちらかといえば「理解するより感じる」系の作品かな、という気がしたのでした。

|

« 『Beautiful』(6) | トップページ | 『つんいくライブ10735』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Beautiful』(6) | トップページ | 『つんいくライブ10735』 »