« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

『野の花』(2)

2020.8.19(Wed.) 18:30~20:40
 中目黒キンケロシアター E列10番台

2020.8.23(Sun.) 12:00~14:10
 中目黒キンケロシアター D列1桁番台

ミュージカル座のストレートプレイ、再演です。
初見は同じ中目黒の、キンケロシアターと全く逆側で、実のところ間違いやすい(爆)ウッディシアターでした。

舞台は第二次世界大戦前後のドイツで、ドイツ人少女のリーザとユダヤ人少女のルイーゼとの友情を描いた物語で、初見(2018年1月)では、リーザは平川めぐみさん、ルイーゼは千田阿紗子さんでした。
ちなみに過去、ルイーゼは岡村さやかさん、田宮華苗さんも演じられています。

今回の再演は、リーザは大胡愛恵さん、ルイーゼは清水彩花さん。Wキャストですが、今回は2回ともこの月組キャストで拝見しました。

「内気な少女」リーザは中学校に入学しても、周囲とも溶け込めずにいじめられる日々。そんな中、同じクラスにいたルイーザは対照的な行動的な少女。行動的とは良い言い方で、実際のところは行動的が過ぎて学校始まって以来の「問題児」。そんなルイーゼはリーザを折に触れて世話をし、助けます。

「なぜ私を助けるの?」と問うリーザに、ルイーゼは「ほかに助けたい人がいないから」と言いますが、独立独歩だけに学校になじめないルイーゼにとって、リーザはかけがえのない親友だったのだろうなと。

リーザからルイーゼへの「かけがえのない親友」感と、ルイーゼからリーザへの「かけがえのない親友」感が、ぴったり同じものでないことも興味深いです。

リーザにとっては、ルイーゼは「彼女がいたからこそ生きてこられた」存在。学校ではいじめられ、家庭では優秀な兄に比べると生まれつき身体に障害を持つ自分の影は薄くて、生きる希望も持てなかった少女だったけれど、戦争への波・ドイツの時勢が親友のルイーゼとの仲を引き裂く中、自分を救ってくれたルイーゼのために生きることこそ、自分の生きる道と感じていく。

ルイーゼにとっては、リーザは実のところ「自分が助けなくてもいい」存在なのだけれども、彼女の正義感はリーザを助けないことを許さないし、ルイーゼは自分にないリーザの魅力に惹かれて助けるうち、「なんでも自分で解決しようとする自分」がどうにもできない危機に陥った時、リーザから手を差し伸べられ、自分の生き抜く道を勝ち取ることを成し遂げる。

劇中、ルイーゼはこの作品のタイトルである『野の花』を指して、「自分は野の花になりたい」と願うのです。そのすべての理由をここで言及することはしませんが、その理由の一つに「何も頼まず」ということがあります。

それを聞いたときに、ルイーゼはリーザ以上に孤独だったのかもしれない、と思えて。
自分が突っ張ることでしか生きてこられなかったのかもしれない、と思えて。
だからリーザから「頼みごとはない?」と聞かれたときに、「ない」としか突っ張れなかったけれども、リーザとの最後の時に、本当に頼みたいことを頼めたことで、リーザも本心から「ルイーゼに親友として認めてもらえた」と感じたんじゃないかと、そう思えました。

・・

リーザ役の大胡愛恵ちゃん。直近で拝見したのは『スター誕生』のアイドル役で、どちらかというと言いたいことをバンバン言う方がイメージに合う役者さんですが(爆)、リーザは内に秘めた思いを、実は熱くたぎらせるさまが魅力的で。親友・ルイーゼのためなら数多の危ない橋を渡る様に説得力があって、この作品は全体のストーリーテラーを晩年のリーザ(白木美貴子さん。素晴らしかったです)が務めていますが、晩年のリーザにつながる、まっすぐとした芯の通り方が印象的で素敵でした。

ルイーゼ役の清水彩花ちゃん。とにかくカッコいい。外見も、人としても、舞台映えが素晴らしい。ミュージカル女優さんとしては少し長身(162cm)なことがいいアクセントで、その自信も相まって前半の存在感がまさに漢前で、リーザが心酔するのもわかります。それでいて後半、ユダヤ人であるがゆえに多くの苦難に直面する様、そこに纏う絶望感は、「明」の印象が多い彼女では珍しい役回り。拝見した中では『ロザリー』(2016年版)のマリーアントワネットにとても似ていました。(逃避行しているあたりも)

そして大胡ちゃんと彩花ちゃんの親友力の凄さが今回のなんといっても見どころでした。
親友であることを一欠けらも疑わせない説得力は、役としても役者としても、2人が一緒にいられる時を拝見できてよかったなぁと実感しました。
今回は役柄上、シリアスに尽きる面があっただけに、もう少しラフな、例えば…

彩花「頼みごとがあるんだけど」
大胡「頼みごとは嫌いじゃなかったの?」
彩花「またそういう意地悪するー」

みたいな世界線も見てみたかったです(笑)

・・

ストレートプレイといえ、久田菜美さんのピアノが切なく物語を作り上げる様もとっても素敵です。
物語に寄り添う優しさが曲にも演奏にも感じられて、心温まるひと時になりました。

今般のコロナ禍の中でストレートプレイ、ミュージカル座作品を拝見するのもこの作品が初めて。休憩中の窓換気、休憩時・退出時の整列退場の徹底をはじめ、演者はマウスシールドを付けての上演。初見では多少気になったものの、作品の熱さにマウスシールドの存在をも忘れる、エネルギーに満ちた作品でした。

| | コメント (0)

『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』

帝国劇場

2020.8.14(Fri.) 13:00~15:15
 Aプログラム/帝国劇場2階L列20番台

2020.8.17(Mon.) 18:00~20:15
 Aプログラム/配信

2020.8.20(Thu.) 13:00~15:15
 Bプログラム/帝国劇場1階XA列30番台

2020.8.22(Sat.) 18:00~20:15
 Bプログラム/配信

帝劇復活から2公演目、通称『帝劇コン』と呼ばれる帝劇ミュージカルコンサート。

舞台興行の全面復活ままならない中、それでも再開しやすいコンサート形式が帝劇は2作品続いています(再開は7月の『ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート』)。今回の時勢を意識しての企画かと思ったら、Aプログラム・CプログラムのMCを担当した井上芳雄さん曰く、「2020年東京オリンピック・パラリンピックで来日される外国の方に日本のミュージカルを伝えたい」、といった趣旨での企画だったそうです。

出演メンバーは3パターン(Aプログラム・Bプログラム・Cプログラム)ですが、スペシャルゲスト等の理由により複数のセットリストや、複数の歌い手が存在します。

というわけで、AB混合のセットリストです。
(AB両パターン担当の場合は「AB」と表記)

●セットリスト
1.レビュー THE IMPERIAL
(「モルガンお雪」より~マイ・フェア・レディ/踊り明かそう
(A:井上、B:山崎、AB:瀬奈・朝夏・田代)
2.サウンド・オブ・ミュージック/サウンド・オブ・ミュージック
(A:生田、B:平原)
3.シャル・ウィ・ダンス?/王様と私
(A:一路・今井、B:瀬奈、藤岡)
4.ソウ・イン・ラブ/キス・ミー・ケイト
(A:一路・今井、B:瀬奈、藤岡)
5.陽は昇り又沈む/屋根の上のヴァイオリン弾き
(AB:オールキャスト)
6.見果てぬ夢(騎士遍歴の唄)/ラ・マンチャの男
(A:井上、B:福井<前半>、海宝<後半>)

=MC=

7.ビッグ・スペンダー/スイート・チャリティ
(AB:朝夏)
8.明日は/アニー
(A:和音、B:平原)
9.グイードの唄/ナイン
(AB:田代)
10.オール・ザット・ジャズ/シカゴ
(AB:瀬奈・朝夏)
11.コーナー・オブ・ザ・スカイ/ピピン
(A:城田<16日なし>)※Bなし
12.心は愛にあふれて/レ・ミゼラブル
(A:田代・生田・新妻<~16日>)※Bなし
13.Bring Him Home/レ・ミゼラブル
(A:今井<17日>、B:福井<21日・22日>)
14.カフェ・ソング/レ・ミゼラブル
(B:海宝<19日・20日>)※Aなし
15.民衆の歌/レ・ミゼラブル
(A:今井・和音・新妻・生田・森、
 B:福井・笹本・藤岡・山崎・海宝)

 

=MC=

16.ありのままの私/ラカージュ・オ・フォール
(A:市村<17日>)
17.エニシング・ゴーズ/エニシング・ゴーズ
(AB:瀬奈)
18.愛はどこに?/オリバー!
(AB:田代)
19.はじめての恋/ガイズ&ドールズ
(A:朝夏・加藤、B:海宝・笹本)
20.もしも あなたを愛したら/回転木馬
(A:和音・B:涼風)
21.バニラ・アイスクリーム/シー・ラヴズ・ミー
(A:森、B:涼風)
22.命をあげよう/ミス・サイゴン
(A:新妻)※Bなし
23.神よ何故/ミス・サイゴン
(B:山崎)※Aなし
24.世界が終わる夜のように/ミス・サイゴン
(B:笹本・藤岡)※Aなし
25.すてきな人に恋してる/南太平洋
(A:一路)※Bなし
26.42丁目/42nd ストリート
(A:森、B:涼風)

=MC=

27.ジャージー・ボーイズ・メドレー/ジャージー・ボーイズ
Oh What A Night~Sherry
~Can't Take My Eyes Off You~Who Loves You
(B:中川・藤岡・海宝・福井)※Aなし
28.二人を信じて/ルドルフ ザ・ラスト・キス(再演)
(A:和音)
29.愛してる それだけ/ルドルフ ザ・ラスト・キス(初演)
(B:笹本)
30.フィナーレ/ダンス オブ ヴァンパイア
(A:新妻、B:朝夏)
31.さあ、声を出せ!/天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~
(A:森、B:瀬奈・朝夏)
32.サ・イラ・モナムール/1789 -バスティーユの恋人たち-
(AB:加藤)
33.ナチュラル・ウーマン/ビューティフル
(B:平原)※Aなし
34.僕こそ音楽/モーツァルト!
(A:古川、B:中川)
35.私が踊る時/エリザベート
(A:花總・城田<前半>、一路・井上<後半>)※Bなし
36.闇が広がる/エリザベート
(A:城田・田代<前半>、城田・古川<後半、17日夜なし>、B:山崎・田代)
37.私だけに/エリザベート
(B:涼風)※Aなし
38.塵と灰/ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812
(A:井上)※Bなし

 

=MC=

39.百万のキャンドル/マリー・アントワネット
(A:新妻)※Bなし
40.明日は幸せ/マリー・アントワネット
(B:花總)※Aなし
41.あなたに続く道/マリー・アントワネット
(B:笹本・田代)
42.秘めた想い/レディ・ベス
(AB:花總)
43.踊り明かそう/マイ・フェア・レディ
(AB:オールキャスト)

今回、自力でチケットをとれたのはAプログラムで、ナビザーブさんが珍しく微笑んでいただいてのゲット。Bプログラムは友人の方に譲っていただきましたが、帝劇を訪れてこの方17年、初めて座ったXB列。
今回はオケピが舞台上にある(かつ出演者とはアクリル板で仕切られている)ため、XA~XC列が爆誕しているのです。いやはや絶景で、カーテンコールに至っては目の前2mに玲奈ちゃんという、至福の場所でした。

Aプログラムでは新妻聖子さん、Bプログラムでは笹本玲奈ちゃんがメインで見たいキャストですが、自分自身の帝劇観劇歴17年は、お2人の帝劇出演歴17年と完全に一致している(聖子さんは2003年7月デビュー、玲奈ちゃんは学業の都合で2003年8月デビュー)ので、2人が帝劇の歴史をたどるこの企画で、女性陣の若手代表として堂々と活躍されているさまに、何より感動です。

何しろ2人とも、シングル・デュエットで歌われたほぼすべての曲(+レミゼ)が持ち歌。
聖子さんはご自身大好きなジュリー・アンドリュースの『サウンドオブミュージック』が来るかなと思っていましたが、登場シーンは後半に集中して出演枠を使いつくしたようで。持ち歌はサイゴンのキムが流石の圧巻でしたし、久しぶりすぎる『マリーアントワネット』の「百万のキャンドル」が聞けて嬉しかった!(「心の声」は昨年のコンサートツアー初日だけで披露されているので)。

初日見ていい意味でぶっ飛んだのが『ダンス・オブ・ヴァンパイア』の「フィナーレ」。無茶苦茶カッコいい!マグダでシャウトし、サラでお嬢様風にお辞儀し、伯爵として高らかに歌い上げるなんぞ、さすが小林香さん、”ニイヅマセイコの使い方を世界一知っている”お方。「誰かに小突き回され生きるなんてイヤだろう」ってまさにまんまです(笑)。この演出でやるならマグダとサラを両方やった、ちーちゃん版も見てみたいなー。

玲奈ちゃんに至ってはオールキャストで歌った「日はまた昇る」(サンライズ・サンセット)もホーデルパートだったので、回転木馬のジュリーも帝劇上演キャストの涼風さんでしたが、これも玲奈ちゃんの持ち役。

持ち歌といえば、2008年の楽以来、帝劇で初披露になる『ルドルフ・ザ・ラストキス』の「愛してる、それだけ」を聞けたことが、何より至高でした。再演では演出も歌い手も変わり、「二人を信じて」となったこの曲。Aプログラムでは再演版を再演キャストの和音さんが歌われ、Bプログラムでは初演版を初演キャストの玲奈ちゃんが歌われ、長かった封印の期間が解かれたこと、そしてあの時のマリー・ヴエッツェラの面影を残す、熱量ある歌唱に酔いしれました。

2人を同じコンサートの場で見て思うのは、聖子さんはソロ、玲奈ちゃんはデュエットで持ち味が出るんだなと。聖子さんは持ち歌の「命をあげよう」でも、久しぶりに解禁された「100万のキャンドル」でも、1を10にも100にもする方と感じますが、玲奈ちゃんは「世界が終わる夜のように」でも「あなたに続く道」でも、「1+1」を10にも100にもする方と改めて感じます。玲奈ちゃんは「世界が終わる夜のように」でクリスに叫ぶ「あなたとーーー」が玲奈ちゃん史上一・二を争う大好きな歌唱で、「相手を求めずにいられない」心からの思いをありのままにぶつけられる様が本当に魅力的。聖子さんの「拳を上げて戦え、邪魔者は押しのけろ」も、心からの思いをありのままにぶつけていますが(爆)、喩えると、玲奈ちゃんには「心を奪われる」、聖子さんには「魂を奪われる」違いなのかなと思います。奪われるのは本望なのでいいのですが(ここだからと言って何を言ってるのだ笑)

あと、これも封印だと思ってた『ガイズ&ドールズ』のサラも玲奈ちゃんで復活!
今回、配信に映らないこともあるのですが(意識的に映してないとも思うのですが)過去の舞台写真も流れてまして、ガイズの時は中央に玲奈ちゃん(本物)、下手側に玲奈ちゃん(ウェディングドレス)、上手側に由美子さん(ウェディングドレス)が映り、一人テンション上がっておりました。

聖子さんはただ1曲「フィナーレ」を除けば予想通りの選曲で予想以上の歌唱を堪能でき、玲奈ちゃんは持ち歌ほぼ担当されるという「当たり前のことが当たり前に実現した時点で凄かった」ことを体感できて、幸せなひとときになりました。

Bプログラム最終日の玲奈ちゃんのMCでは、メインMCを担当したいっくんと丁々発止の掛け合い。

玲奈ちゃん「幼いころに、若いころに『僕はこういう役者になりたいんだ』『私はこういう役者になりたい』と言い合ってた育三郎が、『偉そうに』(会場爆笑)、いえいえ『立派に』司会を務めていることも嬉しい」

…MCもすっかり上達されて(笑)

レミゼ12年、エポニーヌをやり続けることの大変さ、「常に新しいものを見せていかなければならないプレッシャー」に悩まされた玲奈ちゃん。「卒業してからしばらくはレミゼの曲を歌うこともなかったけれど、それでも今の自分を作ったのはレミ、全部レミに育ててもらった」、という様はとても印象的で。帝劇の神様はそんな若いころからの大変さも全部受け止めて、そして成長しようとする人を成長させてきたんだなと。

帝劇デビュー同期(2003年)の聖子さん、玲奈ちゃん。

帝劇に育てられた若きベテランの2人が、帝劇の真ん中で堂々と歌われる姿を拝見でき、帝劇に育ててもらった恩を全身で返されているかのような様を拝見できたことが、感動では言い切れない、素敵な時間だったのでした。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »