« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

『むこうのくに』

2020.7.23(Thu.) 14:00~16:40 配信

2020.7.26(Sun.) 20:00~22:40 配信

 完全配信の「劇団ノーミーツ」の新作公演。といってもこれまでの作品は拝見しておらず、今回青山郁代さんが出演(Wキャスト)ということで、初日公演を拝見しました。

※さきほど千秋楽が終わりましたが、追加公演(8月1日・2日)が決まりましたので、まっさらでごらんになりたい方は回れ右をお願いします!
ネタバレを含んでいます。

 仮想世界「ヘルベチカ」に「友達を見つけたい」という思いで入っていく主人公のマナブ。現実世界で友達がいない彼にとって、仮想世界で友達を見つけるのはそう容易いことではなく。

 そんな彼に人懐っこく絡んでくる女の子・スズ。2人の間には、どことなく仲の良い雰囲気が生まれつつも、突然彼女はヘルベチカから消えてしまう。
 消えた彼女の本意はどこにあったのか、マナブは再びスズを見つけ出せるだろうか。

 主人公のマナブが、ヘルベチカに自ら作ったAIを投入した…という時点で何となく感づいてはいましたが、なるほど、そういうことだったのですね。

 AIというのは言葉だけが先行する典型的なものであったりして、それだけに映画で「AI暴走」みたいな捉えられ方をしますが、基本的には「与えられたデータを解析して方向性を見つけだしていく仕組み」を指すので、この物語のAIの扱われ方を見たときに、あぁ、彼は優秀なAI作者だったんだな、と感じました。

 AIで作られた「女の子」は、主人公の意思をしっかり読みとって、主人公が想像しないような、でも主人公が本当に望んでいた未来を作り出した。

 それは、作者が「本当に望んでいたこと」をAIにインプットできたからこそ得られたものだと思うのです。

 女の子役を演じられた尾崎由香さん、声優をメインに活躍されているそうですが、笑顔もチャーミングで、人懐こく、心閉じていた彼の心を開かせるのも納得です。

・・・

 もう一つの物語が、サイバー空間を現実空間同様にコントロール下に置きたい意思を抑えきれない、政治家・綾小路役をWキャストで青山郁代さんが演じ、その政治家の秘書・氷室という男性がペアで「別世界」の空気を醸し出します。

 現実空間を生きていて、ある意味社会を「支配」する立場からすれば「むこうのくに」である電脳空間は、畏怖する存在でしょうし、そこに対して楔を打ち込まんとする行為というのはあり得そうな物語ですね。

 志高く意思を語る女性政治家・綾小路役の青山郁代さんは今までにない役どころ。今までだと、サイバー犯罪を取り締まる女性刑事の役の方をやりそうな印象がありますが、なかなかはまっていて、それでいて自らの信念に迷い悩む辺り、その繊細さは(意思を実現するという点において)政治家にとっては弱点だったのだな、というのを見せて流石でした。

 オンラインで(自身の)芝居は変わるか、という問いに対して、郁代さんは「あえて全く変えない」と仰っていて、だからこその存在感であったと思うのですが、「オンライン演劇」といえど、「オンラインであることに無用な優位性を(少なくとも)芝居上に持ち込んでいない」のは流石と感じました。

 「舞台に生の迫力は不可欠で、それは劇場でのみ実現できる」、という考え方は今回のコロナ禍の中で価値観が揺らいだ大きなものだったと思うのですが、そこで劇場を否定するのではなく、オンラインの可能性を突き詰めることで、見えてくることは多かったように思えて。

 オンラインの場に、劇場で技術と心を磨かれてきた郁代さん、そしてキャラメルボックスの鍛治本さんといった「芝居のプロ」が入られていたことで、より意味のある試みになったのでは、と感じさせられました。

 役者と脚本、それぞれに「伝えたい思い」と「伝えたい技術」があってこそ、物語は伝わるのだと改めて感じたのでした。


| | コメント (0)

『SHOW-ISMS』

『SHOW-ISMS』

2020.7.22(Wed.) 13:00~15:15
 シアタークリエ 3列20番台
2020.7.24(Fri.) 11:30~14:15
 配信(Streaming+)
 シアタークリエの復活作品となったのがこの『SHOW-ISMS』。
 7月公演予定だった『マトリョーシカ』が中止になったものの、短縮バージョンとして復活することになり(Bプログラム)、それに先立って過去2回上演されている『DRAMATICA/ROMANTICA』チームが再結集して前半部を担当するのがAプログラム。
 Aプログラムの上演予定は7月20日から25日まででしたが、25日の公演は出演者に体調不良者が出たとのことで開演1時間前に急遽中止が決定。
 係員の方に感染者が出た帝劇は無観客上映のみに切り替え(『ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート』)、出演者に体調不良者が出たシアタークリエは配信を含めて全て中止、というのは事前に対策を検討してあった感を抱かせます。
 私の場合は25日の観劇予定が中止となったため、20日に劇場で観劇(これが3月20日『星の大地に降る涙』以来、実に142日ぶりの劇場での観劇でした)、24日に配信で鑑賞と2回拝見したことになりました。
 セットリストですが、セットリストを取る瞬発力が戻りきっておらず、フォロワーさんにお願いして快諾いただき、お借りしました。厚く御礼申し上げます。
 では、セットリストです。


●セットリスト
※曲目につき、フォロワーのみやびさんの全面協力をいただきました。感謝です。

■第1部:DRAMATICA/ROMANTICA
 ※カッコ内はメインボーカル
1.The Show Must Go On
 /ムーラン・ルージュ
2.Cinema Italiano/ナイン(知念)
3.A Question Of Honour
  /サラ・ブライトマン(新妻)
4.Vメドレー2020
 4-1.Circle Of Life~
  /ライオン・キング(Jkim)
 4-2.ラ・マンチャの男(新妻)
 4-3.You Can't Stop The Beat~
 (彩吹)/ヘアスプレー
 4-4&4-5.それ以上の/それは私
  /ルドルフ・ザ・ラスト・キス
  (井上・Jkim・知念)
 4-6.雲の上のお城(リトル・コゼット)
  /レ・ミゼラブル(新妻・知念)
 4-7.夢やぶれて~
  /レ・ミゼラブル(Jkim・彩吹)
 4-8.Memory~/CATS(Jkim)
 4-9. Don't Know~/next to normal
  (JKim)
 4-10.種を蒔こう~/キャンディード
  (井上・新妻)
 4-11.守ってブレンド
  /シャボン玉とんだ宇宙までとんだ
  (井上)
 4-12.サタデー・ナイト・イン・ザ
  ・シティ/ウエディング・シンガー
  (彩吹)
 4-13.STAY~/ラディアント・ベイビー(知念)
 4-14.Fly, Fly Away
  /キャッチ・ミー・イフ・ユー
  ・キャン(新妻)
 4-15.1812年の大彗星
  /ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート
  ・コメット・オブ1812(井上)

5.Listen~/ドリームガールズ(彩吹)
6.V(クインクエ)/※オリジナル歌詞
7.ガブリエラの歌/歓びは歌にのせて
 (井上)
8.The Rose/ペット・ミドラー
 ※オリジナル歌詞(彩吹)
9.Where You Are/ジョシュ・グローバン
10.Joyful Joyful~/天使にラブ・ソングを2


■第2部:ユイット(∞)
11.マンボ・イタリアーノ
 (井上・彩吹)


■第3部:マトリョーシカ
12.月明かりの下で(美弥)
13.Empathy1(今・平方)
14.Empathy2(美弥・保坂・樋口・夢咲・下村)
15.翼をください(チーム全員)

■第4部:フィナーレ(公演全員)
16.漕げよマイケル(Hallelujah)
 ※オリジナル歌詞
 『DRAMATICA/ROMANTICA』、通称『ドラロマ』は初演以来見ていますが、初演から10年、再再演以来7年経っても、そこにあるのはプロの仕事でした。

 5人のバランスが絶妙で、黒一点の(井上)芳雄さんが回し役とはいえ、最強の女性陣を前にたじろぐこと度々。歌では一切の隙を見せないのに、MCでは隙あらば突っ込もうとする対決が、主に(新妻)聖子さんとの間で繰り広げられ、残り4人が生暖かく見つめる(ある意味放置する)のも、『あぁこれぞドラロマ』って感じ。

 天然MCでかき回しながら心は熱いJkimさん、誰よりも自由に泳ぎ回る新妻さん、すべてのまとめ役彩吹さん、その間で緩衝材となりつつ美味しいところをなにげに持って行く知念さん、という絶妙なバランスに酔いしれます。

 「センターに立ったことしかなくてハーモニーが皆できなくてびっくりした」とは24日の本編前配信で新妻さんと対談した演出の小林香さんの言葉でしたが、5人にとっても大きな大きな場だったことを伺わせます。

 この作品の前では、舞台ではどちらかというと引っ込みがちだった知念ちゃんが、例えば『Cinema Itariano』でガンガンに踊りまくったり、新しい面を見せてもらえたことを懐かしく、今回も拝見できたことは幸せでした。

 とりわけ『ルドルフ・ザ・ラストキス』曲が聞けたのは嬉しかったです。知念ちゃんステファニーは本役とはいえ、びっくりでしたが。

 Aプログラムでは新作の『マトリョーシカ』は劇中の4曲だけの披露でしたが、物語の触りを見て感じるのは、小林香さんの描きたいことは『個々の多面性』なのかな、と思えてきます。
 ドラロマが5人それぞれの個々の多面性を引き出して輝いたように、美弥さんが教師として赴任した定時制高校に通う「それぞれ問題を抱えた生徒たちに寄り添い、それぞれの個性を引き出す」という『マトリョーシカ』の物語も、そんな『SHOW-ISM』の系譜を確かに踏む物語なのだろうな、と感じさせられました。


 前半日程の最終日7月25日が休演になり、今後予断を許さない情勢ですが、Bプログラムが上演できることを祈っています。

※7月26日東宝さんより発表あり。7月25日体調不良者含む全員がPCR検査「陰性」だったとのことで、当初予定通り7月28日から公演再開となるとのことです。

| | コメント (0)

『ジャージー・ボーイズ』(5)

2020.7.20(Sat.) 18:00~20:00

 配信(Streaming+)


2020.7.24(Fri.) 18:30~20:30
 帝国劇場 1階K列30番台(上手側)

 新型コロナウィルス感染拡大に伴い中止が相次いでいた舞台興行ですが、この7月から順次再開。この作品『ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート』が帝国劇場での再開作品になります。

 元々シアタークリエで初演・再演された『ジャージー・ボーイズ』ですが、当初発表されていた本作品での帝劇公演は中止が発表され、その後、帝劇再開作品としてコンサートバージョンで公演されることが決定

 当初は7月20日に初日を迎えることになっていたものの、公演初日直前に帝劇係員の方に新型コロナウィルス感染が判明し、急遽7月20日から21日は配信のみに切り替えとなり、7月23日から劇場公演としての再開。2月の『SHOCK』以来、148日目の再開とのことです(あっきーがカテコで言ってました)。

 初日延期は正に英断だったと思います。「保健所からは公演実施に了解を得ている」とはいえ、あくまで他者の判断。どうしても不安が先行する昨今では、興行主である東宝さんが「自らの」判断として初日延期を判断されたことは適切だったと、初日チケットを持っていた私としてもそう思います。今は「より安心」を指向せざるを得ませんし。

 四季4つに分けて物語が進むのは本作品と同じですが、出演キャストがフォーシーズンズ4人はフランキー・ヴァリのあっきー(中川晃教さん)以外は2人ずつ。経験者1人と新キャスト1人のペアが基本。
 後方で過去の舞台映像を流しながら進んでいき、初演・再演キャストのまりゑちゃんも映ったりします。

 とはいえ、さすがに初見の方への説明としては尽くしきれてはおらず、その辺りは将来の帝劇初演(!)に期待といったところ。

 配信だとどうしても見たいアングルが見えなかったりするので、劇場で見て「おおっ」と思ったのは、「永遠の愛」であっきーフランキーが歌うとき、びびちゃん(綿引さやかさん)と(小此木)まりちゃん「だけ」にライトが当たっていない!ことに背筋が寒くなりました(言い方笑)

 びびちゃんが作品内で演じるのはフランキーの妻・メアリー。イタリアからの移民で自らも居場所を見つけられていなかった、フランキーの2つ年上のメアリーは、フランキーと恋に落ち、娘フランシーヌをもうけます。それでいて家庭を省みることに不得手なフランキーとは喧嘩が絶えず、最後は別れることになります。

 翻ってまりちゃん演じるのは記者のロレインで「聡明な女性」として描かれ、フランキーにしてみれば「メアリーとの『悪夢』(メンバー談)」からの心の隙間を埋める女性として登場します。コンサート版ではロレインがフランキーに愛想を尽かしていなくなることまで描かれていませんが、その2人ともをライトから外して、「真実の愛」ではなかった、という見せ方が流石藤田さん、と感じました。

 コンサート版の見所としては何といってもエンジェルスのシーン。
 フォーシーズンズのコンサートの最初の出し物として人気急上昇の女性3人グループ「エンジェルス」を登場させるパートなんですが、ここ、前回まではセンターにるんさん(遠藤瑠美子さん)、下手側が(小此木)まりちゃん、上手側がまりゑちゃんだったんです。でも、まりゑちゃんは今回パルコ劇場で三谷さんの作品に出てるので出られない、そして女性キャストは今回3人だけ…。

 ここから導き出されてお目見えした結論が「びびちゃんがエンジェルス入り」でした。びびちゃんは前回まではまりゑちゃん演じるフランシーヌのお母さん(メアリー)だったので、「母が娘の仕事を継いだ」ことになりますが(笑)、若い素敵なお母様が、娘以上にノリノリでやっている姿があまりにしっくりきて超ツボに入りました(爆)。

・・・

 今回、期せずして帝国劇場の再開作品になった『ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート』。配信ではそこまで感じずに、劇場で見て強く感じたこと。

 『ジャージー・ボーイズ』の作品の中でフォーシーズンズは殿堂入りを果たし、「これはどんな賞よりも価値がある。それは、一般大衆がくれたものだから」と言うくだりがあります。

 この言葉を帝国劇場で聞いたとき、この作品が帝国劇場の再始動、東宝演劇の再始動に選ばれた理由、それが分かった気がしたのです。

 まだ何一つ解決していない世の中で、舞台の幕を上げることが果たして正しいことなのかもわからない。
 舞台を観劇することができない人もいる中で、観劇することが果たして良いことなのかもわからない。

 でも、それは当事者が、不断の最善の努力・協力をもって乗り越えない限りは越えられない壁だし、帝国劇場に集った、観客役を含む『ジャージー・ファミリー』が一体になった拍手の熱量こそが、「観客が演劇を欲する」体現であったように思えて。その熱さが配信という形で、「舞台を見たくても見られない」立場の方に一人でも多く伝わる機会になるのであれば、そこに「幕を上げる意義」があるのではないかと思えたのでした。


| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »