« 『ロザリー』(3) | トップページ | 最近思うこと。 »

『星の大地に降る涙』

2020.3.20(Fri.) 14:00~17:00
舞浜アンフィシアター 22列10番台(下手側)

初日公演です。

元々は3月10日(火)開幕を予定していたこの作品でしたが、新型コロナウィルスに伴う大規模イベントの自粛要請を受けて2回にわたって開幕を延期し、この日が初日になりました。

舞台関係は概ねこの日からの再開が多く、前日19日に政府専門家会議からの「主催者がしかるべき対応をとる前提で一律の自粛要請としない」主旨と捉えたものと思われます。

そして個人的な私のことを言ってしまうと、この作品のもともとの初日・10日は観劇予定でお休みを取ってましたが流れ、そしてこの20日・21日は梅芸で『ボディーガード』を観劇するために遠征の予定でした。

ところが、状況を鑑みて3日前に遠征中止。
JR東海ツアーズ様、東横イン様、梅田芸術劇場様のお蔭ですべて無手数料取消となり、まだこの段階では公演予定があったため、若干の心残りはあったのですが、20日午前2時台に3月20日~22日の公演中止が発表され、あのまま強行することにすればどうなっていたか…。

大阪行きがなくなったため、前日に急遽舞浜の20日のチケットを取りました。
今回、仮に公演中止になっても、また万が一体調不良で自ら止めても払い戻しがされるためリスクは低いと判断しました。

今回、主催者の方の配慮で公演を行う場合にも払い戻し可というケースが多いですが、公演のリスク低減のためにも必要な策と思います。払い戻しがないと無理して来ちゃう人もいるでしょうから。

ともあれ、会場の舞浜アンフィシアターは実は初めて来ました。
東京ディズニーリゾートが営業休止中のため、休館中のイクスピアリでしたが、舞浜アンフィシアターへの最短ルートになる関係で、開演2時間前~終演2時間後までチケットを提示しての通行が可能です。

この日朝には、急遽『SHOCK』の当日休演が発表されて、びくびくしながら会場に向かい、開演しそうとわかるまでは結構不安でした。

会場では入り口でアルコール手指消毒があり、係員の方がハンディサーモグラフィーを持って熱を計測。
物販はパンフレットのみで、パンフレット以外はweb(アスマート)のみでの扱いとなり、自販機も販売中止、ペットボトルのみ販売。

滞留しないよう随時声かけが入るのと、退場時の分散退場(ブロックごと)ぐらいが変わったところでしょうか。
特に分散退場は滞留防止にかなり効果があったので、事前告知の上で(帰りが急ぐ方もいるでしょうから)、他でも有効活用できればいいなと思います。

考えられうる最大限の対策を取った感じです。

・・・

作品の話にようやく移行しますが、この作品は「地球ゴージャス25周年記念祝祭公演」と銘打たれ、今まで再演がなかった地球ゴージャスで初めての再演作品となります。

海に投げ出され、島に流れ着いた一人の男を演じるは新田真剣佑さん。
部族・タバラ族が暮らすその島で彼を優しく介抱するのはタバラ族の女神・ステラ、演じるは笹本玲奈さん。
その男を運んできたシャチにあやかり、とっさにその男を「シャチ」と名付けるあたり、ステラはなかなかの天然キャラでもあります(笑)。

タバラ族の女神として、自然に女神として崇められるに相応しい存在感と歌声。
誰にも優しく振る舞い、それでいてその天然さから、お高く止まっていない様を見せる。しかもそれを計算高さを一切見せずにいる様は、「演じている」ようにまったく見えなくて、玲奈ちゃん当てがきですか、ぐらいな嬉しい驚きです。

脚本は再演にあたって岸谷さんが変えているそうで、岸谷さんには玲奈ちゃんの天然さんは見抜かれているようなので(笑)、その辺りがとってもしっくり。

真剣佑さんのシャチが不器用ながらもまっすぐで、心が折れてしまいそうになるとき。
タバラ族と人間(和人)が争うことを止められず、大切な人を次々失ってしまうとき。

それでも、玲奈ちゃんが見せるステラは、人を信じること、人を愛することを決して諦めないんですね。
この人は、本当に人を恨むことも憎むこともしないんだろうか、そんな不思議さにかられるほどのまっすぐな心を感じさせる存在。

母となってから演じるからこそ、自ら子供を育てることのリアルさ、温かさを感じるし、本当の強さも伝わってきて、女性の偉大さをすごく感じます。

この作品は地球ゴージャス唯一の再演作品となり、企画時点では「初演段階で願っていた『反戦』がいまだなくなっていない」ことに慄然としながら決めた再演だったと聞いています。

ところが、もちろん反戦へのメッセージはダイレクトに伝わってくるものの、この日10日遅れでようやく初日の幕を開けられた中で感じたこの作品のメッセージは、「コロナ前」の「戦いというものの無意味さ」だけでなく、今の「コロナ中」の「戦いというものがいつでも発生しうる社会の脆さ」をも同時に伝わってきて。

幕を開けたいと必死に思うだけではどうにもならなくて、そもそも敵がウィルスではなくて人間なんじゃないかと思うような日常の中、人が視野が狭くなると、自分のことしか考えられないようになってしまいかねない極限状態、それを目の前で見せられているような気がして。

だからこそ、「それでも分かり合うことが大切」と説く玲奈ちゃんのステラは、眩いほどに神々しくて。そして、お母様になった玲奈ちゃんだからこそ、いや、玲奈ちゃんでしか出せないオーラで、今この『星の大地に降る涙』のステラ役で拝見できたことの嬉しさに涙が出ました。

元々こういう事態になることを予想だにしていなかったのに、ここに女神そのものの玲奈ちゃんがいてくれる心強さ。
「ウェスト・サイド・ストーリー」のSeason1のマリアシングルキャスト13連投といい、最近の玲奈ちゃんのハイパーぶり凄い…。

カーテンコールでは、客席からの拍手が本当に長くて、いつまでも鳴り止まなくて、舞台上の皆さんもみんな涙を流されていて。本当は泣き虫の玲奈ちゃんは最後は涙涙でした。

そんな中、岸谷さんからのご挨拶も涙涙。
長い長い初日への日々でした。
 世界中がこのような状況の中、この劇場においでくださったお客様1人1人に本当に感謝します。ありがとうございました。また皆さまにごらんいただける機会があることを願っています」

本来なら満席で埋まるであろう舞浜アンフィシアター(1900席)もこの日は6割の入り。それでも、舞台に立った皆さまは客席からの拍手が何よりのエネルギーになったと思いますし、お客さんみんなの拍手は、初日を見届けられ、また明日への一歩が踏み出せる喜びに溢れていて、とても温かい時間になったのでした。

|

« 『ロザリー』(3) | トップページ | 最近思うこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ロザリー』(3) | トップページ | 最近思うこと。 »