« 『星の王子さま』 | トップページ | 『ロザリー』(2) »

『W FACE CONCERT』

2020.2.21(Fri.) 19:00~20:40
2020.2.22(Sat.) 17:30~19:10

草月ホール SA列20番台(下手側)

シーエーティプロデュースさん主催のミュージカルコンサート、2日間3公演が大盛り上がりのもと終演しました。

初日は固さもあってアンコールがなかったのに、千秋楽(21日夜)に至っては、アンコールが「ミュージカル俳優の集まりなのに、あろうことか締めが不協和音(笑)by西川氏」とのことで、ダブルアンコール。客席総立ちでの舞台上&客席一体のRENTが最高すぎました。

メンバーは男性3人、女性2人。
一色洋平さん、西川大貴さん、内藤大希さん、
豊原江理佳さん、綿引さやかさん。

シーエーティ作品に出演されたことがあるのは西川さん、内藤さん、豊原さん。一色さんと綿引さん(びびちゃん)は未出演です(びびちゃんは4月~5月の『EDGES』が初出演)。

というわけで、まずはセットリストです。
セットリスト付きの当日パンフ有り難い!
制作さんの良心と熱意を感じます。

●セットリスト
 1.心の瞳/坂本九(一色)
 2.Moving Too Fast/The Last Five Years(一色)
 3.A Miracle Would Happen
 ~When You Come Home to me
 /The Last Five Years(内藤・綿引)
 4.wishing For The Normal/ソーホー・シンダーズ
 (西川・豊原)
 5.Old Compton Street/ソーホー・シンダーズ
 (全員)
 6.SARU Don't Think/(愛おしき)ボクの時代
 (全員)
 7.愛を教えて/(愛おしき)ボクの時代
 (西川・豊原)
 8書きかけの小説/DAY ZERO(内藤)
 9.白日(西川)
10.愛燦燦/美空ひばり(豊原)
11.Butter-Fly/デジモンアドベンチャー(内藤)
12.Green Green Dress/tick,tick...BOOM!
 (一色・豊原)
13.30/90/tick,tick...BOOM!
 (一色・西川・豊原)
14.心は愛に溢れて/レ・ミゼラブル
 (内藤・豊原・綿引)
15.オン・マイ・オウン/レ・ミゼラブル(綿引)
16.神よ何故?/ミス・サイゴン(西川)
17.Seasons Of Love/RENT(全員)
18.ひかり(綿引)

アンコール(22日夜のみ)
19.Seasons Of Love/RENT(全員)
20.Seasons Of Love/RENT(全員)

まずは一色さんが登場し、弾き語りの『心の瞳』でスタート。その演奏の間にびびちゃんが上手側から入ってきて聞き耳を立てます。演奏が終わったら、「はじめまして」のご挨拶。

「綿引さやかさんですよね?」
「一色洋平さんですよね?」
と会話しあう2人。知り合いの演出家さんのスタジオにやってきて自主練がかち合う、という設定です。

2曲目L5Yで派手に踊りまくりながら歌う一色さんを見るびびちゃん、千秋楽では「どれだけ回っているのかなと思って数えてたら12回回ってましたね」というMCが面白すぎました(笑)。

そして他の登場人物も集まってきて、お互い「はじめまして」や「お久しぶりです」のご挨拶に。
一色さんは全員が初共演、それ以外の方は1人共演経験があるという感じ。
一色さんも去年クリエ作品(『ラブズ・レイバーズ・ロスト』)に出たので「ミュージカル俳優ということで!」と和気藹々モードに。

この5人は皆さん拝見したことがあって、一色さんはキャラメルボックスに客演したときに「身体能力凄いなー」と思っていたので、久しぶりに拝見できて楽しかったです。ストレートをずっとされてきた方なので芝居の軸がしっかりしてるので、歌っても歌だけで上滑りしないのがよくて。内藤さんが「『RENT』や『L5Y』とか合いそうですよね」と仰った言葉に同意です。

西川さんは進行役のびびちゃんにまで「西川『先生』」と呼ばれてましたが(笑)、色々な意味で「自由を求める」タイプなのかなと今回感じました。少し大人になった部分はあっても、遊び心は決して忘れない、みたいな。

内藤さんはいい意味で大人になられましたよね。やんちゃというイメージをずっと持っていたのですが(西川さん以上に懐に入り込むのが巧みというイメージ)、先月出られていた『シャボン玉とんだ、宇宙までとんだ』を経験されたことで、一回りも二回りも大きくなった印象です。

豊原さんは唯一、今回の5人の中で「意識して拝見したことがない」方で、『タイタニック』は作品として拝見したものの、意識しては見ていなかったので、今回が実質初見。パワフルな歌声が印象的で、とりわけ『(愛おしき)ボクの時代』の「愛を教えて」の気持ちの入り方が素敵。このコンサートでは演出の西川さんとのデュエットというスペシャルバージョンでした。

そして、綿引さやかさん(びびちゃん)。レミゼの「心は愛に溢れて」からの「オン・マイ・オウン」はブランクの欠片も感じさせない、現役感たっぷりのエポニーヌ、素晴らしかったです。『RENT』では一色さんとともにソリストパートでしっかり曲をリードし、『ソーホー・シンダーズ』ではマリリンパートだったそうで新鮮、そして『ひかり』は締めに相応しい、感情籠もった、これ以上ない歌唱でした。

「人は弱いから時には前に進めなくなるかもしれない。それでも前を見ればみんながいて。色々大変なことがある今だけど、それでも前を向いて進んでいけると思えたら嬉しい」とのMC、そしてそれに続くびびちゃんの優しく強い歌唱は、まさに今のエンタメが直面していることへの、一つの「ひかり」そのものに思えたのでした。

歌の面だけでなく、進行面でもびびちゃんは進行役を担当。男性陣3人はいずれもなかなか油断ならないタイプ(何をするか分からないタイプ)笑、ですが3人の「喋りたい具合」を上手に捌き、突っ込みたい内藤さんが突っ込まれたい一色さんをいじり、突っ込みを省エネしたい西川さんを時に引き込み、先輩ばかりで当初は緊張が見えた江理佳ちゃんにも頼りにいく様は頼もしすぎて。

綿坊(西川さん命名、W FACE内だけの愛称らしい笑)
「『ソーホー・シンダーズ』いい曲多いですよね!I-TUNESで配信されたらいいですよね」
西川さん「ぜひアンケートに書いてください。アンケート大事です」
江理佳ちゃん「『ソーホー・シンダーズ』は舞台では音源でやったので生バンドは今回が初めて。ぜひ再演では生バンドでやりたいです!」

そして、バンドさんも客席もみんな笑顔で「良かった」と言っていられるのも、壇上のキャストさんがみんな笑顔で、その楽しさが伝わってこそ。

「W FACE」という”二面性"をテーマにしたコンサートでしたが、それでもキャストの人となりが素敵だったからこそ「どっちを切り取っても素敵」で、その様を拝見できたことが、とても嬉しかったです。

 

|

« 『星の王子さま』 | トップページ | 『ロザリー』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『星の王子さま』 | トップページ | 『ロザリー』(2) »