« 『LA DIVA』 | トップページ | 『ロカビリー☆ジャック』 »

『若井久美子クリスマスコンサート2019』

2019.12.15(Sun.) 13:00~15:00
六本木claps
ステージ上手側

お久しぶりな若井久美子さんコンサート。舞台作品では最近お目にかかっていないので実質的にレミゼのコゼットぶりでの拝見になります。

この日のゲストは仲良しの綿引さやかさん(びびちゃん)。若井さん曰く、「以前から2度声をかけていた」そうなのですがタイミングが合わず、今回念願のゲスト出演とのことです。

まずはセットリストから。

●セットリスト
<第1部>
1.サンタが街にやってきた
2.すてきなホリディ
3.透明なココロ/Original
4.サイレント・イヴ/辛島美登里
5.For Good/Wicked
 (若井グリンダ・綿引エルファバ)
6.100万のキャンドル
 /マリー・アントワネット
7.戦場のメリー・クリスマス
 (ピアノ久保沙央里さんソロ)
8.Welcome To X'mas/島田歌穂
 (東京ディズニーシー)

<第2部>
9.ふわん/Original
10.Alone/岡本真夜
11.着飾って、輝いて
 /キャンディード
12.エポニーヌ&ファンテーヌデュエット
 ~恵みの雨&夢やぶれて&オンマイオウン
 /レ・ミゼラブル
 (若井ファンテーヌ、綿引エポニーヌ)
13.スピーチレス/アラジン
 (綿引ジャスミン)
14.輝く未来/塔の上のラプンツェル
15.O Holly Night

<アンコール>
16.ありがとうの歌
 (アルバム「透明なココロ」2曲目)

・・・

若井さんといえば高音域の澄んだ様が印象的ですが、とうとう来ましたM11、ソプラノ音域のミュージカル曲といえば、のキャンディード「着飾って、輝いて」。

”かつて良いところのお嬢さん、今や娼婦のクネゴンデ”という女性が過去に酔いながら現実を思い知らされ、それでも持ち味の前向きさで飛び抜けてしまう曲。2010年に日本初演されたときは新妻聖子さんがシングルキャストで演じ、自身も今年のコンサートで初日だけ歌った曲。

他、コンサートでは松原凜子さんも歌われたことがありますが、若井さんの歌唱も圧巻の一言。さすがの若井さんも最高音が出るか心配で3日間封印していたそうなのですが、いい意味で呆気にとられる歌唱ぶりにブラボーでした。

M11以外は余裕の歌いっぷりで、特に良かったのは第1部ラストのM8「Welcome to X'mas」。東京ディズニーシーのクリスマスショーのテーマ曲として作られ、初代エポニーヌの島田歌穂さんがCDで歌われているこの曲。クリスマスがテーマのこのコンサートで、ディズニー好きの若井さんらしい、素敵な選曲になりました。

・・・

ゲストコーナーの綿引さやかさん(びびちゃん)との会話はむっちゃ弾んで後で大変なことになるのですが(後述)、2013年・2015年の『レ・ミゼラブル』で若井さんコゼット、びびちゃんエポニーヌで初共演。

第一印象はびびちゃん→若井さんは「スンとしてそう(笑)」「こんな空気感だしお嬢様かと思ってたら、出会って数日で『あ、おもしろい人だ』と(笑)」変わったそうです。

逆に若井さん→びびちゃんは「最初はちょっと壁を作ってた」「才女って感じ」からすぐ「気さくな人」に変わったそうで。

その時は、エポコゼが同世代でみんな仲が良く、名古屋(中日劇場公演)では公演後に皆で、にんにくたっぷりの味仙ラーメン(辛くて有名)を食べに行き、「明日のマリウス誰だっけ?」「(同世代の)Tくん」…「じゃ大丈夫だね(笑)」みたいな会話をしたとか(笑)。

エポコゼは恋敵役ですが、幕降りたら2人で「いえーい」って満面の笑顔でハイタッチしてた(実演付き(笑))というのが微笑ましすぎ。

びびちゃんからの若井さん評で、「サバサバしてる、男っぽい。彼氏にしたい」からの、若井さんからびびちゃんへ「彼女にしたい」での両思いシーンもあり。

そんな流れからの、ミュージカルの友情ソングといえば、の定番曲『For Good』は素晴らしかったです。緑のエルファバはびびちゃん、白のグリンダは若井さん、で実はドレスがきれいに逆だった(笑)ことに内心噴いちゃいましたが、少なからず違う個性の2人が、確かに自分にない良さを相手に認めて、心開いて感情を昇華していく様が、感動的にすばらしくて、仲良きことは美しきかな、を実感した素晴らしいデュエットになりました。

第2部で再び2人のシーンになりましたが、実はこの日は夜に別の公演がこの会場で予定されており(18時開場)、MCにとにかく「巻き」(早くする)の命が下った結果、若井さん「だけが」早くMCを切り上げる動きが発動し、びびちゃんに質問を投げかけるも、びびちゃんの答えを拾うことなく次に行く、そんな様に呆気にとられ笑いまくるびびちゃん、という流れが面白すぎて。

「心ここにあらずですね」
のツッコミが、びびちゃん素です(笑)

びびちゃんソロは『ブラバン・ディズニーコンサート』でも披露された(来年公演でも披露予定)ジャスミンの映画オリジナルソロ「スピーチレス」。

若井さんとデュエットしていて改めてびびちゃんの歌声を聞くと、高みに昇る系の若井さんと、真ん中を重く貫く系のびびちゃん、と持ち味がはっきり違うことに気づきますし、「スピーチレス」もあの難曲ですが、どんどんびびちゃんらしくなってきて来年が楽しみです。

・・・

最後は時間の都合上、巻きが入ってしまったのは残念でしたが、若井さんらしさも、びびちゃんらしさも、そして2人の仲良しさもたっぷり感じられ、素敵なクリスマスコンサートになりました。

本編中でお互いおっしゃられていましたが、レミゼ以来の共演が実現しますように願っています。

『プライド』の史緒さんを若井さん、萌ちゃんをびびちゃんがやると意外に面白いことになるんじゃないかと感じました。仲良し役じゃないですが(笑)

※本役は史緒さんが笹本玲奈さん、萌ちゃんが新妻聖子さん

|

« 『LA DIVA』 | トップページ | 『ロカビリー☆ジャック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『LA DIVA』 | トップページ | 『ロカビリー☆ジャック』 »