« 『らららクラシックコンサート』 | トップページ | 『(愛おしき)ボクの時代』(1) »

『WEST SIDE STORY』(2)

2019.11.8(Fri.) 13:30~16:15
IHIステージアラウンド東京
3列10番台(下手側)

笹本玲奈マリア初日。
…のはずで取ったチケットでしたが、マリアWキャストの北乃きいさんが体調不良のため、玲奈ちゃんが公演初日を代演することになり、玲奈ちゃん曰くこの日は「第2の初日」

この日はアニータが三森(みもり)さんということで、四季でもアニータを演じた樋口さんと玲奈ちゃんの組み合わせを見たくて、翌日の9日マチネも取っていたのですが、実はどっちの初日も6日ソワレに取って代わられるという、予想外の展開になりました。

北乃さんは製作発表でも「喉の調子が芳しくない」とのことで歌唱披露をスキップされていたこともあり、製作発表って暗示するのかなと思わざるを得ない部分と、先日のTBS系「イロイロ超会議」で”玲奈ちゃんと比べられるのがキツい”(要約)と仰っていたのである程度は予測してはいましたが…。

現段階で代演を含めると11月15日(金)まで玲奈ちゃんが連投することが決まっており、5日のゲネプロ(これも2日繰り上がり)から数えて(休演日1日を除いて)10日間13公演の連投というあり得ないスケジュール。しかもマチソワ3回が含まれています。

玲奈ちゃんの連投は過去、2017年1月の梅芸サイゴンでの9日連続が最高で、当然マチソワはなかったので、それに匹敵するか上回る非常事態。
玲奈ちゃんが完全にSeason1の生命線になっている事態に、ファンとして憤りを感じずにいられませんし、この非常事態を回避する術が講じられることを強く願うものです。
(北乃さんの体調不良が問題なのではなく、Wキャストで片方が欠けた場合の対策が全く取られておらず、出演し続けるキャストに過大な負担をかける、主催者側の問題と認識しています。)

そんな心配をしながら製作発表以来のステアラヘ。
そこには、心配を吹き飛ばす笹本玲奈マリアがいました。

可愛くて、強くて、優しくて、説得力を持った舞台の軸。

2幕最初の「I Feel Pretty」の可愛さときたら、もうその、ちょっと「変な子」チックな、ネジの緩み方が玲奈ちゃん史上最高にかーわーいーいー(笑)

蒼井トニーとのバランスもお姉さまマリアに見せないヒロイン力は流石です。

年齢設定からすれば、玲奈ちゃんが演じるのはもっと前だったんじゃないかというこの役、むしろ発表されたときに「この役を演じるのは(いい意味で)サプライズ」だったのですが、今までの経験をフルに活かして、出すことにより生まれる魅力と、強く出さないことによって生まれる魅力のバランスが凄くいい。

マリアって聖母の位置付けもされる分、聖人君子に見られがちですが、実はそういうところばかりではなく、我を通すからこそ、マリアはマリアたりえる部分があって、その押し引きがとっても魅力的。

トニーを試すかのような部分も、決して「自我」でだけ言ってるわけではなく、対立する2つの関係に終止符を打つべくトニーを動かしていて、それが決して我が儘に見えないところがマリアをヒロイン以上の存在に見せている。

玲奈マリアがそういるからこそ、思いを寄せ、頼る対象の蒼井トニーの格好良さも際だって良かったです。

この日、予想以上に良かったのはアニータ役の三森(みもり)すずこさん。
マリアの親友として、自分も苦しんだ上でマリアの理解者になって自ら行動する、その大人な格好良さに痺れますし、何より玲奈ちゃんとの歌と芝居の相性がぴったり。

(三森)すずこさんは今や人気声優さんですが、かつてはミュージカルに出演されていた女優さん(当時は黒川鈴子さん名義)で、玲奈ちゃんとは今回が3度目の共演。

いずれも玲奈ちゃんがヒロイン役だった舞台『ミー・アンド・マイガール』『ルドルフ・ザ・ラストキス』で共演していて、ルドルフに至っては玲奈ちゃん演じたマリー・ヴェッツェラ男爵令嬢の妹を演じた近しい関係だけに、玲奈ちゃんとの気持ちの通じ合いが感じられて、とても素敵でした。

カーテンコールでは三森さん自ら玲奈ちゃんに駆け寄って、2人がひしっと抱き合う姿に、時空を越えた感動を覚えました。

回る回るよ客席が回る、なステアラ。
この日が2度目の体験でしたがさほどの違和感は感じませんでした。

むしろ普通の劇場では舞台側が転回するところを座席側を動かすことで代替している感じもあり。特殊な機構で予想以上に高さもあるので、特に部屋が2階のマリアはよく怖くないなぁと驚くことしきりです。

・・・

公演は始まったばかりではあるものの、玲奈マリアがシングルの状態は心配でしかなく、一刻も早く実効性のある対策が打たれることを願うとともに、アクションが多いこの作品、他にない劇場機構だけに、カンパニーの皆さんに怪我がなきよう願っています。

11/16追記
11/16昼公演から北乃きいちゃんが復帰。
玲奈ちゃんの連投は休演日はさんで10日間、14公演(ゲネプロ2公演含む)で終了となりました。
玲奈ちゃん、本当にお疲れさまでした。

|

« 『らららクラシックコンサート』 | トップページ | 『(愛おしき)ボクの時代』(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『らららクラシックコンサート』 | トップページ | 『(愛おしき)ボクの時代』(1) »