« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

『綿引さやかソロライブ』

2019.8.25(Sun.) 18:30~20:50
六本木クラップス

同所でのライブは1年2ヶ月ぶり、
ソロライブは2月の渋谷以来6ヶ月ぶり。
びびちゃん久々のソロライブということで、「夏の最後の思い出」づくりに行って参りました。

この日は昼夜2回回しでしたが、日程の都合上、夜だけの参加です。
(昼の時間に予定していた別のイベントが抽選に外れ、その段階で昼がもう完売だったのでした。皆さんに「昼もいたんじゃないんだー?」て不思議がられました(笑))

前回の渋谷公演と同じく、第1幕が朗読劇、第2幕がコンサートという構成。
脚本は前回と同様「最高はひとりじゃない~2016~」の共同脚本・馬場巧さん。

渋谷公演の時は馬場さんが相手役として演じられていましたが、今回は「シスター」ということで「姉妹」の物語。
お相手するのは何と、びびちゃんのマネージャー、瀬戸山さんです。

最初の5分前説明の際に登壇されていて「えっ?」と驚いたのですが(しかもお上手だった)、本編も50分ほぼ出ずっぱり。

女優さんのマネージャーさんといえば、FCイベントで司会したりする方はたまにいらっしゃいますが、今回、びびちゃんたっての希望(だったそうです)とはいえ、これだけの長い時間の朗読劇に出演され、全うされたのは素晴らしかったです。

今回のテーマである「シスター」は、同じ父親を持つ、生年月日が同じ2人の女性、でも離れてから16年も経つ2人の女性。

びびちゃん演じる女性を女性A、瀬戸山さん演じる女性を女性Bと便宜的に呼称しますと、女性Aが女性Bのとある近況を耳にして、「この機会しかないかもしれない」と会いに行く。

当時を振り返って「楽しいこと縛り」で話を進めようとするも、どうにもぎくしゃくする2人。
でも話していくことで、当時は近すぎて反発するしかなかったことも、一つ一つ誤解が薄れていく。

同じ誕生日、占いをしたらいつも同じ結果、でも中身は違う2人。
分かり合わなきゃいけないと理屈ではわかっていても、感情が先行した過去。でも今出会えた時を、無にはしたくないと思う2人。

女性Aの女性Bへの気持ち、女性Bの女性Aへの気持ちには忌憚がなくて
普通なら女優さんの相手役は、仲の良い女優さんにお願いしたりするはずなのに、でもそれよりずっと相応しく見える。

女性Aの言葉と行動の節々にびびちゃんらしさが見え隠れして。
笑顔の裏に、普段は出せない苦しみを持っているように思えたり、頼ることがなかなかできなくて強がったりしがちな面だったりを、女性Bを演じる「マネージャーさん」が「頼って欲しい、力になるから」と答えてる様って感動しかなくて。

空想なのか現実なのか、その境目を感じないのがいい脚本なのかなと思いながら、感動のひとときを過ごしました。

第2部でびびちゃんがMCをされたときに、瀬戸山さんのことを紹介するとき「マネージャー」ではなく「クリエイティブスタッフの一人」と称されていたのは、「綿引チーム」として、びびちゃんが一番光るために何をすべきか、というマネジメントをしっかりされたことに対する感謝の気持ちと思えてなりません。

2幕でびびちゃんが語っていたMCで「自分が思う限界より、色んな人から勧められることを聞いてみた方が世界が広がるような気がする」という言葉が印象的で。

そんな流れで歌ってたリトマのアースラは、びびちゃん本人むっちゃ楽しそうでしたが、ホント生き生きしてた(笑)
「NBAバレエ団」からのオファーでしたね(一応ですが去年はちゃんとアリエルのオファーでしたよ(笑))。

というわけで今更ですが2部セットリスト。

●2部セットリスト
1.Don't rain on my parade/ファニー・ガール
2.Part of your world
 /リトル・マーメイド(アリエル)
3.あわれな人々/リトル・マーメイド(アースラ)
4.Before it's over/ドッグ・ファイト
5.スピーチレス~心の声~
 /アラジン(実写版)
6.locomotion/Beautiful
 ※みんなで歌おうコーナー
7.日本の唱歌(四季)
 →2019年3月、スウェーデンで披露された時の動画がこちら
  その時に披露された「オン・マイ・オウン」(英語)の動画がこちら

●アンコール
1.The Big Show
 /In This House~最後の夜、最初の朝~
2.umbrella/original

第2部はMCたっぷりでのコンサートで1時間。

5月のHollywood Bowlで「仲間として『普通』に迎えてもらったことが本当に嬉しかったと(この日に映像が流れてましたが今回はアンドリーナ役。四季では磯貝レイナさんがやってた役ですね)や、3月のスウェーデン国王・王妃の前での場の話もたっぷりと。

度胸はあるのにエピソードも必ず付いてくるのが、びびちゃんらしくてさすがです。いっぱい笑いました。

一番ツボったのは「お酒を飲むと壁とジャンケンしてしまうので皆に飲むのを止められている」でしたが(笑)

それ故、モヒートに憧れていて1部の朗読劇にちなんだオリジナルカクテルは、パインアップル風味ミント混ぜの「シスター」でして、美味でした。

「スピーチレス~心の声~」は「ブラバンディズニー」東京最終日のみで披露された曲でこの日が2回目ですが、このキャパですから、本当にすごかったです。

カーテンコールラストはびびちゃん作詞、久田菜美さん作曲の今回初披露「umbrella」。

友人の辛いことを気づいてあげられなかったことを知って、せめてわたしはあなたの「umbrella(傘)」になりたい、と歌われた曲は、びびちゃんの優しさと久田菜美さんの優しさが寄り添いあって高みに昇られていて、優しさと暖かさに包まれた、「綿引さやかライブ」に相応しいラストだったのでした。

| | コメント (0)

『人生のピース』(2)

2019.8.12(Mon.) 12:00~14:10
2019.8.12(Mon.) 17:00~19:10
東京芸術劇場シアターウェスト
昼/K列10番台(センターブロック)
夜/G列20番台(上手側)

5日間10公演これにて終演。

千秋楽は「フローラルマリアージュ」パートに客席からの拍手が入るという”千秋楽スペシャル"に5回のカーテンコール。空調効き過ぎ感のあるシアターウェストがものすごい熱量に包まれました。

仕込みとゲネプロ含めて1週間だと、この公演のように5日10公演が限界。
好評でも週末が1回しかなく、評判が伝わる頃には終わってしまうのは、やはりもったいない気がします。

結果として3回の観劇になりましたが、実はA席引換で見た月曜マチネが最後列ど真ん中で、ラストの(青山)郁代ちゃんのソロと目線が一緒、という壮絶な幸福感を味わいまして、なぜこの席が3回中一番安かったのだろうと(笑)

・・・

前回も書きましたが、この作品は婚活をテーマにしつつも、「結婚物語」ではなく「人生物語」なんですね。

それぞれの登場人物が人生の価値観を見つめ直した結果として、「結婚」にたどり着くも良し、「シスター」にたどり着くも良し、「友達」にたどり着くも良し、というのはいかにも今の時代ぽい。

ラストシーン、(木村)花代さん演じる潤子と婚活パーティーで知り合った金子さんとのエンディングをあえて結論を見る側に委ねているのは、そんな今の時代の多様性ゆえなんでしょうね。

今回は音楽が小澤さん(小澤時史氏)ということで、とても似た印象を受けるのがTipTapの”Life3部作"の最終作『Play A Life』。

妻を喪って生きる甲斐を失った主人公が「どう生きるか」を、妻との思い出を軸に、夫婦共通の後輩である教育実習生の前向きさを持って認識していく物語で、花代さんはその「妻」を演じていました。

そのときの花代さんは夫を元気づける側でしたので、逆と言っていいほどの立場なのですが、似ているなと思ったのが、「人生の選択は人それぞれ、だからこそ自分の人生は自分で決めなければならない」ということ。

「この年齢になったら結婚しないと」という世間体は当然、今のご時世にも存在するけれど、自分の人生を見つめて、必要な決断をしていくことでしか、自分の人生は拓けてこないんだろうな、と改めて思わされました。

主演を務めた木村花代さんは四季卒業以降しか拝見していませんが、驚くほどの小規模な舞台から大劇場に至るまで、幅広く務めてきたからこその今回の座長としての居住まいの確かさ。

実のところ、同級生3人娘は原作では34歳の設定なので、3人娘の中でリアル34歳に近いのは郁代ちゃんだけなんですよね(郁代ちゃんはまだ33歳)。座長としての重さとしてはやっぱり花代さんの経験が必要だったのかなと思います。

礼香を演じた青山郁代さんは先述の通り、3人娘唯一のリアル世代ですが、末っ子的な「甘え上手でちゃっかりやさん」というとっても郁代ちゃんらしうポジションを確保しつつ、「綺麗な顔してサラッと直球ぶっ込む」あたりがとってもらしかったです。
まぁ、全編に亘って毒舌担当はピッピとポッポの子役さんだったわけですが(爆)。

今回の作品の中で「マリアージュ」という言葉が出てきますが、語源は結婚とはいえ、「違った良さをもったものが混じり合うことで新たな良さをつくりだす」という意味でも使われていて。

それからすると花代さんと郁代ちゃんの歌声のマリアージュはもう最高で。
『ミス・サイゴン』『キューティー・ブロンド』『メリー・ポピンズ』と共演してきて、郁代ちゃんの花代さんへのリスペクトはもう疑うべくもないことが、歌声にそのまま乗っていて、2人の一心同体ぶりが素晴らしかったです。

・・・

セットを最小限に抑え、背景を絵で映す方式なのも新鮮でしたが、歌と歌声に支えられ、全く簡易さを感じられなかった素敵な作品。

難しいのだろうなとは思いながらも、また同じキャストで拝見してみたい作品です。

| | コメント (0)

『人生のピース』(1)

2019.8.10(Sat.) 18:30~20:40
東京芸術劇場シアターウェスト
C列10番台(センターブロック)

初日の8日も観劇予定だったものの、職場の納涼会で幹事だったため泣く泣く見送り、この回が初日。

あえて原作も見ずにこの日が初見。

女性3人、木村花代さん演じるキャリアウーマンの潤子、五十嵐可絵さん演じるみさ緒、青山郁代さん演じる礼香。3人の同級生が、社会人となってそれぞれの道を歩み、それでも「友情」は続いていたある日、礼香が発した「重大発表」が3人それぞれを変えていきます。

テーマは「婚活ミュージカル」。

小学校の国語教師の礼香がお見合いで結婚することになった、と「発表」するわけですが、その時の礼香のどことなく誇らしげな様子が、郁代ちゃんが演じたからこその絶妙な高飛車感(笑)。

潤子とみさ緒が、「(礼香が)悪い子じゃないのは知ってる。けど、あのキラキラ感と勝ち誇った感じにイラッとする」って感じに受けとる感じが本当に絶妙(笑)。

花代さんもこのテーマの物語に出るのはとても驚きましたが、バリバリのキャリアウーマンながら、気づいたら若手には入らなくなっている年頃。

後輩から頼られ、上司から「形の上では」任せられる立場だけど、世間の既成概念の「この年齢だから結婚しなくちゃ」という圧からはなかなか逃れられない…そんな立場。

この作品で面白いのは、子役として2人の女の子が登場して物語のMCを担当していること。
ぞしてそれがむっちゃ毒舌(笑)。

「そうそう、こう突っ込みたくなるよね(笑)」って感じが絶妙なのと、たとえば職場でたくさん登場人物が出揃ったときに全部説明してくれる親切仕様。

舞台というと登場人物の説明は物語の中で読み取っていってね、というのが標準的ですが、新時代の作りというか、字幕が当たり前のドラマに近い考え方なのかもしれません。

ミュージカルといえば、頻繁に見る私のような人が言うのも難ですが、やっぱり世間的に言えば非日常というか、どことなくぎこちないところがあるもの。

今回、「婚活」というテーマはミュージカルに通じるものがあると感じて、というのも、いつもの自分(日常)からあえて気持ちを作って臨む、というところが似ているんじゃないかなと。

それでいて、物語が進むにつれ、非日常のぎこちなさが薄れて、ありのままの自分を見せることにためらいが薄れてくる。

婚活にどう取り組むか決めかねている潤子。
結婚が決まったのに自分が本当に認められているのか確信が持てない礼香。
結婚を目指していなかったのに相手を信頼できたところから自然に一緒になることを認識できたみさ緒。

三者三様の進み方はあれど、それぞれがそれぞれの視点で、世間からの画一的な見方に囚われずに、道を見つける様がとっても前向きで。

この作品はTipTapでおなじみな、世界の小澤先生こと小澤時史氏が音楽を担当されていますが、いい意味でミュージカルらしくない、というかTipTapぽい。

登場人物に寄り添う音楽から、登場人物を面白おかしくはやし立てる音楽から、小澤さん得意のブラックな味付けもあったりで、とっても楽しい。

歌声も花代さんと郁代ちゃんの絶品なデュエットも堪能できて、このキャパシティでこの完成度は期待以上!

登場人物では吉田萌美ちゃんのキャラクターも面白かったし、皆イキイキしてたのは、座長の花代さんのお人柄あったからこそだろうなと。

とってもいいカンパニーなので今日(12日)で終わってしまうのが残念ですが、当初予定だった3回観劇すべく、今日はマチソワです。どんな印象を持つか楽しみです。

 

| | コメント (0)

『Before After』(15)

2019.8.4(Sun.) 18:00~19:20
南青山MANDARA

「Before After In Concert」も今回で3回目。
今回は西川大貴ベンと池谷祐子エイミーという初顔合わせのペア(2017年2月公演のBA同期)ですが、今回は西川氏が演出も担当するというバージョン。

新鮮だったのは、ベンとエイミーが完全に2人並んで歌う前半部。
舞台ですと2人が近づいたり抱き合ったりするシーンがあるわけですが、この日はそれが全くなく。

ベンとエイミーが交わることなく進んでいくような印象がずっと続いていって。
1部ラスト(この日は休憩なく80分ノンストップ)高揚感を過ぎたら、素っ気なくポジション変わって(前半はエイミーが上手側、後半はベンが上手側)。

それが大きく動いたのは、ベンとエイミーが激しくぶつかるシーン。
ここで初めてベンとエイミーがお互いをはっきりと認めるのですね。
でもそこにあったのは、思えば、お互い「幼い自分」
お嬢様育ちのエイミーは知らず知らずのうちにベンを目下に見ていたし、ベンはお嬢様なエイミーに対する引け目を抱いていたし。

売り言葉に買い言葉で破綻した2人の関係は、でも初めて自分の感情を正直にぶつけられる相手を見つけた瞬間でもあって。

暗闇から晴れて「Before」から「After」に変わったとき、たしかに2人の関係は変わっていて。

当時のお互いの幼さを認め、エイミーをして「2人とも学んだもの。」と語るやんさんは、一気に大人の女性になっていてその変化にびっくり。

ベンだって、いい加減に見えても、きちんと自分の価値観から外にでる思い切りをきちんとしていて、子供を作ることを認めてみたり、檻の中にいるかのようなエイミーを父という鳥かごの中から解き放って。

エイミーにとっても、したくもない仕事から抜け出して、自分のやりたいこととしての”ギャラリー"を得て、前向きに生きる生き方を教えてくれたベンは、かけがえのない男性になっていて。

お互いの人生が平行で交わることないときから、初めてお互いを認めてぶつかりあって、そして時を隔ててお互いの大切さに気づく、その流れがとっても素敵で、西川氏の演出にブラボーでした。

・・・

今回良かったのは、MCをいっさい排した構成。何しろMCさせたら一瞬で笑いの世界を作り出す2人(主にやんさん)ですから(笑)、演じる側も見る側も集中できた、すばらしい構成でした。

この日1回だけの予定だった2人のペアは好評につき9月2日(月)夜に渋谷J'z Bratにて再演。
横に広がる空間で今度はどんな感じで物語が紡がれるのか、楽しみです。

なお、この日はやんさんは『エリザベート』マチネを終えてからの合流。そのタフさに脱帽です。

| | コメント (0)

『”ブラバン・ディズニー!”コンサート』(2)

2019.8.3(Sat.) 14:00~16:00
東京芸術劇場コンサートホール

1階J列10番台(センターブロック)のち
1階K列30番台(上手側)のち
1階後方丸椅子のち
1階S列30番台(上手側)のち
1階O列1桁番台(下手側)

3月から全国を回ってきた「ブラバンディズニーコンサート」2019年シリーズ、
この日が楽日です。

今まではセットリストを2パターンに分けて「Aプログラム」「Bプログラム」を会場毎に使い分け。
3月中までは東京ディズニーリゾート35周年期間にあたっていたため、そのほぼ最終日にあたる東京(オペラシティ公演)では「Brand New Dream」があったりした頃から5カ月も過ぎると、随分と演奏曲も変わり。

また、この日は楽日と言うことで「Sプログラム」というバージョンがこの日限りで作られ、MC兼歌唱の綿引さやかさん(びびちゃん)がこの音響の良いホールで4曲も歌うという、またとないコンサートとなりました。

…と、ポジティブな書き方で始めてますが、座席の表記に違和感ありますよね。

(ちょっと伏字で参りますので、気にならない方は反転してご覧ください)

私が舞台を観はじめて20年以上経ちますが、この日初めて「ダブルブッキング」というのを体験しました。

先に着席されていた方も私も、いずれもローソンチケット発券(ちなみに発券先が違う場合は主催が優先になります)でしたが、どうも私がオペラシティで会場販売で購入した分を、誤って未販売として戻したのが理由らしく。

最終的に次の席が決まるまで30分近く。「空いている席に座っててください」という誤った指示がされた結果、遅れてきた人と鉢合わせになって気まずい思いをしたり(苦笑)、後から「この席で(代替席は)よろしかったでしょうか」って主催さんにお詫びかたがた言われましたが、もうツッコむ気力もなかったです(爆)。ちなみに、正しくは「丸椅子」に座って待っていただくのが正規手順だそうです。

では本編に戻ります。

まずはセットリストから。(★はびびちゃん歌唱曲)

<第1部>
1.スターウォーズ メインタイトル
2.小さな世界
3.ノートルダムの鐘 メドレー
4.Today's Special (1)
 サークル・オブ・ライフ/ライオンキング
5.Today's Special (2)
 夢はひそかに/美女と野獣
6.ホール・ニュー・ワールド/アラジン
★7.Colors Of The Wind/ポカホンタス
★8.幸せのありか/メリー・ポピンズ リターンズ
9.インクレジット2/インクレディブル・ファミリー

<第2部>
10.ディズニー・クラシックス・メドレー
11.トイ・ストーリー・メドレー
12.ディズニー・ワールドミュージックツアー
 ※うち1曲、★「リフレクション/ムーラン」
★13.スピーチレス~心の声/実写版・アラジン
14.アナと雪の女王 メドレー

<アンコール>
1.ディズニー ツムツムのテーマ
 ~みんなでブラバン・ディズニー!~

・・・

2019年シリーズは「歌も歌える人」としてびびちゃんがアサインされたこともあり、特にこの日は集大成として歌もたっぷり。通常は2曲の歌唱ですが、この日は4曲。

演奏はToday's Specialは片方の曲のみでしたが、歌は全開で4曲。

その中でも注目はやはり実写版『アラジン』で王女ジャスミンが歌う新曲「スピーチレス~心の声」。

実写版では木下晴香ちゃんが歌っているこの曲、ディズニー主催のこのコンサートということで、びびちゃんの歌唱が実現しました。

聞き比べると「まっすぐの種類が違う」という感じを受けたかな。

晴香ちゃんジャスミンは鋭く突く槍のように、
まっすぐ突き抜ける芯の強さ。

びびちゃんジャスミンは重く振り下ろす剣のような、
まっすぐ叩きつける意志の強さ。

そして、晴香ちゃんジャスミンは自らの信念のためには非情にもなれるのに対して、びびちゃんジャスミンは情を切り離せないところを感じて、その包容力がびびちゃんらしくて素敵でした。

・・・

このコンサートのアンコールは楽器をもった希望者が壇上に上がれる「みんんでブラバンディズニー」。

客席でのんびり見てようかなと思ってたら後ろから肩をたたかれまして。
ふと拝見するといつもびびちゃんの現場他でお会いしてる方。

「よろしかったら楽器あるので上がりませんか?」とお誘いいただいたんでせっかくなので壇上に上がっていくと、びびちゃん喜んでくれるの巻(笑)

うん、この席で良かった(現金)。

3Fまでびっしり埋まった東京芸術劇場コンサートホールは壮観の一言で演奏も楽しく、いい思い出になりました(^^)

「ブラバンディズニー」は来年2020年2月16日(日)に東京渋谷・オーチャードホールでの公演が決定。
びびちゃんの出演は未発表ですが、音響の良いホールでの歌声が聞けると嬉しいです。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »