« 『新妻聖子クリスマスディナーショー2018』 | トップページ | 『HiGH Fidelity』 »

『Before After』(12)

2018.12.22(Sat.) 18:30~20:50
 宮島・中村ペア(最前列下手側)

10ヶ月ぶりの再演、『Before After』今年3ペア目です。

作品初演は2014年11月で、私は2015年8月公演(吉祥寺)の内藤大希さんベン&岡村さやかさんエイミーで拝見して以来、ほぼすべてのペアを見ており、この日もマチネ観劇を終え、いそいそと吉祥寺へ。

同作の上演は今回10回目(北千住1回、吉祥寺5回、日暮里1回、中目黒2回)。
歴代のキャストはベンが18人、エイミーが15人、ペアは19ペア。
そのうちベン15人、エイミー13人、14ペア見ています。ずいぶん見てますね(笑)。

ちなみに見ていない5ペアには、レジェンドの初演ペアの染谷ベン&田宮エイミーが含まれています。
染谷氏、ベンとしてびびちゃん(綿引さやかさん)エイミーとのペア(2015年)で拝見、田宮さま(この日客席からご観劇されていました)は寺元ベン(2016年)と法月ベン(2017年)で拝見しています。

ご贔屓さんが出ていなくても見たくなる、それは作品の力あってこそ。
もちろん、大好きな作品世界の中で大好きな役者さんを見たいというのも本心ではあるのですが、自分が普段知ることのできないキャストの魅力をこの作品を通して見られるというのも、毎回の楽しみなのです。

今回のベンは宮島朋宏さん。ヒコプロさんに出られていて名前だけは聞いていたのですが実は初見。
そしてエイミーの中村美貴さんも、ピーターパン経験者ですからお名前は存じ上げていますが、意識して拝見するのは今回が初めて(レミゼのアンサンブルさんで拝見はしているはずですが)。

作品の中で「エイミーはまだ28だから」な歌詞があって、中村さんを当初お若いと思い込んでいたんですが、実はけっこうベテランな女優さんで(今年35歳)。逆に言うと、若くフレッシュに見えたエイミーとも言えて。歴代のエイミーキャストでは華花さんが印象が似ていましたが、アングルによってはびびちゃんもかなり似てました。キャラクター的にはしっかり者な、はきはきとした印象があって、宮島ベンのどこに惹かれたかがちょっと薄かったように思えました。いわゆる「一人で生きていけるわ」系(爆)で、タイプ的にはRiRiKAさんや、やんさん(池谷祐子さん)が似ていたかも。

宮島ベンはとにかく自由。軽やかに生きているけれども、実はバックボーンがないことを自覚することが怖いように見えて、意識して軽く振る舞っている感じが新鮮。傷つきたくないから軽く接する、かのようなたたずまいが印象的。それ故、エイミーに心を打ち明けられていないと知った時の激しさ、落胆を強く感じました。そういえば背の高さでは歴代ベンでトップかな。見上げる中村エイミーが大変そうなシーンもちらほら。

宮島ベン&中村エイミーペアを見ていて浮かんだのが、「肯定」と「否定」という言葉。

何等のバックボーンを持つことが出来ず、浮かぶように生きてきたベンは、いわば自分の存在意義を「肯定」されずに生きてきた人で、これ以上「否定」されることに傷つかないように、感情を排除して生きることに慣れていて。

エイミーは父の庇護の下、何不自由なく生きてきたように思えるけれど、実際のところ自分自身に自由はなくて、自らの存在を「肯定」されているようでも、実のところ「否定」されてきた女性であって。

そんな、実際のところ自分の存在を「否定」されてきた2人にとっては、実は本当の意味で自分を「肯定」してくれた相手こそが、ベンにとってはエイミーであり、エイミーにとってはベンであったのだと。

ベンが自らの言葉故に自分の前から去り、後悔に沈むエイミーの前に、ベンが再びやってきたとき。
下手側に立つ中村エイミーを背中から拝見できたのですが、身体を小刻みに震わせ、ベンが戻ってきてくれたことへの信じられなさと、どうしたらベンと再び歩き出せるかの不安さを感じさせて。
ベンがエイミーを受け入れてくれると知った時の喜び、それが全身に現れた姿は感動的で、素敵なペアでした。

・・・

キャスト毎に新しいBAの風景が見えてくるこの作品。
歴代キャストもまた見たいけれど、
新キャストでやって欲しいなと思っているエイミーは、

・小南満佑子ちゃん(関西人だからコメディパートお手のもの)
・小林風花ちゃん(芝居勘とっても良い)
・青山郁代ちゃん(やってないのが不思議なくらい)
・唯月ふうかちゃん(まだ若いけれど、その頃になったら)

…実現しないかなぁ。

|

« 『新妻聖子クリスマスディナーショー2018』 | トップページ | 『HiGH Fidelity』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Before After』(12):

« 『新妻聖子クリスマスディナーショー2018』 | トップページ | 『HiGH Fidelity』 »