« 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(4) | トップページ | 『マリーゴールド』 »

『岡村さやかライブ スキップ6』

2018.8.12(Sun.) 12:30~14:00
四谷Sound Creek Doppo

1年ぶりの岡村さやかさんソロライブ。
観はじめたころは御茶ノ水で開催されていたこともありましたが、今回は去年に引き続きここ四谷Doppo。

それではセットリストから参ります。

●セットリスト
【第1部】
1.Another Day Of Sun/ラ・ラ・ランド
2.タイトロープ/グレイテストショーマン
3.Luck Be A Lady/ガイズ&ドールズ
4.残酷な人生/モーツァルト!
5.A Stud and a Babe
 /I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE(★)
6.Somewhere that's Green/リトルショップホラーズ(★)

【第2部】
7.Force/Superfly(インスト)
8.Beautiful/絢香
9.Once upon a Decemaer/アナスタシア
10.リフレクション/ムーラン
11.オーディション/ラ・ラ・ランド
12.瞳/オリジナル

【アンコール】
13.たしかなこと/小田和正

★はサプライズゲストの中井智彦さんとのデュエット。
M5はぶっちゃけ笑いまくりです。

なうちぇんじの別称「バカソング」(これで皆さんと通じる笑)で誰も曲名が分からないという笑
中井さんご自身でプロデュースのカツラの下にさらにハゲカツラという気合の入れよう。

さやかさん曰く「全く頼んでないんですけど(笑)」←黒い(笑)
中井さん曰く「せっかくやるなら全力でと」

この曲、2010年のガラリボンに中井さんがゲストで来られた時(さやかさんと中井さんはレミ2007年初舞台組の同期)にデュエットされた曲だそうで、ピアノの酒井さんはその時も弾かれていたので知っていたけれど、ギターのたけちゃんとドラムの芳賀氏は今回、笑って演奏できなかったそうで(笑)。

中井さん曰く「リハーサルから全力で行きました」
さやかさん曰く「そうじゃないと笑ってしまう(笑)」

この日は客席にお客さんで神田恭兵さんがいらしていましたが、実は中井さんと神田さんは現在帝劇で上演中の『ナイツテイル』で同じ楽屋ということで、この日はソワレのみ。

中井さん「これから一緒に帝劇行きます(笑)」

というのが微笑ましかったです。

ちなみに前日のサプライズゲストは染谷洸太さん。「LAST FIVE YEARS」と「Before After」から1曲ずつ歌われたそうです。

・・・

今回のライブ、絶品だったのは何といっても男性ソング、
スカイがサラにあてて歌うガイズの名曲「Luck Be A Lady」をさやかさん男役風で!
さやかさんの迫力系の歌声を100%活かしきるこの演奏陣の頼りがいたるや!
ラストのサイコロ転がすシーンまで脳裏に浮かびますもんねこれ!(興奮しすぎ)

さやかさんが迫力系を歌う時は、ひとまず感情は横に置かれて歌われるんですよね。
配慮とか遠慮とか包容とか一切を、意識して横に置いて歌う、それは他の人にはなかなかない、さやかさんの歌の一面と思います。

M6の「残酷な人生」も迫力系ですが、M5とはまた違った方向性で、さやかさんの歌を聞くと「痛々しさ」を感じることが時にあります。この曲ではヴォルフガングの思い全てを伝えきれていないことに焦るかのようなものが。

『ウレシパモシリ』の歌1でも同じ感情を抱いたことがあるのですが、自らに与えられたポジションが極めて大きいとき、「その役にたどり着けているだろうか」「その役に求められているものを出せているだろうか」の思いが、びんびんと伝わってくることがあって。激しい曲を得意にしながらも、感情を切り離して歌うタイプでいながらも、でも歌われる曲を聞くと、そんな「心の傷み」を感じたりするのは、さやかさんの優しさ故なのかもしれません。

さやかさんライブでは他の方が歌われない曲が出てくるのが毎回楽しみで、それでいて数曲、さやかさんが曲名に言及されない曲があったりして、そこの答え合わせも面白かったり(笑)
上のセットリストは仮ということで、間違いがあったらこっそり教えてください(爆)

あ、でも「リフレクション」と「たしかなこと」は綿引さんちのさやかさんも歌われていたので歌としての違いが興味深かったのと、特に「たしかなこと」をお2人ともご自身のセレクトで歌われたのはとても興味深かったです(「リフレクション」はびびちゃんはソンダンのシンガーとしての選曲なので、自身の選曲ではないので)。

曲紹介のMCもいつも造詣が深いさやかさんらしくて、特に印象的だったのは『ラ・ラ・ランド』の「オーディション」の曲紹介。いつもオーディションで落とされる自分が、最後と思って受けたオーディションで、「自分のことを話してほしい」と言われて、自分が女優を目指した理由について語り始める。自分にとって大好きな女性、その方が女優をされていたときのことを…

どんな曲にも物語があって、どんな詞にも物語があって、そしてその物語を歌い手として表現されることにバックボーンをきちんと構築されるところに、さやかさんの歌手、女優としての真骨頂はあることを改めて感じて、歌もライブもお人柄であることを改めて実感したひとときだったのでした。

|

« 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(4) | トップページ | 『マリーゴールド』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/67049523

この記事へのトラックバック一覧です: 『岡村さやかライブ スキップ6』:

« 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(4) | トップページ | 『マリーゴールド』 »