« 『ひめゆり』(3) | トップページ | 『ナイツテイル-騎士物語-』(1) »

『M's musical museum Vol.4』

2018.7.22(Sun.) 13:40~15:30
2018.7.22(Sun.) 17:30~19:30
東京国際空港(羽田空港)国際線ターミナル4階
TIAT SKY HALL

昼はG列1桁番台(センターブロック)
夜はG列2桁番台(上手側)

藤岡正明氏のミュージカルコンサート第4弾。

第1回はちーちゃん(大塚千弘さん)ゲストで配信で拝見、第3回は(菊地)美香ちゃんでしたが都合により見られず、びびちゃん(綿引さやかさん)ゲストの今回、念願かなっての参加です。

ゲストには戸井勝海さんもいらしての3人体制で進行します。
まずはセットリストから。

●セットリスト
1.Seasons of love/RENT
2.Electricity/ビリーエリオット
3.Falling Slowly/ones~ダブリンの街角で~
4.Stars/レ・ミゼラブル
5.カフェソング/レ・ミゼラブル(戸井)
6.Bring Him Home/レ・ミゼラブル(藤岡・戸井)
7.Last Night Of The World/ミス・サイゴン(藤岡・綿引)
8.Beauty And The Beast/美女と野獣(藤岡・綿引)
9.Go The Distance/ヘラクレス
10.100万のキャンドル/マリー・アントワネット
11.『ジャージーボーイズ』メドレー
 (藤岡・戸井・綿引)
12.Barrett's Song/タイタニック
13.This is moment/ジキル&ハイド

昼の部、会場に入るとBGMで流れていた曲が「それ以上の…」(『ルドルフ・ザ・ラスト・キス』)でびっくり。確認したらMMM Vol.2の小此木まりちゃんとのデュエットだったのですね。この曲はRiRiKAさんのコンサートでに藤岡氏がゲストに来られたときにデュエットされたことが印象深いです。

昼の部は電子チケットの読み取りに手間取り、全員の入場が開演時間前には完了しなかったこともあり、けっきょく15分近い開演押し。終演時間が予定時間と変わらなかったので、昼の部はMCを巻きでやっていたことが夜の部のMCを聞いてから判明しました。倍ぐらいボリュームが違いました(笑)。

昼MCは戸井さんとは、仲良しでいつもたわいもない話をさせていただいて、とか大先輩なのにフレンドリーに接していただいて、といった落ち着いた話でしたが、びびちゃんとのジャージーボーイズトークは途中からあらぬ方向に。「あっきーとマサはむっちゃ仲が良くて」あたりまではまだ良かったのですが、その仲の良さを証明するためにマサ氏が持ち出したエピソードはもはや女優さんの前で出す話ではなく、あの内容はいささかどうかと思います(後述します)

それに比べれば夜MCは時間制限がない伸び伸びさからか、いい方向に自由(笑)。

戸井さんとのパートは
「戸井さんは最初は顔で怖がられますよね」の話からの、ジャージーで共演した阿部にぃはみんな怖がりますよね、な話に移行し、阿部にぃは実は戸井さんの前事務所の先輩だそうなところの、「一緒にホテルに泊まってたら深夜に酔っぱらってる阿部にぃがあまりにはっちゃけてて、『もう怖がるのやめよう』と思った」とか(笑)面白い話のオンパレード。

と思ったらびびちゃんとのパートは、
藤岡氏「え、戸井さんとのエピソード持ってるの?」
びびちゃん「持ってますよ(満面のいたずらっぽい笑顔)」

びびちゃんと戸井さんは未共演ですが、昼と夜の間に話をしていて、5月に行われた『ジャージーボーイズ・イン・コンサート』の話になり(2人とも出演されていなかったので)、戸井さん曰く「すごく大きいところでやったよね、シアターキューブ!」(会場内大爆笑)。

…(笑)※正解は「シアターオーブ」。「形も違うよね」と藤岡くん(笑)

そしてそこからの、びびちゃんがレミのオーディションに失敗した時の話を初披露。エポがやりたくて歯の矯正までしてオーディション行ったら、課題曲の「一日の終わりに」の早歌詞が、歯が引っかかって歌えずにすぐ帰され、「あれほど早くオーディションで帰されたことはない(苦笑)」と言っていたのを受けて、マサ氏はまさかの本番でのやらかしを披露。

『ミス・サイゴン』のホテルのシーンで「サイゴンは修羅場だが」を「サイゴンはシャバダダダ」と言ってしまい(会場大爆笑)、いつも平然としている岡さん(その時のジョン)も、捌けるまで一度も顔を合わせず、捌けてから「あれは無理だ」と言われたそうな(大笑)。

そんなMCを、戸井さんとは2人『Bring Him Home』、びびちゃんとはデュエット『The Last Night Of The World』の曲の前にやるもんだから、皆さんドツボに嵌り(爆)、「いかに笑わずにこの曲終えるか」に必死なお3方。自業自得(爆)。

と言いつつも、もちろん歌は素晴らしかったです。3人ともレミ経験者ですが、時期は被っていない(戸井さんがマリウスで1999~2001、藤岡さんがマリウスで2005~2011、びびちゃんがエポニーヌで2013~2015)ものの、通じ合う魂が歌に乗り移ってどれも素晴らしい。

藤岡さんの魂、戸井さんの人柄、びびちゃんの感性。

藤岡さんと戸井さんの2人マリウスが歌う『Bring Him Home』はバルジャンに思われるマリウスだからこそ、”思われていた”マリウスの感謝をも感じる深み。

藤岡さんとびびちゃんの『The Last Night Of The World』はびびちゃんからのリクエストだそうですが、本役クリスの藤岡くんが絶賛して、びびちゃんが恐縮されていましたが、確かにキムとしてのピュアさと、思いの強さ、そして芯の強さをも併せ持つ素晴らしいデュエット。

びびちゃんのキムは実は、2015年冬、目黒でのスチュアート・マシュー・プライス氏(『Before After』作曲家さん)とのデュエット以来でしたが、より表現に深みが増して、とってもキムらしいキムに見えて素敵でした。これだけのものを聞かせてもらえると、夢見たくなっちゃうよなぁ。

もう1曲のデュエットは、今度は藤岡氏からリクエストの『美女と野獣』の『Beauty And The Beast』。
この曲を聞くと、とりわけ、ここ数カ月でびびちゃんがぐんと変わったことが良く分かります。

「美女」の優しさを持ちながら、「女性」としての強さをも歌い上げられるさま。
びびちゃんの英語歌って他の方にはない優雅さがあるんですよね。受ける野獣も野獣らしい藤岡氏相手ですから、バランスが最高です。

この「美女と野獣」はびびちゃんも思い入れがある作品と聞いていますが、藤岡氏も実はそうなのだそうで、19歳の時にピーボ・ブライソン氏(アニメ版映画の歌手)と共演して衝撃を受け、「この歌にいつか追いつけるのだろうか」と思い、「技術では歌はどうにもならない。歌で伝えたい思い、心がないと通じないんだ、歌は心なんだ」と思った「自分の原点」と仰っていました。

「歌は心」と思う、藤岡氏の原点。その「美女と野獣」のデュエットをする相手がびびちゃんを選んだこともファンとして嬉しかったですし、その「美女」がアメリカという本場の経験を積んで一回りも二回りも大きくなった今のびびちゃんであったことは、今しかできない素敵なデュエットだったように感じます。

・・・

この日の本題『ジャージーボーイズ』メドレーも大盛り上がり。

そういえばMCでびびちゃんが言及してて面白かったのが、初演のチーム毎の色付けで、WHITEチームは「私立の高校」みたいだったけど、REDチームは「公立の中学校の、先生の言うことを聞かないグループ」って言及しててその通り過ぎて噴きだしました。だからあの昼MCか(爆)。

久しぶりにびびちゃんメアリーの、フランキーとの切ないデュエットが聞けて感涙でした。

歌に関しては申し分のない素晴らしいコンサート。この3人だからこそできる、この3人じゃなくちゃできないコンサートを体感できたのは嬉しかったです。

<以下は昼MCへの苦言になりますので、お気になされる方は回れ右でお願いします>




藤岡氏の才能は存じ上げていますので、歌を聞けば感動しますが、昼MCについては、はっきり不快に感じました。女性、しかもゲストとしてお呼びした女優さんに対しての相応しい内容、言葉の選択とは到底思えません。
子供のような心を持っているという言葉は免罪符にはなりません。
『歌は心』と申されたその言葉は、藤岡氏の歌を聞く限り私も同意するところですが、『言葉も心』だということを、しっかりと胸に刻んでいただきたいと願っています。

|

« 『ひめゆり』(3) | トップページ | 『ナイツテイル-騎士物語-』(1) »

コメント

コンサートの記事、拝読しました。ミュージカル曲たっぷりの楽しいライブだったようですね(一部を除いて)。迷った末に行かなかったことをちょっと後悔しました(普通のホールならともかく、1人でライブハウスはハードルが高くて諦めました)。

9月の『ジャージー・ボーイズ』で、びびちゃんの歌を聴くのがとても楽しみです💛

投稿: Mickey | 2018/07/25 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66976242

この記事へのトラックバック一覧です: 『M's musical museum Vol.4』:

« 『ひめゆり』(3) | トップページ | 『ナイツテイル-騎士物語-』(1) »