« 『マウストラップ』 | トップページ | 『モーツァルト!』(33) »

『綿引さやかライブ』

2018.6.17(Sun.) 18:00~20:10
六本木クラップス

去年12月の品川でのクリスマスライブ以来のびびちゃんソロライブ。

ピアノは前回に引き続き久田菜美さん。意外にも菜美さんはここ六本木クラップスでは初めてとのこと。
確かに前回(去年9月)のここでびびちゃんがソロライブやったときは「綿と木」でピアニストは木原健太郎さんでした。

びびちゃんと菜美さんが組むと恒例になっているのが、
「びびちゃんが菜美さんを紹介し忘れる件」で、この日は何と昼も夜もやったそうで菜美さん苦笑(笑)。

M1後に「ねぇ菜美ちゃん」と言いかけて紹介してないことに気づく…がこのお2人のデフォです(笑)
それだけ相性がいいってこと…にしておきます(笑)。

さて、セットリストです。

●Act1
1.魔法使いと私/Wicked
(昼は「サムホエア/ウェストサイド物語)
2.美女と野獣メドレー
 (Arranged by 菜美さん)
3.ever more/美女と野獣
4.Part of your word(reprise)
 /リトルマーメイド
5.ひかり

●Act2
6.Can't Take My Eyes off you
 /ジャージーボーイズ
7.Happy Day Are Here Again
 /beautiful
(昼は「you've got a friend」)
8.Big show
 /In the House~最後の夜、最初の朝~
9.ぼくの願い/ノートルダムの鐘
10.アヴェマリア

●Enc
E-1.Thanks To You
 /東京ディズニーシー1周年記念

選曲的には特に2幕で攻めまくっているのが特徴で、M7は本編ではソニンちゃん演じるシンシアワイルがぶちかましているハイテンション曲ですが、ソニンちゃんと違った攻撃力で良かった!
そして、この曲を選曲する時点でびびちゃんに「変化」を感じます。昼はこのポジションは今までも歌っていた「you've got a friend」だったそうでなおさら。

そこでびっくりしていたら、まさかの男曲2曲。
M8はITHで岸さん演じるヘンリーが歌っていた野球に賭ける思いを投げつける曲で、普通ならITHなら自身のソロを歌うところがそうじゃなかったのが新鮮です。

極めつけは「夢についての3曲」の3曲目がM9、ノートルダムの男性ソロ。男性曲の迫力がものすごい。

1幕M3の「ever more/美女と野獣」も男性曲ですしね。
「美女と野獣」はびびちゃん大好きな作品で、1人美女と野獣はいつでもできるそうです(笑)。

昼の選曲を聞いたら割合オーソドックスだったと思いますが、夜はかなりチャレンジング。追加公演ということで
変化に挑戦した感じを受けます。

第1部はMC中心で5月下旬に渡米してhollywood bowlに出演した「Beauty And The Beast In Concert」についてたっぷり心情を聞かせていただけたのですが、その話の中で印象的だったのが、向こうに行ってからの変化。

「最初は緊張して付いていくのがやっと。上手くいかなくて、自分が抜かされているんじゃないかと思うことさえあったけど、ある日気づいた。
『自分はできない』と思うことで自分から壁を作って、その壁に怯えていたんじゃないかということを。
それが分かって次の日から積極的に行くようになったら、周りの空気ががらりと変わってソロパートもいただけるようになった。」と。

その一歩を踏み出す「勇気」が、M5で歌われた「ひかり」とリンクして本当に素敵でした。

第2部では「夢」についても語られていて、「叶っても叶わなくても、それがあることで上を目指せるもの」といった趣旨でお話しされていましたが、実際に夢を大きいものから小さいものまで持って、それを叶えるための努力をされているびびちゃんだからこそ、「夢」を語れる姿は輝いていて、「発展途上」と仰る姿はまさに有言実行そのもの。

先日のハピセレコン宇都宮公演でも仙台公演との違いで感じましたが、周囲に気を使うびびちゃんだからこそあった「遠慮」がいい意味で薄れて。
hollywood Bowlで海外の空気に触れて、「前に出ること、勇気を出すこと」の大切さを肌で感じられて、舞台に立つことの責任をより強く感じられるようになったように思いました。

それに加えて曲を豊かにするびびちゃんのハート力。一つ一つ紡ぎ出される悩みや苦しみ、そしてそれをみんなの後押しとともに自分なりに解決していく力。それが歌をより大きく深く感じさせて、とても素敵なライブでした。

ライブのアンコールは現在全国公演中の『Tokyo Disney Resort 35th Happiest Celebration In Concert』でもラストで歌われる、大好きな「Thanks To You」。コンサートでは最初をびびちゃんがソロパートで歌い出す感動的な曲は、この日は「支えてくださる皆さまお一人お一人に感謝の気持ちを込めて」歌われ、その歌詞はしっかりと心に届いたのでした。

|

« 『マウストラップ』 | トップページ | 『モーツァルト!』(33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66841583

この記事へのトラックバック一覧です: 『綿引さやかライブ』:

« 『マウストラップ』 | トップページ | 『モーツァルト!』(33) »