« 『夢の裂け目』 | トップページ | 『マウストラップ』 »

『小南満佑子 First Live~peace begins with music~』

2018.6.15(Fri.) 19:00~20:50
吉祥寺スターパインズカフェ

小南満佑子ちゃんのファーストライブはキャパ130の吉祥寺スターパインズカフェ。
ゲストに原田優一氏、そして実兄(ときどき弟)の小南竜平氏を招かれて賑々しく開催されました。

「あまり緊張しているように見えないんですが、実はむっちゃ緊張しいで、体の中バクバクしてます」な満佑子ちゃん(まゆちゃん)。まずは白いドレスでご登場です。

セットリストから参ります。
休憩なしの90分予定でしたが、原田優一氏ゲストでそれが叶うはずはなく(笑)、期待通りの20分延長です。

●セットリスト
1.The sound of music/サウンド・オブ・ミュージック
2.Someone to watch over me/クレイジー・フォー・ユー
3.SMILE
4.ディズニーメドレー
5.Sun And Moon/ミス・サイゴン
  (小南キム・原田クリス)
6.カフェ・ソング/レ・ミゼラブル(原田)
7.愛せぬならば/美女と野獣(原田)
8.All I ask of you/オペラ座の怪人
  (小南クリスティーヌ・原田ラウル)
9.Think of me/オペラ座の怪人
10.私だけに/エリザベート
  (小南シシィ/小南兄トートダンサー)
11.踊り明かそう/マイ・フェア・レディ
12.Thank you for the music

[Encore]
E-1.A Heart full of love/レ・ミゼラブル
  (小南コゼット・原田マリウス)
E-2.Love
  (小南・原田・小南兄)

前半は実のところかなり緊張されていて、MCも相当ぎこちなかったですが、M3のSMILE(ボサノババージョン、ピアノの河谷さんアレンジ)あたりから徐々に緊張が解けてきて、M4のディズニーメドレーを終えたころにはすっかり平常ペースに。
ベルあり、アリエルあり、アナあり、と多士済々。
個人的には『ムーラン』の「リフレクション」がまゆちゃんだとこういうふうになるんだ、というのが新鮮でした。

そんな緊張が解けたまゆちゃんから、優一氏を迎える直前のMCでこの日最大の名言が。

「原田優一さんと言えば、ミュージカル界の七福神ですから」

…会場内の大爆笑を誘い、壇上と客席の距離を一気に狭めたばかりか、直後に登場した優一氏に、

「七福神のどのポジション?見た目?」

というツッコミの隙を与え

「最近は『肥えた』とかって言われてますからね」

な優一氏自虐ネタにどうしていいか困るまゆちゃん。

まぁ、全編に亘り優一氏のMCは

 「君を困らせた」

以外の何ものでもなかったですが(笑)

とはいえ、

「でも自分をゲストに呼ぶなんていい度胸してます(笑)・・褒めてますよ。これほど扱いにくいゲストいないから、これから怖いものないですよ」と優一氏が言って、まゆちゃん含め会場中が納得(爆)

そういえば優一氏の登場の時の音楽は「情熱大陸」の音楽だったのですが、これはまゆちゃんセレクトで、優一氏曰く「出にくいっ!どう出ていいか分からない!」って仰っていたのですが、アンコールでまゆちゃんがこの曲で出てきたら「優一さんの気持ちが分かりました、出にくい」って(笑)。

2人の共演はまゆちゃんの初舞台の2015年『レ・ミゼラブル』。当時、マリウスを演じていた優一氏は、まゆちゃんからは「雲の上の人(その意味で「七福神」だったらしいw)」。まゆちゃんがコゼットに決まった2017年に、優一氏はマリウスを卒業していたため、この日のアンコールが史上初の2人のマリコゼ。

「レミは受け継いでいくものだし、いずれはやれなくなる時が来る、だからやれるうちはやった方が良い」という優一氏からまゆちゃんへの言葉は、経験者だからこその重みでした。

ディズニー音楽、優一氏との掛け合いですっかりほぐれたまゆちゃん、赤いドレスに装いを変えてからは自身のペースを完全に掴んで、特に高音曲が続いたこともありどれも素晴らしい出来。

ご本人曰く、「昔は音痴」だったそうなのですが、そんなことは信じられないほどに高音を自在に操る若干21歳の伸びしろが凄いです。クリスティーヌが絶品で、大人の事情をすっ飛ばして演じてほしいぐらい。芝居先行というよりは歌先行のタイプなので、感情を表に出さない役の方が今は合うような気がします。ご本人としてはコメディタッチの役もやりたいそうですが、長身でドレス姿の映え方も考えると、V!のサラ役は合いそうな気がします(歴代コゼットでは剱持たまきちゃんが似ているかな)。

後半、シシィパートではスケジュールが合って15年ぶりに実現した小南兄妹の共演。

最近、ご自宅の近所でも「お姉さんですか?」って聞かれるらしく、危うく「はい」って答えそうになったとか(笑)。お兄さん曰く、「(妹は)天然を自分から引き継いでいるんですよ」を受けて、妹さん「優柔不断と天然を引き継いでいます(笑)」


今回のバンドメンバーは、ピアノが河谷萌奈美さん。去年12月の『ポストマン』での共演を経て、念願のライブでの共演とのこと。優しく流れるように流れる演奏が印象的です。

ドラムは佐野幹仁さん。まゆちゃんとは兵庫県西宮高校音楽科で3年間同じクラスだった同窓生とのこと。
「かっこいいことが悩み」とパンフレットの原稿に書いて、まゆちゃんに「これは消す、な(関西弁)」と華麗にあしらわれていて笑いました。

ヴァイオリンは大島理紗子さん。佐野さんのご紹介でまゆちゃんとは初めましてだったそうですが、まゆちゃん曰く「演奏している時の楽しそうな表情がとっても素敵」と仰っていましたが演奏も魅力的。情熱大陸のフルバージョンの時のヴァイオリンがとりわけ素晴らしかったです。


ライブ本編ではお客さま、バンドメンバー、ゲスト、スタッフさん、お店の方、皆さんへの感謝の気持ちを仰っていて、ライブを成功に導いたのはそんなまゆちゃんの人間力なんだろうなと感じさせられました。

その上でのカーテンコールでは、まさかのローソク付きケーキが登場!そして優一さんからのお花贈呈も。

まゆちゃん「え、誕生日じゃないよね?(笑)」

優一氏「そう。だから『星に願いを』なBGM(笑)」

というサプライズが、予想外だけに素敵なライブの素敵なエンディングになったのでした。

|

« 『夢の裂け目』 | トップページ | 『マウストラップ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66834508

この記事へのトラックバック一覧です: 『小南満佑子 First Live~peace begins with music~』:

« 『夢の裂け目』 | トップページ | 『マウストラップ』 »