« 『1789~バスティーユの恋人たち~』(2) | トップページ | 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(2) »

『Play A Life』(4)

2018.5.7(Mon.) 19:10~20:30
シアター代官山 G列1桁番台(下手側)

「どんなことでもできる、時間が被っていなければ」(爆)

ということで、職場の新人歓迎会(非主賓)をすっ飛ばして行ってきましたPAL大楽。

雨が強く、汗だくならぬ雨だく(笑)になって辿りついた初めての劇場。
平日の19時開演は、実はかなり辛いです。18時台の半蔵門線西行きの混雑には閉口します。

結局、少し遅れていらした方々を待っての10分遅れの開演でしたが、壇上ではピアノの小澤先生がアドリブで弾きのばしまくり、「あれ、開演前の音楽がやたら長くなったなぁ」と思っていたらそういうオチだったのでした(笑)

3人ミュージカルのこの作品。
教育実習生は平川めぐみさん、今回2回目の出演です。
指導教官は岸祐二さん、奥様は彩吹真央さん、いずれも今回が初出演です。

岸さんは先日の『In This House』以来ですが、今回はPAL史上最年長の指導教官ポジション(ご自身が仰っていました)ということで、大人の安定感。演技の端々に深みを感じさせます。とっても素敵で痺れます。

彩吹さんは宝塚男役出身なのに関わらず、岸さん演じる旦那様の空気に溶けていく様を自然に表現されていて、素敵でした。「溶ける」という言葉はこの作品の重要な要素ですが、この奥様のポジションを演じられた方は、今まで比較的しっかり者で存在感も強い方が多い印象があります。それ故、強すぎたり、責めすぎているという印象を感じることもありましたが、それからすると、彩吹さんの居ずまいはとても素敵で自然でした。歴代だと個人的には、一番好きなやんさん(池谷祐子さん)と似た空気を感じました。

『Play A life』(以下PALと略)には初出演のお2人をしっかりサポートしたのが、今回唯一のPAL経験者だった実習生役、平川めぐみさん。前回拝見した時も、そのスタンスの確かさに脱帽したのですが、今回も『出すぎず、出なさすぎないお節介さ』が絶品です。

思いを言葉にしかできない旦那様、思いを言葉にすらできない奥様。
それぞれが入った迷路は、自分たちだけではどうにもできない行き止まり。

奥様がかつて若かりし教育実習生の彼女に発した心からの言葉は、彼女を救っていて。
だからこそ、彼女は奥様の本心を旦那様に伝えずにはいられなくて。

そして、彼女の言葉は旦那様が「茶番」と断じていた心の壁を溶かしていく。
奥様のハートが彼女には生きていたこと、それこそが奥様が生きていた証。

奥様を自分の部屋に閉じ込めることでしか生きられないと思っていた自分が、本当の意味で一歩を踏み出せるきっかけ。
今を生きるためには、過去を抱きしめていなきゃだめなんだな、と感じさせられたのでした。

PALを拝見するのは何度目か失念してしまいましたが、「猫が来た日から私の時は停まった」という歌詞の意味を今さらながらに理解。意外に早い段階で言及されてたということに気づきました。初見でもちょっとした違和感を感じられるようには作られているんですね。

終演後は大楽ということでご挨拶。

岸さん「DVD・ブルーレイを予約承っております」
彩吹さん「台本も販売しております。珍しいですよね」
岸さん「DVDと台本を並べてみないでくださいね。
 もしかすると違っているかもしれませんので…(笑)」

彩吹さん「(出身地の)大阪でもぜひやりたいです」
岸さん「ぐみちゃん、どう?」
めぐみちゃん「(振られてわたわたした後)沖縄でやりたいです」
岸さん「行きたいだけでしょ(笑)」
めぐみちゃん「北海道でもやりたい(笑)」←めげないw
彩吹さん「また私たちやれるように頑張りたいです」

※ちなみに台本は終演直後に完売していました
DVD予約もたくさん入っていたようで嬉しい限りです。

PALは本当にキャストによって見える空気が違うこともそうですが、初見の方を惹きつける力がある作品だと思っていて、演劇なのに映画的というか、敷居が低い作品と(いい意味で)思っています。
今回のキャストが揃った奇跡にも感謝しつつ、これからも新たなキャストで新たなPALが続いていくことを願っています。

|

« 『1789~バスティーユの恋人たち~』(2) | トップページ | 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66696044

この記事へのトラックバック一覧です: 『Play A Life』(4):

« 『1789~バスティーユの恋人たち~』(2) | トップページ | 『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(2) »