« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

『四月の永い夢』

2018.5.20(Sun.) 14:25~16:00
新宿武蔵野館 D列1桁番台

先週から公開になった作品、本当は初日に行くはずだったのですが、急遽仙台遠征を決めたのと、それ以降は尋常ならざる忙しさでこの日まで引っ張ってしまいました。

前日の土曜日は池袋のサンシャイン劇場で演劇集団キャラメルボックスの『無伴奏ソナタ』を見て、この日が『4月の永い夢』。どちらの作品も劇場を出た後の東京の街中の喧騒が、同じ今だと思えないぐらいに、落ち着いた、素敵な空気感でした。

物語に多少のネタバレは入りますので、お気になる方は回れ右をお願いします。

主人公は28歳の女性、初海(はつみ)。かつては中学の音楽教師だったが、3年前に音楽教師を辞め、街中の蕎麦屋でアルバイトとして働いている。演じるは朝倉あきさん。彼女ってイメージ的にはもう少し若い役者さんのイメージがあったのですが、一度一年ぐらい女優さんから離れていらした時期もあるからか、思っていたより少し大人な存在感。

PVで彼女が召している喪服、それは彼女にとって大事な方を亡くしたときのもの。その時から彼女は永い夢に引き込まれていたかのよう。

彼女がアルバイトとして勤める蕎麦屋の娘さん(実質的に女将さん)・忍を(高橋)由美子さんが演じていますが、初海のことを心から心配している様が印象的。友達のような距離感でありながら、自店の閉店を告げ、初海に対して自分の道をきちんと探すよう諭すときの一言が重く突き刺さります。あの、厳しさと温かさを同時に出せる方ってそうそういないと思うので勿体ない。

職探しとして与えられた時間に、本気になれない初海の前に現れた、2人の女性も好対照。

1人はかつての自分の教え子・楓。以前は物静かだったはずなのに今やジャズシンガー。夢に向かって歩く姿は眩しくて、でも実は交際相手にDVを受けており、初海は身体を張って楓を救いに走り、それを成し遂げる。偶然なチョンボを結果的に大金星につなげるあたりの脚本の自然さが素晴らしい。

もう一人は友人にしてかつての同僚・朋子。彼女が産休に入るにあたり、後任の非常勤として初海を紹介するのですが、彼女にとって今の初海は煮え切らず、仕事に対してもアマチュアな感じしか見えない。初海に対して、本当はもっと言いたいのに、でもそれをぐっと堪えて「また連絡ちょうだい」で終わらせる。

この作品にたゆたう空気は、「ホームの黄色い線の少し手前」
初海のことを心配して、みんな初海のことを思うけれど、踏み込み過ぎはしない。忍も楓も朋子も、それぞれの形で初海のことを叱咤するけれど、みなまでは言わない。そこは、見ていて、実は少しだけもどかしさを感じはするけど、過去の彼からの手紙をようやく見られるようになり、彼の実家をようやく訪ねようと、「初海が」思うようになれることが大事なのだということ。

自分を家族のようにに思ってくれた、彼の母親に、今まで言えなかった秘密を打ち明けることができたとき、彼女は「四月の永い夢」から覚めて、周囲の支えてくれた人たちに胸を張れるような一歩を歩きだせたのかと思うと、胸が温かくなります。

彼の実家からの帰り、列車のトラブルで30分待ちとなった駅に降り立ち、その時ラジオから聞こえてきた大好きな音楽と大好きな声、そして大好きになるだろう方からの言葉を聞いた時、その時の初海の表情は本当に魅力的で。それでいて実のところあと20分、30分かけられそうなストーリーをバッサリ切ってあそこで終わらせる中川龍太郎監督の勇気が凄い。

それはこの作品の魅力の最大のところだと思うのですが、「語り過ぎず、語らせすぎず、演出しすぎない」ぎりぎりのところを分かっていて、見た後の余白を観客に委ねてくださる。客席から拝見して、「あとは皆さんで余白を埋めてください」と言って下さるかのようなエンディングが、この作品をより素敵なものにしているように感じられました。

現在は新宿武蔵野館を中心に数館のみの上映ですが、来月から順次全国で上映されます。
素敵な作品です。是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京ディズニーリゾート35周年 ”Happiest Celebration!” イン・コンサート』(2)

2018.5.12(Sat.) 17:00~19:20
東京エレクトロンホール宮城 4列10番台(下手側)

東京ディズニーリゾート35周年記念コンサート
『Happiest Celebration in Concert』、仙台公演行って参りました。

当初は仙台公演は行く予定がなく、初日の市川公演の後は、首都圏に戻る6/10の宇都宮公演のつもりでした。

ところが、市川公演を見たら

1)前方で見てみたい
2)直近で行ける日程を見たら仙台の4列目が空いてる
3)しかもこの日は仕事の谷間のたった1日

ということが判明し、即日押さえました。

この日は何といっても、びびちゃんがソロパートを歌う『Thanks To You』。
本当に凄かった。

もう涙を流す1ミクロン前ってこういうことを言うんだなということが伝わってきて。

仙台と言えば、びびちゃんが震災後に山元町に赴いてボランティアで歌での復興支援をされていたこともあるから、ディズニーで仙台に来れるって、私が思っていたよりもとっても大きなことだったんだなということが、今さらながらに分かって。

そして、まりゑちゃんの動画で発表がありましたが、実はびびちゃんはこのコンサート、仙台公演が前半の楽公演。5月後半の静岡(清水)と大阪は、びびちゃんの代わりにMARIA-Eちゃんが入ることになります。

公式には「全キャストが全公演に出るわけではない」という表現になっているのですが、MARIA-Eちゃんは当初から「静岡・大阪のみ」と発表されてましたし、あとは誰が抜けるのかということだけだったのです。

そういう経緯でびびちゃん前半楽となったこの公演。

「Thanks To You」は、このカンパニーみんなに対する感謝の気持ちにも重なって聞こえてきて。また、進行役としてびびちゃんがいっとう引っ張っていたように思えたコンサートも、地方(福岡⇒広島⇒名古屋)を経て、特に女性キャストの個性がそれぞれ出てきていて、盛り上げ上手になっていて、客席も後半はとても盛り上がっていました。

びびちゃんはディズニーハートそのものって感じだし、まりゑちゃんは相変わらずの盛り上げ隊長。ロックバンドのボーカルがシャウトするみたいにマイクを操るし(笑)、そしてオーラの織田さん、気品の和田さん、若さの町屋さんって感じで定着してきた感。

対して男性陣はtekkanさんの説得力と幅が流石。シャウトも、なよっとしたところも両方自在に操れるのはその経験ゆえ。古川さんは、なよっと系専門な気もするし(爆)、長谷川さんはスマート系中心って感じ。

女性陣と男性陣の組み合わせはだいたい女性1人にメイン男性1人、サブ男性1人という関係みたいです。
びびちゃんは『Beautiful』ペアの長谷川さんがメイン、サブが古川さんですね。
あとのキャストの皆さんは追々認識してまいります(ぺこり)。

今回、このコンサート初の地方公演を拝見しましたが、「東京ディズニーリゾートに来てもらいたい」という構成で作られていて、東北新幹線1本で行ける仙台だったり、東海道・山陽新幹線1本で行ける広島だったり、飛行機で行ける福岡だったり、地方公演の場所も実に念入りに考えられている感を受けます。

仙台駅ではディズニーリゾートキャスト(アルバイト)募集も出てたりして、思ったよりディズニーリゾートへの心理的な距離って近いのかも、ということを改めて実感しました。

ディズニーへの愛の濃さにはそれぞれ違いがあっても、最大公約数の「ディズニーを好き」という気持ちで共有できる空間。なかなか他には真似できないジャンルなことを改めて感じたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Play A Life』(4)

2018.5.7(Mon.) 19:10~20:30
シアター代官山 G列1桁番台(下手側)

「どんなことでもできる、時間が被っていなければ」(爆)

ということで、職場の新人歓迎会(非主賓)をすっ飛ばして行ってきましたPAL大楽。

雨が強く、汗だくならぬ雨だく(笑)になって辿りついた初めての劇場。
平日の19時開演は、実はかなり辛いです。18時台の半蔵門線西行きの混雑には閉口します。

結局、少し遅れていらした方々を待っての10分遅れの開演でしたが、壇上ではピアノの小澤先生がアドリブで弾きのばしまくり、「あれ、開演前の音楽がやたら長くなったなぁ」と思っていたらそういうオチだったのでした(笑)

3人ミュージカルのこの作品。
教育実習生は平川めぐみさん、今回2回目の出演です。
指導教官は岸祐二さん、奥様は彩吹真央さん、いずれも今回が初出演です。

岸さんは先日の『In This House』以来ですが、今回はPAL史上最年長の指導教官ポジション(ご自身が仰っていました)ということで、大人の安定感。演技の端々に深みを感じさせます。とっても素敵で痺れます。

彩吹さんは宝塚男役出身なのに関わらず、岸さん演じる旦那様の空気に溶けていく様を自然に表現されていて、素敵でした。「溶ける」という言葉はこの作品の重要な要素ですが、この奥様のポジションを演じられた方は、今まで比較的しっかり者で存在感も強い方が多い印象があります。それ故、強すぎたり、責めすぎているという印象を感じることもありましたが、それからすると、彩吹さんの居ずまいはとても素敵で自然でした。歴代だと個人的には、一番好きなやんさん(池谷祐子さん)と似た空気を感じました。

『Play A life』(以下PALと略)には初出演のお2人をしっかりサポートしたのが、今回唯一のPAL経験者だった実習生役、平川めぐみさん。前回拝見した時も、そのスタンスの確かさに脱帽したのですが、今回も『出すぎず、出なさすぎないお節介さ』が絶品です。

思いを言葉にしかできない旦那様、思いを言葉にすらできない奥様。
それぞれが入った迷路は、自分たちだけではどうにもできない行き止まり。

奥様がかつて若かりし教育実習生の彼女に発した心からの言葉は、彼女を救っていて。
だからこそ、彼女は奥様の本心を旦那様に伝えずにはいられなくて。

そして、彼女の言葉は旦那様が「茶番」と断じていた心の壁を溶かしていく。
奥様のハートが彼女には生きていたこと、それこそが奥様が生きていた証。

奥様を自分の部屋に閉じ込めることでしか生きられないと思っていた自分が、本当の意味で一歩を踏み出せるきっかけ。
今を生きるためには、過去を抱きしめていなきゃだめなんだな、と感じさせられたのでした。

PALを拝見するのは何度目か失念してしまいましたが、「猫が来た日から私の時は停まった」という歌詞の意味を今さらながらに理解。意外に早い段階で言及されてたということに気づきました。初見でもちょっとした違和感を感じられるようには作られているんですね。

終演後は大楽ということでご挨拶。

岸さん「DVD・ブルーレイを予約承っております」
彩吹さん「台本も販売しております。珍しいですよね」
岸さん「DVDと台本を並べてみないでくださいね。
 もしかすると違っているかもしれませんので…(笑)」

彩吹さん「(出身地の)大阪でもぜひやりたいです」
岸さん「ぐみちゃん、どう?」
めぐみちゃん「(振られてわたわたした後)沖縄でやりたいです」
岸さん「行きたいだけでしょ(笑)」
めぐみちゃん「北海道でもやりたい(笑)」←めげないw
彩吹さん「また私たちやれるように頑張りたいです」

※ちなみに台本は終演直後に完売していました
DVD予約もたくさん入っていたようで嬉しい限りです。

PALは本当にキャストによって見える空気が違うこともそうですが、初見の方を惹きつける力がある作品だと思っていて、演劇なのに映画的というか、敷居が低い作品と(いい意味で)思っています。
今回のキャストが揃った奇跡にも感謝しつつ、これからも新たなキャストで新たなPALが続いていくことを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『1789~バスティーユの恋人たち~』(2)

2018.4.14(Sat.) 17:00~19:55 1階T列10番台
2018.4.20(Fri.) 18:00~20:55 2階G列30番台
2018.5.6(Sun.) 17:00~19:55 2階I列40番台

帝国劇場

さほど行っていないと思いきや、意外にも3回観劇。初演は1回だけだったので、再演は3回でしかもDVD購入ということなので、人並みに嵌ったのですね(爆)。

上手くキャストを割り振れなかったので、メリポピ同様に全キャスト制覇はならなかったのですが、やっぱり自分の気になるのはロナンとオランプの組み合わせ。

今回の再演では4パターン中3パターンを見られたわけですが、自分が好きなのはかーねね。やっぱりかーねね(加藤和樹ロナン&夢咲ねねオランプ)。DVDも勿論かーねね。

少女漫画ど真ん中のラブストーリーが、何の不思議もなく展開されるさま。
その対極にあるのがてぺさや(小池徹平ロナン&神田沙也加オランプ)かと思うのですが、このペアがリアリティーを感じさせる(こちらも好き)のに対して、徹底的にファンタジーなのが、かーねね。

ねねちゃん演じるオランプ(ねねンプ)って、人を見る目が凄いあると思うんです。

王宮にいるのに、人を身分で判断してなくて。主君であるアントワネットさまへの忠心は立場を越えたものを感じるし、王様の弟のアルトワ伯を欠片も信用していなかったりするし。その上ポリニャック夫人の胡散臭さも感じ取ってたりして。ま、ラマールのことは使えないなぁと思ってるだけかもだけど(笑)。ラマールに銃口向ける時の無表情がツボ過ぎて(笑)。

だからロナンに心惹かれる様が凄い自然に感じるんです。
不器用で直情な、だけど他人を思う心に溢れたロナンのことを、ねねンプは「農民だから」なんて見ることはあり得ない。自分を助けてくれた相手の男らしさ、真っ直ぐさに心惹かれることが良く分かる。「不器用」って言葉は特にかーねねだと「そうだね。」と納得してしまうお互いの不器用さ。てぺさやだと不器用なのは恋だけって面を感じるのですが、かーねねだと恋から仕事まで不器用に感じる(爆)。

それゆえ、オランプがソレーヌと出会った時に、ねねンプだとすぐ分かり合っているように見えるんですね。そもそも人を信じない、不信感の塊のようなソレーヌからさえ、「あなたは真剣なのよね。」のひと言で分かり合えるほどの関係。「人の道を外れない生き方」という父親の言葉がぴったりきます。

さやンプとちょっと違うのが、さやンプだと「自分の道を外れない生き方」って感じがするんですよね。
「公私」という言葉で言うと、「公」に徹して「私」を薄める技術を持ってるのが娘役出身のねねちゃん。「公」に徹しても「私」が出てきちゃうのがさーや(爆)。ただその反面、自分をはっきり出す役(キューティーブロンドとか)はさーやが合うんだろうなと思う。

今回の作品の特徴と言えば、キャストが今までの帝劇キャストとかなり変わっていること。ダンス中心で、オーケストラ非使用ということもあっていつもと違うキャストが多く入られているのも印象的。そんな中女性キャストではソニンちゃんの安定感が流石ですが、準プリンシパル的なポジション、リュシル役の則松さんが印象に残りました。デムーランの彼女のポジションで、立ち姿、踊り姿の華やかさが流石は宝塚出身という感じで素敵でした。

今回、DVDが出るということで恐らくは今キャストは今回限りなのかと思いますが、秋から上演される『マリーアントワネット』との共通点も感じつつ、興味深く拝見できて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『メリーポピンズ』

2018.3.31(Sat.) 17:00~19:55 3階6列2桁番台(B席)
2018.4.8(Sun.) 12:00~14:55  3階6列同席  (B席)
2018.5.4(Fri.) 17:00~19:55  1階17列40番台(S席)

東急シアターオーブ(渋谷)

『メリーポピンズ』観劇は結局3回。

公演期間からするとずいぶん少ない回数になってしまいました。

理由はいくつかありますが、公演開始タイミングが仕事で忙しすぎて所謂”スタートダッシュ”ができなかったこと、期間がそれなりに長いことで後から入ったライブや公演に押し出されたことが多かったこと、そして何よりオーブが苦手なこと(苦笑)…ということもあり、「もう少し見ておきたかった」と思いはしますが、個人的には急遽入れた5月4日ソワレのキャストが自分にとってとても満足いくものだったので、結局これで良かったのかなと思っていたりします。

というのも、なぜだかその日(5月4日)、公演を見ていて、「あ、自分のメリーポピンズはこのキャストで幕を引くのが正しいんだ」と理屈じゃなく直感で思ったから。実のところ、キャストでお2人拝見できなかった方がいらしたのですが、タイミングからすればその方はもっと前に見ておくべき方で、自分の好みからすると、やはり作品の最後は大好きな方で締めたい、となると1幕の間に心は決まっていました。

3回観劇のうち2回は、シアターオーブ3階のぴったり同じ席。今回、3階の後ろ2列がB席で、ここを取れたことが奇跡的ですが、メリーポピンズが最後にフライングしてやってくるところのちょうど下だったので、迫力が凄い。フライングと言えば、「ピーターパン」で玲奈ちゃんや充希ちゃんやふうかちゃんが目上を通って行ったことがあったので慣れているんですが、みんな舞台に戻るんですよね。飛んだら。それなのにメリーポピンズは3階上部のスペースに降り立ち、そこから下手側の屋根裏通路を一目散に駆けてカテコに突入するのが凄い。3階の方が迫力があるという作品を初めて見ました。

さて物語を。ネタバレですのでご注意を!




銀行家のバンクスは、奥様で元女優のウィニフレッド、息子のマイケル、娘のジェーンでの4人家族。使用人2人を抱えていてそれなりの屋敷を持っているが、上流階級にはまだ届かない、そんな家族。
家族それぞれが問題を抱えている中にやってくる新たな子守・メリーポピンズが、バンクス家、そして家族それぞれの心を変えていく、そんな物語。

もう一人の主要登場人物は煙突掃除屋であるバート。メリーとは以前からの知り合いのように見受けられる意味深な動きをしますが、「煙突掃除」に「心の中のもやもやを取り除く」かのような面も感じられたりしました。

かつての子守り、ミス・アンドリューに厳しく育てられて、自由な生き方とはかけ離れた生き方しかできなくなってしまったバンクス。バンクスへの心配、息子娘への心配をしながらも、どうすればいいのか分かっていないウィニフレッド。いたずら盛りで沢山の子守を退けてきたマイケル・ジェーンも、実のところ父親の愛情が欲しくてたまらない。

そんな中やってきたメリーポピンズが、マイケルとジェーンを街に連れ出し、いわば”見聞を広げさせる”シーンに登場する”デキる”アンサンブルさんの皆さま。

公園シーンでは初回こそ区別がつきませんでしたが、郁代ちゃんの「運命の出会い」が観られて素敵。今回、郁代ちゃんと華花さんがお2人でヴォーカルキャプテンということもあり、シンメトリー的に見えるシーンが印象的です。

ウィニフレッドがバンクスの心を開こうとする間、メリーポピンズは子供たちの心を開こうとしていく。
「お砂糖ひとさじあれば、お薬も飲める」そう言うメリーポピンズのことを、マイケルもジェーンも最初は警戒するけれど、どこか”今までの子守の人と違う”と思い始める。

それでも心がなかなか開けないマイケルとジェーンのことを、一度は見放すメリーポピンズの表情はとても悲しげで、「あの子たちは良い子だけど、心を開いてくれなきゃどうしようもない」と言って子供たちから去ってしまうわけですが、その結果、かつての子守・ミス・アンドリューが復帰しバンクスも委縮してしまう。

そんな経緯もあってからのメリーポピンズの復帰はバンクス家の総意として迎えられ、メリーポピンズの作り出す魔法の中、”家族”として、それぞれが自分以外の皆を思うように変わっていく、その「家族の再構成」の様が素敵です。

バンクスは本業である銀行業の融資で、大口取引先への融資を断り、新興企業家への融資を行なう。そしてその大口取引先がライバル行から融資を受けたことで責任を問われ、自宅謹慎・無給の処分を受け、ますます自信を失い、公園を徘徊して警察官に保護される始末。そんな中、銀行から呼び出しを受けるバンクスに、「私は付いてはいけないの、だって女だから」とふさぎ込むウィニフレッド。

でもここで、マイケルもジェーンも、今までのメリーポピンズからの贈り物ゆえに「心が豊かに、視野が豊かに」なっているんですよね。ウィニフレッドが想像もつかないことを言い出して、ここで初めてメリーポピンズがウィニフレッドにハートを伝える。

その言葉に気持ちを動かされ、バンクスに「付いてこないように」と言われたのに、ウィニフレッドは付いていって、きちんと夫の正当性を主張する。実は大口取引先は融資した相手行を破綻させていて、バンクスの行為は銀行に損害を与えたどころか、巨額の利益をもたらしたことが判明する…とまぁ、ここはかなりご都合主義が入っていますが(爆)、きちんとそこには理由があって「大口取引先の語るビジョンには『お金』はあったけど『人』はなかった。新興企業家の語るビジョンには『お金』はなかったけど『人』はあった。物事を成し遂げるのは結局は『人』なのだ」という思いに、バンクスが”気づき直せた”から」こそのもの。

「昇格させ、報酬も増やす」という頭取からの提案に口をあんぐりさせるバンクス。

そのバンクスを見て「口を開けるんじゃないの、魚じゃないんだから」というウィニフレッドの漢前さときたら(笑)。でも、そのシーンを見て感じさせられたのは、その時ウィニフレッドは『バンクス家のメリーポピンズ』になれたんだな、ということ。

メリーポピンズは、壊れかけた家族を渡り歩いてきた存在で、逆に言うと、問題が解決すればその家族からは去っていく。家族がそれぞれを思い合い、助け合えるようになればメリーポピンズはその家族の中にいるわけだから、自分自身がそこにいる必要はなくなる。

そんな、「成功すれば自分は用済み」という立ち位置にいるメリーポピンズは、めぐさん(濱田めぐみさん)の方がドライな立ち位置で、よりプロに徹しようとしている感じがしました。逆に言うと意図して家族と感情を分かち合わないようにしている感じ。あーや(平原綾香さん)は、ウェットな立ち位置で、家族と感情を分かち合うことも厭わないような感じ。2人は完璧さの方向性がちょっと違うように思えました。めぐさんは完璧な子守、あーやは完璧な家族を目標にしているように感じたかな。どっちも仕事ではあるものの、仕事の成し遂げ方に違いがある印象。

メリーポピンズの存在で、大きく変わったのはウィニフレッドだと思うのですが、彼女が「どうにかしなきゃ」という思いはあっても、どうしていいのか分からなかった、そこに方向を指し示すことで、バンクスも家族の大切さを理解したし、子供たちも「家族の一員であるのだから、父や母を支えなければならないんだ」ということを理屈じゃなく身体で理解することができて。

危機的な日に、ウィニフレッドがメリーポピンズに言った一言、「上流の家庭ならあなたにお休みを変えてなんて申しませんよね」という言葉。
ウィニフレッドは、この言葉でメリーポピンズを説得しているんですよね。使用する側・使用される側の立場だから、実は命令することもできるんですが、そうはしない。
「今日は本当にあなたの力が必要なの。私は全力でバンクスを助けなきゃいけないから、どうかあなたは今日は子供たちと一緒にいてほしい」と。そしてメリーポピンズは決して自分の意思だけで動く女性ではない。それがウィニフレッドの言葉の中にはあったんですね。「私はあなたを信頼しています」と。

メリーポピンズは「いずれいなくなる自分だから、できるだけ感情を持ち込まないように振る舞っている」女性だと思っていて、でも、だからこそ「自身を本当に必要とされたから」こそ、あの時子供たちのために残ったのだと思えて。その心の通じ合いが、メリーポピンズにとっての心の雪解けだったらいいな、と思えたのでした。いつもドライに振る舞わなければならないと覚悟している彼女だからこそ。

ウィニフレッドは観劇した3回とも三森さんだったのですが、今回の三森さんのウィニフレッドは素晴らしかったです。今までもレミやサイゴンで拝見してきたものの、ここまで合う役に出逢えるとは、いい意味で予想外でした。子供たちの目線で泣いて笑って、子供たちと一緒に成長できる役どころが、きっと今の彼女にぴったりで。彼女の成長がメリーポピンズの存在ゆえ、ということも凄く分かりやすく見えていて。今の年齢だからこそ出会えた、そんな奇跡だったんじゃないかなと思います。

「どんなことでもできる、自分で邪魔をしなければ」

そんな言葉がカンパニーみんなに広がっていた作品。夢を現実にするのはいつも自分の心次第。作品を表現される前向きなパワーが、いつもミュージカルを見る層だけでなく、初めてミュージカルを見る人たちにも確実に暖かいものを向けていたこの作品。

東京後半で一気に盛り上がりに加速がついた感のあるこの作品、大阪公演でもますます広い層に向けて温かい気持ちが伝わりますことを願い、信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »