« 『サイト』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』(8) »

『Suicide Party』

2018.3.14(Wed.) 19:30~21:20
すみだパークスタジオ倉 F列1桁番台(下手側)

TipTap新作ミュージカル、この日が初日です。
2組制(赤組、黒組)で、この日は赤組。

どの駅からも遠いことで有名なこの劇場、自分の場合は会社からバスが一番楽(ただし40分近くかかる)なので、バスを降りて「あ、コンビニないんだった…」と思ったら劇場すぐ手前にコンビニ(セブンイレブンすみだパークプレイス店)が出来ていてびっくり。有難かったです。去年8月末にオープンとのこと。他に店がないので関係者に出逢うこと出逢うこと(笑)

今回の作品は、実のところタイトルからしてネタバレという作品でありまして、そこに触れる地点からネタバレ注意ということで改行します。




というわけで。

「Suicide」はそのものずばり、「自殺」のこと。

「Life3部作(※)」ということで「生きること」をテーマにここのところ3作続けて上演してきたTipTapさんが、「死」しかも、自ら選んだ死である「自殺」をテーマにするというのは、かなりの驚きでした。

(※)「Count Down My Life」「Second Of Life」「Play A Life」の3作の通称。公式にも非公式にも浸透した呼び方。

物語は、自ら命を絶った人々1人1人のそれぞれの「死を選んだ理由」を語りと歌で綴る、いわばソングサイクルに近いような形。なるほどと納得できるものから、皆目理解しにくいものまで、当たり前のことですが千差万別。

皆の物語を聞いていると、頭の中によぎるのはやはり「Life3部作」とこの作品の関係性。

「Life3部作」は、最終的に生きること、生き方を自分で選ぶべきというのが基本的な軸であるわけですが、それからすると、「自ら死を選ぶこと」の自由もあるのではないか、という仮説は当然浮かび上がってくるわけで、それが今回の「Suiside Party」の存在意義というか、「Life3部作」に対する補足的な位置づけに思えるんですね。

「自殺」をテーマにしたからといって、「自ら死を選ぶこと」を肯定することはないと信じているから、そこは安心していられるわけですが、「自発的な選択を促し」ておきながら「生を選ぶこと」と「死を選ぶこと」が実際に何が違うのか、に挑戦されたのが今回の作品だったのかなと思います。

物語の前半で語られる、「人間は、人々の中で自分がただの1人でないことを証明したい生き物である」からこそ、生きることに意味を求めるし、生きることの果実を求めるし、死ぬことの意味が生きることの意味を上回るときには死を選ぶのだな、ということをおおむね感じさせられます。

今回のテーマを聞いたときに、「自ら死んだ人を取り巻く人たちに与える影響」が多く占めるのかと思ったので、それが少なかったのは意外。むしろ、それぞれの死んだ人自身の状況そのものにスポットライトがあてられていたのが、意外と言えば意外でした。

「Life3部作」からの系譜で言えば、「Count Down My Life」で自らの人生とは有限であるということを理解し、「Second Of Life」で人生に夢が必要かを問いかけ、「Play A Life」で人生を作るのは自分自身であることを表現されたうえで、今回の「Suicide Party」では、生きるにせよ死ぬにせよ必要とされるものは夢であって、最後の選択をどうするかはそれぞれ次第、としているのはTipTap作品らしく、方向性が一貫していると思わされました。

「自殺」という言葉からくる常識的なイメージは、ネガティブなものだと思いますが、ではなぜそれがダメなのかを問われた時に、道徳的な観点や倫理的な観点から物を申したところで本質的には伝わらないし、伝えることもできない。そんな問題認識を見ていて感じて、「自殺はなぜダメなのか」「自ら生きると自ら死ぬにはどの点に違いがあるのか」に対して、ある一定の答えを提示しているところが興味深いです。(完全ネタバレなのでここは省略しますが、なるほどと思いました)

最後5分にぐわっと込み上げる、「この作品の意味」を展開する濃さに比べると、多数の人物が登場する物語の本編は正直、役の数が多すぎるように思えました。以前ほど、各役柄に至るまで全てを理解しようと思わなくなりはしたけれども、1つ1つのエピソードがあまりに提示されすぎで、人によっては全てを理解しようとすれば、聞くだけで精神的に厳しくなるのでは、と少し心配になりました。

ともあれ、「生」を追い続けたTipTapさんが、「死」という逆のベクトルから「生」を浮きだたせようとした試みはリスクを十分に負ったものだったと思いますし、そのチャレンジングな姿勢が拝見できたことは刺激的でした。

|

« 『サイト』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』(8) »

コメント

突然すみません。私も本日観に行く予定でして、タイトルで検索していてこちらの記事にたどり着きました。私も職場から45分くらいかけてバスで行くのですが、目の前にセブンイレブンがあるという情報、大変助かりました!それを伝えたくて。突然の投稿すみません。

投稿: uz | 2018/03/15 17:56

すぐとなりなので便利です。
作品も堪能してきてくださいませ。

投稿: ひろき | 2018/03/15 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Suicide Party』:

« 『サイト』 | トップページ | 『ジキル&ハイド』(8) »