« 『TENTH』(2) | トップページ | 『野の花』 »

『TENTH』(3)

2018.1.17(Wed.) 18:30~21:20
シアタークリエ 13列20番台(上手側)

『TENTH』2期、my楽です。
1部の『ニューブレイン』見られる時間に退勤できるか微妙でしたが、何とか済ませてクリエへ。

2期最初に見たときに、正直ピンとくるものが感じられなかった同作、もう一度見てみてどういう感想を持つかと思って1部から見たわけですが、元々全編に亘っての物語性が希薄なのか、それとも1時間に縮めたことで希薄になっているのか、その辺りがちょっとわからず。

時期的に石丸さんの四季卒業後第1作ということで、reborn(再生)的な要素を絡めたのかなというのを改めて感じはしますが、クリエ10thでの、はっきりとした色合いを出せた作品ではなかったように思えました。主人公が心を入れ替えたから奇跡が起きたのか、周囲の人たちの温かさ故に奇跡が起きたのか、それともそれらとは関係なく奇跡は起きるときは起きるのか、その辺が噛み合っていないように思えて、どうも作品の流れが腑に落ちないで終わった気がします。

出演者ではじゅりぴょん(樹里さん)のキャリアウーマンが新鮮。実のところ宝塚男役出身なんですよね。宝塚一のMC超人という印象しかないのですが(爆)、主人公を見つめ見守るいじらしい佇まいが素敵です。看護師役&店員さん役だった中村百花さんの飛び道具具合もツボ。空気読めずに突っ走る感じが面白すぎました。

それにしても2期で1部・2部通しの伊礼氏のポジションが面白すぎる。1幕で石丸さん演じる主人公に人の道を説き、2幕で新妻さん演じる姉にも人としての道を説きながらも、MCを境に、「愛する気持ちは止められない」と不倫を肯定する立場なのが(笑)

そんなトークが満載だったのがこの日2部の『GOLD』コーナー。
作品と役の説明は、私が初日に見たときは聖子さん主導でしたが、この日は石丸さん・伊礼さんを含めたクロストーク。

石丸さん「女性が手に職を付けられない時代、カミーユの才能は陽の目を見ることなかったんですよね」
聖子さん「でもロダンもそんな状況を利用しているようなところがありましたよね」
石丸さん「そうだね。それでカミーユを自分の元に置いておけるかのような。才能は認めていて自分以上だと思っていた部分も感じるし」
聖子さん「ロダンはそんな立場も利用してがっつり迫って愛してくれてましたしね(笑)」
石丸さん「そんな2人の関係を見て心配していたのがポールで」
伊礼さん「そうです」
聖子さん「カミーユはロダンの元を離れ、最後は家族にも見放されて精神病院でその命を閉じることになるですが、最後、精神病院に入れる許可のサインをしたのがこの…」
伊礼さん「そう私、弟のポールなんです」
聖子さん「サインしてくれちゃって(笑)」
伊礼さん「ポールも苦しんでるんですよ」
聖子さん「そうなんですよね。私(カミーユ)はもう発狂したように地べたはいずり回っていますからね。しょうがないですよね」
石丸さん「でも幼い頃は姉が弟に二人羽織みたいにじゃれてて」
伊礼さん「そうなんですよ。無邪気にじゃれあってきたりで」
聖子さん「そうそう」
伊礼さん「なのに大人になったらこんな人(※原語通り)のところに行って(笑)」
聖子さん「(パー子笑い)」
石丸さん「え、近親●●よりいいじゃない

…さすがクリエのソワレなトーク(笑)

そして伊礼さん絶賛の、聖子さんの曲紹介はこの日も健在。
『天使の園』から『GOLD』に至る、滑らか過ぎる曲紹介で、『GOLD』に至っては聖子さん、曲紹介中ほとんど息継ぎせずに紹介しきって客席から感嘆と拍手が上がっていました。

そしてその2曲の後のアンカレトークは伊礼氏の独壇場。
アンカレの不倫相手のお2人の女優さんのことのお1方は「子羊のよう」と喩えられ、もう1方のことを「暴れ馬」と喩えられておられました。大丈夫でしょうか(爆)

その先は『BLOOD BROTHERS』で、2期は弟が藤岡くん、兄が万里生くん。
1曲目の「長い長い日曜日」が終わった後のMCで、弟が兄に対しておやつをカツアゲする(藤岡くん談)のですが、この日万里生くんが差し出したのがまさかのコカ・コーラ500ml(爆笑)。

開けると当然吹き出してクリエの舞台上にコーラが吹きこぼれ、下手側に万里生くんがモップを借りに行くという、どんな事態(笑)
そしてそこから藤岡くんが一気飲みするという、会場圧巻のパフォーマンスが繰り広げられ、会場中から喝采を浴びておられましたが、さすがに飲み終わった後は逆流しそうになるそうな(爆)。

「仕返しされそうで怖い」と万里生くんは手遅れなコメントをしていました(笑)

その後1曲デュエットされた後は、藤岡くん退場で万里生くんが聖子さんを呼び込み、『トゥモローモーニング』パートへ。

万里生くん「そこ(センター0番)気を付けてくださいね、濡れてますから、というかべたついてますから(笑)」
聖子さん 「何があったんですか?楽屋のモニター小さくて何か飲んでるんだろうなって思ってたんですが」
万里生くん「藤岡くんがコーラの一気飲みをしてまして」
聖子さん 「あの人凄いですね」
万里生くん「藤岡くんも色々とおやつ食べてますが、この作品(『トゥモローモーニング』)では聖子さんも…」
聖子さん 「え、私もコーラ一気飲みするんですか?(会場内爆笑)」
万里生くん「いえいえ、まさか。」
聖子さん 「私、今それ言われて腹くくりましたよ
万里生くん「でもやれると思ったでしょ」
聖子さん 「いやまぁやれますけど(笑)」

…さすがにされませんでしたが(爆)

とひとしきり仲良しカップルなトークをされた後、この作品の役どころの話に。

万里生くん「この作品で聖子さんが演じられたキャットって役ですけど、それこそ猫っぽいですよね」
聖子さん 「うーん、猫っぽいかなぁ。おきゃんな感じだとは思いますが。え、おきゃんって死語ですか?
万里生くん「うん」
聖子さん 「やばいーーーーーーー!(客席へ呼びかけ)おきゃんって分かる方!(客席からそれなりに拍手)ほら!客席は私の味方!
万里生くん「7歳なんですいません」

(笑)

というなかなか面白いカップルトークを楽しみました(笑)
聖子さんとここまでフラットに会話される俳優さんって珍しいので貴重なMCでした。

聖子さんとフラットという意味では、2期2部カーテンコールで隣になる藤岡くんとも別のフラット感。

聖子さん「よくコーラ一気飲みできるよね」
藤岡くん「コツがあるんですよ」
聖子さん「簡略化して言える?」(←必殺の聖子無茶ぶり技)
藤岡くん「泡立てると量が多くなっちゃうので、流し込むように入れていくとできるんです。昔どこかのステージ上でやったことがあります」
聖子さん「(簡略じゃなかったので興味失った感)」←(笑)
藤岡くん「でも1.5リットルは勘弁してください(笑)」

でもなー、藤岡くんBBのMCでとんでもない暴走コメントしたからなー。21日どうなるだろうなー(爆)。

何はともあれ、聖子さん1日お休みを挟んで迎えたこの日、聖子さんファン大集合って感じで色々楽しかったです。21日は見られないので、行かれる方のレポを楽しみにしております。

|

« 『TENTH』(2) | トップページ | 『野の花』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66293563

この記事へのトラックバック一覧です: 『TENTH』(3):

« 『TENTH』(2) | トップページ | 『野の花』 »