« 『新妻聖子クリスマスディナーショー』 | トップページ | 『綿引さやかクリスマスコンサート』 »

『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』

2017.12.16(Sat.) 12:30~14:15
四谷sound creek doppo

岡村さやかさんデビュー10周年記念&お誕生日前々昼祭り、ということでソロライブ開催です。
というわけで行って参りました。

今回のコンセプトは、今まで出た作品の曲を通じて10年を振り返る、ということで事前のアンケートからのチョイスでの進行です。

では、セットリストです。

●セットリスト
1.On My Own/レ・ミゼラブル
2.Places in Between/TRAILS
3.もうあなたはいない/Second of Life

[M4-7:One On Oneコーナー]
4.子守り歌/コエラカントゥス
5.変わる心/コエラカントゥス
6.欠けた月/しあわせの詩
7.帰る場所/BIRDMAN

[M8:galaribbonコーナー]
8.Look at me
 /イーストウィックの魔女たち

9.This Time/Before After

[M10-12:AKA Companyコーナー]
10.A trip to the library/She Loves Me
11.come to your sences/tick...tick...Boom!
12.ブロードウェイ・ブギウギ/Class Act

●アンコール
13.幸せの秘密/ダディ・ロング・レッグス

セットリスト13曲中、ご自身の役ではないのは最初と最後、そして途中でgalaribbon(さやかさん、池谷祐子さん、本井亜弥さん)3人勢ぞろいで歌われた3人娘の曲(『イーストウィックの魔女たち』より)の3曲だけ。

M1は、さやかさんのTMA(東宝ミュージカルアカデミー)1期生卒業公演『レ・ミゼラブル』で演じられているので準本役。M13は以前さやかさんのライブで歌われて好評だった『ダディ・ロング・レッグス』からの1曲。本役の真綾さんは勿論素晴らしいですが、さやかさんのジルーシャも素敵です。

M1の後では、この日のピアノの酒井和子さんとの出会いの話をされていて。
TMAを卒業したさやかさんが受けに行った『レ・ミゼラブル』のオーディション。そこでピアノを弾いていたのが酒井さん、ということでそれが最初の出会いだったそうなのですが、酒井さんはさやかさんのことを鮮明に覚えているとのこと。

というのも、オーディションの時、「もう一度聞きたい」という人に声を掛ける「コールバック」というのがあるのですが、実はさやかさん、大学のゼミの発表のために帰ったら、コールバックがかかって『帰る人聞いたことない』って言われたとかで(笑)、酒井さんからその話が出て、さやかさん爆落ちしておりました。

ちなみにこの日配られた『用語説明(MCに出るかもしれない用語集)』にTMAの入学の時の話も載っておりまして、「両親に内緒で受けて後で怒られた」というのも噴きました。流石すぎる。

全般的にさやかさん曰く「闇にならないように頑張りますので、実際に闇だったら後でこっそり教えてください」というのも面白かったですが、「初めて聞く話」はそれなりに多かったですが、闇はそれほどなかった感。

Oneに初めて出たとき(『コエラカントゥス』)、今と変わらず稽古場の横で小さくなっていたさやかさん。なかなかカンパニーに入っていけなくていたけれど、確認のために録音していたプレイヤーに、小学校男子みたいな言葉が録音されてて、じっと見てたら、ないとーさんが色々吹き込んでいたのを発見(笑)。当時は「いじめか?」と思ったけど(笑)、今振り返ると「溶け込めるように気を使ってくれたんだなぁ」と、綺麗にまとめてました。

曲紹介を当時のフライヤーとともにされていて「ないとーさん若い!」と言って会場の一部が噴き出す一幕も。

galaribbon勢ぞろい!のコーナーは池谷さん&本井さん登場、ということでやんさんが特製ケーキを持って登場。中央がさやかさんの顔になっている特製だったそうで、会場では「どこまで傾けて大丈夫なのかわからない(笑)」の理由により、インスタ公開になりました。やんさん曰く「インスタ映えします(笑)」。

3人はTMA当時はそれほど仲良いというわけではなかったそうですが、むしろ卒業してから仲良くなり。

出会った頃の話を質問されて、「10年ぐらいより前の話は忘れちゃってるんですよ」の本井さん談が全てを持っていき(笑)、やんさんも「本井さんが全部持ってっちゃって」と呆れ半分笑い半分。その中央でニコニコしてるさやかさん最強。

やんさんが仰っていて印象的だったのが、TMA卒業後に初めて大きな舞台に立ったのがさやかさん。

見に行って、舞台上に立っているさやかさんを見ていて、誇らしかったし、同期の中でも先陣切って進んでいく姿が凄いと思ったし勇気づけられた特別な存在と。それに応えてさやかさん、「お互いの舞台を見に行くと、『うちの子が一番いい!』って思うし誇っちゃう、まるで家族みたいに」、と仰っていたのが印象的。3人並ぶと、本当に『かけがえのない仲間』って感じになるのが本当に素敵で、さやかさん10周年に相応しい温かい空間でした。

・・・

今まで歌ってこられた曲で彩られる時間はとても至福で、さやかさんが演じてこられた役、そして歌はどれも温かさに溢れていて、さやかさんでしか出せない空気を纏っていて、どの曲も舞台で見た風景をはっきりと思い出せるのが素晴らしくて。

「This Time」が歌われれば丘を思い出すし、「帰る場所」が歌われれば飛行機を思い出すし、「A trip to the library」が歌われればイケイケなさやかさん(珍)を思い出すし、何よりも「欠けた月」(『しあわせの詩』)は今でも忘れられない、「歌声で空気を変える」さやかさんに痺れた曲だけに、聞けて全身に鳥肌が立ちました。

最後のMCでさやかさんが語られていましたが、お客さんそれぞれに語り掛ける様はお人柄が現れていて。

「もちろん来ていただけるのはとても嬉しくて、来ていただけたらほっこりする空気をお届けしたいけど、事情で来れない方もいらっしゃると思います。なので、皆さんとにかく元気でいらしてください。どこかでいてくだされば、またお会いできることがあると思います」と仰られた言葉は素敵でした。

「今まで皆さんに支えていただいて10年を過ごしてきて、皆さまからいただいた気持ちでここまでやってこれたことに感謝」された様はとても笑顔に満ちていて、一緒に10周年をお祝いできたことが何より嬉しかったです。

|

« 『新妻聖子クリスマスディナーショー』 | トップページ | 『綿引さやかクリスマスコンサート』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』:

« 『新妻聖子クリスマスディナーショー』 | トップページ | 『綿引さやかクリスマスコンサート』 »