« 『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』 | トップページ | 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(8) »

『綿引さやかクリスマスコンサート』

2017.12.17(Sun.) 19:15~21:20
品川TRIBECA(アトレ品川4階)

「vivi basket spacial」と銘打たれたクリスマスコンサート。去年11月の「vivi basket」の特別版ということで、実質的な準ディナーショーといった趣。
会場は品川駅港南口に直結した駅ビルアトレの4階の一番奥のレストランです。

さて、セットリストです。

●第1部
1.クリスマスメドレー
2.サムホエア/ウェストサイド物語
3.リフレクション/ムーラン
4.月影のナポリ
5.Defying Gravity/ウィキッド
6.I'll be here/Ordinary Days
7.On My Own/レ・ミゼラブル

●第2部
8.妄想女子のクリスマス(仮題)
9.幼稚園児のクリスマス(仮題)
10.special secret
11.Can't Take my eyes off you/ジャージー・ボーイズ
12.カラー・オブ・クリスマス/東京ディズニーシー
13.ひかり
14.アヴェ・マリア
15.Happy X'mas/ジョン・レノン

●アンコール
16.Oh Holly Night

第1部は赤のドレスで登場、M1のクリスマスメドレーから、M2-M3は劇団四季さんの『ソング&ダンス65』からの2曲。『ソング&ダンス65』は「来年」劇団四季さんが65周年を迎えられることを記念して過去の四季さんの作品から歌とダンスで構成する演目で、びびちゃんは今年10月から11月まで、東京・自由劇場公演にほぼ隔週で出演されていました(同公演は来年3月~5月に東北・北海道・首都圏公演、6~8月に大阪公演が予定されています。私の予想では4月中旬の目黒か越谷から、大阪の7月まで出ると予想しています)。

びびちゃんから「ご覧いただけなかった方も多いかと思いますので」という前置きでこの曲のエピソードを語られていました。本編は日本語、この日は英語でしたが、何しろアカペラで幕明けに出るだけに、いつもは緊張しないびびちゃんもこの時ばかりはバクバクで、ふと顔を上げたら一緒に稽古してきた仲間が励ます様が見えてますます涙モードになって、幕開く直前に涙を止めるのが大変だったと仰っていました。

事前に募集されていたリクエストから、M5とM6が採用されて至福の時を過ごしました。
M5はびびちゃん本人も「自分にリキを入れたいときに歌う曲」と仰ってて、パワフルさを堪能。

M6は別役(デイブ役)で出られていた作品からの曲で、いつかびびちゃんに歌ってほしいと思っていた夢が叶って幸せでした。何しろ7分以上もある大曲だけになかなか歌う機会がないと思っていたものの、ストーリー性がある曲なので、気持ちを入れた曲を巧みに表現されるびびちゃんのタイプに合うと思ってリクエストしましたが、期待以上でした。クレア役、いつか演じてほしい役の一つです。

911で愛する人を失った彼女が、次へ踏み出す一歩に逡巡する曲なのですが、「相手を包み込むように受け止めるさま」は相手の立場にすっと入り込めるびびちゃんにとって合う気がずっとしていて、願い続けたい思いの一つになっています。

第2部は、「vivi basket」前回でセンセーショナルに(笑)発生した企画。お客さんにテーマに対するキーワードを書いてもらい、それをびびちゃんとピアノの(久田)菜美ちゃんで即興曲にするという企画で、今回はクリスマスをテーマにキーワードを上げてもらった結果、なぜだかタイトルがそんな方向性に収れんする結果になりました(大爆)。

テーブルが24あったので、キーワードは12キーワード×2で2曲となりましたが、菜美ちゃん曰く「一応想定してリハーサルはやったんだけど参考にならなかった(苦笑)」だそうで(笑)。「テンポはどうする?」とか「明るくする?軽くする?」とか菜美ちゃんからの提案を、びびちゃんが意外なことにバッサバッサと肯定or否定するのがこのコーナーの興味深いところ。

びびちゃんって普段、はっきりと肯定とか否定とかってイメージがしないわけですが、でもこのコーナーの時は自分のイメージとの整合を取っているせいなのか、「こうする」というのがはっきりして、驚くほどはっきりと決断するんですね。そこが、びびちゃんの決断力という一面を見せているように思えました。

かと思えば、「歌い終わったら忘れていくので皆さん覚えていてくださいね」という、いつものモード(笑)のMCも面白いわけですが。

で、実はキーワードのうち、1つだけ(ちなみに当テーブルの提出キーワードでした実は)抜けたことに2曲終わった段階で気づき、まさかのとんでもないスペシャルが出現しました(M10)。さすがに載せるのは自粛しておきますが、いやまぁあのキーワード入れてあんなミラクルになるとは、出した方も想像つきません(笑)

M11は9月のライブでもお客様参加型で大盛り上がりしたジャージー・ボーイズからの1曲。この日も大盛り上がりでした。びびちゃん、お客様(familyを)ノセるの上手いから(笑)

知る人ぞ知るM12も生で聞けたのは初めてで嬉しかったし、そこからの「ひかり」も思いが溢れて素敵。

後半の曲とともに語られたMCは、それらの後半の曲との関連もあって素敵で。

「自分のことを信じてあげてほしいし、自分のことを信じてくれる周囲の人も信じてほしい。」という言葉は、周囲にたくさんの理解者がいらっしゃるように見えるびびちゃんらしい言葉だと思ったし、「やさしくあるために強くありたい」って気持ちがまっすぐ伝わってきて。

「応援していただけるから進んでいける」ことへの感謝の気持ちをまっすぐ出していただけることが、何よりの魅力と改めて感じたこの日のクリスマスコンサートでした。

|

« 『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』 | トップページ | 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66171483

この記事へのトラックバック一覧です: 『綿引さやかクリスマスコンサート』:

« 『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』 | トップページ | 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(8) »