« 『ファンタスマゴリック大忘年会』 | トップページ | 『TENTH』(1) »

2017年もお別れ。

年末大晦日恒例の、一年間振り返り企画です。
最終的なカウントは1月1日に更新します。
※出演者はフルネームの場合は原則として敬称略です。

●アクセス回数統計(2017年は12月30日まで)
   2017年(平成29年) 91,572回(累計1,077,687)
  2016年(平成28年) 86,075回(累計 986,115)
  2015年(平成27年) 93,427回(累計 900,040)
  2014年(平成26年) 149,636回(累計 806,613)
  2013年(平成25年) 171,881回(累計 656,977)
  2012年(平成24年) 97,881回(累計 485,096)
  2011年(平成23年) 71,845回(累計 387,215)
  2010年(平成22年) 115,763回(累計 315,370)
  2009年(平成21年) 39,312回(累計 199,607)
  2008年(平成20年) 40,276回(累計 160,295)
  2007年(平成19年) 21,640回
  2006年(平成18年) 30,996回
  2005年(平成17年) 66,481回
 *2007年以前はPCのみ、2008年以降はPC+携帯

 *今年は去年に比べてちょっとアクセス数を戻しました。
  10年以上いた職場から異動したこともありブログの更新ペースが落ちましたが、変わらずこうしてアクセスしていただけることはありがたいです。

●日別アクセス数上位
(日付の後は更新日直近の記事)
  1位 1,596回/8月27日(日) :『beautiful』(5)
   2位 1,048回/5月12日(金) :『王家の紋章』(5)
   3位  950回/5月9日(火) :『王家の紋章』(5)
   4位  728回/5月11日(木) :『王家の紋章』(5)
   5位  713回/5月10日(水) :『王家の紋章』(5)
   6位  698回/12月10日(日)
      :『屋根の上のヴァイオリン弾き』(7)
              『清水彩花3rd Solo Live』
   7位  693回/5月8日(月) :『王家の紋章』(5)
   8位  684回/12月15日(金)
 :『丹宗立峰&青山郁代ライブ MUSICAL NIGHT』
         『新妻聖子クリスマスディナーショー』
   9位  680回/8月8日(火) :『レプリカ』(4)
             『beautiful』(3)
  10位  642回/6月10日(土)
           :『オリンピックコンサート2017』

  *去年は3,000アクセス越え(『寝取られ宗介』)という驚異のアクセスがありましたが、今年は一昨年並みに。5月の「『王家の紋章』(5)」絡みのアクセス数の多さが目を惹きます。

●キーワード検索
 去年まではキーワード検索を掲載していましたが、今年からはこのパートはなくなりました。
 SSL経由の検索が多くなった(99%)ため、キーワードが取得できないのです。
 blogを書いている立場からすると、検索キーワードの情報は結構大事なパートだったので、こうなってしまったのはとても残念です。

●ページビューランキング(2017年up記事)
 1位 2,458PV 『クリエミュージカルコレクション3』
            (1)(2月)
 2位 1,312PV 『レ・ミゼラブル』(22)(5月)
 3位 1,254PV 『王家の紋章』(5)(5月)
 4位 1,058PV 『王家の紋章』(3)(4月)
 5位 1,018PV 『オリンピックコンサート2017』(6月)
 6位  796PV 『レ・ミゼラブル』(21)(5月)
 7位  619PV 『王家の紋章』(4)(5月)
 8位  614PV 『レ・ミゼラブル』(23)(6月)
 9位  556PV 『beautiful』(5)(8月)
 10位  549PV 『新妻聖子クリスマスディナーショー』
           (12月)

 *全体的には前半(1月~6月)更新の記事が多いですね。

●ページビューランキング(2016年以前up記事)
 ※400アクセス以上
 1位 2,033PV 『新妻聖子コンサートツアー2016
            ~The Prayer~』(2016年10月)
 2位  609PV 『ミス・サイゴン』(32)
            (2016年10月)
 3位  588PV 『黒革の手帖』(2009年5月)
 4位  477PV 『ミス・サイゴン』(12)
            (2012年9月)
 5位  438PV 『ALONE With』(2016年4月)
 6位  435PV 『石丸幹二25周年コンサート
             My Musical Life』(2016年5月)

 *書いて何年も経ったページが一気にアクセスが入るのは興味深いです。
  読み返すと自分自身、書いたことを忘れたことが書いてあったりしますが(苦笑)。

●観劇回数で見た2017年
 舞台(イベントを含む)は、
   84作品144回(去年78作品111回)。

 うち舞台作品
   32作品78回(去年31作品62回)。

  それ以外
    52作品66回(去年47作品49回)

 *回数は完全に史上最高回数で(苦笑)。
  年100回を越えたのは2013年以降5年連続ですが、140回だった2014年を越えて史上最高です。
  そんなに増やした記憶はなく、というかむしろ絞っていたはずなんですけどね…。
  (我ながら説得力ゼロ過ぎる笑)

●キャスト別よく見ました順(女性編)
※( )内は去年の回数
 1位 RiRiKAさん   19回( 9回)
 2位 岡村さやかさん 18回(20回)
 2位 綿引さやかさん 18回( 8回)
 4位 新妻聖子さん  16回(12回)
 5位 青山郁代さん  10回( 9回)
 6位 大塚千弘さん   7回( 6回)
 6位 清水彩花さん   7回( 6回)
 6位 松原凜子さん   7回( 0回)
 9位 小南満佑子さん  6回( 0回)
 9位 唯月ふうかさん  6回( 0回)
 11位 笹本玲奈さん   4回(16回)
 11位 高橋由美子さん  4回(13回)

 *今年の1位はRiRiKAさん。
  1年終わって初めて分かりました(笑)。
  イベント系が多かったのも影響していますが、
  1位のRiRiKAさんと2位の岡村さやかさん、
  綿引さやかさんは舞台作品としては3作品ずつ。
  他の方は舞台作品は2作品以下ですね。

●2017年私的ランキング

 <作品部門>
  1位『キューティーブロンド』
   (3月~4月・シアタークリエほか)
   *神田沙也加さんのエルの魅力が全開で、エネルギー
    のポジティブさがとっても印象的だった作品。
    出演者全員の笑顔が素晴らしかった!

   2位『ポストマン』
    (12月、時事通信ホール)
   *オリジナルミュージカルの佳作。メッセージが
    粗削りな分、ハートがダイレクトに伝わってきて
    惹きつけられました。

   3位『ファインディングネバーランド』
    (9月、シアターオーブ)
   *「ピーターパン」のエピソードゼロ、な物語。
    現実と夢を繋ぐ奇跡が心を温かくしてくれる
    作品。
    シルヴィア役を是非玲奈ちゃんで観たい!

   4位『ビューティフル』
    (7月~8月・帝国劇場)
   *海外ミュージカルを定着させる難しさと、
    アンサンブルさん含めた舞台人の可能性を
    両方感じた作品でした。

   5位『手紙』
    (1月、新国立劇場小劇場)
   *初演では拝見できずに今回の再演で初見。
    「手紙」の存在の重さを深く感じる作品でした。

   6位『グレート・ギャツビー』
    (5月、日生劇場ほか)

   7位『パジャマゲーム』
    (10月、日本青年館ほか)

   8位『紳士のための愛と殺人の手引き』
    (4月、日生劇場ほか)

   9位『ビッグ・フィッシュ』
    (2月、日生劇場)

  10位『She Loves Me』
    (8月、東京芸術劇場シアターウェスト)

  *6位~10位は、今年は不思議なことに日生率が
   高く、作品別ではクリエ、帝劇以上に多いという年
   でした。

 <女性キャラクター部門>

   1位『キューティーブロンド』エル・ウッズ役
     /神田沙也加さん
   *役とのベストマッチで、作品部門との2冠。役柄
    としてのフィットだけでなく
    ざっちょ(座長)としての役回りも果たした責任感
    に拍手。

   2位『屋根の上のヴァイオリン弾き』チャヴァ役
     /唯月ふうかさん
   *3女の完成度が屋根の完成度を左右する自説から、
    彼女の成長に大拍手。
    玲奈ちゃん以来の伸び盛りチャヴァを見られたこと
    が嬉しかったです。

   3位『She Loves Me』イローナ役
     /岡村さやかさん
   *年齢にぴったり合う役に巡り合うのは難しいもの。
    『しゃばけ弐』のお雛役と迷いましたが、
    今年はこちらに。

   4位『パジャマゲーム』グラディス役
     /大塚千弘さん
   *『ダンスオブヴァンパイア』以来のエロカワ役に
    乾杯(笑)
    健康的な色気に纏う、ちーちゃんしか出せない
    空気が流石です。

   5位『beautiful』マリリン・ウォルド役
     /綿引さやかさん
   *同作品アンサンブルで唯一芝居面を担当の、
    わけありな役(爆)
    キャロルと交わす視線での、やり場のない一瞬に
    痺れました。

   6位『グレート・ギャツビー』デイジー役
     /夢咲ねねさん

   7位『Before After』エイミー役
     /稲田みづ紀さん

   8位『ポストマン』美月役・ソフィア役(2役)
     /小南満佑子さん

   9位『デルフィニア戦記』/リイ役
     /佃井皆美さん

  10位『Fate/Grand Order THE STAGE
     -神聖円卓領域キャメロット-』
     ダ・ヴィンチ役
     /RiRiKAさん

  *6位~10位は2.5次元2役(9位・10位)、
   オリジナルミュージカル2役(7・8位)と
   分かれました。


 <男性キャラクター部門>
   1位『グレート・ギャツビー』ギャツビー役
    /井上芳雄さん

   2位『キューティーブロンド』
    /佐藤隆紀さん

   3位『Play A Life』非常勤講師役
    /染谷洸太さん

   4位『She Loves Me』コダリー役
    /小南竜平さん

   5位『beautiful』ドニー・カーシュナー役
    /武田真治さん

  *どの役も相手役の女優さんと素敵な空気を
   作られた役。
   頼りがいがあるタイプから、嫉妬する役まで(笑)、
   今年も多士済々でした。

 <ライブ・コンサート部門>
   1位『新妻聖子コンサートツアー2017
     ~alive and arrive~』
   新妻聖子さん(9月~、オーチャードホールほか)

   2位『丹宗立峰&青山郁代ライブ MUSICAL NIGHT』
   丹宗立峰さん・青山郁代さん(12月、銀座ボンボン)

   3位『岡村さやかライブ「サラダこよみ」』
     岡村さやかさん(12月、四谷Sound Creek Doppo)

   4位『綿引さやかクリスマスコンサート』
     綿引さやかさん(12月、品川TRIBECCA)

   5位『平川めぐみライブ Thanks To...2017』
    平川めぐみさん
    (12月、四谷天窓comfort.高田馬場)

   6位『新妻聖子クリスマスディナーショー』
     新妻聖子さん(12月、ホテル椿山荘東京ほか)

   7位『ファンタスマゴリック大忘年会』
     RiRiKAさん(12月、北参道ストロボカフェ)

   8位『Friend Of Disney Concert 2017』
     笹本玲奈さん、綿引さやかさん
     (4月、東京国際フォーラム)

   9位『VOCI RICCHE~生きてる~』
     池谷祐子さん、本井亜弥さん
     (12月、神楽坂GLEE)

  10位『One On Oneライブ『Love Life Live 5』 』
     岡村さやかさん、千田阿紗子さん
     (6月、恵比寿天窓.switch)

  *ライブは今年は12月に集中し、1ケ月13回という、
   今後も破られないであろう記録を樹立(笑)
   しました。
   そのため、この部門も7割が12月に集中して
   います。

   多くのライブを拝見しましたが、ライブの満足度に
   大事なのは
   「コンセプト」であり「想い」なのかと思います。
   「伝えたいこと」に沿ってどう構成されるかに
   よって、メッセージは伝わるのかなと思います。

 <ライブ・コンサート楽曲部門>
   1位『You've got a friend/beautiful』
    綿引さやかさん
    (9月、綿引さやかコンサート「綿と木」ほか)

   2位『So Much Better/キューティーブロンド』
    岡村さやかさん(10月、Alone With 3)

   3位『魂のルフラン
    /高橋洋子(新世紀エヴァンゲリオン)』
    清水彩花さん(12月、清水彩花3rd Solo Live)

   4位『犠牲者たち/レ・ミゼラブル』
    三森千愛さん・綿引さやかさん
    (10月、みっつの森のコンサート)

   5位『瑠璃色の地球/松田聖子』
    新妻聖子さん
    (11月、新妻聖子コンサート<福岡公演のみ>)

   6位『Glitter and be gay/キャンディード』
    松原凜子さん(12月、松原凜子Live)

   7位『it's show time/レジェンヌ』
    RiRiKAさん
    (8月、RiRiKA Solo Live Summer Sparkle)

   8位『something more/ルドルフ・ザ・ラスト・キス』
    青山郁代さん・丹宗立峰さん
    (12月、
     丹宗立峰&青山郁代ライブ MUSICAL NIGHT)

   9位『愛燦燦』
    綿引さやかさん(9月、HIBARI)

  10位『Anothey day of sun/ララランド(ジャズver)』
    新妻聖子さん(12月、クリスマスディナーショー)

  *全体的に意外性と「歌う意味」を中心に選曲。
   「また聞きたい」という点も加味しました。

 2017年も1年間お世話になりました。

 最初にも書きましたが、個人的に職場が変わって立場が変わったこともあり、身体的には大変なことが多い一年でした。エンタメ系は気持ち的に洗われることが多いわけですが、時間的な調整という面との兼ね合いで、色々と苦労が多い年になりました。(あまり書くべきではないと思っているので、なるべく書かないようにしていますが)

 来年は今年の変化も踏まえて、もう少し余裕を持って過ごしていけるように調整しながら、「過ぎたるは及ばざるがごとし」から少し遠ざかれるように(笑)過ごしたいと思います。

 一年間お世話になりました。
 現場で声を掛けていただいたり、お会いしたりして元気をいただいております。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 『ファンタスマゴリック大忘年会』 | トップページ | 『TENTH』(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66222016

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年もお別れ。:

« 『ファンタスマゴリック大忘年会』 | トップページ | 『TENTH』(1) »