« 『ダディ・ロング・レッグス』(8) | トップページ | 『Play A Life』(3) »

『メリーポピンズ』(1)

2017.11.21(Tue.) 13:30~14:30
都内某所

製作発表に久しぶりに行って参りました。

午後休をいただいたものの、直前に障害が発覚して大慌てで引継をして車を拾う。
うーん、先日のソンダンの時も2回とも(平日ソワレの時と平日マチネの時も)車拾ったなぁ…。

バタバタしつつも態勢を整え、開始5分前に会場着。
普段近くは通るものの入ることは縁がない、某所に緊張するまでもなく、報道陣のほかに募集された、オーディエンス200人の一員として、製作発表を見守ります。とても楽しい製作発表で、立ち会えた幸運に感謝です。

まずは曲披露を一気に4曲。

・チム・チム・チェリー(濱田/平原/柿澤/大貫)
・プラクティカリー・パーフェクト(濱田/平原)
・フィード・ザ・バース(島田/鈴木)
・ジョリー・ホリデー(プリンシパル全員)

どの曲もテンポ良くて聞いていると無条件で楽しくなってくる曲ばかり。

曲披露の余韻のまま、キャスト紹介から一言挨拶から質疑応答に突入しますが、面白かった話をいくつか。

濱田さん「(ディズニーミュージカルの魅力を聞かれて)知っている絵が目の前にはっきりと現れる、その『具現化』に引き込まれる、その中に自分がいられることが幸せです」

濱田さん「(映画とミュージカルの違いは、と問われて)映画は自分の時間で見方を選べる。舞台は劇場に行って自分の身をゆだねる。人生の時間を共有して、わくわく感を感じられるのが舞台、ミュージカルの魅力だと思います」

平原さん「演じる彼女は『完璧』ともいえる女性で、地球の人じゃないみたい。私も以前占いで、「地球に慣れていない」と言われて、前世は『宇宙人』と言われたことがあるので、『宇宙人のころを思い出して』頑張りたい」(共演者笑)

平原さん「(歌とミュージカルの違い、と問われて)まだ3作目ですが、とにかく相手との距離が近い!」柿澤さん「近いですか?」平原さん「近いよっ!」…仲良し(笑)

ちなみに平原さん、前作が『beautiful』でしたが、
「(前作の)キャロルキングをテーマにしたミュージカル『beautiful』ではいっぱいフラれました」という紹介も味わい深いです(爆)

柿澤さん「ようやく愛される役が来て幸せです。今年は何度も人を亡き者にする役で(苦笑)、そういう役もいいですけど、たまには愛されたいので嬉しいです(笑)。今回は誰も死にません!バート、誰も殺しません!(会場内笑)」

歌穂さん「サーマッキントッシュと出会ったレミから30年。氏の作品で、当時レミ初演キャスト同士で出会ったほのかちゃんと一緒に、日本初演キャストで同じ役ができることが嬉しい」

山路さん「(駒田さんと違って、)父というより孫という感じなので、オーディションの時にスタッフさんから『もっと若々しく』って言われちゃったよ(苦笑)」とボヤくのが面白すぎる(笑)

花代さん「(映画と比較してミュージカルならではの楽しみ方を聞かれて)ずっとミュージカルと過ごしてきて改めて聞かれると(ミュージカルの魅力を)表現しにくいのですが、特にこの『メリーポピンズ』では家族と過ごす生の時間を楽しんでほしい」

千愛ちゃん「(映画と比較してミュージカルならではの楽しみ方を聞かれて)毎公演毎公演、客席から違った空気を感じ取れるのが楽しい。Wキャストでの化学反応の違いも楽しんでほしい」

堀社長「今回もお父さんに見てほしい。見たらすぐ家に帰りたくなる、家族に会いたくなる作品です(^^)」

・・・

そんな感じで、ずっとほっこりした空気で進行。

「本番に向けて頑張っていることは?」の問いに、柿澤さんが「ダンスは劇団時代に当時の演出家さんに『才能ない』って言われてずっと嫌いだったんですが…」と言ってたら、横から平原さんが「うまかったよ?」と呟いたら、即座に柿澤さん「ダンス大好きになりましたっ!!!」と答えていたのが面白すぎました(笑)。

今回の製作発表、基本的に壇上にいるのはプリンシパルキャストだけですが、ラストの曲の前にアンサンブルさんを1人ずつ、名前を呼びながら呼び込むのが凄く良かった。

堀社長が仰っていましたが、この作品は「構想10年、オーディション3年」だったそうで、アンサンブルさん1人1人に至るまで、「大切な仲間」「大切な家族」であることを表現しているかのようで、それが何より温かく心に残りました。

ラストはアンサンブルさんも加わって全員での「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」だったわけですが、そこまで順調に進行した司会者さん、案の定この曲の曲紹介で噛みまして(笑)、
カンパニー一同から即ツッコミをもらうという、予想通りの展開が笑えました。

曲も楽しいし、カンパニーもとても楽しそう。
ちょっと出遅れていましたが、来年春に向けとっても楽しみになりました。

動画記事はエントレさん→こちら 

|

« 『ダディ・ロング・レッグス』(8) | トップページ | 『Play A Life』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/66071201

この記事へのトラックバック一覧です: 『メリーポピンズ』(1):

« 『ダディ・ロング・レッグス』(8) | トップページ | 『Play A Life』(3) »