« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

『beautiful』(2)

2017.7.29(Sat.) 12:30~15:10
帝国劇場 2階I列40番台(上手側)

開幕して最初の週末、この回のキャロルは平原さん。
この作品の観劇スケジュールを決めた後確認したら、前半のキャロルが水樹さんに寄っていて、慌てて前半に平原さんのキャロルを見たくて押さえた回。

平原さんのキャロル、期待通り素晴らしかったです。

水樹キャロルが「パッションのキャロル」と喩えるなら、
平原キャロルは「ソウルのキャロル」

別の言葉で言うなら
水樹キャロルは「きらめきのキャロル」
平原キャロルは「ひらめきのキャロル」

どちらも魅力的ですが、輝き方が違って、それによって作品の色も多少変わって見えて。

水樹キャロルは外側から輝くというか、存在で輝いている感じ。キャロルという輝いた存在が、音楽と物語と人生を彩る感じ。
平原キャロルは内側から輝くというか、内面で輝いている感じ。キャロルという存在が、魂が発する発信力で音楽と物語と人生を彩る感じ。
物語の流れの説得力ということでは、平原キャロルが自分は好きでしたし、納得する面が多かったです。

平原さんは今作がミュージカル2作目で、前作『Love Never Dies』ではクリスティーヌ役として濱田めぐみさんとWキャストが初舞台。ただ正直、クリスティーヌ役としてはしっくりこない部分が強かったように思うのですが(はまめぐさんもクリスティーヌな方ではないと思いますが…)、平原さんは製作発表で歌声を聞いたその時から、キャロル・キングにぴったりだと思っていたので期待通り。

特に2幕、自我に目覚めてから、より輝くようになった感じが平原さんの真骨頂。
たぶん、これはキャロルお2人の歌のホームグランドの違いもあるのだと思うのですが、ホールよりドームが合う水樹さんと、ホールよりライブハウスが似合う平原さん。
この作品のエンディングになるカーネギーホールを、帝劇上でどう見せるかが、2人のキャロルでそれぞれ違って見えて。

水樹さんの場合は、いつも歌っている舞台よりもホールがちょっと小さく見えてしまって、その中で歌を収める感じにまだ慣れていない感じがしたのに対して、平原さんは「いつもライブハウス向きで歌っていた方が、ホールで歌える喜びに満ちて」といった方向性で来ていたように見えて、物語的にすっきりとエンディングに昇華して行けたのが見ててとても心地よかったです。

今作品、1幕2幕ともに終わり方がとても印象的で、どちらも大好きです(どうなるか自体がネタバレなので言及しません)。

アンサンブルさんの皆さんの大活躍も、曲を知った2度目ともなるとより楽しみが増します。
「この作品では全員が主役」と言われても全然違和感を感じない、スーパーアンサンブルな面々で、この後も拝見するのが楽しみです。

そういえば、びびちゃんの1幕の出番が少ないなぁと思っていたところ、結局数えても3回。
1曲目で後から登場する場面(動画で出てたシーン)、その後はジェリーとキャロルが出会う直前のジェリーとのシーン、1幕ほぼ最後、シュレルズのメイクさんの3シーン。

で、このジェリーとのシーン、2幕3曲目のシーンとリンクしているんですね。物語性を背負っちゃうから、あまり他の場面で出せないということでもあるのと、びびちゃんだけ女性アンサンブルさんで声質が違うからのように思います。他みなさんパワフル系というか、エネルギッシュ系というか。

・・・・

水樹さんの回ほどではないですが、今作品は、帝劇の客層がずいぶん違うように思います。

今作品と類似のジュークボックスミュージカル『ジャージーボーイズ』を演出されていた藤田俊太郎さんが、ミュージカル女優・宮澤エマさんのラジオに出られていた時に印象的なことを仰っていました。

「演出するにあたって海外版は一切見ないようにしていたけれど、(オーブの海外キャスト来日版)の出口のところにいて、どういうお客様が出てきてどんな感じなのか見に行った。そうしたら、(フォーシーズンズの活躍してた時期にファンだったと思われる)ある程度の年齢の夫婦の方が嬉しそうに出てこられていて。そういう客層の方が来られる作品なんだなと思って演出を考えた」

それに通じる部分は今回の『Beautiful』にも確実にあって、実際拝見しているとその世代の方はいつもより多いように感じるし、逆に言うとそういう層へのアピールがもっとあっても良かったのではないかと。

いつもミュージカルを見ている層は比較的出足が鈍いように思いますし、水樹さん・平原さんの普段のファン層を多く取り込めているかというと、普段の動員力からすればまだまだなはずですし。

作品的にも、いつもの帝劇ミュージカルとは違う、芝居色が強く、ショー色も強いという挑戦的な面からして「何かを変えたい」感じが伝わってきます。が、ムーブメントにするにはまだ何かが足りないような気がしてなりません。

この日の終演後、リピーターチケットを求めて帝劇窓口に並んでみましたが、人数的には20人ぐらい。珍しく窓口の列が上手く捌けずに、劇場内のクロークの端末で発券してもらうという珍しい(たぶん初めて)の経験をしました。当たり前ですが発券できるんですね。

*ちなみにリピーターチケットでプリンシパルキャストの舞台写真がいただけますが、私はソニンちゃんの写真をいただきました(爆)。だってカッコいいんですもん。

ラストの盛り上がり方といい、だんだんこの物語の楽しみ方が分かってきました(笑)。
次回は6日(日)ソワレ(水樹キャロル)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Beautiful』(1)

2017.7.26(Wed.) 18:30~21:10
帝国劇場 2階L列20番台(センターブロック)

キャロル・キングの半生を描き、その時代の曲を取り混ぜて贈るジュークボックスミュージカル、本日が日本初演初日。Wキャストのキャロル、今日は水樹さん。それもあってか帝劇の男性率が驚異の高さ。

自分自身2003年『レ・ミゼラブル』で帝劇観劇を始めて以来、足掛け15年、作品数も観劇回数も両手を何回使えばいいのかわからないぐらい(笑)見ていますが、私の経験の限り、確実にトップ。『ラマンチャの男』は見てないので、さすがにそこまでは行かないと思いますが、幕間で地下1階の男性お手洗いが階段方向に曲がったのを初めて見てびっくりしました。(先日のレミの生田さんのときでもここまでは…)

全体を通して、プリンシパルは主に芝居パートを担います。キャロルの水樹さん、夫の伊礼さんというカップルと、同世代のライバルであるシンシアのソニンさん、夫の中川さんのそれぞれの関係を中心に、音楽プロデューサーの武田真治さんという5人。そして、キャロルの母親として剣さんを合わせて6人がプリンシパルキャストで、芝居パートを担います。

ネタバレを含みますので、気にされる方は回れ右で!





6人の中で歌が多いのは伊礼さん。2作連続帝劇出演20分の伊礼社長は、今回はほぼ出ずっぱり。水樹さん演じるキャロルが最初は作曲家に専念していたために、キャロルの歌うシーンは2幕後半に集中しており、いきおいキャロルの作曲した曲を歌うのはパートナーである伊礼氏演じるジェリーということになります。

そういえば、初日からネタバレしてしまいますが、伊礼氏演じるジェリーはとある事情で体調を崩して入院しますが、白いベッドの上で横たわる伊礼氏、そのベッドに座り心配そうに彼を見つめるキャロル…

3カ月の時を越えて、立場逆転したなぁと(爆)

※注記:帝劇4-5月公演『王家の紋章』のヒロイン役もキャロルという役名で、兄役の伊礼氏はとある事情で入院した妹キャロルが白いベッドに横たわる姿を、心配そうに眺めていたのでした…

キャロルの水樹さん、パワーに溢れたキャロル。
1幕は歌で表現するシーンが少ないこともあり、どことなくスマートに流す感じを受けました。キャロルが生きていくにつれての、自らの心への鎖の部分が歌に反映すると、もっと良くなるように思います。

キャロルとジェリーが早くに結婚して、パートナーという立場を公私ともに築き初期に成功をおさめたのに対して、シンシアとバリーの関係は、主にシンシアの意向によって「公」の場面にのみ適用されて。

シンシアのツンデレぶりがソニンちゃん最強(笑)ですが、やっぱり芝居歌に長けた彼女が登場された時の安心感がハンパないです。自立した彼女が、パートナーと高め合い、でも「私」の場面では中々接近できないあっきーとのコンビネーションが抜群にいいです。

あっきーはことごとく笑いパートを担当し…ているなんて今までは想像もつかなかったですが、ボソッと放つ笑いは、自虐から自爆までを幅広くカバーし、そのいずれもが名テンポハイレベル(笑)。

2人の2組の関係を見ていると、「近すぎず遠すぎず」がどれだけ難しくて、どれだけ大切かを感じさせられます。

真治氏のプロデューサー役もなかなかいいポジション。この作品と類似する作品といえば去年クリエで上演された『ジャージーボーイズ』で、音楽をバックにしているだけに似ている面を随所に感じますが、先ほども申しましたがこの作品ではプリンシパルが芝居パートを担っているだけに、芝居色が色濃く出ています。

逆に言いますと、アンサンブルさん大活躍なこの作品。歌パートはアンサンブルさんが大活躍で、1人1曲以上メインパートがある構成。何しろプリンシパル中歌が最も短い武田真治氏(ほぼ1言)よりアンサンブルさんがみんな長い(笑)。

アンサンブルさんの歌パートは1幕から2幕前半まで。1幕では男性陣のザ・ドリフターズ、女性陣のシュレルズが印象的。
2幕板付きなびびちゃん、2幕1曲目の「Chains」はキャロルをセンターに、下手側にびびちゃん(綿引さやかさん)、上手側にラリソン彩華さんの3人アカペラが素敵です。
びびちゃんは2幕3曲目にも登場しますが、パンフレットの曲紹介を見るとほぼネタバレなのでご注意(笑)。
1幕に出番が少なかったのはこれでかと(笑)。

芝居と歌の相乗効果が、実のところ1度見ただけでは体感できなかった部分もあったので、次回、平原さんがキャロルでどう見えるか(土曜マチネ)が楽しみ。この日も2幕後半で感情が昇華していく感じが初見でも感じられたので、ストーリーが見えてからどう感じるようになるのか、これからが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Before After』(10)

2017.7.16(Sun.) 13:00~14:50 月組 下手側
2017.7.16(Sun.) 16:00~17:50 星組 上手側
スターパインズカフェ(吉祥寺)

2月(中目黒)以来の再演。今回は月組・星組の2組体制で各2回。

月組は吉田朋弘さんがベン、稲田みづ紀さんがエイミー。
星組は大塚庸介さんがベン、北川理恵さんがエイミー。

両組を1日で観ようとすると前日のマチソワかこの日のマチソワしかなく、前日はレミの小南コゼ・ふうかエポの楽にあたったので、この日を吉祥寺マチソワにしました。
本当はひめゆり(北千住)もFGO(六本木)も絡めたかったのですが、これが身の限界でした。

思い返せば初観劇は2015年8月(内藤大希さん・岡村さやかさん)、それから1ペアを除き全部のペアを見てきて、自分にとっては吉田さんが11人目のベン、大塚さんが12人目のベン。みづ紀さんが10人目のエイミー、理恵さんが11人目のエイミー。

わずか2年で10人以上のキャストで見ているというのも凄い話で、それでいてこの作品のこの2つの役ほど演じる方によって受ける印象が違う役もそうそうなくて。

丘の上で出会う2人の第一声で、このベンとこのエイミーがどこに行こうとしているのか、それが窺えるのがとても楽しみです。

昼の部、月組のベン・吉田さんはチャラすぎないことに好印象。ベンはエイミーを振り回す存在ですし、少年のような心を持っている存在なので、やんちゃであることも一つの演じ方なのだとは思うのですが、実年齢もあってか、遊び心がある余裕を感じさせて、いい具合にアバウトで、いい具合に頼りがいもある感じが良かったです。

月組相手役のエイミー・みづ紀さんはクールな外見とは裏腹に、ハートの暖かさが印象的。完璧すぎる故に自分で自分を縛ってしまう、そんな彼女がベンの自由さに触れて、自分の欠けた部分を探していく様が自然。全編にたゆたうベンへの暖かい視線、それ故に自分の苦しみを分かってくれなかった時の爆発の様が強く印象に残ります。

2人のペアで良かったのが、本編の歌詞にも出てくるのですが「一つだけ約束しよう、同じ歩幅で歩こう」を、全編に亘って貫いていたこと。ベンはエイミーに自分のないものを求め、エイミーもベンに自分のないものを求めて、お互いがお互いを必要とするからこそ「同じ歩幅で歩く」ことを自然にできている。

いつしか二人の歩幅がずれて、お互いを思い合うことができなくなって別離は起きてしまったけれど、自分の足りなさが相手を傷つけてしまったことをお互いに自ら理解できたからこそ、再び2人で歩き出すことが自然にできたのだなと思う、とても素敵なカップルでした。

夜の部、星組のベンは大塚さんは今までで1・2を争う自由人。エイミーが丘を登ってくるのを待ちくたびれてベンチを独占するベンになってみたり(笑)、随所に独自演出をツッコんできます。過去のキャストでは西川氏が近いかな。

星組相手役のエイミー・理恵ちゃんは喜怒哀楽で言えば明らかに「怒」のエイミー。ここまで「怒」を表に出していたエイミーっていないんじゃないかな。自由奔放に振る舞う感じはRiRiKAさんにそっくりだけど(笑)。前半からずっと怒りモードで、正直、理恵ちゃんの笑顔が見られないのは見てて苦しい。そこまであらゆることに余裕なさげに振る舞う必要ってあるのかなと。怒りモードの爆発力は凄くて、客席から笑いが起こるほどでしたが、全体的にはトゥーマッチだったかなと。(メンチやらドスやら入りすぎ…笑)

好みの問題かもしれないのですが、エイミーには包容力が欲しいし、ベンに対しても余裕をもって接しようとする、けれどもベンの自由さに崩されて、ふにゃふにゃになる、そしてらしくない自分に戸惑う…ってあたりがエイミーの魅力だと思うので、ちょっと自分のイメージとは違いました。

とはいえ、ラストシーンで感じたことですが、理恵ちゃんのエイミーは今までのエイミーと違って、「精神的に幼いエイミー」だったようにも感じました。ベンのことを慮ってあげられないほどに未熟で、だからこそ最後まで自分の元にベンが戻ってくることを信じられなくて。ベンが帰ってきたと知った時の、全身を震わせて涙をはらりと流し、半信半疑で振り返ってベンを見つけて、泣き笑いで喜ぶさまが強く印象に残りました。

今回の2組を見てこの作品について改めて思ったこと。

「自由」に生きるベンは「不自由」を知らなくて。
「不自由」に生きるエイミーは「自由」を知らなくて。

でもベンはエイミーという”大事な人を支える”ことを決意することで、自分の中に「不自由」という、自分の自由にならない部分を抱えこんで。「責任」という言い換えもできる「不自由」がベンをより大きくした。

エイミーは父という枷から飛び立とうとするも、自由はありすぎれば扱いに困るし、そもそもどう自由になればいいかもわからない。そんなエイミーにベンが与えてくれた「絵」は、自分が守るべきものをはっきりさせてくれた。エイミーはベンに「どう生きていけばいいか」を教えてもらったからこそ、「あなたじゃなきゃダメ」だとはっきり言えたのだと思う。

歴代のエイミーのうち、みづ紀さんでコゼット経験者が3人目(彩花ちゃん、若井さん、みづ紀さん)。
「パパに愛されてきて、でもいつまでもパパの束縛の中に生きなきゃいけないのか、籠の中から出て自分は自立していけるのか」を自問しているあたりは、コゼットとエイミーは通じるところがあるのかなと。

エポニーヌ経験者は歴代エイミーでびびちゃんただ一人。ちょっと意外な感じもしますが、恋愛エネルギッシュ(爆)経験者枠からも出てくると面白いのかなと。

音楽が流れるとあの丘に戻れる機会はとても貴重で、ただ今回は日程の制約上、作品ファンの比率が少なかったように感じました。レミ帝劇楽の週末なのは端っから分かっているわけですし、「ひめゆり」に至っては同社内競合ですから、少しく配慮が欲しかったところです。

会場のスターパインズカフェは音も良く、ホスピタリティも良いと思うのですが、いかんせん椅子が長時間観劇には向かないのは辛いところです。
まぁ、勝手にマチソワしてるこちらの”自業自得”です、というベンの台詞を使って締めます(笑)。

次回の上演は来年2018年2月15日(木)~18日(日)、中目黒キンケロシアターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新妻聖子CDリリース記念イベント』

2017.7.11(Tue.) 18:30~19:20
サンシャインシティ噴水広場 2列目下手側

7月12日にリリースされる両A面シングル「アライブ/天地(あまつち)の声」のリリース記念イベントということで、自身初のサンシャインシティ噴水広場イベント参加です。
聖子さんが”アイドルイベントの聖地”のここでイベントされるのも初。MCで「まさかここでイベントさせていただけるなんて」「20年前に池袋でバイトしていた自分に教えてあげたい(笑)」あたりのご当地色も流石です。

”優先入場エリア”という地下1階には椅子が約80脚並べられ、11時からCD販売開始。
事前告知では11時からしか並べないような表現でしたが、以前と違って11時前に並ぶことは可能で、その時点で40人ほど。予想より多いです。
整理番号はランダムで、のんびり20分前に着いた割には20番台中盤で、無事2列目の下手側という希望スペースをゲットしました(18時から入場開始)。

フォロワーさんと待ち合わせして丸亀製麺サンシャインシティアルタ店で早い夕食。
ちなみに噴水広場はアルパ(サンシャイン60の商業施設)、丸亀があるのはアルタ(三越系列の商業施設で、新宿アルタと同系列)で、隣り合っています。

17時15分過ぎから報道陣の囲み取材が始まり、衣装はCDの衣装通りであることを確認。声は全く分からないわけですがなかなか盛り上がっています。スポーツ各紙に既に記事が上がっていますが、最近はWEBに載っても本紙に載らないことが多いので、あってもべタ記事かな。

「新妻聖子ですー、歌いますー」と言って出でこられ、流れるBGMはあの戦闘モードの曲(笑)。
というわけでセットリストです。

1.ラマンチャの男
2.天地(あまつち)の声
3.アライブ
4.I Always Love You

本来は前週の川崎もこれと同じセットリストだったそうなんですが、川崎の場合はプチトラブルがあって(M2の完全音源が届かず)、M2がひたすら繰り下がっていたそうなので、ある意味初お目見えのセトリ。

M1はあまりにこの曲で登場することが当たり前になりすぎて、MCの名手の聖子さんが曲紹介をすっ飛ばす(笑)、M1常連の「ラマンチャの男」

ガツンとぶちかました後はちょっとMC。

「前方にいらっしゃる皆さまはCDを『フラゲ』された皆さまですね。そんな流行り言葉使って若者にすり寄りたいお年頃なんです(笑)」てのが笑いました。

その後はNHK「みんなのうた」の7~8月放送曲のM2。「子供さんが口ずさんでてくれて嬉しい」と仰っていました。

そしてこの日の珠玉がM3のMC。
もう正直...凄かったです。

「この『アライブ』は「生きている」ことと「到達点」の両方の意味があります。私も認めたくないんですが、四捨五入するとアラフォーになりまして、これまでの人生を振り返ってみると、20代、30代と色々な経験をしてきて、気が付くと責任ある立場になっていたり、自分の居場所もできているんですね。
でもそれは、今までの経験、沢山の方々との出会いがあってこそできたことで、すべてが宝物で、自分の生きてきた証だと思っています。
そういったことを思いながらならこれからも生きていけると思っています。
皆さまも、それぞれの『生きてきた証』を思いながら、この『アライブ』を聞いていただけると嬉しいです」

そんな流れからの『アライブ』は、正に今の聖子さんだからこその思いに溢れて、技術に感情が乗っかった「歌」そのもので、胸に迫るものがありました。

このMC前に「噴水って出ないんですかね?」とちょっと残念そうだった聖子さんですが、この『アライブ』の途中で噴水が噴き出し、聖子さんの楽しそうなこと!(笑)。

曲終わってからのMCが「噴水出たね!」「涼しいっ!」「なんかいい香りするよね」「マイナスイオン!」とかもうどこまで饒舌になりますか状態(笑)

ただ、この曲はさすがにサンシャインシティ噴水広場噴水コンロール担当もタイミングを測りにくかったらしいのですが、M4に関しては、もうわかりますよね。

【And I(エンダーーーーーー)】の処で3階まで噴き出す噴水の波しぶき。聖子さんのどこまでも突き抜ける歌声と、噴水の視覚効果がシンクロして素晴らしかったです。…が、あまりに入り込みすぎた聖子さん、そこで噴水が出たことすら気づいていませんでした(爆)。

本編(30分)終了後のサイン会は噴水広場中央の机のところに1人ずつ上がっていく形式。
噴水とのコラボと、(この会場に合った)選曲が良かったって話せて良かったな。

新人アイドルのイベント登竜門と言われて長いこのサンシャインシティ噴水広場で、まさか聖子さんが登場されるとは思っていませんでしたが、言われてみると適度な知名度で、新規の方に足を止めてもらうにはまたとない機会だったのかなと。時間が過ぎるたびに2階に人が増え、3階に人が増えていく状態は嬉しくて、それらの方がどこまでCD購入までに来てくれたかまでは分からなかったけれど、そういう小さな積み上げがまだまだ必要な時期なんだろうなと、改めて感じさせられました。

相変わらずの話術の澱みのなさと、歌声の圧倒感。その中でも、特に「アライブ」にある「ただ歌が上手いと披露するわけでない曲」の存在が、聖子さんのこれからをまたいい方向に変えていってくれるように思えて、とても心強く思えたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »