« 『レ・ミゼラブル』(23) | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(3) »

『Second of Life』(4)

2017.6.18(Fri.) 19:30~21:10
花まる学習会王子小劇場 B列1桁番台(下手側)

TipTapトライアウト公演『Second of Life』月組初日、行ってきました。
この作品の初演は2013年12月、上野ストアハウスでした。

自分にとって初めてTipTap作品を拝見したのがこの作品。
岡村さやかさん、青山郁代さん、染谷洸太さんといった錚々たる面々の皆さまに圧倒され、それに何より作品の厚さに圧倒されたことを今でも覚えています。

思い入れのある作品だけに、正直不安も大きくて。

初演演出のTiptap主宰・上田一豪さんが、今回は西川大貴さんに変わられて作品のカラーも変わるであろうこともあって、二の足を踏んでいたらチケットがあれよあれよと売れてしまって。
日程の都合上、見られないかと思っていたら、前日、公式にチケットが1枚だけ戻り、無事観劇することができたのでした(当日券は抽選なので、抽選だと更に二の足を踏む派なのです)。

再演派の方にはかなり厳しい感想なので、お気になさる方は回れ右でお願いします。




全体的な印象としては、はっきりと”別の作品”とかなり早い段階で感じました。

初演は重く内面に切り込む空気感が強かったんですね。
アップテンポでもどこか鎖がぶら下がっているような重苦しさが、とても好きでした。
再演はポップで今風、分かりやすさを旨としている感じ。
特に初演に思い入れのある方には好みがかなり分かれそうな感じです。
行間を読む楽しみというか、演劇的な醍醐味は初演が圧倒します。

再演は客層も違うせいか、分かりやすくし過ぎようとして、もやもやしてしまうところも何カ所か。
山田葬祭の時の歌手役のコスチュームは正直やり過ぎだと思うし、あそこまでさせる必然性を全く感じないし、本音を言ってしまえば、作品に対して失礼とさえ思うし。(夢に対する現実を表現する必要があるとしても、別の表現があるはず。)

医師が男性に対して告げるネタバレ満開の台詞は、そこまで言葉にしないと伝わらないと思っているのか、伝えられないと思っているのか、少し残念に思いました。

それに加えて、西川氏ということもあり無理に独自性を出そうとしている箇所も見受けられて、まだ初日ということもありしっくりこない箇所もちらほら。

その上、初演とラストが違うので、違和感は感じます。
「another story」として捉えれば、この方向性もありなのかなと思えたりしたのは、自分が大人になったせいなのか、それとも割り切っただけなのか。

あの痺れるような初演のラストをもう見られないのは悲しいですが、逆に言うと「初演と全く違う再演」を見られたことで、「初演が好きな自分」を再認識できたのは再演を見た意味だったのかなと。

初演『Second of Life』は、夢と恋人との狭間で、覚悟や犠牲なしで得られるものなどない、すべてを望むことは全てを失うことなのだ、という現実を痛く深く抉る作品として、観客にまで重く投げかけた作品だったと思うのです。だからこそ、上演される意味も、観る意味もそこに感じたんですね。

その重さゆえに「Life3部作」では唯一、初演コンセプトのまま再演されなかったこの『Second of Life』。初演とはがらりと変わった方向性を認めつつも、今回の結末なのであれば、この作品でしか表現できなかったテーマが何なのか、それが見えてこなかったことに寂しさを感じました。

再演だけ捉えてみれば形にはなっていて、広げるだけ広げて回収しない、にならなかったことは幸いでしたが(正直途中まで心配していたので何とか収まってほっとしました)、この作品を上演する意味、この作品でこそ表現できるテーマ、という掘り下げが欲しい気がしました。

キャストで出色だったのは、星組・月組両方に唯一登場する大鹿礼生くん。若干21歳ながらこの作品を動かす大黒柱。空気の動かし方を身体で知ってる感じでこれからに期待大です。

歌手役の仲里美優さんの存在感が印象的。初演の歌手役の皆さまの大きさゆえに心配でしたが好演。激しい部分も見てみたかったな。

そう、再演で一番感じたのは「落ち着きすぎてる」ってことだったんですよね。
初演ほど尖るまでしなくても、激しさに遠慮があるような気がして。
男と女の感情のぶつかり合いも、女と女の感情のぶつかり合いも、通りいっぺんのぶつかり合いに思えて、変にまとまりすぎているように思えて。

すっきりと物語をまとめる観点だけじゃなくて、作品のメッセージとして訴えかける面も欲しく思えるような、そんな再演版観劇の感想でした。

|

« 『レ・ミゼラブル』(23) | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/65420375

この記事へのトラックバック一覧です: 『Second of Life』(4):

« 『レ・ミゼラブル』(23) | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(3) »