« 『Second of Life』(4) | トップページ | 『新妻聖子CDリリース記念イベント』 »

『カラオケバトルコンサート』(3)

2017.6.24(Sat.) 14:00~16:20
2017.6.24(Sat.) 18:00~20:30
東京ドームシティホール
昼の部 バルコニー席2列20番台(下手側)
夜の部 アリーナ席2列20番台(中央)

東京はわずか4ヶ月ぶりの開催。
2016年5月の神奈川(相模女子大学ホール)から1年、ついに東京23区内に登場(進行の繁田アナ曰く)ということで、昼・夜と見てきました。

場所のイメージが付かなかったのですが、後楽園というより実質水道橋なのですね。
席の場所にもよるのでしょうが、少なくとも自分の座った席は2回とも音響的にも良くて、昼の部のバルコニーも視界が良くて会場的にはおおむね満足です。府中は遠いので、こちらの方がいいかもなぐらい。

今回はメンバーはU-18中心の構成。
プロはつるの剛士さん、RiRiKAさん、翠千賀さん(呼び込み順)。
U-18は四天王の堀優衣ちゃん、鈴木杏奈ちゃん、佐々木麻衣ちゃん、竹野留里ちゃん、
さらにU-18から西岡龍生くん、角田龍一くん、佐久間彩加ちゃん。

まずはセットリストから。

●セットリスト
1.いつもそばに歌がある(RiRiKA/翠)

2.じょんがら女節(竹野)
3.シルエット・ロマンス(佐々木)
4.さよならのオーシャン(堀)
5.ら・ら・ら(鈴木)

6.U-18生出張カラオケバトル
 昼の部優勝:佐々木麻衣ちゃん
 夜の部優勝:佐久間彩加ちゃん

7.ナナナ音頭(ナナナ&U-18四天王)

8.つばさ(RiRiKA)
9.いのちの歌(RiRiKA/堀)
10.君にありがとう(つるの)
11.For You(つるの/角田)
12.会いたい(翠)
13.夏の終わりのハーモニー(翠/西岡)

14.Over And Over~夢は終わらない~(全員)

前回のカラバトコンの時の対戦形式はプロ2名×U-18の2名の形式でしたが、今回はU-18選抜(四天王以外)から3人+四天王1人(くじ引きで決定)での4人対戦形式。

プロがカラオケ対戦ということになると当然それなりの準備が必要になるでしょうから、なかなか出てもらうのも難しいでしょうし、この変更は納得いくものがあります。

ただ、前回はU-18が勝った場合にソロを歌う権利が得られたのに対して、今回は元々ソロがあるうえに、更に対戦で1曲というわけで、ソロの曲数はプロよりU-18が多いのは、ちょっと違和感がありました。
正直、カラオケ対戦はショートバージョン(1番だけ)でいいのではという感じはしました(それで採点できるのか、という問題はあるにせよ)。

最近の得点傾向はU-18が高騰していて、点数で測ればU-18を重視するのは分からないではないのですが、やっぱり歌を聞きたい側からすれば、このメンバーが揃うきっかけはカラオケだとしても、歌としてのプロとU-18の違いを考えると、もう少しプロの比重を多くしても良かった気がします。

ちなみにU-18を見つめるプロの皆さま、特に高得点組のRiRiKAさんと翠さんが見る目は完全に研究モード(笑)

RiRiKAさんは佐久間彩加ちゃんの歌唱にコメントを求められ、「彩加ちゃんは音程正確率が凄い。私も音程正確率は意識しているので、勉強になりました」という言及にちょっと驚き。
彩加ちゃんの「自信ありません」とか「楽しいです」というキャラのこと、実は意識してますよねRiRiKAさん(爆)。
彩加ちゃんのパートの時、舞台後方の音程バーを見てましたね。彩加ちゃんの音程をご自身の音程感と照らし合わせて、音程バーと見比べているように見えました。

彩加ちゃんは決勝で伸びないパターンが多いので、そこが解消すればこの後の警戒一番手なのは自明ですしね。トップ7に入っているので、U-18という枠じゃなく出てこれるわけですから、当たる可能性は高いので。

それにしても、U-18がこれだけ多い中でアダルトチーム(RiRiKAさん命名)がこれだけ多いと、「父兄参観」(つるのさん命名)にしか見えないのがごもっともで笑いました(笑)。

最初に出てきたつるのさんが杏奈ちゃんと優衣ちゃんの間に入ると完全に「お父さん」
翠さんが西岡くんと角田くんの間に入ると完全に「お母さん」
RiRiKAさんは夜の部で「お姉さん」と呼ばれていて、本人「お姉さんでいいの?(笑)」って仰ってましたが満更でも無さ(以下略)。

翠さんが西岡君を「うちのたつき(龍生)が緊張してすいませんね、しゃんとしなさい!」とか「たつき(龍生)、水飲むなら見えないように飲みなさい」とか本当にお母さんモードで爆笑です。

今回、プロのソロ曲の後には少しMCがあったのですが、RiRiKAさんのMCで印象的なくだりが。

「カラオケバトルに出させていただけていいことしか起こらないです。バトル自体は辛く苦しいんですけど」という言葉にとても納得。

「その中でもこの『つばさ』は自分自身やっと優勝できた曲でもあり、本田美奈子さんの想いを歌い継いでいきたい思いもあり。今回ベストアルバム第2弾で新たに編曲もしていただいたこともあり、大事に歌っていきたい曲です」という言葉が歌にも現れていて、”点だけじゃない歌”の神髄を感じさせていただいた気がします。

つるのさんの魂の歌も良かったし、翠さんが林部さんの曲を歌ったのも意外でしたが良かった。「今まで仲間として戦ってきて、もうこういう場で一緒にやれることはないんだろうけど」と仰っていたのは、翠さんの中々見えない(見せない)「情」が感じられて素敵。M1の曲も本来は三姉妹の曲なので(ツアーで北海道にいる)城さんのメッセージを会場に伝えるあたり、配慮の方ですね。

・・・

今回の企画で良かったのがプロとU-18のデュエットパート。

RiRiKAさんは堀優衣ちゃんと「いのちの歌」。RiRiKAさんもこの日仰っていましたが、ソロコンサート(TOKYO FMホール)で優衣ちゃんにゲストに来てもらった時にデュエットした曲で、「声質も合ってて歌いやすい」曲とのこと。優衣ちゃんも「RiRiKAさんに教えていただいた曲でとっても素敵な曲」と仰っていた通りの抜群の相性で、昼の部では感激の余りRiRiKAさんが泣いてしまうシーンも。

つるのさんは角田くんと「For You」(高橋真梨子さん)。お2人とも高校は練馬区内だそうで。角田くんは田柄高校、つるのさんは大泉北高校。ちなみにつるのさんの妹が角田くんと同じ田柄高校出身だそうで。吹奏楽で一緒にやったりしててでつるのさんにとっても縁があるそうで、意外な縁でした。角田くんもつるのさんへのリスペクトが感じられていいペアでした。

翠さんは西岡くんと「夏の終わりのハーモニー」。意外な組み合わせですが、実は西岡くんの歌を翠さんが教えているそうなんですね。スパルタで(笑)。たしかに緊張しいの西岡くんですから、「とにかく突き抜けろ」の翠さんを選ぶ方の気持ちが分かる気がします。引き続きの母息子トークが展開されていましたが(笑)、”歌い出せば豹変”の西岡くんの本領発揮で、素敵なデュエットになりました。

お相手のセレクトは3ペアとも絶妙で、これ以外ないペアだけに、夜の部で変えるのか気になっていましたが、結局、昼の部と夜の部両方とも同じ。
できることなら昼と夜は変えて、四天王4人が必ず入るようにしてほしいところでしたけどね。

RiRiKAさんと杏奈ちゃん、つるのさんと竹野さん、翠さんと麻衣ちゃんだったらできた気がしましたが。
もしくはカラオケバトルで点数の高い順にプロの方を指名できるとか。
さすがにそれぐらいならプロの方も対応できるでしょう。

・・・

アダルトチームの3人は、絶妙な担当バランス。

つるのさんは高得点パターンの方ではないですが、エンディングでは林部さんのパートを担当。主にMCの賑やかしを担当されていましたが、繁田さん1人だとどうしてもそつない系統に行ってしまうし、客席の空気を読みながら放つ光速のツッコミは絶品です。

RiRiKAさんはカラバト仕様のおとなしめモード(笑)。光速のツッコミをつるのさんに委任しているので、落ち着いて内容的な締めを担当。U-18を優しく見つめるお姉さん。「U-18のみんなをこれからも応援してあげてください」という立ち位置がとってもぴったり。

翠さんは魔女モードがかなり薄れ(薄められている)て、最後のご挨拶も担当。「このコンサートに立てるのは、バトルに向けて頑張ってきたからこそで、このご褒美があるからこそ頑張れる。応援して下さる皆さまが本当に暖かくて感謝しています」とご挨拶されていました。

翠さんは表面的なあんなキャラクターで振る舞っていますが、実際のところは姐御系のサバサバされた方なわけで、それでもじゃぁあのキャラクターを軸にみんな集まれるかというと、そこはなかなか難しいわけで。
カラバトコン皆勤のRiRiKAさんが軸になりつつも、アダルトチームの皆さまが出たり入ったりできる感じになっているのはいいバランスですよね。

ただRiRiKAさんのカラバト歴も随分長くなってきましたので(今月でちょうど2年)、この形態がいつまでも続けられるわけではないと思いますので、プロの中からまた新しい軸の方が出てこなきゃいけない時期なのではないかなと思ったのでした。

|

« 『Second of Life』(4) | トップページ | 『新妻聖子CDリリース記念イベント』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/65455145

この記事へのトラックバック一覧です: 『カラオケバトルコンサート』(3):

« 『Second of Life』(4) | トップページ | 『新妻聖子CDリリース記念イベント』 »