« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

『王家の紋章』(3)

2017.4.9(Sun.) 18:00~20:55
帝国劇場1階P列30番台(センターブロック)

初演からわずか半年でのスピード再演。
『王家の紋章』新妻聖子さん初日に行ってきました。

再演としては昨日が初日でしたが、同じ東宝さんなのに初日が日生と帝劇でぶつかる(しかも今日はクリエも初日)という春の珍事もあり、今日がmy初日になりました。

初演は仕事の繁忙期とぶつかって、実質的に2回しか見られなかったので、脳裏にそれほどまでには焼き付いていなかったのが幸いしたのか、実のところ相当変わっている今回の再演を、かなりまっさらな気持ちで見られたのは良かったです。というか少数派だと思いますが、実は初演より再演が好きだったりします。

ネタバレも含みますので、お気になさる方回れ右で!!




全体的に、起伏が少なくなったというか、ドラマチック度は減った印象。

メンフィスの荒々しさも減って、キャロルはメンフィスに腕ポキされないし、早い段階でキャロルは「私エジプトに残るわ」になってるし。

流れ的に言えばメンフィスとキャロル、2人の関係が濃くなって、よりこの2人を中心に物語が成立していることがはっきりして、この作品で何を訴えようとしているかがはっきりしたように感じて、初演より再演が好きです。

初演を見たときに思ったのが、「『王家の紋章』を舞台化する」が目的になっているように思えて、それで何を表現しようとしているのかが分からなかったんですね。
初演はラスト、キャロルのソロ(+皆のコーラス)で終わりますが、ある意味MAを思い出すかのような、「みんな自分で自立しなきゃね」は、この作品の表現したいメッセージしては、ちょっとピントがずれているように感じて。

再演では、他の役の出番をがんがんに減らして(物語のストーリーもぶつ切れにしてまでカットしているのはちょっといただけなさすぎる)、2人のストーリーをメインに作っていますが、それだけに、メンフィスとキャロルの2人のストーリーが、2人だけのストーリーになっているわけではないところがポイントなのではないかと。

メンフィスとキャロルはお互い愛し合い、お互い唯一無二の存在。メンフィスはキャロルのためなら何でもする。が、この2人が結ばれることは2人だけの問題じゃなくて。
宰相イムホテップがいみじくも語っていますが、「ナイルの娘を娶ることが、エジプトの繁栄のために必要」なのです。

聡明であり知性に富んだナイルの娘。
がしかし、彼女はいきなりその立場になったわけでもなく。
メンフィスにただ一人公然と抵抗し、メンフィスの怒りに触れ労役に放り出されながら、奴隷に対してさえ、泥水を真水に変え、真摯に救おうとした。
メンフィスが死地をさまよった時、的確な指示と献身的な看護で、メンフィスを生還させた。

一つ一つの奇跡は、キャロルにとって自らを現代から遠ざけるものであって、兄との別れを意味するものでもあって。もちろんそんなことを周囲に言っているわけでもないけれども、キャロルは自らの行動で、期せずして自らをナイルの姫として、ある意味神格化していく。

現代からいきなり古代エジプトに飛んできたキャロルは、最初は『少女』。
容赦なく人を殺すメンフィスに対して、「人殺しは現代では罪」と咎める。

でも、自らの我儘で出かけた街中で、隣国ヒッタイトに捕えられ、自らを盾にされてエジプト軍に死者を出してしまう。
「人を殺すな」と言っていた自分が、自分の不用意な行為で大切な仲間の命を奪われてしまう。
そこで初めて知るわけですね。
「大切な人を守るために戦わなければならないことだってある」
「大切な人を守るために相手を殺さなければならないことだってある」

「人を殺すな」と言っていたのはただの綺麗事だったと。
本当に仲間を守りたいのであれば、自分も戦わなきゃいけないんだと。

初演を見たとき、メンフィスにキャロルが心を開いたのは、「メンフィスが国を守る『責任』から逃げていないから」と書いたのですが、再演を見て印象的だったのは、「キャロルもまた、国を守る『責任』を知った」ことがはっきり見えたこと。それが一番再演で好きなところなのです。

少女だったキャロルが、自分の責任を自覚して、はっきりとオーラを纏う瞬間。
そこが、もうこれ以上ないぐらい新妻聖子さんの独壇場。

役の責任を背負い、この作品の物語を背負い、責任から逃げない姿が、キャロルをぐんと大きくしていて。

キャロルがはっきりと責任を背負ったからこそ、責任に対して孤独だったメンフィスも、よき伴侶を得て、エジプトの繁栄という「未来」をしっかりと示すことができる

メンフィスとキャロルが結ばれることは、「愛」と「責任」という両輪をもって、エジプトに暮らす皆の幸せを保証するもの。
だからこそ、2人の幸せは皆の幸せである。

それが物語として繋がって見えたことが、何より今回嬉しかったです。

新曲はキャロルのソロが1曲、2幕中盤に。
いわゆるお買い物ソング(ものすごく『MOZART!』のナンネールの「あら、モーツァルトの娘さん」を思い出す(笑))ですが、後半が完全に”リーヴァイさん、これ聖子さんが歌うことしか考えてないでしょ”曲で噴いちゃいました(この日来られていました)。

メンフィスとキャロルのデュエットもバランス取れてて素敵でした。
それにしても、だれもが心配せず、だれもが期待し、そしてその期待に十二分に応える新妻聖子姫にただただ拍手。いやはや凄かったです。

少女の要素も、姫の要素も、どちらも聖子さんの中に持っている要素だと思いますが、それを使い分けて、必要な要素だけ確実に出す技術が素晴らしいです。

・・・・

この日は聖子さん、平方くん初日ということでご挨拶。

聖子さん「本日はありがとうございました。皆さんご存知かと思いますが私王族でございまして…本日は王族の皆さま、日本全国また海外からもおいでいただきましてありがとうございます(笑)。今回大好きな台詞も追加されまして、「愛いやつ(ういやつ)」がもう嬉しくて!!!(会場内笑)」

浦井くん「(会場に向けて)愛いやつ」

聖子さん「『愛いやつ』の安売りしないの!(笑)」

聖子さん「この作品を(演じ)させていただいて本当に幸せです。皆さま、素敵な初日にしてくださり、ありがとうございました

ちなみに平方くんは「8月まで頑張ります」と言って浦井氏に「8月は初演だよ」とツッコまれていました(笑)。

浦井氏が喋ってる途中、伊礼氏がツッコんで、
浦井氏が
「ツッコまないの!帝国劇場でいいこと言ってるんだから!」と返してて笑いました。

カーテンコールではテンション上がった聖子姫の両側に浦井氏と祐一郎氏、そして伊礼氏。
聖子姫が手を繋いだ浦井氏と祐一郎氏と一緒にぴょんこぴょんこ跳ねるものだから、2人と、そして隣の伊礼兄までぴょんこぴょんこ跳ねてて面白すぎる絵が見られて満足です(笑)

再演は初演よりは増やしてとったので、少し落ち着いて見届けられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『紳士のための愛と殺人の手引き』

2017.4.8(Sat.) 17:30~20:55
日生劇場2階F列10番台(下手側)

市村正親さん8役(実は最終的には9役)を1人分のギャラで演じる(本人談w)トニー賞4部門受賞作品、日本初演初日です。

タイトルのおどろおどろしさとは裏腹に、全編にわたり軽やかな曲調でコメディー色が強いです。

市村さんの9役は確かにそれこそ八面六臂の大活躍ではあるのですが、実際の印象とすると、自ら名家の血を引いていると知って、市村さん演じる役を1人1人消していく、モンティ(この日はWキャストのうちウエンツさん)の方がメインで物語が進みます。

殺される8人で、1幕2幕制だから1幕当たり4人かと思っていたら、意外や意外、1幕で1人を残して全員が姿を消すというスピーディーすぎる展開。2幕の展開を心配しましたがどうしてさほど間延びせず。
ただ、オチはあれで本当にいいのかなぁという気はしましたが(笑)。
現代的というか、勧善懲悪じゃないと物語が成立しない、という感じでもないのだなぁと。

モンティの母親は名家から放り出されて辛酸を舐めているので、母親思いのモンティが、恨み骨髄なのはわかるのですが、実のところ殺される方がもっと「殺されても仕方なくね?」ぐらいなキャラクターが揃うのかと思ってたら、名家の普通レベルの嫌な奴(金持ちという意味で)ぐらいだったので、モンティがヒーローぽくない(爆)

ま、それは彼が両ヒロイン(宮澤エマさん演じるフィーバーと、シルビアさん演じるシベラ)から迫られるのが羨ましいからなのかもしれませんが(再爆)。

世間ずれしてるフィーバーと、常識ずれしてるシベラの対比も面白いですが、全般的にメインの登場人物にほぼ善人がいない、というのが笑えます。どことなく「常識なんて気にしない、モラルもルールもまっぴら(別作品)」というか。ま、そもそもモラルもルールも理解してたら、この作品のタイトルが成立しないですもんね(笑)。

お嬢様風で、でも実は気の強いところもあるフィーバーの宮澤エマちゃんと、肉感的で魅惑的で少しく頭が弱いような感じがぴったりすぎるシベラの、シルビアさんのキャラ立ちを筆頭に、アンサンブルさんも含めて皆さんキャラが濃い。

RiRiKAちゃんはフライヤーにも載ってるメイドさんがメインキャラ(シベラのお付きのメイドさん2人の中の上手側のメイドさん)ですが、個人的にはバーの女将さんの「あいよっ」という台詞がツボ(笑)。

折井ちゃんが洋館ツアーの添乗員さんで、XA列28番を客席いじりする件の列の最後尾にいるRiRiKAちゃんの、いかにもな眼鏡キャラもツボです。

男性陣では阿部にぃと神田君がさすがの存在感。女性アンサンブルさんも男性アンサンブルさんも歌うまを揃えているので、歌ノンストレスなのが有難い限り。

考えるより感じて、ただ笑って帰れる作品。
東京は4月いっぱい日生劇場で。その後、地方公演として大阪・福岡・名古屋公演が予定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キューティ・ブロンド』(3)

2017.4.2(Sun.) 13:00~15:55 7列1桁番台(下手側)
2017.4.2(Sun.) 18:00~21:05 9列1桁番台(下手側)

ハッピーミュージカル、東京公演が終わってしまいました。

東京千穐楽は平日のため見られませんでしたが(東宝公式にカーテンコールがupされています→こちら)、最後のマチソワ日に満喫しました。
もともとはマチネを東京前楽として確保していたところ、ソワレが追加公演で追加。

ソワレは発売日にナビザでとれず、プレイガイドで発売があることを失念するという大チョンボで、諦めかけていたのですが、フォロワーさんにお声がけいただき、幸運にも見ることができました。

映画も見て、Youtubeに上がっている海外版動画(こちら)も3回見てすっかりこの作品の虜になっておりました(笑)。

カンパニーの団結力が見るたびにどんどん強くなっていて、この作品に出られる喜びが皆から伝わってきて、客席からもその楽しさを感じられるのが嬉しい限り。ソワレは東京前楽ということもあって、1幕「What You Want」で会場中から拍手が起こる念願の事態。

つくづく思うのは、神田沙也加ちゃんとエルのシンクロ率の高さ。

ピンクが似合うという表面的なことばかりでなくて、いい塩梅に芯が強くて、いい塩梅に気が強くて、いい塩梅に頑張り屋さんで、いい塩梅に気配りができて、それでいて、いい塩梅に”女の子”ぽい。

「愛する人に自分を選んでもらえるためなら何でもする」姿は女性から共感を持って迎えられるのだと思いますが、その上、エルを見ていて気持ちいいのは、「”決して”他人のせいにしない」んですよね。

自分がワーナーに選んでもらえなかったのは絶望でしかないけど、だからと言ってワーナーを恨むわけじゃない。「ワーナーに選んでもらえないのは自分に何かが足りないから」という自分の努力不足に自然に結びつけるところが清々しくて。

エメットの存在で、自分が進むべき道を見つけたエルは、ワーナーに対して「見返した」と言うことも、そういう態度もとることもできるだろうに、それはしなくて。
自分が優越感を持つことの無意味さを知ってるように思えて。
ポーレットに対しても、ブルックに対しても、心から寄り添うからこそ信じられ、道が開ける。

ライバルだったヴィヴィアンがやがてエルを認め、エルを評して「己に誠実である、それが他者に対しても誠実である」

この言葉で思ったのは、「己に”正直”である」ではないんですよね。
感情の赴くままただ突っ走るようなキャラに見えて、実はそうじゃない。
自分の取るべき道を考えて、努力もする。だから運も味方する。

沙也加ちゃんを10代のころから拝見していますが、母親の大きさに押しつぶされそうになって苦しんでいた頃から、たくさんの苦労をされてきているかと思いますが、そんな時からしても、彼女のパーソナリティはそんなには変わっていないように思えて。

「他人のせいにしない」「他人に対する感謝を忘れない」というのは、彼女の今までのパーソナリティとイメージがとてもフィットします。

当たり役に出会うにはいろいろな要素があると思いますが、”この方にこの役をやって欲しい”とどれだけ周囲に思ってもらえるかには、運だけではない何かがあると思っていて、

努力している姿は誰かが見ているというのも間違いないでしょうし、年齢的にもスキル的にもちょうどいい(力量のちょっと上ぐらいの)役がやってくる巡り合わせは、偶然じゃない何かを感じます。

沙也加ちゃんに限らず、適材適所で輝いている、この作品に登場する一人一人。

佐藤さんの人柄が現れるいい声。
植原さんのカッコいいのになぜか残念な様のハマり方。
樹里さんの大人の優しさ(エルがちゃんとご恩返ししているのも素敵)。
花代さんの努力は1日にしてならずなアクション。

真瀬さんのすらりとしたスタイリッシュさ。
百花さんのパワフルな突破力。
ダンドイちゃんのちゃっかりな存在感
エルのコロス3人(真瀬さん、百花さん、ダンドイちゃん)はエルのそれぞれのパートとリンクしているというか、真瀬さんのスマートさ、百花さんのパワフルさ、ダンドイちゃんのチャーミングさがエルに同居しているような感じがします。

理恵ちゃんのメガネっ子&ポニーテールのキャラ立ち。
郁代ちゃんのダンサーからママまでの振り幅の広さ。
長谷川さんがなぜラストシーンであの役なのかいまだ謎(笑)。

皆さん、きっとこの作品に出会うために、それぞれ決断をしてきているだろうし。
役者さんという職業は同時に1つの作品にしか立てないという制約の中で、立ちたくても立てないこともあるだろうし。その上の前提として、ただ漫然としているだけでは、この作品にたどり着けなかっただろうし。

この作品にたどり着いた奇跡と軌跡を、心から喜んでいる姿が全員から伝わってくる様は本当に嬉しくて。
特に夜公演で、いつも以上に贈れた拍手が、何より嬉しかったです。

「ミュージカル」という言葉が、どこか特別な世界のように思われ続けてきたこれまでに比べ、ミュージカルに対する違った風が吹き始めているのは最近感じるわけですが、そんな中で、知名度では若手ナンバーワンなのは間違いない神田沙也加ちゃんが、自身1、2を争う当たり役で、東京・大阪だけでなく全国を回るということはとっても大きなことだと思っていて。

きっと「ミュージカル」に対するイメージを、とても明るくしてくれる、そんな作品を「今までミュージカルを見たことがない」人にまで明るさを届けられることはきっととても大事で。

自分自身は、都合が合わずに東京公演でmy楽を迎えてしまいましたが、ツアー公演で全国にハッピーを届け続けてもらえることを信じて、陰ながら応援していたいです。

-----

東京公演途中から始まった、沙也加ざっちょのトークコーナー。

この日マチネは、「夜はイベントがあるのですが、お昼に来ていただいた皆さまにもちょっと小噺(笑)ということで」という話で、「ブルーザーに初めてプレゼントとお手紙をいただきました」と。その手紙に書いてあったのが「エルが可愛くて大好きです」という(会場爆笑)、沙也加ちゃんお得意の「自分大好き」ネタで締めてました(笑)

ソワレは「Happy Pinky Day」ということで、ピンクの物を身に付けて来たらプレゼント(ハート形のリングメモ)。
私はワイシャツかネクタイかで迷いましたが、結局、前日にネクタイを買いに行きました。
沙也加ちゃん曰く「男性スタッフさんもピンクの物を身に着けていただいた方も多くて」と仰っていましたが、実際男性スタッフさんはネクタイ率がかなり高かったです。

発表当初は、幕間か終演後に1階受付でスタッフさんから受け取るという話だったのですが、当日クリエに入ってみると、「終演後に沙也加ちゃんから直接お渡しいただける」ということで(いい意味で)ざわつく客席。ピンクの物をお持ちでない男性のお客様は、グッズのシュシュを買いに行っている方も多くいらっしゃいました(自分もピンク物を持ってきていなかったら同じことすると思います…)

終演後、舞台前で沙也加ちゃんから1人ずつ手渡しで、握手もしていただいて少しお話しできたのも予想外で、お疲れのところ本当にありがたく、この後始まるツアー公演へのお見送りの言葉もかけることができて、嬉しかったです。このイベント自体も、手渡し自体も沙也加ちゃんの発案だそうで、流石です。

この日はカーテンコール撮影もOKということでしたが、客席からあまりにたくさんのカメラやスマホが舞台上に向けられて、「異様な光景ですね(笑)。製作発表みたい」とは沙也加ちゃん談。「(シャッターの)連写音怖いから(笑)」というのも笑えました。

席が9列目ということで、スマホだとどうしてもズームまではできなかったので、やっぱりデジカメの方が良かったのかなと(接近だとスマホの方が画質が良いレベルのデジカメなのですが、ズームとなるとさすがにスマホじゃ厳しい)という自省はありますが、とってもスペシャルなイベントに感謝です。

なお、この「PINKY HAPPY DAY」は、大阪公演初日(4月27日(木)19時)でも実施されます。
なお、プレゼントの手渡しは発表されていません。
現時点では「劇場1Fロビーでの引き渡し」と発表されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ