« 『Off Broadway Musical Live 4』 | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(2) »

『レプリカ』(2)

2017.2.17(Fri.) 19:30~21:10
シアター風姿花伝 C列1桁番台(下手側)

One On One初の”恋愛ミュージカル”、6カ月ぶりの再演です。

初演の8月の時は、個人的に仕事のピークと重なり、片班(岡村さやかさん班)しか見られず、消化不良だった思い出があるのですが、今回はがっつり見ます(笑)。

初演を拝見したときは、さやかさん演じるヤヨイがどことなく恋愛に不慣れというか、恋愛コンサルタントにも関わらずのテレをちょっと感じたのですが、今回はそれが全くない。

初演当時はキャスト固定でしたが、今回は8公演すべてキャストが違います。
この回のキャストは、マナトが田村良太さん、ヤヨイが岡村さやかさん、クピドが蔵重美恵さん。
初演ではマナトが寺元健一郎さんだったグループで、マナトだけが入れ替わりです。

今回、初組み合わせとなった田村くんとさやかさんですが、とっても良い!
自然にカップルになりそうな組み合わせだからこそ、どんでん返しのインパクトが面白くて、ヤヨイのブラックぶりも全開で楽しめます。まさかこんなに合うとは。

惹かれてしまう気持ちを止めようとして、「ダメダメ、私の本分はそうじゃない、冷静にならなきゃ」とひとりごちるようなさやかさんヤヨイの佇まいも、カップルの相性あってこそ。

田村君も拝見したのは久しぶり。
恋愛ものということで当作のインスパイア元である『Before After』のベン以来で拝見。
ベンの時は新人ベンだったこともあって、(清水)彩花ちゃんのエイミーに引っ張ってもらってたなぁの印象が強いので、正直、今回のマナトでこんなにいいとは、いい方向に予想外。

さやかさんが寺元君と組んだ時は、年齢差があって、ヤヨイが翻弄しちゃう黒属性が表に出ちゃってましたが(爆)、同年代の田村君とだと、ヤヨイの黒さもなんだかチャーミングに感じられるし、それに何よりヤヨイの過去をきちんと包容してくれる安心感があるんですよね。

劇中、身振り手振りで説明するのに相手にまるで伝わらない、はキャラメルさんの『嵐になるまで待って』の渡邊安理ちゃんのオーバーアクションを思い出して面白かったり。
”ムダ毛の処理”には爆笑。

「A子さん」は定番ですが「B太くん」には笑いました。

今回、さやかさんのヤヨイを見ていて、より強く感じられたのは、「過去への後悔」という気持ち。

大事な人に本当の気持ちを伝えられなくて、受け入れてもらえるかが怖くて自分から手を離した。
でも自分から手を離しては、相手が手を差し伸べようとしても届かない。
自分が相談される側だからこそ、相談相手から打ち明けられた話を、他人のことと思えない。

過去の真実は今を傷つけるけど(by『before After』)、今の傷は今からしか治せない。

ヤヨイはマナトへ左手を差し出して、マナトはヤヨイの左手をしっかりと握る。

ヤヨイは、自分の左手を探していたのかなと。
自分を支えてくれて、一緒に歩める相手を。

ヤヨイが左手を差し出したとき、『左手を探して』のタイトルがふと浮かんできて、勝手にシンクロしてしまったのでした。

恋愛をテーマにしているとはいえ、「欠けた心を求める気持ち」、「人が人を求める気持ち」を描いているところが、変わらずOne On One作品だなぁと、ジーンとするのでした。

・・・

今回の公演は、今週末、2月19日(日)まで。
さやかさんが毎回当日券宣伝係として告知されているとおり、完売回も当日券があります。
ウェルメイドな3人恋愛ミュージカル。

ドロドロな設定が一部にある割に、スカッとする(主にヤヨイの行動設定がww)小気味良い作品です。
8月の再々演(同所)はオーディションでキャストが選ばれるため、初演・再演キャストはおそらく今回が見納め。是非に。

|

« 『Off Broadway Musical Live 4』 | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/64906613

この記事へのトラックバック一覧です: 『レプリカ』(2):

« 『Off Broadway Musical Live 4』 | トップページ | 『カラオケバトルコンサート』(2) »