« 『デルフィニア戦記』 | トップページ | 『手紙』 »

『岡村さやかソロライブ スキップ5』

2017.1.29(Mon.)
昼の部 13:30~15:30
夜の部 18:00~20:00
Sound Creek Doppo(四谷)

1年ぶりの岡村さやかさんソロライブ「スキップ」。
今回は去年秋の『Alone With2』の急遽の追加公演会場である四谷のライブハウスです。

まずはセットリストから参ります。

●セットリスト
[第1部]
1.I Could Never Rescue You/The Last Five Years
(Instrumental)
2.Sing Sing Sing/Tokyo Disney Sea
3.Beautiful!/Carol King
4.nothing/コーラスライン
5.Your Daddy's Son/RagTime

[昼の部/サプライズゲスト:千田阿紗子さん]
6.希望と夜明け/左手を探して
7.優しさに包まれたなら/松任谷由実

[夜の部/サプライズゲスト:神田恭兵さん]
6.Therapy/tick tick Boom...
7.Elephant Love Medley/ムーランルージュ

[第1部-2]
8.瞳/original(新)

[第2部]
9.woman/Wの悲劇
10.Call Me When You're Sober/eversence
11.Lay me down/Sam Smith
12.ゲッセマネ/ジーザス・クライスト・スーパースター
13.新世界(ドボルザーク)/平原綾香(my classic)

[encore]
14.あわい模様/original

…セットリストを見ると分かりますが、さやかさんソロライブ恒例の、幅の広さ。

今回は何と「ゲッセマネ」まで来ました。
当然男性曲のこの曲。

普段の歌詞だと、当然神への言葉だけに最低限の丁寧さはあるけれども、今回は歌詞を変えて、より荒々しい歌詞(言ってみれば神に対してとは思えない歌詞に)したと。
それもあって、より激しさが増して迫力でした。

この曲について、”舞台仲間からセットリストのリクエストを貰った時に、いつも「ゲッセマネ」って答えるのに、歌ってくれた人が誰もいない”(笑)とさやかさんは仰っていましたが、さやかさんのこの魂の歌を聞いたらそりゃ白旗上げますって(苦笑)。

夜の部ゲストに来られていた神田恭兵さんは、同じこの会場で今週末ソロライブをされますが、「この曲どうですか」って振られて、さすがに即答してなかったです(爆)。

夜一番凄いと感じたのは「ゲッセマネ」ですが、M10のメタルロックも新鮮で凄い迫力。

さやかさん曰く「アメリカンドック食べているだけで『イメージと違う』、ジャンクフード大好きで、好きなファーストフードは吉野家なのに、私どんなイメージなんでしょうね。野菜だけ食べているようなイメージされてるらしいんですけど(笑)」とMCで仰っていたのですが、ソロライブに来ている方だと、さやかさんのロックは普通ですもんね。

M5の「Your Daddy's Son」も凄い良かった。日本未上陸の作品ですが、さやかさんはきちんと作品世界の解説も、曲の位置づけも話してから歌ってくれるので、歌の情景を思い浮かべながら聞けるのがとてもありがたいです。

息子に対して許されざる行ないをした母親の気持ちを歌いながら、最後は息子が自分の元へ戻ってきてくれた物語を1曲で歌います。
以前のさやかさんなら慈愛の方に寄って表現されていたような気がするのですが、言葉は変ですが「非情であるべき時には非情であれる」というか、あえて愛情を殺した感情の見せ方をされるようになったのが印象的です。

・・・

昼の部のサプライズゲストは千田阿紗子さん。One On Oneでお馴染みのペアですが、実際のところ2人だけで立ったことはほとんど記憶になくて。実際、さやかさんも千田さんも仰っていましたが、これだけ一緒に出ているのに、2人だけで並ぶのは初めてだったようです。

2月公演の『レプリカ』でもヒロインのヤヨイをWキャストで演じられますが、実際並ぶと似てるようで違う、違うようで似ているところが見えて興味深いです。
さやかさんがボケれば千田さんが容赦なくツッコむ。さやかさんがボケたのになぜかそれが千田さんに突っ込みとして刺さったり(笑)、具体的に覚えていられないぐらいのボケツッコミの応酬で、笑わせられまくります(笑)。

『レプリカ』の宣伝を2人でトークしていて、「2人が並んでいるところは観られませんが、どの回に来ていただいてもどちらかはいます」のさやかさんのざっくりなはずのまとめが核心をついていて千田さんが納得してて笑いました(笑)

・・・

夜の部のサプライズゲストは神田恭兵さん。去年2月の『tick tick Boom...』での共演以来で、個人的には予想していたのですが、同作の通称「電話喧嘩の歌」で登場する際の話。

リハーサルでさやかさんから「昼は千田さんが面白い出方したから、面白い出方考えて」とざっくり言われたそうで(本当にざっくり(笑))、さやかさんの自前の「PHS」と神田さんの携帯を使っての、容赦なき電話経由バトルを目前で観られて、爆笑でした。

夜の部は同作の演出をされた片島亜希子さんも来場されていて、後からダメ出しされないか主にさやかさんがビクビクされてましたが(爆)、たぶん「彼」の方が正しいはずなのに、「彼女」のちょっとずれた方向性に巻き込まれている感じがたまりません(笑)

もう1曲のラブメドレーはそれ以上に最高で。さやかさんに対してここまでダイレクトに愛情を伝える曲ってそうそう記憶になくて。さやかさんが恋愛ものの作品で演じると、なぜだか恋愛に臆病というか、照れを感じる役が多い気がしているのですが、神田さんは男らしく歌いかけていて、その様にさやかさんがキュンとなっている様が最高でした。

・・・

そして今回のライブでのオリジナル曲(ソロライブごとにオリジナル曲を1曲ずつ作られている)「瞳」の作曲はドラムの芳賀一之さん。

『ウレシパモシリ』でのバンド(ウレパモではパーカッション)兼珈琲店オーナーとしてお馴染みの方ですが、この曲、さやかさんの突き抜けるエネルギーと、暖かさを併せ感じさせる、今までにないスピード感が印象的。

アンコールでは1stの『あわい模様』も歌ってくださり、その曲同士の違いも感じられて。

曲作りにさやかさんのその時の”一番感じていたこと”と作曲される方(1stは土井一弥さん。今回はスケジュールが合わず、史上初めて不参加)の”さやかさんで歌ってほしいこと”が乗っているんだなぁと実感しました。

今回はウレパモのさやかさんを知っている芳賀さんなので、歌2なり歌1のさやかさんの”激しさ”を知っていることが曲に反映していたのが嬉しくて。

さやかさんが歌いたい曲を歌いながら、メンバーの入れ替わりも含めて、表現できる世界をどんどんと広げている様がとても素敵で。
それでいてトークのほわほわさも健在で、ハートフルときどき毒舌、迫力の歌という1回で何回分も美味しいソロライブでした。

『瞳』、CD化熱望しております。

|

« 『デルフィニア戦記』 | トップページ | 『手紙』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/64826722

この記事へのトラックバック一覧です: 『岡村さやかソロライブ スキップ5』:

« 『デルフィニア戦記』 | トップページ | 『手紙』 »