« 『RiRiKA SOLO LIVE 2016』 | トップページ | 『清水彩花ソロライブVol.2』 »

『新妻聖子コンサート2015~musical and more~』(2)

2016.3.27(Sun.) 16:30~18:40
イイノホール L列20番台(センターブロック)

2015年公演が好評につき、神戸と東京での追加公演が決定。
この日が東京の追加公演です。

セットリストは2015年版バージョンとほぼ同じで、「不評だったらなくなりそうだった『聖子のアイドルコーナー』」が好評につき(注:本人談で)存続し、曲が変わって中森明菜さんの「TATTOO」へ。(ちなみに終演後掲示されていたセットリストでは、この訂正が漏れていました)。この曲の編曲を聖子さんが音楽監督の五十嵐さんに依頼したときのオーダーが

”『午前3時、3軒目。もはやこの先の記憶はない』
って感じで”

という、実体験絶対あるんだろうな的な(笑)絶妙のサジェスチョンで笑いました。

アンコールがあまりに盛り上がってのWアンコールです。

○セットリスト
0.Overture
1.SWAN LAKE/ALBUM「SEIKO」
2.自由の鳥になれ風になれ/ALBUM「SEIKO」
3.ラマンチャの男/ラマンチャの男
4.Sisters/ALBUM「アンダンテ」
5.僕こそ音楽/モーツァルト!
6.私だけに/エリザベート
7.Interlude
8.Lover Come Back To Me
9.TATTOO/中森明菜
10.I Love You/尾崎豊
11.I Dreamed A Dream/レ・ミゼラブル
12.Bring him home/レ・ミゼラブル
13.GOLD/GOLD~カミーユとロダン~

Encore
14.Nessun Dorma/ALBUM「SEIKO」
15.私の星

安定のセットリスト。
「この日初めて新妻聖子コンサートをご覧になる方」と拍手で募集したら、「会場の3分の1(聖子さんの認識)」は初めてということで、MCでも新鮮な反応がちらほら。

まぁ、聖子さんはいつもの「よくしゃべるんですよ。写真ではそう見えないですよね」という進行ですけれども(笑)。MCと歌が絶妙なコンビネーションで連なり、セットリストの秀逸さが際立ちます。

それにしたところで、ご本人曰く、某曲連続は「なんで私このセットリストにしちゃったんだろう」ってぼやいていましたが(M5とM6)

M3『ラマンチャの男』の前のMCで面白かったのが、『「世界は私の名を知ることになる」って歌詞が大好き』ってところ。らしすぎる(笑)。

この日のアンコールでは、10月に『新妻聖子コンサートツアー2016』が七大都市(大阪、福岡、東京、仙台、札幌、金沢、名古屋)で開催されることが発表され、会場中が大拍手。
その熱さの中ではアンコールが1曲で終わるはずもなく、Wアンコールとなったのでした。

それにしても。

この状態になるって想像した人って、
本人を含めて、いたのかなと。
急激な環境の変化に、
それでも聖子さんの歌は悪い方には変わらなくて。

今までの聖子さんの歌って、いい意味でも悪い意味でも「1人で歌っている」という側面が大きかったように思うんです。その分、自ら突っ走るエネルギー感に魅力があるというか。

でもこの日聞いていて思ったのですが、疾走感は変わらなくても、何だか「客席を信じてくれている」ように感じたんですね。この日のMCでも、今までのファンへ「これまで辛抱強く付いてきてくれた皆様」という表現をされていたのですが、それをこの日は歌を通じて感じられたのがとても印象的でした。


「叶えたい夢は、
 叶わないとどこかで思っていた自分がいた。
 でも、叶えたい夢は口に出さなきゃ叶わないと感じた。
 だから、夢を言葉にした今からが新しいスタート」

そう言葉にした聖子さんは、今までと違った力強さを持っていて。
それを客席から見守ることができる幸せに、暖かいものを感じたこの日の追加公演。
とても感慨深いものを感じました。

|

« 『RiRiKA SOLO LIVE 2016』 | トップページ | 『清水彩花ソロライブVol.2』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/63418063

この記事へのトラックバック一覧です: 『新妻聖子コンサート2015~musical and more~』(2):

« 『RiRiKA SOLO LIVE 2016』 | トップページ | 『清水彩花ソロライブVol.2』 »