« 『Before After』(3) | トップページ | 2015年もお別れ。 »

『UTA・IMA・SHOW Ⅲ』

2015.12.20(Sun.) 17:30~19:55
 3階1列10番台(下手側)
2015.12.23(Wed.) 13:00~15:25
 1階F列1桁番台(下手側)

青山・草月ホール

1年2ヶ月ぶりの通称「うたいま」、終わってしまいました。

まずはセットリストから。(長いです)

[Act1-1 宝塚・土組公演/オリジナル作品]
1.オープニング「ザ・ロケッツ」/ すみれの花咲く頃(全員)
2.ごらんなさい ごらんなさい
 /ベルサイユのばら(アンサンブル)
3.青きドナウの岸辺/ベルサイユのばら(和音)
4.バスティーユ/ベルサイユのばら(原田)
5.うたかたの恋/うたかたの恋(岡・和音)
6.私とあなたは裏表/風と共に去りぬ(林・光枝)
7.君はマグノリアの花の如く/風と共に去りぬ(笹本)
8.セ・マニフィーク/セ・マニフィーク(高谷)

[Act1-2 宝塚・土組公演/海外ミュージカル作品]
9.Oh What A Beautiful Morni'n/オクラホマ!(原田)
10.June Is Bustin'Out All Over/回転木馬(和音)
11.So In Love/キス・ミー・ケイト(光枝)
12.Good Morning/雨に歌えば(高谷)
13.At The Grand Hotel/グランドホテル(林)
14.Luck Be A Lady/ガイズ&ドールズ(笹本)
15.The Lambeth Walk/ミー&マイ・ガール
 (原田・和音・光枝・笹本ほか、岡さん除く全員)
16.私だけに/エリザベート(岡)
17.キッチュ/エリザベート(全員)

[Act2-1 ディズニーワールド]
18.Circle Of Life/ライオン・キング(高谷・岡)
19.Reflection/ムーラン(笹本)
20.Chim Chim Cheree/メリー・ポピンズ(林)
21.Colors Of The Wind/ポカホンタス(和音)
22.Hooked On Disney Song(全員)
 22-1.Mickey Mouse Club March(可知)
 22-2.Bibbidi Bobbidi Boo(笹本)
 22-3.Heigh-Ho(和音)
 22-4.Supercalifragilisticexpialidocious(林)
 22-5.Zip-A-Dee-Doo-Dah(岡)
 22-6.Under The Sea(光枝)
 22-7.Who's Afraid Of The Big Bad Wolf(高谷)
 22-8.Be Our Guest(原田)
23.Go The Distance/ヘラクレス(原田)
24.Friend Like Me/アラジン(光枝)
25.When You Wish Upon A Star/ピノキオ(岡)
26.Baroque Hoedown~It's A Small World(全員)
27.Sophisticated Disney(演奏=柏木・江尻)
 27-1.Someday My Prince Will Come
 27-2.Part Of Your World
 27-3.Once Upon A Dream
 27-4.Mickey Mouse Club March

[Act-2-2 ミュージカル]
28.Cabaret/キャバレー(高谷)
29.The Impossible Dream/ラマンチャの男(光枝)
30.I Got Rhythm/クレイジー・フォア・ユー(笹本)
31.Love Changing Everything
 /アスペクス・オブ・ラブ(原田)
32.Love Never Dies/ラブ・ネバー・ダイ(和音)
33.As If We Never Said Good Bye/サンセット大通り(岡)
34.One Day More/レ・ミゼラブル(全員)

[Encore]
35.The Party's Over(全員)

…ライブのレポは今までかなりやってますが、セットリストは今回が最長じゃないでしょうか。
35曲といいつつ、メドレーで繋がっているのもあるので、実は45曲。
( )内はメインで歌われた方です。

2部構成がさらにそれぞれ2部に分かれた実質4部構成。
前半は去年の虹組公演に引き続き、今年は土組公演です。

前回と同様だったのは、好評だった原田優一氏の渾身のオスカルと、林氏・光枝氏の白黒ペア、「私とあなたは裏表」。それ以外はすべてが新たな曲です。

今回の大きな変化は新加入の高谷さんの存在と、玲奈ちゃん初の男役。M7ではレット・バトラー役。
元宝塚娘役のお母さまからダメ出しが出たそうで、ご本人不本意だったそうですが(笑)、2回目に拝見したときはずいぶん男役らしく進化していました。目に光を入れるのがポイントなんだとか。目がキラキラして綺麗に見えるのだそうです。

M14はスカイ・マスターソン役。2010年シアタークリエ・中日劇場公演では相手役のサラ・ブラウン役をやっていますが、サラとスカイを両方やるとは。この2役、特に3階から見たときに思ったのですが、ミュージカル女優で背が高い方な玲奈ちゃんをもってしても、男役で見るとやっぱりちょっとタッパが足りないのですね。以前ご本人も「男役には背が足りない」と仰っていたことがありますが、実際に拝見すると納得するものがありました。

今回、玲奈ちゃんが念願の男役になったことで、娘役ポジションはほぼ和音さんが担当。ゴージャスなドレスに負けない流石の存在感で、正直羨ましかった面もあります。でも同時に2つ望むのは無理ですからね。でもそれなら玲奈ちゃん男役と和音さん娘役でのデュエットとか、男役として踊りまくる玲奈ちゃんとか見たかったです。

M15のランベスウォーク@ミーマイ。ビルは原田氏ですが、ポジション的にはサリーは和音さんながら、一部パートのサリーの歌唱は玲奈ちゃんがやってみたり。でも玲奈ちゃんのポジションは光枝さんと腕組んでるからマリア侯爵夫人(光枝さんジョン)なわけですからね。でも楽しいからいいです(爆)。

M16は岡さんシシィ。前回は「それは私の曲よっ」と和音さんの怒りに触れ(爆)、和音さんが歌ったこの曲。1年越しで岡さんが担当。史上最長身シシィでした(爆)。「2M超え」と玲奈ちゃんがツイート&インスタUpしていて噴きました。ポイントが的確過ぎる(笑)。

Act2でいいなぁと思ったのが原田氏のヘラクレス(Go The Distance)。そして無茶苦茶チャーミングな玲奈ちゃんが見られるM30のCFY(クレイジー・フォア・ユー)。
こういうポジティブ・ザ・ミュージカル、玲奈ちゃんはぴったりなのにそろそろ卒業な年代に来ちゃってますからね。3人のセンターでパワフルキュートにはじける玲奈ちゃんが見られて実は一番好きなパートでした。

当カンパニーのレミ率の高さから当然のように導き出された結論の、本編最後のレミ「One Day More」。
本役担当はマリウス(原田さん)、ジャベール(岡さん)、エポニーヌ(玲奈ちゃん)、マダムテナルディエ(高谷さん)の4人。バルジャンは林さん、コゼットは和音さん、アンジョルラスは佐々木崇さんが担当。伝わってくる熱量がさすがでした。

MCパートはほとんどなく、曲でつなぐ約2時間半。
とはいえ、一カ所だけ長大なMCタイムがありました。
全員が一堂に会して、岡さんがいきなり今日のお題を即興で出すという通称「無茶ぶりトーク」。

そこで案の定やらかすのは玲奈ちゃん(笑)

(23日”マチネ”の話)
玲奈ちゃん「こんばんわ、笹本玲奈です」
岡さん「今マチネだよ」
玲奈ちゃん「ああっ、『こんにちは』でした(笑)」
岡さん「で、(今日のお題の)『来年の抱負』は?」
玲奈ちゃん「ツッコむから忘れちゃったじゃないですか(笑)」
岡さん「いやいや」
玲奈ちゃん「髪を綺麗に延ばしたい。『綺麗なお姉さんはいかがですか』を見習って」
岡さん「なんですかそれは」
玲奈ちゃん「『髪から始める自分磨き』が抱負です」
岡さん「へぇ」

ちなみに21日ソワレも面白かったです(お題:最近感じた幸せ)
玲奈ちゃん「最近ホットカーペット買ったんです」
岡さん「じゃぁ焼き肉パーティーしよう」
玲奈ちゃん「イヤです(断言)。匂いつくじゃないですか。しゃぶしゃぶが限度です」

そういえば21日ソワレの光枝さんも凄かったです。
光枝さん「今回の公演の最初の方で出てくる『肉色のタイツ』が」
全員「(爆笑)」
岡さん「『肌色のタイツ』でしたね」

気のおけないメンバーが繰り広げるショー。また「4度目」がありますように。¥

|

« 『Before After』(3) | トップページ | 2015年もお別れ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/62926843

この記事へのトラックバック一覧です: 『UTA・IMA・SHOW Ⅲ』:

« 『Before After』(3) | トップページ | 2015年もお別れ。 »