« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

『時をかける少女』

2015.7.28(Tue.) 19:30~21:30
サンシャイン劇場 21列1桁番台(下手側)

演劇集団キャラメルボックス30周年記念公演Vol.3。
「時をかける少女」初の舞台化です。
キャラメル新作の初日観劇って記憶にないかも。

そして、この作品のヒロイン、マナツ役を務めるのは劇団員として史上最年少ヒロインになる木村玲衣さん(21歳)。”劇団員として”となっているのは、客演の史上最年少ヒロインが『雨と夢のあとに』の福田麻由子さん(当時11歳~上演期間中に12歳)だからなわけですが。

木村さんを見るのはこの日が初めてですが、最初の印象はそれこそ福田麻由子さんのイメージととっても被りました。利発で、大人顔負けのテンションで突っ走る。相手役だった太ってないほっくんと、今回の相手役の池岡くん(この方も初見)がだぶってみたり。

実は「時かけ」は一切の作品を見たことがなくて、この日が本当の初見。先日やってたアニメ版を見ておけばまた印象が違ったのかと思うのですが、前説の加藤社長曰くの「知ってる人は92%はいると思われるこの作品」の、「残りの8%」という、”この日が初見”というポジションでの観劇です。

とにかくこの作品の印象は一にも二にもまずはこの木村玲衣さん。

実は結構強者だと思ってまして、というのは先だって『パス・ファインダー』という作品でおかたつ氏(岡田達也さん)と共演していて、あのおかたつ氏を結構上手いこと振り回していまして。
実際には氏を頼りにしていた部分はとてもあったのでしょうが、それでもあの方をあそこまでいじれるのは過去、福田麻由子様と前田綾様と岡田さつき様しか記憶にないもので、お、面白いかもと。

※せりふがあまりに多くて、数えたというエピソードも笑えます。ちなみに454あるそうです(驚)。

若手ならではの勢い、あふれるばかりの元気さ、強気なようでなぜか嫌味にならない存在感。多少の緊張感が感じられたとはいえ、”この役を走りとおせるのか!”ということに驚きです。

劇団員さんの女性ヒロインの先輩格としては渡邊安理さん(『嵐になるまで待って』、当時24歳)と印象が被る面があります。気の強さって意味ではあんりちゃんがいままでで最強って感じがしましたが、玲衣ちゃんはそれを越えた感が(笑)

その辺は成井さんの好みなのか、ヒロインは結構高音で激しく叫びまくることが多いので、今回は新鮮味を感じてとてもいいですが、役柄的にちょっと違う方面も見ていきたい女優さんです。

今回の作品は『時をかける少女』本編のアフターストーリー的な位置づけで、当時のヒロインのその後は坂口理恵さんが演じています。彼女はヒロインのマナツから見ると伯母にあたります。”時をかけたことがある女性”と”時をかけている女性(マナツはとあるきっかけで過去にタイムリープ(時間移動)する能力を持つことになる)”との対比が印象的。

”過去に飛ぶ”ことがここまで当たり前のように表現されているというのもある意味凄いですが(笑)、”気持ちを知る同士”の存在がとても大きくて。

初めはタイムリープできたことを面白がっていたマナツが、何度も飛ぶことを通して”過去に飛ぶことの意味”を理解していく様が脚本としてきっちり作られていて流石です。”飛べば終わり”でもないし、”飛んで終わり”でもない。むしろ飛ぶことで問題は複雑になっている感さえある。

でもその力を、面白半分で使っていたときから、”大切にしなきゃ”とマナツが思い直したとき、マナツと和子(伯母)の時は、過去ではなくて未来に向くんですよね。

過去を引きずって、過去に行くことを考え続けた二人が、過去の出来事に前向きな区切りをつけて、未来に進もうとする姿。それは、1人だけでは実現できなかった、2人でしか作れなかった未来なのだろうなと。

それを表現していた最後5分は、いきなり来た感情の圧力に涙が浮かんで。
確かに残酷かもしれないけど、”生きるということは乗り越える”ということでしかないんだよな、ということを思わせる前向きなラストでとても良かったです。

2人のペアの”時”が交差したことで動き出した”時”がとても印象的なラストでした。

・・・

この日は初日ということでカーテンコールの最後でヒロインの木村さんからご挨拶。

『キャラメルボックスと時をかけていってください』

という言葉が、2時間全力疾走の後に出てくる凄さ。舞台上の全員と、客席の全員が明らかに「おおっ」とのけ反ったその言葉は、確かにこの作品のこの役を演じきれる役者さんだからこそ出せる言葉であったのでした。


※木村玲衣さんインタビュー
結構深い内容でお勧めです→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ひめゆり』(2)

2015.7.19(Sun.) 13:00~15:45
シアター1010 4列20番台(上手側)

7月といえばミュージカル座『ひめゆり』の季節。
毎年上演されている作品ですが、私にとっては2013年からの観劇なので3回目。

以前から気になっていつつも、きっかけは2013年のキミ役が彩乃かなみさんだったからでした。
今回のキミ役は2年ぶりの元宝塚娘役、はいだしょうこお姉さま。

去年のキミ役の方はそれなりに好きな役者さんだったんですが、キミ役を茶髪で演じられたことにちょっと自分的にひっかかりを感じまして(以下自粛)。

キミはひめゆり学徒隊の中でこの作品のメインとなるいわゆるヒロイン格の役ですが、かなみん、しょうこさんと観ると、とても元宝塚娘役に合う役だなと。

相手役を立てることに違和感がなく、可憐ながら芯もあるという側面がぴったりくる感じ。
喩えると”吸収力の高いスポンジ”、って感じが共通している気がします。

いきなり戦地の病院に従軍することになり、どうしていいのかわからないところから始まって、前を向き兵士たちの助けになろうとするさまがぴったり。
歌が歌えるのはもともと分かっているのですが、キミとしての作品が求めるピュアさをとても自然に表現されていて、素敵なキミでした。

キミがそういった方だと自然とカンパニーがまとまるのか、3年間観た中で個人的にマイベストになった今回の公演。今回は岡村さやかさん、水野貴以さん、田宮華苗さんと気になる方が3人とも星組となった関係もあって、観劇は星組になりました。このお3方、なぜか今まで誰かが別組というパターンばかりで、あえて言うなら個人的なドリームチーム(笑)。

はいださん演じるキミと一幕でペアを組む岡村さやかさん演じるふみ。

去年と同役なのですが、その迫力の凄さに圧倒されます。ふわっとした柔らかさが持ち味なさやかさんですが、妹を守るためには何でもする、妹を傷つけるものは誰だって許さない、その感情がここまでダイレクトに伝わってくるとは驚きです。去年と受ける印象がいい方向に全く違います。

思えば、さやかさんにとって『ウレシパモシリ』の唄1役は大きかったんだなぁと強く強く痛感しました。
ややもすれば小さくまとめてしまうことが多いように思えた彼女の歌唱が、リミッターを外して表現できるようになったからこその印象の強さ。しょうこさんのキミも素敵でしたが、全くひけをとらずにふみが存在されていたことで、一幕がとてもバランスよくなっていました。

もともとふみは準プリンシパルの位置づけで、キミが生を全うするのとまた別のルートで生を全うする、いわゆる「対になる」役ということを改めて実感。カーテンコールの2列目でもセンターで、お辞儀の号令はさやかさんでしたからね。

たみーこと田宮さんは今回、ついに級長。やぁ、ポジションぴったりすぎる(笑)。三人組の別称”息抜きシーン”がたみーがセンターなことでとっても濃くなっててたっぷり癒されました。おかしみはあっても、案外生き延びるってそういうことゆえなのかもしれない、とも思えてくるあのズッコケ三人組は結構好きです。

水野さん(貴以ちゃん)のゆきといえば名曲「小鳥の歌」。作品的なポジションとしてはアンサンブルの何番目かになっていますが、この曲ゆえに大きいポジションともいえる役。裏返すと「普通の生徒たちを代表しての存在」としてのあの曲でもあるのでしょうね。

他の登場人物についてもつれづれと。

上原婦長役は2年ぶり2回目の木村花代さん。花代さんは四季を退団されてからしか拝見していなくて、一昨年の上原婦長役が2役目(1役目は『ミス・サイゴン』のエレン役)ですが、凛とした立ち姿といい説得力といい、とても素敵な佇まいです。

ただちょっと気になるのは強さ一辺倒な感じがして、特に後半に優しさが欲しいかなと。頼るものがない学生たちにとって唯一の希望の上原婦長は、職務に対しては厳しくて当然ですが、例えば夢を聞いて回るシーンとかに、もっとほっとする優しさが欲しかったかな。その点は去年の沼尾さんは自然に優しさを出されていたので懐かしさを感じたりしました。

檜山上等兵は松原剛志さん。拝見するのは3作目(『Ordinary Days』『ON AIR』)ですが、芝居を通した役作りの真摯さの安定感が凄い。人生を重ねてきている強みという感じ。この役を通してこのメッセージを伝えたい、このメッセージを伝えなきゃ、という姿を語らずとも見せていて流石です。はいださんとのバランスもぴったり。実年齢差が全くわからなくなるペアですが(爆)。

滝軍曹は史上最年少となる小野田龍之介さん。正直、1幕ではちょっと押し出しが弱いなぁと思わざるを得ないところがありましたが、その若さゆえに2幕の悲劇性が増していて、「若手軍曹が追い詰められて何も見えなくなっていく様」という意味では、なるほどこの方が軍曹をやる意味が分かった気がしました。松原さんが演じるとなんだか分かって銃弾を弾きそうな感じはあるんですよね。(むしろ松原さんは別の作品でそういう役を見てみたいです)

杉原役の染谷洸太さんも好演。いずれは滝軍曹や檜山上等兵をやっていく役者さんになられるのだろうなと思わせる存在感。何度か拝見していますが、アンサンブルさんの中でも特に目を惹く存在で、演じているときに役が地に付いている感じが好きです。なお、私にとっての染谷氏のベストアクトは今も変わらず、なうちぇんじの赤ジャケットさんですけど(爆)。

・・・・

『ひめゆり』を見ていると、確かに1年が経ったんだな、と思うようになりつつあります。
一年前に見た感情は、今の自分にはどう写るかと思いながら見ることが、なんだかとても意義深く思えて。

きっとこの作品が演じ続けられているのは、当たり前のことではなくて。
この作品を通じたメッセージを届け続ける意味のために、
”『進み続ける』ことの大切さ・大変さ”を、毎年教えてもらっている気がします。

この作品の初見から毎回頭に浮かぶ言葉は『継続は力なり』という言葉です。
願わくば、思いのバトンが来年以降もつながっていきますことを。
その時は、今年の星組のキャストはみんなそのままで見たいぐらい、素敵なチームでした。

なお、来年の上演予定はすでに発表されており、2016年7月14日(木)~19日(火)、上演場所は同じくシアター1010です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ペール・ギュント』

2015.7.12(Sun.) 13:00~16:15
KAAT(神奈川芸術劇場) 15列20番台(センターブロック)

昨日が初日のこの公演。
この日が2日目(2回目)です。

あらかじめ粗筋には目を通したものの、原作まで目を通す時間のないままぶっつけの観劇です。

内さん演じるペール・ギュントの「自分探し」の冒険物語という呼び込みで、むしろそこにどれだけこれだけの登場人物が能動的に関わるのかは見る前も見た後も不思議。

ただ、逆に言うと「名有り」な登場人物としてペールとつながるのは母親(前田美波里さん)と、ペールの想い人・ソールヴェイ(藤井美菜さん)だけ。他の役者さんは複数の人物がアンサンブル的に関わっていく構成です。

ペール・ギュントは家のことも顧みず、奔放に遊びまわる放蕩息子。
いつか自分は皇帝になる、そう豪語する彼の仕業は、唯我独尊を絵に描いたよう。酒に女にやりたいように遊びまわる様がとてもナチュラル。

1幕最後、脚立に登りつっかえ棒を自ら倒した彼、その「棒」は死した母親を指しているのかなと。

2幕での彼の成功はいつも8割方成功したところで裏切られ、いつも一からのやり直し。それでも手を変え品を変え、違う分野で成功しようとする執念のようなものは凄いなと。

自分が自分であるために、自分しか成し遂げられない何かをずっと探し続けた彼。そのどれもが成就しない姿は、シーンによって「自業自得」にも見えながら、また自分の限界を理解できない、理解したくないものにも見える。

人生の終わりに近づき、目の前にペール・ギュントがいると知らないところで浴びせられる自分への言葉は辛いだろうなぁ。

これ、キャラメルボックスの『無伴奏ソナタ』で全く逆のシーンを見たことがあったんです。
「音楽と関わることを禁じられても音楽が忘れられず作った曲が、”作曲者不詳(シュガーの唄)”として歌い継がれ、自分に対しての賛辞となる」というシーンがあって。

”当事者がそこにいることを知られていないところで発せられる言葉”ってリアルな訳で、ペールがますます自分の殻に閉じこもる契機となったかと。

・・・

この作品で一番衝撃的だった言葉は、

「一流の善人は天国へ、一流の罪人は地獄へ向かえばいい。でも、一流の善人にもなれず、一流の罪人にもなれない人間は、他人と混じって溶かされるしかない。」

という、”死の番人”らしき人からの言葉。

つまるところ、「自分自身が何者か、見出そうとしてきたのに、結局のところ『生きたいように生き、やりたいように生きる』トロルの生き方でしかなかった」ことを浮き上がらせる後半10分は凄い濃かった。
ただ、その後半10分のための前章にしては、前半(1幕+2幕前半)はずいぶん長かった印象はします。

今回、KAATでこの作品を上演するのはKAAT劇場スーパーバイザーの白井晃さんの念願だったようなので、「なぜこの作品を上演しようと思ったのか」を気にして見ていたわけではありますが、後半10分の落差を見たときに自分の中にふっと浮かんだ感情があって。

「生きたいように生きる」ことと「自分自身のアイデンティティを意識づけて人生に投影して生きる」ことにははっきりした違いがあって。

”自分自身が、『「生きたいように生きた」ペール・ギュントのように生きていない』と断言できるのか?”を問いかけられたような気がして。

この両者がもっとはっきり離れて見られたら、その2つははっきり違うからこそ、人は後者の人生をどうやったら生きるかを考えるべきというところに向かえたんじゃないかと思えたりします。

もう一点、印象的だったのは「自由って難しいんだなぁ」ということ。
ペール・ギュントも自由だし、恐らく演出の白井さんもたぶんカンパニー一自由だと思うし、演者さんも多少の制約はあれ、かなり自由に任せられているように思えるし。客席でこの物語をどうとらえるかも自由。

でも実は、自由に行動したことには(自覚の有無はともあれ)責任が伴うし、自由に行動するには想像力を必要とする。自由だった故に、板の上での役者さんの動きに、今までの経験の量が反映しているように思えました。

・・・

登場人物では、内さんが軽やかな身のこなしでペール・ギュントの奔放さを自然に表現。
美波里さんは流石の存在感で舞台を引き締めまくっていました。
ヒロインの藤井さんが清楚で可憐な、でも芯の強いキャラクターを魅力的に表現。ペール氏、選択を誤りましたよねぇ…。
アンサンブルでは青山郁代さん、目立ちすぎることなく的確な存在感。大胡愛恵さん、間瀬奈都美さんとの「ヴァール3人娘」では凄いことになってました(笑)。

最近、新しい作品に接することが少なかったので、見るものすべてが新しい、という空間はとても新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »