« 『Wonder Honey~あの娘は、可愛い魔法使い~』 | トップページ | 『左手を探しに』 »

『オーケストラで楽しむ音楽VI』

2015.4.12(Sun.) 15:00~17:20
ミューザ川崎シンフォニーホール
1階1C4列20番台(センターブロック)

ミューザ川崎のシリーズ企画『オーケストラで楽しむ音楽』、今回が6回目。
今回はゲスト出演者に新妻聖子さん、中川晃教さん出演ということで川崎まで行って参りました。

まずはセットリストです。

<第1部>
1.80日間世界一周
2.オリエント急行殺人事件
3.旅情~サマータイム・イン・ヴェニス~(新妻)
4.テネシーワルツ/鉄道屋(ぽっぽや)(新妻)
5.銀河鉄道999(中川)
6.ジョン・ウィリアムズ・スペクタクルズ・メドレー
7.デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」/ファンタジア

<第2部>
8.ライムライト~テリーのテーマ(エターナリー)
9.風と共に去りぬ
10.海の上のピアニスト~ニュー・シネマ・パラダイス
11.追憶~The Way We Were(新妻)
12.Let It Go/アナと雪の女王(新妻)
13.マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
  ~間奏曲/ゴットファーザーPartⅢ
14.I Will Always Love You/ボディーガード(中川)
15.Ease on Down the Road-Believe in Yourself
  /ウィズ(中川)
16.ホール・ニュー・ワールド/アラジン(中川&新妻)
17.アラビアのロレンス

<アンコール>
18.いつでも夢を(中川&新妻)
19.男はつらいよ(佐山)

・・・

ポジション的に舞台に近い席をいただきましたが、クラシック向けコンサートホールということもあり、演奏は良いのですがマイク音は相当籠もって聞こえます。1幕に比べると2幕はかなりマシになったので、幕間に調整したのだと思いますが、何となくリハーサルで客席からの聞こえを確認しなかった感じもします。

進行は舞台も良く見ていらっしゃる、元フジテレビの中井美穂アナウンサー。客席を上手く乗せていただく安定安心の進行担当さんで一安心。

第1部は演奏で突き抜けるパターンで、中井アナのMCが入りつつも、基本はずっと走り続けるパターン。「旅」がテーマの曲を選曲されたとのこと。

第1部で出色だったのは中川あっきーのゴダイゴsongな「銀河鉄道999」。マイクの入り方が微妙な中、「日本のマイクロジャクソン」(聖子さん談)のポジションだけのことはあります。本当、ベストなマイクで聞きたかったですこの曲。

聖子さんの2曲はどちらもおとなしめな曲。第2部のMCのときにその点を中井さんから突っ込まれてまして。

中井さん「新妻さんのいつもの(役の)曲からするとずいぶん違う印象ありましたが」
聖子さん「大人しかったですよね(笑)。大人しい役もできるんです(笑)。」

というあたりが相変わらず(笑)

第2部はマイク回復の結果も含めて、M15のWIZ@あっきーがさすが。WIZの全曲コンサートをもう4年もされているそうで、その風格というか説得力というか、びんびんに伝わってきました。

そして、なぜだか2日連続(爆)となる「Whole New World」。
前日のフジ系「ミュージックフェア」ではクリスハートさんと新妻さんの組み合わせで、日本語→英語の順でしたが、この日は中川さん&新妻さんで全編英語という不思議な(爆)。

この曲の最後、盛り上がりまくったあっきーが、なんと聖子さんの手にキスを。

その余韻さめやらぬ中、MCに突入。

中井さん「デュエット素敵でしたね-!
      そしてラストには中川さん、まさかの・・・!」
聖子さん「『ちゅう』ですよ(笑)」←その言い方(笑)
中井さん「中川さん、それはどんな理由で」
中川さん「バックの演奏が素晴らしくて気持ちが乗ってしまって・・・」
聖子さん「私じゃないの?(会場内爆笑)」
     ↑真顔&声裏返り(爆笑)

中川さん「姫はもちろん素敵です」

・・・という、もの凄いMCハプニングが発動しました(笑)
普通に中川氏が「姫」と表現してて噴き出しました(爆)

話は姫のれりごーの話になり・・・

中川さん「本当凄いですよね、あっけにとられました」
中井さん「そうですよね」
中川さん「どこから声出てるんですか」
聖子さん「ここからですよっ(と、ドレスなのに腹を叩く)
・・・で会場内再び爆笑。

聖子さんあまりに勢いよく腹叩いたもんで、ここコンサートホールなもんで、響くことときたら(笑)

MCではあっきーがオーケストラの演奏に「感動しか言ってないですね」(と自分ツッコミ)してたぐらい、ハイテンションで「こんな素晴らしい演奏でこんな素晴らしいホールで・・・」と仰っていたのですが、それを聞いていて(その気持ちが伝わってきて)、そしてその前の歌を聞いていて感じたことがあって。

中川さんと新妻さんはミュージカルデビューがほぼ同期(中川さんは2002年の『モーツァルト!』、新妻さんは2003年の『レ・ミゼラブル』)ということもあり、ミュージカル同世代で「歌」に対する接し方は、割合似ているところがあると見られていたと思うんですね。

今回、コンサートで2人が共演するのは初めてかと思うのですが、実際同じ場で聞いてみると、2人の歌に対するポジショニングって似ているようで違うんだなということを実感して。

中川さんの場合は演奏に”乗る”感じで、”演奏と歌う自分、そして客席をダイナミックに一体化させる”ことに長けていて、実際「WIZ」の時の客席の高揚感は凄くて。

翻って新妻さんの場合は、演奏を”従える”感じで、”演奏をバックに歌う空気で、客席を飲み込む”ことに長けていて。ただ今回のホールに関して言えば圧倒するほどの歌声ではなかった印象で、”悪くはないけど絶対的に良いとまでは言えない”という感じであったのかなと。

ここ最近の姫の歌を聞いていて、どことなく言葉にできない違和感を持っていたのですが、あっきーの歌と聞き並べてみて、なんとなくその違和感の理由が分かったような気がして、それを感じられたことがこの日行った意味なのかなぁと感じたのでした。

そういえばMCで面白かったのがピアノの佐山さん。

中井さん「ピアニストってどんな人ですか」
佐山さん「ペテン師です(笑)」
中井さん「聞いている人を夢の世界に連れて行きますもんね」

の流れで中井さんがおっしゃった、「そうはおっしゃってても、
演奏にはお人柄が出ますよね

という言葉は、中井さんのおっしゃった想いとは別に、自分にとってはすごく重く感じたりしたのでした。

そういえば続きですが、
アンコールで佐山さんが寅さん風のジャケット来て出てきて、鞄とオランジーナ持ってきてて爆笑でした(笑)←現在CM中

|

« 『Wonder Honey~あの娘は、可愛い魔法使い~』 | トップページ | 『左手を探しに』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/61430987

この記事へのトラックバック一覧です: 『オーケストラで楽しむ音楽VI』:

» 「オーケストラで楽しむ映画音楽?」行ってきました。-2 [海にたゆとう珊瑚的日々]
昨日、「銀河鉄道999」をアッキーは歌った事あるんじゃないのかなぁ〜と思って 友達に聞いてみたら、私と同じように「聞いた事ある気がするぅー」という答えが多かったのですが 珊瑚ブログ(→サイドバーにある検索窓)で調べてみたのですが、アッキーが歌ったという事はどう...... [続きを読む]

受信: 2015/04/13 21:33

« 『Wonder Honey~あの娘は、可愛い魔法使い~』 | トップページ | 『左手を探しに』 »