« 『新妻聖子LIVE 2014-2015』 | トップページ | 『TRAILS』(2) »

『TRAILS』(1)

2015.1.30(Fri.) 19:00~21:35
池袋・シアター・グリーン BIG TREE THEATER
A列センターブロック

今年も1ヶ月経ちますが、実はお芝居初めはこの作品。
コンサートバージョンで上演された時は拝見しておらず、今回が初見になります。
事前情報をそれほど入れずに見たのがかえって良かったかも、という作品です。

メインは3人の幼なじみ。ヒロインのエイミーと、親友の男性2人、マイクとセスとの関係をメインに物語は進行します。
時が経って立場も変わった男性2人は、とあるきっかけから「アパラチアン・トレイル」を敢行することになります。
「アパラチアン・トレイル」とは、アメリカ・アパラチア山脈に沿う、南北3,500kmに亘る自然遊歩道を走破する行為。

現在と過去を場面で行き来しながら物語は進行していくので、時に今の瞬間が現在なのか、過去なのかトリップする感じがします(旅、だけに)。

マイクはtekkanさん、セスは藤岡正明さん。2人の友人関係は、マイクが順風満帆組、セスが日常沈滞組。
お2方とも何度もお見かけしている役者さんですが、2人のバランスがぴったり!

しかも勝ち組tekkanさん、負け組藤岡さんの説得力がハンパないという・・・だからこそ後半の「そうくるか!」が印象強くて、とってもナイスなキャスティング。

tekkanさんは格好いいポジションが格好いいし、藤岡さんは格好悪いポジションが格好いい。それなのに、後半、tekkanさんは格好いいポジションが格好悪く見えたりするし、藤岡さんは格好悪いポジションが格好良く見えるシーンがあって。順風満帆に見えたマイクは、実は自分に対してもエイミーに対してもセスに対しても心にわだかまりを抱えて向き合えずにいたりする。格好いい自分に酔っているからこそ、「格好いい自分は他人を責めちゃいけない」という気持ちに心を縛られているのかなと。翻って沈んでばかりいるセスは格好悪い自分に酔っているからこそ、「自分のような人間は自分の希望を表に出して生きちゃいけない」という気持ちに心を縛られている感じ。

その中に割り込むエイミー役、この日はRiRiKAさん。RiRiKAさんといえば、まりゑさんと組んでいる「ファンタスマゴリック」で何度か拝見していますが、この日初めて女優さんとして拝見。役から受けるイメージがいい意味で役者イメージと違って新鮮です。何というのか、「マイクとセスの片方を選べない、どっちにも素敵なところがある」ということを匂わせているのにもかかわらず、嫌味を全然感じないことが印象的。それでいて、2人に好かれているところにのっかるかのような、ちゃっかりした面も感じさせる、不思議な立ち位置で存在しています。

エイミーは現在と過去を時空を越えていったりきたり。正直、演じるのが大変すぎるのではと思うほど、現在と過去を行ったり来たりしすぎていて、ちょっと落ち着かない感じ。ぶつ切りにしすぎないで現在と過去の転換をもう少し長めにとると落ち着くんじゃないかと思ったりしました。

エイミーの立ち位置は1幕最後の方で、「もしかして?」と思ったことが正にその次の瞬間に判明して、「あ、なるほど!」と。「アパラチアン・トレイル」をなぜ男2人で旅しているのか、その鍵を持っているのがエイミーなわけですね(詳細は劇場で)。

男性目線で(特にセス視点で)エイミーを見ていて思いだした言葉があって(この芝居で語られる言葉ではありませんが)、「私のことを一番幸せにできる人は、私のことを一番不幸にできる人」という言葉。エイミーがいたことで、セスは幸せにもなったし不幸にもなった。それは実はマイクでさえそういう側面が見受けられて。

過去の思い出を過去の思い出にするために必要な道のり、それこそが「アパラチアン・トレイル」だと思って見ていると、長い長い道のりも、必要な人生のリハビリに見えてきます。ラスト近くに出てくる厳しい自然との対峙だったり、その先にあるこの世の物とも思えない光景だったり、情景が目に浮かぶのが素敵です。

このあたりでなんとなくデジャブを感じたのが、シブゲキでやった『Bitter Days,Sweet Nights』ですね。マイクがフユコ、セスがナツコ、エイミーがミノルに感じた。性別違うんだけど(笑)。ラスト、山に登ったときの「忘れられない光景」、そしてそこにたどり着くまでの「平坦じゃない道のり、過去と向き合う勇気」といった部分に似たものを感じたからかと。

・・・

メイン3人を見つめるストーリーテラー的な役割を果たすのが、柳瀬大輔さん、五十嵐可絵さん、岡村さやかさん。
さやかさん以外のお2人は初見ですが、まず柳瀬さん。いい声すぎ!威厳溢れる警備官の様をずっしりと伝えてくれます。

五十嵐さんも声が強くて惚れ惚れします。
岡村さやかさんは今回3人の中ではセンターにいることが多くてありがたい限り(笑)。要所要所でいい味出していますが、何といっても白眉は山ガール(命名 by 田宮華苗さん(たみさん))ですっ! あれほどまでに無条件に笑いを持って行ける人、衣装はそうそうないです(是非劇場で)。さすが飛び道具、山田先生お墨付きのコメディエンヌでございます。2幕の出番が多くないのがちょっと残念かも。ラストの笑顔は必見です。見守り属性を存分に発揮されています。さすがは癒し系。女子大生役で出てきたときの最後の言葉は印象的でした。なるほどなぁ・・・

この小劇場に溢れるほどの音楽、生バンド5人の贅沢な構成。思ったほどには「がっつりミュージカル」な感じはしなくて、むしろ「スタイリッシュな音楽劇」に近い印象を持ちました。

日程の都合が上手くつかず、片チームだけの観劇になってしまいますが、次回はこのチームの千秋楽。また新しい発見があることを楽しみにしています。

|

« 『新妻聖子LIVE 2014-2015』 | トップページ | 『TRAILS』(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/61060844

この記事へのトラックバック一覧です: 『TRAILS』(1):

« 『新妻聖子LIVE 2014-2015』 | トップページ | 『TRAILS』(2) »