« 『ウレシパモシリ』(1) | トップページ | 『ウレシパモシリ』(2) »

『カルメン』(2)

2014.6.7(Sat.) 12:30~13:00
都内某所 稽古場見学会

幸運に恵まれ、50人のうちの1人となることができました。

当初は出勤日にあたっていて、応募自体を諦めていたのですが、代わって出てくれそうな方がいらしたので、応募最終日の23時59分に、PC2台使って、1台でチケット購入、1台で見学会応募という離れ業で、ぎりぎり応募完了。

今までこの手の見学会は大概平日昼(しかも12時台)ということが多かったので、午後休も午前休も使えずに、涙を飲んでいましたので、この作品で初めて稽古場を拝見できて嬉しい限り。

各FCで3人の枠があった以外は、ホリプロオンラインチケットでの当選者だったようで、男性は5人いたかどうか(爆)。

開始前にひとしきりプロデューサーさんからノリの良い注意説明があって、いざ稽古場へ。

2日前からオーケストラも入り、この日がこの稽古場見学会の後に初の衣装付通し稽古とのことで、プロデューサーさんいわく「髪はきっちり揃えてますが衣装は稽古着なので、これが本編の衣装だとは思わないでください(笑)」とのこと。

稽古場にはキャスト、スタッフ、オケも入っているので総勢30人強。意外なほど狭いので、そこに観客が50人も入ると結構大変なことに(爆)。2階部分から見下ろすデッキに約20人(私はここの下手側)、階段に約10人、残った20人はなんと演出家さん(小林香さん)始めとしたスタッフの後ろに立つという、壮絶な様相に。

「キャストも初めてスタッフ以外に見せるということで緊張していまして」とはプロデューサーさん談。
そんな中、開始前には思い思いに各キャストがウォーミングアップをされています。ちーちゃんは十六茶片手にご登場で、身体をストレッチしつつ上手側で主に男性陣のみなさまとおしゃべり。なんか女性陣のみなさまといるよりしっくり来ているのが相変わらずだなぁと噴いちゃいました(笑)。
とはいえ、後のめぐさんのシーンではイネスなたーたんさんと並んで体育座りで親密そうにリラックスしてお話しされていて、とってもほっこり。

さて、意図的に本編の内容を書いていないのはネタバレだからなわけで、この日は特にネタバレ禁止令も出ませんでしたが、さすがに初日前ということで以下はネタバレモードに切り替わります。
ネタバレお嫌な方は回れ右でお願いします。





この日披露されたのは4曲。うち製作発表で披露されたのは1曲目のJkimさん「運命の風」のみで、他の3曲は新顔。

振り返ってみると、この日通し稽古を控えているとあって、舞台所狭しと動き回る、複数登場人物のフォーメーションが複雑な曲を意図的に選んだ感じ。稽古場見学会に見せるという目的というよりは、稽古場見学の存在でキャストにより緊張感を持たせて、難しいパフォーマンスの精度をきっちり上げようとしている印象を受けました。

その分、見ている方も「カルメン」の”曲だけじゃない部分”を見せてもらえて、それがとっても良かったです。
製作発表ではどうしてもそういった部分はまだ追いついていませんが、この日は来週から劇場入りという、稽古場ほぼラストのタイミングですからね。そう考えれば、この段階で「お客さんに見せられる」というのは凄いなと思います(振り返ってみると、某ディーヴァ共演の作品で一度だけ稽古場見学会の話がありましたが、「まだお見せできる段階じゃない」という理由で直前になって話が消滅したことがありました、そういえば)。

JKimさんの「運命の風」は製作発表でも聞きましたが、この時期に聞くとまた違った印象を受けます。その上、曲はソロながら、周囲を出入りするそれぞれの登場人物の動きがとっても意味深で、預言者として「皆の運命には風が吹いている」と思わせぶる歌は、本当にぞくぞくします。エキゾチックな感じがとても好きです、この曲。

2曲目はカタリナ(大塚千弘さん)とホセ(清水良太郎さん)の婚約披露パーティーで披露される曲。出席者が口々に2人を祝福する様は、ここだけ見ていると嬉しくなります。このシーンでカタリナを見守るイネス叔母さまの愛情が絶品。カタリナは母親不在だから、イネス叔母さまにしてみれば母親代わりという感じでしょうね。お互い。このシーンでたーたんさんのイネスが「男は踊れないとねっ」と堅物のホセをダンスに誘うのですが(これはカタリナを嫁に出すことを寂しがる感じも受ける)、そのダンスが本格的でイネス様無双。ですが、その後、「はいっ」ってカタリナに後を託すと、カタリナもホセをとっても上手にリードするという・・・。2人して本領発揮で嬉しくなっちゃいました。で、ここのバトンの渡し方、素晴らしくスムーズでした。感嘆するぐらいに。

3曲目は男性4人がカルメンのことを歌う「ああいう女」。ここにホセだけならまだしも(いや、それも大概問題ですがw)、市長(別所さん)までいます(爆)。別所さんはこの曲に限らず、今回の役はかなりひねっているみたいで楽しみ。

4曲目はめぐさん無双の「VIVA!」。いやもうめぐさん凄い。もう纏っている物が凄い。めぐさんの存在感を前に、他のキャストはどう自分を光らせるか大変だろうなぁこれ・・・。カルメンなめぐさんをセンターに、ダンサーが所狭しとぐるんぐるんとポジション変えて動きまくる。カルメン一座の巡業公演、溜息が出るほど素敵でした。

・・・

終わった後の補足でしたが、今回はチェコ版(世界初演)とも韓国版とも違い、内容的には原作準拠だそうで、ホセの職業とか、多数修正が入っているようです。

そんな感じですが、稽古場見学会に当選できたから申し上げるわけでもないですが、この段階でこの出来、衣装付きではもっと素晴らしくなる感じ。迷われている方はぜひ。

|

« 『ウレシパモシリ』(1) | トップページ | 『ウレシパモシリ』(2) »

コメント

以前にもコメントさせて頂いた地方のめぐファンです。
今日は(も)行けず、詳細レポを探して再びたどり着きました。

「纏っている物が凄い」に思わず吹き出してしまいました(笑)
ちなみに素のめぐさんは洋服など“装う”事に関してはあまり興味が無いらしく、ファンも心配するほど“飾らない”…いや、“飾れない”女です(爆)

大塚ちーちゃんは何気にお初なのですが、Twitterでもちょくちょく呟いて下さるので、既に好感度大です♪

最後に宣伝までして頂いて…本当に感謝します。
ますます楽しみになりました。
詳しくて温かいレポート、ありがとうございましたm(__)m

投稿: 地方のめぐファン | 2014/06/08 04:43

地方のめぐファンさん>
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

めぐさんは期せずして何度も拝見させていただいておりますが、周囲から見て凄いと思うことも、ご本人は着飾るわけでもなく自然に見せてしまう方のようで、いつも感嘆させられます。カルメンはその部分がめぐさんと凄い被るような気がしてとても楽しみにしています。

そんなめぐさんの姿を拝見してちーちゃんも沢山のことを学ばせていただいているようで。カンパニー皆がそういう気持ちで作品全体のグレードを上げていくことを願っていますし、今回の見学会で確実にそれに向かえていることが分かって嬉しかったです。

投稿: ひろき | 2014/06/08 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/59778131

この記事へのトラックバック一覧です: 『カルメン』(2):

« 『ウレシパモシリ』(1) | トップページ | 『ウレシパモシリ』(2) »