« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014』

2014.5.21(Wed.) 19:00~21:30
東京国際フォーラムホールA 24列20番台(下手側)

1年ぶりのMMS(ミュージカル・ミーツ・シンフォニー)。
去年は笹本玲奈さん、今年は新妻聖子さん。
1年ぶりなのに、見終わった感想が去年と同じ「昼も見れば良かった」というのも、我ながら成長がないというか(笑)

ソワレのセットリストです。
<第1部>
1.Overture/ウェストサイド物語/全員
2.Someone Else's Story/CHESS THE MUSCAL/安蘭
3.Too Much In Love To Care/サンセット大通り/彩吹&田代
4.着飾って 輝いて/キャンディード/新妻
5.Can You Feel The Love Tonight/ライオン・キング/ラミン
6.サウンド・オブ・ミュージック/サウンド・オブ・ミュージック/沼尾
7.Kiss Of The Spider Woman/蜘蛛女のキス/ピーター
8.彼こそ奇跡/シラノ/彩吹
9.君の歌をもう一度/ラブ・ネバー・ダイ/田代
10.For Good/ウィキッド/沼尾&安蘭
11.Come What May/ムーラン・ルージュ/ピーター&新妻
12.Bring Him Home/レ・ミゼラブル/ラミン

<第2部>
13.Why God Why/ミス・サイゴン/ピーター
14.The Last Night Of The World/ミス・サイゴン/ラミン&新妻
15.命をあげよう/ミス・サイゴン/新妻
16.サンセット大通り/サンセット大通り/田代
17.闇が広がる/エリザベート/安蘭&彩吹
18.Phantom Of The Opera/オペラ座の怪人/ラミン&新妻&ピーター
19.All I Ask Of You/オペラ座の怪人/沼尾&田代
20.Music Of The Night/オペラ座の怪人/ラミン
21.私だけに/エリザベート/彩吹
22.ひとかけらの勇気/スカーレット・ピンパーネル/安蘭

<ENCORE>
23.Do You Hear The People Sing?/レ・ミゼラブル/全員
24.Music Of The Night/オペラ座の怪人/ラミン&ピーター

去年も思ったことですが、構成がとてもしっかりしていて、後からの振り返りにも耐えられる構成。
演出は寺崎秀臣さん(「プライド」の演出、「屋根ヴァ」の演出補の方。)が担当されています。

フォーラムホールA(5000人収容)が満員。このホールは来たのは数えるほどですが、お世辞にも音響的には余り良くないホールなので、特に前半はメンバーの歌声が通りにくいのですが、そんなことを物ともしないラミン氏、そして聖子さん・・・うーん、すごい。印象的だったのは万里生氏がこのホールの特性を活かした発声をしてて、あぁなるほど彼はクラシックの人なんだなぁと改めて感じたりもしました。

#4は本当に久しぶりな「キャンディード」からの「着飾って、輝いて」。
クネゴンデの超絶ソロで、公演終了後は1回聞いたぐらいな、お蔵入りsongでしたが、久しぶりでもあれだけ歌える聖子さんは凄すぎる・・・。帝劇公演当時、シングルキャストで週13回登板だったかで、観劇に来てた石井一孝氏(同作品の宮本亜門氏版出演経験あり)が、ただただ呆然とされていたのを覚えてます(笑)。

#6は沼尾さんのソロですが、沼尾さんを拝見するのは今回が初めて。四季当時の沼尾さんを拝見していないので残念至極ですが、諸々の事情で英語なのがやっぱりちょっと淋しい。とはいえ、澄んだ歌声を堪能。

#9は本役の方がいらっしゃるのにまさかの万里生氏。ご本人もてっきりラミン氏が歌うと思っていたそうですが、どうして仲々良かったです。ラウルとして横で聞いていたせいもあるのでしょうが、もう少し声が野太くなると良いような、でもそれだと万里生氏ではないような、ちょっと複雑な気持ち。

#10は今年4回目(笑)の「For Good」。本役の沼尾さんが白の人、安蘭さんが緑の人(爆)。こちらも英語ででしたが、お2方のバランスがとっても良くて、友情!な雰囲気が感じられてとってもFor Good。素敵でした。

#11は意外選曲なムーラン・ルージュですが、これがなんでか、どハマリ。こういう妖しげな誘い系って、聖子さんは照れないでノリノリでやるんで、恐ろしいほど嵌るんですよね(爆)。

第2部。
#13~#15のサイゴンフルコーラスメドレーが凄かったです。

Overtureがサイゴンでその時点でテンション上がりまくりな上、#13が来て、事前情報で#14、#15がそれぞれ話に上がっていましたから、もしや3曲まとめてくるのかと、その事態に身体を緊張させたわけですが・・・

#14のサイゴンデュエットは実は2年連続で、去年は玲奈ちゃんがキム、今年は聖子さんがキム。
クリスはいずれもラミン氏(昼公演はピーター氏)。ということで設定は同じはずなのですが、そして2人とものキムが大好きな私でも、でも今年は嵌り度が段違いなのは、聖子キムがアオザイ姿だったからということが大きい気がします(去年の玲奈キムはドレス姿)。

目の前に展開しているのは、去年以上に「アジア人キムに西洋人クリス」という図式が鮮明で、そして歌声は滑らかすぎるEnglish Duet。その無限の説得力にただただ圧倒されます。

それでいてその曲が終わったらすぐ始まるのが「命をあげよう」。
聖子さんだからこの曲は2曲続けるだろうと予想してはいたものの、実際に続けるとその凄さが半端ない。

この2曲を続けた故に、「キムとクリスが恋に落ち、その一瞬後にはキムとクリスが離ればなれになっている」というストーリーが出来上がって、サイゴンのジェットコースターストーリーぶりに更に拍車がかかっているという・・・(苦笑)。何しろキムが置いて行かれるまで10秒。史上最短記録(爆)。

その上、「The Last Night Of The World」が英語、「命をあげよう」が日本語なもので、「キムはクリスのために必死に英語を覚えて一緒に歌えるようにまでなったのに、クリスに置いて行かれた彼女は日本語で決意表明を歌う」という、摩訶不思議なアナザーストーリーが想像できて、それがまた不思議に説得力絶大という(苦笑)。

冗談はさておき、1日限りのキムの復活がこの舞台で実現したのは何よりの幸せで、やっぱり聖子ちゃんはキムだよな、という思いと、このキムが日本で見られないのなら、海外でキムにチャレンジして欲しいなと思ったのが正直な気持ち。
年齢的にも、「The Last Chance Of The World」だと思うんですよね・・・

#17は安蘭さんトートと彩吹さんルドルフという、眼福で耳福な組合せ。安蘭さんが黒、彩吹さんが白という対比もniceでした。

そんなデュエットに酔いしれた後、とんでもない物がやってきました。
それは#18。

クリスティーヌを歌うは聖子さん。そして下手側からやってくるファントムはラミン氏。ラミンファントムに操られ、ステージの中央で歌い始めるクリスティーヌ。そうするうちに上手側からやってくるファントムはピーター氏。ピーターファントムにも操られ、更に歌が光るクリスティーヌ。

両ファントムに操られているにも関わらず、両ファントムを従えているようなオーラのクリスティーヌが凄すぎて、「Angel Of Music!」「Sing!」・・・しまいには「歌え!」日本語で(爆)煽られ・・・

そんなファントムの煽りを待っていたかのように、どこまでもどこまでも上がっていく聖子さんの高音・・・

その音階まで行けるのは知ってはいるので(「ラマンチャの男」の時の高音でこの経験をしている)、これは絶対そこまでいくだろうなと思ってたら、やっぱりそこまで到達したという・・・

言葉で表現できない感動ってあるんだなと、そう思わずにいられない瞬間を感じられたことにただただ感謝。

で、クリスティーヌな沼尾さんな#19も素敵なのですが、何しろ#18の後でしたので・・・これはさすがに逆だった方が良かったんじゃないなぁと思わずにいられません。

#21のエリザは彩吹さん。選曲バランスから行って、なるほどですが、まっすぐな歌い方がシシィとしてとても新鮮に感じました。私は舞台でこの曲を聞くまでに、何人の「私だけに」を聞くんだろう・・・(爆)

#22は去年に引き続き本編の締めになる安蘭さんのソロ。この曲大好きなので聞けて良かった-。

・・・

MCがさほど多くなく、歌中心で進みましたが、歌うまさん揃いだったのでその方がむしろシンプルで聞きやすい感じ。
というかその方が安心できる気がしたという(苦笑)。

MMSはこの日、秋の開催が発表されており、10月1日・2日に渋谷・Bunkamuraオーチャードホールで。
キャストは6月13日発表となりますが、「出演者・プログラムを一新」と書かれており、またサイゴンキャストは日程の都合上出られない可能性が高い(博多座が9月28日に終わり、横須賀が10月4日からなので不可能ではない)わけなので、どのあたりから選ばれるか興味津々です。

ちーちゃんが9月28日に新国立終わる(三文オペラ)から、来ないかなぁと思ってるわけですが。聖子さんはまた出て欲しいです-。玲奈ちゃんもぜひ復活を-、と色々夢が広がる♪な公演だったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カルメン』(1)

2014.5.15(The.) 13:00~14:00
TOKYO FMホール

天王洲銀河劇場6月公演、「カルメン」製作発表に行ってきました。
今年度に入って溜めまくった振替の消化1日目はこの日に。

通常、製作発表ともなればオーディエンスは「購入者の中から抽選で」となりますが、今回は某所(ばればれですがw)購入分は無抽選での当選。

平日の昼間に行われるこの手のイベントは、事前に休みを取って行くことになるので、行けるかどうか分からないで休むと、外れたとき予定がなくなって凹むので(笑)、ありがたい限りです。

会場は主催のTOKYO FMさんの本社併設ホール。意外なことに、ホリプロさんの単独主催ではないのですね。そういえば、LNDも主催はTBSが入っていましたので、ホリプロさんの最近の傾向(戦略)でもあるのでしょうね。

司会はTOKYO FMの古賀涼子アナウンサー。澱みなく隙なく、なのに上手いこと笑いを誘って盛り上げる進行がとてもお上手です。今まで色々な製作発表を見ていますが、充実度が間違いなくトップクラス。個人的には3強に入るぐらい素晴らしいです。

歌唱披露で6曲、その後演出家・キャストご挨拶、司会からの質問、そして取材陣からの質問ということで合わせて55分。

合間には作曲のフランク・ワイルドホーン氏のビデオレター、主催のホリプロさんの堀社長からのご挨拶もあり、良い意味で「カルメン」の今の全てを出し切った感じのとても良い製作発表でした。

最初にセットリストを告知していただけるのもとてもありがたく、司会さんというかスタッフさんがとても分かってらっしゃる方なんだろうなと印象良化。

動画は既にyoutubeに上がっていますので、それをリピートしつつ。

1.運命の風/jKim(預言者役) →動画
幕開きに歌われる、ソウルフルかつパワフルなナンバーです。jKimさんの歌声はドラロマFINAL以来ですが、まさに魂の歌声ですよね。
預言者役という役どころも、どこかミステリアスなjKimさんの印象にぴったりです。事実上のストーリーテラーだそうですが、本人曰く「『○○○○』(←作品名)以上に出番が少ないです」という、ドラロマでおなじみの放送禁止状態が(大笑)

2.ただ一人の人/清水良太郎(ホセ役)・大塚千弘(カタリナ役) →動画
婚約者カップルお2人の甘々デュエット。見つめ合う目配せが、ちーちゃんにしてはぎこちない(爆)のは役作りの故なのか(苦笑)。カタリナは別所さん演じる市長の娘なので、いわゆる箱入り的な要素もあるようで(ちなみに別所さん曰く「娘への溺愛振りはちょっと異常な面も」とのこと)。この作品でのカルメンとホセが「運命的な出会い」と称されるだけに、カタリナはどちらかというとおとなしめポジションなんでしょうね。
あ、でもご当人先日、シンスト(シンデレラストーリー)を思い出す、おっしゃっていたのはこの曲を聞いてとっても分かりましたが。

清水さん、事前イベントでの動画を拝見していて歌える感じなのは分かってはいて、実際に拝見しても結構良い感じですが、役としてはもう一化けして欲しい感じ。市長の娘との縁談があるぐらいですから、若手有望な警官なんでしょうし、スタイル+αがあればいいなと。

曲披露に入る前に司会さんから作品の説明があって「カルメンとホセの運命はいかに」と煽られてましたが、あれ、カタリナはどこへ(笑)

3.恐れるがいい/米倉利紀(ガルシア役) →動画
米倉さんいわく「横暴な役(爆)」ということで、短いながらも迫力が印象的なこの曲。

カルメンを暴力でねじふせようと、ホセを罠に嵌めてまで迫るジプシーの長(おさ)。

確かに横暴な役が垣間見えるこの曲ですが、後のトークコーナーでの米倉さんを拝見していると、とっても真摯でシャイな感じの方なのでギャップが興味深いです。米倉さんはクリエの「A Song For New World」、新国立劇場「ブロードウェイミュージカルコンサート」(なぜかエンディングへの不在が謎でしたが)以来、3度目。

4.決して振り向くな/濱田めぐみさん(カルメン役)、清水良太郎さん(ホセ役)、別所哲也さん(市長役)、jKimさん(預言者役)、大塚千弘さん(カタリナ役)、香寿たつきさん(イネス役) →動画
1幕ラスト、迫力の6重奏。それぞれの役の立場から発せされるエネルギーが今時点でも相当凄いです。

その中でも、濱田さん→千弘さん→香寿さんと続く3人のパートが、いずれも役者歌のテクニックの3連発で流石すぎます。何というか、「迷っている」役に対する「迷い」がない3人なんですよね。

ただ、この中で比べちゃうと、まだ千弘さんは前の役をちょっと引きずっているというか、掴みきっていない感じはします。濱田さんと香寿さんはある意味前作と同系統の役というせいもあるのでしょうけれど。特に香寿さんの「カタリナを見守る(叔母の)イネス」というポジションは「メグを見守る(母の)マダム」と瓜二つというか、血が繋がっていないだけの違いというか。血が繋がらなくなったのに、利用しなくなって、反面、愛情を注いでいるというのが不思議ですが・・・(爆)。

別所さんもお上手な方ですが、魂を持って行かれるようになるまではもう少しかかる感じ。清水さんはご本人もおっしゃっていましたが「役として歌うのはいつも歌っているのと全然違う」というのを、さすがに実感します。米倉さんもそんなところは感じるので、やはり役の位置づけから掘り下げる舞台系の方と、歌うことから始まる方との違いなのかなと、思わされます。
それを別の世界として違いをそのままにするのか、それとも前者に後者がひきずられるようにするのかが興味深いです。

5.もしも叶うなら/濱田めぐみ(カルメン役) →動画
濱田さんのソロ。ワイルドホーン氏が「日本でカルメンをやるなら濱田さんしかいない」と断言するだけはある歌いっぷり。
濱田さんは四季時代は拝見してなくて(Wicked見たかった・・・)、ジキハイ、LNDと来て今回。そのパワーの凄さには圧倒されます。

この曲を歌いこなす以上に、この曲に役として色を付けられることが凄いんですよね。

はまめぐさんのイメージは自分も「赤」なので、もっともっと情熱的な姿を見てみたいです。

●というわけでトーク&質疑応答

いくつかのコーナーに分かれていましたが、キャスト毎に様子を。

なお、司会が最下手で立って、他の皆さまは着席。下手側から順に、小林香さん(演出)、jKimさん(預言者役)、米倉利紀さん(ガルシア役)、清水良太郎さん(ホセ役)、濱田めぐみさん(カルメン役)、別所哲也さん(市長役)、香寿たつきさん(イネス役)、大塚千弘さん(カタリナ役)です。

◇小林香さん(演出)
原作に沿った演出を考えています。世界初演のチェコ版、去年幕が開いた韓国版とも違うものがお見せできれば。日本版で初めて披露する新曲もあります。

この作品の舞台の時代は男性上位で、男性が女性を支配していた時代。そこでカルメンが女性としてどう生きていくかを、どう見せるかをメインに置いていきたい。その時代においても愛するも愛さないも自由、ということを表現したい・・・とのこと。

◇jKimさん(預言者役)
濱田さんとは17年来の付き合い(で仲良し)。
一緒の楽屋だったことが多かったので、今回久しぶりに共演できて嬉しい。
出番が某作品並みに少ないのですが(笑)、その少ない出番の中で存在感を出したい。

◇米倉利紀さん(ガルシア役)
ミュージカルに出るようになって5年、今回は乱暴な役どころ。作品の中でどのように生きていくか、今時点でさほど稽古がついてなくて(これからあまり稽古に出られないのが不安だけれど)頑張りたい。

◇清水良太郎さん(ホセ役)
いままで自分が歌ってきたのとミュージカルの歌は全く違う。いままでは自分が歌いたいように歌ってきたけど、ミュージカルは役や作品が先にありきなので、大変です。
作品の上では男性上位だけど、女性が強い現場なので(笑)、皆さんに助けていただいて頑張りたいです。

・・・ちなみに「濱田さん、大塚さんに『清水君こっちこっち!』って言われるそうです(爆)←明日「何で言うのよ-」って婚約者さんに突っ込まれてると見たw

◇濱田めぐみさん(カルメン役)
役作りに本を読んだり映像を見たりで彼女の役を深めている段階です。今回は歌だけではなくフラメンコのシーンもあるのですが、フラメンコは他のダンスと全く違った要素があるので、稽古終了後に自主練で稽古場に居残っていたりする。他のキャストもそうだと思うけれども今が一番きつい時期だと思いますが、頑張って私たちなりのカルメンの世界をお届けしたいです。

◇別所哲也さん(市長役)
悪い市長の役で、その悪さをどう出せるか。自分はいい人なので(笑)。それにしても清水君が若くて羨ましい。20年若ければホセに私をと、堀社長(最前列の堀社長に向かって)にオーディションを受けさせてくださいとお願いしたのですが(笑)。

舞台に立っていると、役としても作品としても「運命」を感じることがある。今回のキャスト、作品も稽古が始まってその瞬間があると確信している。その「運命」の瞬間を感じて、舞台上でカルメンの世界をしっかりと生きたい。時にキラキラと、時にギラギラとするこの作品で、私はギラギラ担当ですが(笑)。

◇香寿たつきさん(イネス役)
この作品の中では唯一の明るい役と申しますか、コメディ的な要素もあって・・・実はコメディって苦手で、何度も来ていただくお客さまは(2度目以降は)笑いどころが分かってしまって、失笑が起きてしまうかもしれませんが、それにめげず(笑)コメディ担当を務めたいです。

フラメンコも踊ると言う話で、周囲のダンサーはみんな若くて眩しくて、私は踊るのも久しぶりなのでダンサーならぬガンサー(顔さー)の心意気で頑張りたいです(笑)

◇大塚千弘さん(カタリナ役)
キラキラ担当の大塚です(会場内笑)。

ミュージカルに出ている身としてはワイルドホーン氏の音楽が歌えるのが嬉しいです。
この舞台上以上に楽しい現場で稽古に行くのが楽しいです。

・・・そう言えば演出の小林さんの印象を聞かれて「以前一度ご一緒させていただいたことがありますが(クリエ「TATTOO 14」、作品をどう着地させるかのイメージが明確で、どんなことを聞いても答えてくれる、広辞苑のような方です。それでいてキャストからの気持ちも吸い上げていただいてとてもやりやすいです」と答えていました。

・・・黒のドレスが映えて綺麗でした。
この日の女性キャストは濱田さんが黒系とはいえ、赤の方が鮮明でしたし、香寿さんは明るい系(白とオレンジ)で被らず素敵でした。

・・・ずいぶん抜けている気もしますが、それでもこの量・・・

最初にも書きましたが、この日は進行の方がとても巧みでスムーズ。その上、キャストへの質問も、どのキャストにも内容が被らず、かつキャストが一番答えやすいと思われる内容がきっちり組み立てられていて、キャストもとても答えやすそうでした。

進行の上手さがスタッフの優秀さを感じさせる、とても充実したイベントに拍手。拝見できる日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »