« 『ラブ・ネバー・ダイ』(2) | トップページ | 『ラブ・ネバー・ダイ』(3) »

『Off-Broadway Musical Live』

2014.4.26(Sat.) 18:00~20:10 江古田buddy

オフブロードウェイミュージカルの楽曲を集めたライブ。

まずはセットリストから。

第1部
1.New World/Songs For A New World/全員
2.Movi'n Too Fast/The Last 5 Years/堀江(ソロ)
3.Wild Flowers/Fugitive Songs/田村・綿引
4.Why/tick,tick ... BOOM!/川口(ソロ)
5.Be My Friend/EDGES/全員(堀江以外)
6.Hemming And Hawing/35mm/藤倉・堀江
7.CBT/Island Song/綿引(ソロ)
8.Traffic Island Song/Island Song/全員

第2部
9.Blaze A Trail/Trails/全員
10.Rock City/See Rock City/堀江(ソロ)
11.I'd Give It All For You/Songs For A New World/川口・木村
12.Three Friends/Closer Than Ever/川口・藤倉・綿引=3人娘
13.I'll Be Here/Ordinary Days/木村(ソロ)
14.Stories In The Sky/Trails/木村・田村・堀江
15.Run Away With me/Sam Brown/田村(ソロ)
16.That Smile/It's Only Life/全員

ENCORE/全員

見たことある作品は「Songs For A New World」(2012年/シアタークリエ)と「Ordinary Days」(2013年/上野ストアハウス)。
曲としては聞いたことのない曲ばかりでしたが、けっこう楽しめました。

第1部はちょっと慣らし運転という感じで、盛り上げ方をつかみかねてる感じでしたが、第1部ラストの曲で盛り上がってそのままの勢いで第2部突入なのが結果的に良かったです。

そういえば休憩の時に振り返ったら、そこに川口さんがいらして、つい「盛り上がってきましたね-!」とか話しかけてしまった(←どんなだ(笑))

そんな川口さん、#12に注目。

はい、そういうことです(笑)

仲良し3人娘、下手側に(藤倉)梓さん、上手側にびびちゃん・・・はいいのですが、中央に、「竜子」と仰るお方が(爆)
暗転して必死でズラ被ろうとしてるお方が(爆)。

この曲はコメディータッチの曲なのですが、一部gdgdになってしまうところもあり、何となく合わせ不足なのでは?とちょっと思ったり。

意味合い的に比べる物ではないのでしょうが、B班のliveの構成がどれだけ秀逸だったのか今さらながらに思い出され・・・

オフブロードウェイとひとくくりにしても、曲調にしろ雰囲気にしろ、必ずしも十把一絡げじゃないだけに、曲のバランスもなかなか難しかったのでしょうね。
演出の藤倉さんが間に挟む作品解説も興味深いのですが(ちなみにセットリストが事前に配布され、作品解説はそこにも記されていて有り難かったです)、流れ的に1幕がちょっと大人しかったかなと。

あとこの種のライブでちょっと楽しみなトーク系のリーダーがいなかった感。
花代さんは川口さんとセンターでしゃきしゃき仕切っておられましたが、それ以外は某リーダーがちょっとトークを切っちゃう感じで、流れがちょいと微妙な感じ。びびちゃんもどこかポジショニングが分かりかねてる感じだったし、この人数での役割分担がようやく後半で見えていた感じがしました。

翌日行った方はそれほど違和感は感じなかったようなので、ようやく手慣れたのかと(爆)。

ともあれ、オフブロードウェイと銘打って、本編はオフブロードウェイだけだったことには拍手。これらの作品が一つでも多く、日本で花開きますように。

|

« 『ラブ・ネバー・ダイ』(2) | トップページ | 『ラブ・ネバー・ダイ』(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/59542854

この記事へのトラックバック一覧です: 『Off-Broadway Musical Live』:

« 『ラブ・ネバー・ダイ』(2) | トップページ | 『ラブ・ネバー・ダイ』(3) »