« 『シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密』 | トップページ | 『笹本玲奈 15th Anniversary Show Magnifique』(1) »

『プロパガンダ・コクピット』

2014.1.25(Sat.)18:30~21:25
光が丘IMAホール 9列目1桁番台(下手側)

藤倉梓さん作品はオリジナルでは初めての観劇。去年10月のScore Produce『Ordinary Days』(翻訳、演出)と含めると2作品目。
思っていたより早くチケットが捌けていったので、土曜のこの日をおさえられるか心配で、ひとまずほっ。

テーマからして朝鮮半島の非武装地帯からインスパイアって時点で、恐らくはほぼ賑やか時々毒ないしスパイス、って感じで想像していたのでだいたい予想通り・・・ではありますが、あのはっちゃけ方、あの人数をちゃんと見られる物にするって凄いなぁ。

1幕で張りまくってた伏線を、2幕で文字通り回収していく様は、なんかその「アイディア」自体がネタというか。
どこまで行くのかと思ったら恐ろしいところまで行きましたが(笑)、途中から「ネタのためのネタ」になってしまった部分もあって、ちょっと間延びした部分も感じて。

物語は、ドンパチやってる西の国と東の国、その真ん中にある非武装中立地帯、通称「プロパガンダ・コクピット」を舞台に進行します。西から東に亡命しようとするトリオ(田村良太さん)、東から西に亡命しようとするセンパイ(鎌田誠樹さん)、そしてプロパガンダ・コクピット内のアイドル、通信傍受担当のユズ(神田沙也加さん)の3人がメイン。

トリオとセンパイが鉢合わせでプロパガンダ・コクピット内のあれやこれやに巻き込まれていく・・・なんですが、なんか最初、トリオとセンパイが同じ部隊の後輩先輩かと勘違いしました(爆)。

話が進行するにつれ、「束の間の均衡状態」が保たれていた「プロパガンダ・コクピット」が、西のプロパガンダ(宣伝)と東のプロパガンダ間の板挟みになっていくのですが、「プロパガンダ・コクピット」の中にいる人々にとって、西が正解だろうが東が正解だろうが関係ないんですね。幸せで暮らして行ければそれでいいと。

でも亡命者2人はそうはいかなくて、自分が向かおうとする国に自分が達することが自分の幸せと信じて疑わない。
そして「国」を代表する2人も、自分の国が相手の国に勝利することこそ自分たちの幸せと信じている。

その3者を見ていると、後者の2つはずいぶん不確かなんだなということを感じたり。
パンフレットでとある俳優さんが「自分は自分にプロパガンダ(思い込み)をかけて生きている」って書いていたけど、特に亡命者2人と「国」にはその要素を強く感じたかな。しかも強迫観念に似た、「それにすがらないと生きられない」脆さみたいなものが。

「プロパガンダ・コクピット」内の人々は”笑うことで自分達の今の不安定な状態から逃避している”点はなくはないだろうけど、双方から狙われたときに中間地帯だからこそできること-ある意味「プロパガンダ」を「コントロール」する「コクピット」たりえたのかと。

どことなくふわふわした西側の「プロパガンダ」は怪しさを含むし、東側の「プロパガンダ」は実現性を危ぶまれるし、でも「プロパガンダ・コクピット」の中で外側の通信を傍受する”籠の中の鳥”の象徴であるユズは、東西の「プロパガンダ」を超える「プロパガンダ」を提示できたんですよね。
だからこそトリオもセンパイも最後の一歩を踏み出せた。なんか羨ましいおまけも付いていたけど(笑)。

見ていて印象的だったのは、やっぱりそのユズかな。この公演を見に行く最後の決め手が彼女だったから当たり前なんですが、いやま正直、もっと弾けまくると思ってたから、M19「プリンセスロード」は実はあれでさえ物足りなかった(笑)けど・・・

「あれはプロパガンダだ、知識ではない」というユズの言葉は重いよなぁ。
自分の身は自由にならず、放送だけで知る外の世界。
いくら聞いても聞いても、それは本当の意味の「知識」じゃない。
いつか本当にその「知識」に触れられることを信じて・・・というのは彼女のポジションとなんかリンクしてしまう気がして、何かあの役に彼女が選ばれた理由が、分かるような気がしました。

その両隣、鎌田氏も田村氏も格好良かったし、その2人含めたM16「空」のレミ4人勢揃い(川口氏、神田氏も)は壮観でしたね。藤倉組皆勤だそうな田宮華苗さん(タレント役)もキャラ立ってたし、「屋根の上のヴァイオリン弾き」から出てきたかのような(笑)奈良坂氏の「ウルグアイ式洗濯の歌」もわろた(というか「洗濯担当」という役だったのですね)。
『Ordinary Days』で拝見してた小松春佳さんも出られてたわけですが気づかなかったなぁ(後でパンフ見て気づいた)・・・と書いたら教えていただきました。西からのスパイ役・・・あ、思い出しましたw

理屈抜きで楽しんでも面白いけど、押しつけがましくないメッセージ物って気軽に見られて気軽に考えられて嬉しいですね。

|

« 『シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密』 | トップページ | 『笹本玲奈 15th Anniversary Show Magnifique』(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/59013571

この記事へのトラックバック一覧です: 『プロパガンダ・コクピット』:

« 『シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密』 | トップページ | 『笹本玲奈 15th Anniversary Show Magnifique』(1) »