« 『StarSありがとう公演』 | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(14) »

『スクリーン・ミュージックの宴』(1)

2013.11.15(Fri.) 18:30〜21:00
めぐろパーシモンホール 大ホール 1階4列50番台(上手側)

企画としては第4回となるそうなこの映画音楽コンサート。
今年も新妻聖子さんが出演ということで、2年連続となるめぐろパーシモンホールへ。

サイゴンの時も、前回の時も思ったけど本当に遠いこのホール。
東急東横線都立大学駅自体も遠いし、駅からもえっちらおっちら歩く長い坂道。
でもホールの外のきらきらイルミネーションは疲れを癒してくれますね。

全セットリストは家に置いてきてしまったので、聖子さんの曲目をひとまず。

1幕
1.GOLDFINGER
2.THE ROSE

2幕
3.TO SIR WITH LOVE
4.HAPPY TALK

アンコール
5.PHANTOM OF THE OPERA
6.We Are The Champion

出番はそれほど多くないのですが、出てくると必ず会場の空気を全部かっさらっていく様は健在。
そういえば今回は英語詞ばかりでしたね。

M2の「THE ROSE」は「DRAMATICA/ROMANTICA」では彩吹さんが日本語詞(小林香さん)で歌われていた曲。
念願の聖子さんの歌声で、しかも英語。

聖子さんの歌声は以前ならこの曲に合わなかったと思うけど、最近は「癒し」曲には無理な力を入れないようになって。それこそドラロマあたりからかな。
多分一人で歌っていただけじゃ分からないものを得たんじゃないかなと思う。
「大切な人がそばにいることを信じられるように」という一人MCも素敵。

というか、司会(津島令子さん)、メイン(増田久雄さん)がいらっしゃるのに、聖子さんに関しては自己紹介から曲紹介までほとんど全部セルフMC(笑)。
お2人と一緒に話すコーナーさえなかったのに笑いました。
ま、増田さん喋りだすと長いから@別所さん談

M4の「HAPPY TALK」は通称「可愛い系」。
えーと、センターになっているお姫様が一番ノリノリなのは仕様ですね、そうですね(笑)。

この曲最初から、コーラスのSUITE VOICEの4人が入ることになっていたようなのですが、何だか段取りに手間取ったらしく、指揮の寺嶋さんも見切り発車した結果、聖子さんが出てきつつも「え、歌っていいの?」みたいな表情になってて吹きました。
途中で4人追いついて何より。

ピンクドレスで本人直伝の可愛いダンスしながら、周囲の黒ずくめコーラスさんとじゃれあっている姿が水を得た姫でした(笑)。

で、何と言ってもこれです。
「PHANTOM OF THE OPERA」。

念願の新妻聖子クリスティーヌ。

以前BSで錦織健さんと「All I ask Of You」を歌われたことがありますが、今回は別所さんファントムとのペアで、「PHANTOM OF THE OPERA」。

もう凄いなんてもんじゃなかったです。

今まで自分が聞いた中で、聖子さんの歌声で一番上まで出たのは愛知・幸田町の「Time To Say Good-bye」だったと思うのですが、それの更に2音ぐらい上まで・・・

ラストのクリスティーヌのソロ、一音ずつ上がる度に、「次の音も出る」ことが疑いもなく。それで、「絶対次も上げてくるな」って思える歌い手さんってそうそういません。

終わった後、余りの感動でフォロワーさんたちときゃっきゃしました(笑)

・・・

で、ここでようやくゲスト2人(別所哲也さん、新妻聖子さん)と司会・メインお2人との会話に。12月東京芸術劇場公演『クランク・イン』の宣伝を増田さんがしつつ、2人に話を振る。

別所さん「私の役はオリオと言うんですが、星座(オリオン座)から来ているんですよね。宇宙飛行士になりたかった夢が叶わなくて、失意の中次の人生を歩もうとする時に出会うのが新妻さん演じる女性なんです」

新妻さん「私の(舞台)デビューは『レ・ミゼラブル』で、その時別所さんは主役のジャン・バルジャン役をされていて、私は手紙を持って行って追い返されて(笑)。その翌年『ミス・サイゴン』ではバーに売られて(笑)、ようやく今回恋人役になれます(笑)」

別所さん「役の上でですからね(汗)」

・・・あ、このパターン、玲奈ちゃん→石丸さんでも見た(笑)

という話をしていたら、その『クランク・イン』に出られるモーガン・フィッシャーさんの話になり・・・

増田さん「あの伝説のQweenのメンバーですよ」

津島さん「We Are the Champion・・・」

新妻さん「We Will Rock Youって言い出すのかと思いました(笑)」

・・・というところで何とサプライズゲスト。
モーガン・フィッシャーさんがハーモニカ弾きつつ登場。

いきなり「We Are the Champion」になったのですが、歌詞を完全に諳んじてる聖子さんが一人超ノリノリで(笑)

あなたがチャンピオンですよ(笑)

・・・

増田さん「日本在住15年なんですよ」

モーガンさん「はじめまして。イギリス出身、杉並区在住(笑)、納豆大好きモーガン・フィッシャーです(笑)」

・・・伝説の方とのイメージギャップ面白すぎます(笑)

『クランク・イン』は寺嶋さん、モーガンさん作の曲もあるようで、結構楽しみになってきました。
この日のメンバーがほとんどそのままカンパニーに移行されるとのことで、既に出来上がった感じになってたのが嬉しかったです。

緞帳を締めるタイミングが早すぎて最後みんなあわあわしてたのが笑えましたが。

次回は2014年10月2日(木)に昭島、2014年10月3日(金)に有楽町よみうりホールだそうです。さて、出演どうなることでしょうか・・・。

|

« 『StarSありがとう公演』 | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/58585096

この記事へのトラックバック一覧です: 『スクリーン・ミュージックの宴』(1):

« 『StarSありがとう公演』 | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(14) »