« 『レ・ミゼラブル』(14) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(16) »

『レ・ミゼラブル』(15)

2013.11.21(Thu.) 18:15~21:30
 帝国劇場2階K列40番台(上手側)

2013.11.24(Sun.) 12:00~15:15
 帝国劇場2階C列30番台(センターブロック)

帝劇凱旋公演、当初は5回の予定で、この2回はいずれも当初予定にない追加日程。

21日ソワレは郁代コゼをもう1回見たくての追加。19日ソワレがびびエポ(綿引さん)との組合せだったので、本当はそちらを選択したかったのですが、前週木曜日の残業時間を火曜日に振り替えてしまったという痛恨のスケジューリングミスで21日に。
結果、凱旋で見られない予定だった昆エポが見られて。で、郁代コゼ&田村マリ&昆エポの組合せが絶妙に良い。(この組合せは凱旋でこの回1回しかなかったそうです。昆ちゃんがtweetしてました。)

自分のマイベストは玲奈エポ&育マリ&若井コゼの組合せなのですが、それに匹敵するもう一つのベストが郁代コゼ&田村マリ&昆エポ。それを発見できたのが嬉しかったです。

前者は大人同士のさや当てを感じますが、後者は若者同士のさや当てという感じ。
この組合せがどっちも好きなのは、エポがコゼに対して白旗を上げているところ。

小さい頃との立場の逆転でエポがコゼに何を思うか・・・と言うときに、エポがコゼに過剰な対抗心を燃やすタイプのエポがいたりしますが、自分としてはそれはちょっと釈然としなくて。

コゼが絶対的に光って、マリウスがコゼに惹かれてこその「プリュメ街」、そしてエポは片思いすることしかできないからこそ「恵みの雨」が光るわけだし。

そういえば日曜日のマチネでは、「プリュメ街」で育マリが玲奈エポをお姫様抱っこ。
「僕は飛ぶよ虹の空へ」がお姫様抱っこで、降ろされた玲奈エポが「突き刺さる彼の言葉が」と継いだのですが、よく考えるとこれは全く持って不思議な展開で。

だってマリウスってば、コゼットのことを考えながらエポニーヌをお姫様抱っこしてるんですよ(笑)
エポニーヌもどうして良いか分からないじゃないですか(大笑)

物語的には全く持って不思議ではあるんですが、あの玲奈ちゃんを軽々と回してたいっくんの腕力に脱帽。
他のエポ相手ではやってたそうですが、前回見たときは玲奈ちゃんを持ち上げてくるっと回していたので、見られて嬉しい。

24日マチネは知り合いの方からお声掛けをいただき、急遽の観劇ながら超良席。久しぶりにセンターでレミを堪能。
この日のコゼットは、凱旋では見られない予定だったレイナコゼ。

郁代コゼ、若井コゼとまた違った魅力のレイナコゼ。
実年齢ではレイナさんは郁代さんの1学年下ですが、コゼに関しては郁代さんより年長な感じがしたかな。
長女な”しっかり者”若井コゼ、次女な”伸び伸び派”レイナコゼ、三女な”元気印”郁代コゼ、みたいな。

コゼットを見ていていつも思うのですが、役者の個性を押さえつけちゃう役じゃないかなと思う。
コゼットとエポニーヌっていつも対比されますが、エポニーヌはある意味、役者の色が付けやすいというか、個性を反映させやすい役だと思うのですね。それに比べるとコゼットは、妙に役に萎縮せざるをえないような位置付けに感じます。

コゼットお3方とも、もっと弾けた役の方が魅力が表現できると思うのですが、「コゼット」という役の中では制約が大きくて窮屈な印象を受けます。

・・・

日曜マチネ、この日の居酒屋シーンで光りまくっている女性アンサンブルさんを発見。・・・綿引さやかさんでした。そりゃそうですよね(笑)。

すっかりエポニーヌとしての認識が自分の中では定着しちゃったので、アンサンブルさんで拝見するのがとても新鮮。やりたい放題遊んで弾けてました(爆)

ラスト前のカーテンコールで、下手側端に玲奈ちゃんと綿引さんが並んだのですが、「エポニーヌが2人」という印象の方が強かったです。そういえば玲奈ちゃんはこの日が福井さんバルジャンとの組合せ楽。ラストカテコでなぜか下手側端で握手してお辞儀されていました。なぜセンターでやらないのですか(笑)←主に玲奈ちゃんがシャイだから(爆)

・・・

もひとつアンサンブルシーンと言えば、コゼエポは本役登場前にアンサンブルシーンで出ています。

この日はエポを中心にじっくり見。何しろ玲奈ちゃんなので基本目立つのですが、アンサンブルシーンは少しオーラを減じていたりして、時に見つけ出すのに失敗したりします。

面白いのは工場のシーンで、エポニーヌは右から2人目(ちなみにコゼットが右から4人目)ですが、ここでエポニーヌ役の女工さんは工場長に後ろからちょっかいかけられるんですね。抵抗できない(しない)エポニーヌが不憫ですが、この日の玲奈ちゃん、さすがの反応があって。ひとしきりちょっかいかけられた後、隣の女工さんに「大変ね」みたいなこと聞かれて「どうってことないわよ」みたいにあっさり返してたことに意表突かれて。その後、歩いてみんな工場長のところ行くところで一人だけスキンシップしてる(さりげなくボディータッチしてる)様がさすがだなぁと。

このシーン、ファクトリーガールがファンテーヌを追い出しますよね。で、ファクトリーガールが工場長の愛人の座に納まるわけですが、玲奈ちゃん女工さんにはファクトリーガールの寝首掻いて追い出しそうなオーラを感じました(笑)。

農場のシーンでさやかさん・レイナちゃん・玲奈ちゃんと並んでいたのも面白かったです。

・・・

凱旋公演あと3日、拝見できるのはあと2回(26日ソワレ、27日マチネ)。
熱くなりまくる舞台、付いていけるように体調を整えたいです。

|

« 『レ・ミゼラブル』(14) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/58637916

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』(15):

« 『レ・ミゼラブル』(14) | トップページ | 『レ・ミゼラブル』(16) »