« 『ジャンヌ』(7) | トップページ | 『ジャンヌ』(9) »

『ジャンヌ』(8)

2013.9.28(Sat.) 16:00~20:00
兵庫芸術文化センター(西宮)中ホール 1階A列10番台(下手側)

兵庫遠征、世田谷で1回だけあった最前列の奇跡再び。
世田谷が終わって中3日、芝居がますます深まっていて感動。
何度も見た上での最前列なので、今までのことを思い返すのにも有効ですし、こんなシーンだったのか!と思い直すこともしばしば。

東京後半では少し控えめだった笑い声も、ここでは兵庫初日ということで各シーンで頻繁に笑い声が上がっており、終演後のアフタートークでも司会の今井さんが感謝されていました。

今日はひとまずトークショーの速報ということで、たっぷり35分はあったトークショーの内容をレポートします。
登壇者は4人の俳優陣。上手側から伊礼彼方さん(デュノア役)、笹本玲奈さん(ジャンヌ役)、浅野雅博さん(シャルル役)、今井朋彦さん(ウォリック役)。司会は最下手側の今井さんが務められます。

終演後10分でのトークショー開始、完全に帰り支度ができている
笹本さんと今井さん。
風呂上りの後のような(爆)浅野さん。
そして「なんで皆さんそんなに準備早いんですか!メイク落とし終わってないですよ!」と眉毛が老けメイクなままの伊礼さん(笑)。

今井さんが司会で上手く回そうとするのですが、
約1名その空気を折り砕く方がいらっしゃいまして(笑)。

でも全体的には「タイトルロールの」(←複数回言っていただいていました)の笹本玲奈さんに振っていただいた場面が多かったです。

ありがとうございます。

●お互いの関係を
今井さんと浅野さんは同じ文学座ということで、今井さん⇒浅野さん「ちょっと後輩」、浅野さん⇒今井さん「だいぶ先輩」ということでしたが
・・・伊礼さんがちゃんと突込み入れてます。
突込みセンサー、相変わらず絶好調です。

そして笹本さんと伊礼さんは「ミュージカルチーム」と紹介されていましたが、浅野さんいわく「自分と(隣の)玲奈ちゃんとの間には壁があるんだね」と線を引こうとする始末(笑)

が、今井さんが触れていましたが、笹本さんと伊礼さんは実は初共演。
「どうでした?」という振りに対して。

玲奈ちゃん「私人見知りなので、伊礼さんとお会いしたのはたぶん取材のときが初めてだったと思うんですけど、とにかくしゃべるじゃないですか(笑)」
伊礼さん「え、もっとしゃべる人いるでしょ」

玲奈ちゃん「伊礼さんより喋る方とご一緒したことないです
(大笑)」

伊礼さん「でも取材使われるのは(玲奈ちゃん)だけ(笑)」
玲奈ちゃん「言いたいこと絞っているんです(えへん)」

玲奈ちゃん「でも、伊礼くんの(その)おかげで稽古も最初からすっと入っていけてありがたかったです」
・・・という、若手仲良しコンビの会話。

伊礼さん「何しろベテランの皆さんばかりじゃないですか。世田谷(パブリックシアター)の楽屋って、4人部屋だったんですが、Mさん、Nさん、Aさん、そして私ですよ。何も言えるわけないですよ(笑)。
しかもMさんとNさんが討論始めるとAさん死んだふりするから僕に降ってくるし(笑)」

・・・大人の事情により実名を伏せましたことをお詫び申し上げます(爆)

●消費量って

今井さん「このお芝居ってエネルギーの消費量ハンパないじゃないですか。
 笹本さん、どうですか」

笹本さん「稽古のときは本当、1場ごと『帰りたい』って思ってましたね(爆)。
 特に1場、2場、3場と説得するシーンが続きますからほとんどマラソンみたいで」

今井さん「マラソンといえば、笹本さん結構運動されるんですよね」
笹本さん「そうですね。水泳とかテニスとか」
浅野さん「テニスするの?」
笹本さん「えぇ、(学校で)テニス部だったので」
浅野さん「僕もテニスするんだよ」
笹本さん「硬式ですか」
浅野さん「そうだよ」
笹本さん「じゃぁ今度軽井沢で
伊礼さん「なぜ軽井沢(笑)」

笹本さん「そういえば稽古中は夜マラソンしていたんですよ。
 走りながら台詞をしゃべるという・・・
伊礼さん「そんなんやってたから、
 稽古来て、疲れてたんじゃないの?」
笹本さん「そうかも(笑)」

●日々の変化

浅野さん「玲奈ちゃんの芝居は日々違う。いい意味で毎日違う。
 だから日によって距離が違って、『顔遠いっ!』という日もある(笑)」
笹本さん「(撃沈)」
伊礼さん「ダメじゃん」
浅野さん「いや照明ぎりぎりに立ってるから大丈夫ではあるんだけど、むちゃくちゃ近い日もあるね」

今井さん「そういえば台詞って皆さん噛んだりします?」
伊礼さん「僕は楽屋でむちゃくちゃ喋って喋り疲れたぐらいがいい按配で(笑)。
 で出てきて噛んでもあまり気にしない」
笹本さん「気にしなよ(笑)」

今井さん「そういえばその話で『日常生活で噛むとか当たり前なんだから、芝居上で誰も一度も噛まないのはかえって気持ち悪い』っていわれたお客様がいらして印象的でした」
一同「へぇ」

●ミュージカルとストレート

今井さん「ミュージカル組のお2人で、ミュージカルでの歌と台詞での切り替えとかってどうされてます?」
笹本さん「あまり意識しないですね。全編歌の『レミゼ』とかだと『違う、それは違う』とか自然に歌いだしちゃいますが」
伊礼さん「(拍手)」
笹本さん「え、その拍手はなに?」
伊礼さん「え、もっと歌ってほしいという拍手(笑)」

今井さん「そういえば皆さん、役としては何人が多いですか。私の場合は、外国人か殿様なんですけど(笑)」
浅野さん「基本的に日本人です。和物の顔なので」
伊礼さん「玲奈ちゃんと2人は外国人役多いよね」
笹本さん「そうですね。日本人役数えるほどしかないです。
 今年ずっとフランス人です(大笑)」

・・・「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ、そして「ジャンヌ」のジャンヌ・ダルクですから確かにフランス人役だけですね・・・

笹本さん「今回は日本語の勉強になりました。
 台本いただいて読むとき、広辞苑片手に読みましたから。普段どれだけ日本語を話していないんだろうと思って」
伊礼くん「僕も台本いただいたとき、電子辞書片手に読みました。で、稽古行ったら読み方違ってて(笑)。だって『良人』って書いてあって『おっと』って読めませんよ(苦笑)」


・・・全般的にまとまりこそなかったけれど(主にIR氏ゆえ・・・笑)、
興味深い話がたくさん聞けて面白かったです。
思い出したら追記しますー。

|

« 『ジャンヌ』(7) | トップページ | 『ジャンヌ』(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/58284684

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャンヌ』(8):

« 『ジャンヌ』(7) | トップページ | 『ジャンヌ』(9) »