« 『トゥモロー・モーニング』(2) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(4) »

『トゥモロー・モーニング』(3)

2013.4.21(Sun.) 18:00~20:20
シアタークリエ 3列目20番台(センターブロック)

前方席のゲットが出来ていなかったこの公演、某所で見つけて見てきました。
公演4日目というのに早くも3回目。試験頑張った(但し一夜漬け)ご褒美という勝手な名目付き。

公演ダイジェストPVがアップされたと言うこともあり、東京中日も過ぎましたので、結末以外のネタバレは解禁とさせていただきますので、ネタバレNGの方は回れ右してください!




よろしいですか?

よろしいですね?




てな訳で。

●韻を踏む
金曜日のトークショーで書き忘れていたのですが、この作品の日本語訳は演出も担当されている荻田さんがされていますキャストの皆さんが絶賛されているのが日本語訳の絶品さ。上智で外国語やってた石井さん、新妻さんが口を揃えて絶賛されているというのが興味深いです。

で、
石井さん「韻をすんごく踏んでて、ある曲とかは100回近く踏んでる」
万里生さん「数えたんですか。さすが作曲とかされている石井さんは気になられるんですね」
という会話になっていまして。

で、どこが韻を踏んでいるんだろうと1曲目「Everything Changes」を聞いていたら・・・

ジャック「10年分の不毛な時間」
キャット「10センチも太るなんて」

ここ、平仮名にするとわかりやすいのですが

ジャック「10ねんぶんのもうなじかん」byカズさん
      ↑↓        ↓
キャット「10せんち  もとるなんてー」by聖子ちゃん

という(笑)

そういえば一部で評判だった空耳アワー(動画にも入ってます)。

幾万の秘密が」
 ↑
肉まんの秘密が」

(笑)@秘密のタンゴ

●カップルの数

この作品に出てくる2つのカップル、
離婚前日のカップルがジャック(石井一孝さん)とキャサリン(島田歌穂さん)
結婚前日のカップルがジョン(田代万里生さん)とキャット(新妻聖子さん)。

このカップル、実は同じカップルなのです。

金曜日のトークショーで聖子さんが明らかにしていたので、その日トークショーまでご覧になった方には自明の理なわけですが、ジャック&キャサリンから見ると、10年前の自分たちがジョン&キャットなのですね。

これ、今回の作品の肝中の肝でして、離婚直前(離婚協議書に弁護士事務所でサインする直前)で踏みとどまったときに、ジャックが「キャット」とキャサリンに呼びかけることで観客に初めて明らかになります。

これについて聖子さんはトークショーの締めの挨拶で上記の通り触れていたのですが、「それを知ってから見ると全く違う風景が見える」というのが全く仰せの通りで、自分もこの日の観劇は今までと見る世界が違って見えたのでした。

ちなみに「結婚式に向かうリムジンを(10時に)予約し忘れた」がシンクロするのはご存知の通りで。

●キャサリンの過去、キャットの過去

バラエティに富んだ曲の中で、実は一番重要と思われるのが、2幕8場でキャサリン役の歌穂さんが歌う「Self Portrait」。
ここでキャサリンは自分の過去について歌っているのですが、それは即ちキャットの過去でもあるんですよね。

キャサリンはイタリアに行ってて、「義理の父から帰ってこいと言われてる」と歌っているのですが、これは当然ジャックと出会う前のこと。ジャックが脚本の売り込みをスターバックスでやっているときに出会った、とその後で言っているので。
で、「義理のお父さん」と言っていると言うことは実はキャットは離婚歴あり・・・なのかと勘違いしていたのですが、
単純にお母さんの結婚相手(=キャットは心を許していない)のことですね。

両親が別れたからこそ「愛」に対してダイレクトに信じられないのがキャットなのだと。
それからするとその後のキャットであるキャサリンが、息子のためには「別れた方がいい」と思い込む様はとっても悲しくなりますね。

そういえば、キャットは1幕1場「Everything Changes」で「まだ勝利の味を知らない」という、見た目とは裏腹な歌詞を歌っていたりしますが、そこからはいろいろと外見と違った印象が見えてきます(爆)。ま、それでこそ聖子さんのやる役ですけどね(こら)。

そういえば、「これからもずっと・・・」とジョンと話しているキャット、またお得意の天に召されちゃう話が発動してしまうのかと心配になりました(苦笑)。

●2組のカップルの共通点

正しくは時間を超えた1組のカップルですけど、それはともかくこの作品「トゥモロー・モーニング」で描かれる「結婚前日」と「離婚前日」というのは、”究極に不安になる日”という意味で共通しているように思います(と、結婚も離婚もしたことがない人が書いてみる・・・笑)

この作品でもジョンが歌っていますが「近づくほど不安になる」という気持ちは「知れば知るほど本当の気持ちが分からなくなる」ことと同義に思えて。お互いを知り始めて、全部知ったと思って「結婚」にたどり着くけれども、ふと「全部を知ったか不安になる」という「結婚前日」。そして結婚生活を初めて、続けて、でもふと気づくとその時の気持ちがどこかに行っていて、会えばお互いを罵るようなことになってしまい、元に戻りたくても相手の気持ちを知りすぎているだけに後一歩が踏み出せない・・・

この作品を観ていて思ったのは「相手を知る」ってことが簡単にできようはずもないってことじゃないかなと。
元々それぞれのバックボーンで生きてきた赤の他人が一緒になること自体が、「相手を全て知る」ことをできるはずがなくて。
「全て知った」という結婚前の日々が、不安な1日(結婚前日)を経て、「これから相手の本当を知っていく」という気持ちになり結婚、なのかなと(と、結婚も離婚もしたことがない人が書いてみる・・・笑)

●前方席の恩恵

そういえば、前方席と言えば面白いモノが沢山見られますが、この日注目したのは当然(笑)聖子さんの食べっぷり。
ソファーにのけぞってポッキーらしき物をぱくついている感じとか、どう見ても「演技指導:わし」な状態(爆)

ポテトチップスに始まりポッキー、しまいにはビスケット(缶)にまでたどり着いた上に、どうも缶の中身がなくなってしまったらしく、缶をほおばりながら缶の底を叩いて粉まで口に入れる始末(爆笑)。

稽古場動画の「10cmも太るなんて-!」を絶叫するところとか含めて、女優イメージ度外視という(笑)。
まぁ、ご自身でばらしている”新妻聖子イメージ”ですから今さらですけどねぇ(爆)。

ミネラルウォーター飲んだ後の反応とか、こっちに笑うなって言われても無理ですよ(笑)。

あ、ぽてちの袋開けようとしてさすがに思いとどまって、袋を丁寧になでて、目に入らないように手を伸ばして箱に入れるところとか、完全に地としか思えません(笑)。

もう一つ見つけたこと。

ジョンがキャットの部屋から出て行くときにこっそり写真に挟んでいくメモ。

ノートを忘れたジョンを追いかけたキャットがバッグからメモを出して「ごらっ」するのですが(でも結局嬉しいから持って帰る)、キャットが部屋を出て行くとき、実は持っていくの忘れていたんですよね-。キャットが一度部屋に戻って見つけたということに脳内補完しておきましたが。

それと、ジョンが結婚前日のプレゼントに持ってくる額入りのキャットの写真、実は聖子さんの子供の頃の写真です(トークショーで本人談)。で、キャサリンの部屋には実はその写真がずっと飾ってあり(セットを良く見ると分かります)、自分の荷物を取りに来たジャックがそれを見つけて感動して立ち止まる・・・というシーンが1幕3場「The Reasons」にあったりします(トークショーで石井さん談)。

●笑いの限界

翻訳ミュージカルの笑いの限界に挑戦しているのが
1幕7場「秘密のタンゴ」。

ここ、それぞれの人の「秘密」を明かすシーンで、聖子さんいわく「飛び道具」と言っていますが、女性陣の飛び方が凄すぎて、ここだけで舞台全体の半分以上の笑いを持っていきます(笑)

聖子さん(既にあれは”キャット”という役ですらない)のテーマは役者イメージそのままに「食」。

控え室を煎餅臭くさせ、舞台が始まろうが休憩に入ろうが終演しようがいつも「食」とは切り離せない(ちなみに切り離すと電池が切れたごとくしおれるのだそうです・・・元某共演者談)聖子さんの超あて書きシーンなのですが、そこを本人の言葉で語ると

「『♪食べるのがやめられない』という楽しい歌があるんですけど、そんなくだらない内容もこんな高いキーで歌っちゃうの!?っていう、ムダな熱唱シーンも(笑)。」

・・・だそうです(笑)。

ちなみに一番好きな歌詞は
舞台下手からクリエの最後列まで鋭く響く
「たべたいーーーーーー!」です(巨爆)。

あそこまで言われりゃ「ダメ」と言える人は
地球上に存在しそうにない(苦笑)。

翻訳ミュージカルでは通称「お買い物ソング」と言われている曲なのですが、それがこんなに嵌るとは。

ちなみに歌穂さんのテーマは「お買い物」。この日ソワレでは珍しくカードを落とされてたりしましたが、「アマゾンの原野買い占め」とか歌詞がこちらも面白すぎる。

そういえば、笑いに化してしまっているが故に「10cmも太るなんて」の理由が「お菓子の食べ過ぎ」だけと、客席全員に思われているであろうキャット、当然、理由には「妊娠」も含まれているわけですが、正しい理由が霞んでしまうほど「食」のイメージが強すぎるという(笑)。

この日のマチネは満員御礼が出たそうで、何とも喜ばしいことで。

クリエ作品としては見終わったときの雰囲気があしなが(ダディ・ロング・レッグス)に似ている気がします。
ほっこり明日への希望を持たせる小味で大人なミュージカル。
クリエの良心ここにありという感じで、素敵な作品に出会えて本当に嬉しいです。

|

« 『トゥモロー・モーニング』(2) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(4) »

コメント

ツイッターでは、書きにくかったので、こちらに初コメントを(笑)
私、一回しか観てないので、多分、理解が足りてないとこがあると思うのですが、聖子ちゃんも義理の父の話をしてるとこがありませんでした?
だから、私はキャットのお母さんが離婚して再婚してるのかあ?って思ったんですけど(^_^;) 離婚歴があるのかな?

役名を知ったときから、二組のカップルの名前の類似性が気になっていました。やはりそうか、というネタバレでしたし、一幕からも聖子ちゃんが編集長になりたいという台詞とか、共通点が散りばめられてましたね。
素敵なハーモニーと、笑えて心温まる良作でしたよね。
はあー。私もネタバレできて、すっきりしました(笑)人様のブログで失礼いたしました。

投稿: 藍あおい | 2013/04/22 00:13

あおいさん>
コメントありがとうございます。
twitterではお世話になっております(^^;)

確かにその通りで,キャットは初婚ですね
(直しておきます・・・汗)
ごめんなさいキャットさん(爆)

自分のお父さんは自分と母を捨てて家を
出ていったから、自分は本当の幸せを
知らない、だからこそ結婚を明日に控えて
不安になる・・・ということですね。
(たしかに母の再婚相手ですから義理の”父”ですね)

お陰様で勘違い含めて軌道修正できます。
ありがとうございました。

投稿: ひろき | 2013/04/22 00:25

え〜と、経験者の一人ではありますので、ちょっとつっこみ!
妊娠初期に、10センチも太ったら、ヤバすぎです!
基本わかりませんので、これは「妊娠の影響も含む食べ過ぎによる激太り」かと思われますwww

まぁ、あんだけ食べてれば(笑

投稿: 謎うさ | 2013/04/22 06:43

謎うささん>
ご指摘ありがとうございます。
そりゃそうですよね(苦笑)

妊娠の影響を皆さま完全に度外視した
会話になっていたもので(笑)

本当に良く食べますよね・・・(^^;)

投稿: ひろき | 2013/04/22 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/57221521

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥモロー・モーニング』(3):

« 『トゥモロー・モーニング』(2) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(4) »