« 『トゥモロー・モーニング』(3) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(5) »

『トゥモロー・モーニング』(4)

2013.4.24(Wed.) 14:00~16:30
シアタークリエ 11列10番台(センターブロック上手側)

東京千秋楽です。

東京公演10回のうち、無理矢理に日程調整してこの日が4回目。多い(笑)。

いつにもまして役作りしている感じが薄い印象がありました。なんか地そのままみたいな感じが(爆)。

行く回ごとに若カップルのどっちかがやらかしている印象があるのですが、この日は聖子ちゃん。

結婚前日のラストシーン、ジョンからサプライズプレゼントを貰い、喜びの余りハンガーを頭にぶつけ、「痛いっ。ぶつけちゃった」とマイクに言葉が入る(笑)。「大丈夫?」って心配するジョンの声が入るのが素敵。ちゃんと相手のこと見ているよね。

秘密songでドーナッツ食べるシーン、今日は何と聖子姫ドーナッツにかぶりつき4分の1消化、ふたたびかぶりつき4分の1消化、三度(みたび)かぶりつき4分の1消化・・・客席から大笑いが起こっておりました。どうせ残り4分の1は捌けていく途中になくなっているんでしょうけど(笑)。

1幕最後の「Everything Changes」では聖子キャットがちょっとよろけててびっくり。なんか着地失敗みたいな感じでしたけど(苦笑)。

そういえば珍しく歌穂さんが凄いことに。秘密songで振り回すクレジットカードじゃばら(←他にどう形容すればいいのだろうw)をマイクにばちーんとぶつけて「あわわ」となってた(笑)。あのクレジットカードじゃばらは鬼門らしく、日曜ソワレでは珍しく歌穂さん、落として慌ててました。

もうそういうのもひっくるめてこの作品の味ですもんね。ハプニングも平常運行も全部が愛おしくて。

某シーンの「せめて喜んでいる『ふり』ぐらいしてくれてもいいんじゃない?」って怒り方は聖子さんの地のイメージと被りまくるし(爆)、「何をして良いか分からないとお料理とか作っちゃうのよ」って歌詞もなんか記憶がある(笑)。

そういえば「秘密」シーン歌詞拾い書き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 食べたいーーーーーーー!

 チョコレートチップ、ヘーゼルナッツ、お●りが心配

 アップルパイ、生クリームいっぱい、いくつでもいい

 食欲満たすのーーーーー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな歌詞ですか本当に(笑)

●キャットの過去の話

改めて整理。

・両親が離婚。父が、母と自分を捨てて家を出ていく。
 キャットの心のトラウマとして残る。

・母が再婚。
 キャットは義父には心を許していない。

・付き合っていた男性はdavid。
 別れた後、淋しい心の埋め先を探す。

・画家を目指してイタリアへ。
 2年間を現地で過ごし、心癒される。

・帰国して、ジョンと出会う。
 ジョンは自主映画の脚本のプロモーションをやっていた。
 但し場所はスターバックスだったが(笑)

・なんでジョンに惹かれたかはわからない。
 ジョンにしてみれば「ある瞬間に頭が吹っ飛んだ」らしいが(笑)

・・・生き方に不自由なところは、とある方に似ているような気が。
ただ、意地っ張りなところはむしろ歌穂さんが演じたキャサリンの方に色濃く反映していたような。
同一人物だから当たり前ですが、キャットにもその片鱗が窺えるのが面白い。

誓いの言葉を考えていないジョンへのツッコミの早さとか。

この日見ていて印象的だったのが、キャットが結婚前日最後にジョンと別れた後、当日に戻ってきてくれる前の「一番不安な時」にキャサリンがキャットを見つめる視線がもう泣けて泣けて。

キャサリンはその時のキャットのことが自分のこととして分かるんですよね。翌日(結婚式当日)、ジョンは戻ってきてくれるけど、あの夜、妊娠を打ち明けたキャットにとっては、ジョンが戻ってくるかどうかわからない、一番不安な状態。

でもキャットは鏡を眺めながら「彼は戻ってくるか分からないけど、私はあなたのために生きる」と「鏡の中の私」で歌うわけで・・・
ここでキャットにとっての「あなた」がジョンからアダムに変わっているんですよね。
そしてジョンは「あなた」から「彼」へ。そこがうるっときちゃいました。

・・・

この日は東京千秋楽ということでカズさん進行でキャストの皆さまからご挨拶。

カズさん「まずは問題児の『役』、田代万里生くん」

万里生くん「ご観劇ありがとうございました。今回の役は伸び伸びとやらせていただいてとても楽しかったです。
 今回の(共演の)お3方は大先輩ですがみなさん自由な方々で(笑)
 とにかく皆さん時間にルーズでして・・・(笑)

 ・・・というところで歌穂さんから「私は時間通りよ」と申告が(笑)

 そうです、歌穂さんはしっかりです。聖子ちゃんはそれなりで・・・

カズさん「僕はまぁまぁで」(笑)

万里生くん「いや、皆さんいらっしゃるんですが・・・」

歌穂さん「始まるときに(両隣の)2人は・・・」

カズさん「(僕と聖子ちゃんは)食べてるから」(笑)

万里生くん「皆さんのお力でぜひCDが出せたらと思います。よろしくお願いします!」(会場内大盛り上がり)

カズさん「では次は食いしん坊な『役』、新妻聖子ちゃん」

聖子さん「本日はご観劇ありがとうございます。たった10回1週間の公演でしたが、今日のお客さまは今までに増して盛り上がって下さってとっても嬉しかったです。お客さまに育てていただいたお芝居でした。本当にありがとうございました。」

カズさん「では問題児な『役』、わたくし石井一孝から
 先ほど聖子ちゃんも言ってくれましたけど、今日のお客さまの前のめり感にとっても背中を押していただきました。
 最初は受け入れて下さるか不安だったんですけど客席からいただくお気持ちにいつも勇気づけられました。
 万里生くんから話がありましたが大切なのは『世論』です!」(拍手)

聖子さん、歌穂さんに何か耳打ち。

カズさん「え、俺話長い?」

歌穂さん「いやそうじゃなくて、聖子ちゃんがいきなり質問してきたりするの(笑)」

カズさん「聖子ちゃん何かおかしかった?」

聖子さん「『せろん』って何ですか?『よろん』と何が違うんですか?」

カズさん「同じ同じ。どっちもあってる」

・・・いきなり日本語講座発動w

※正確には意味が違って「せろん」は「感情から出た意見」、「よろん」は「議論から出た意見」という意味だったりします。ま、似たようなもんですが。

カズさん「んでですね」・・・いきなりブザーが鳴ってカズさん絶句、会場内爆笑。

 ・・・長いとこのブザーが鳴るんですね。ではご挨拶を我らが歌穂さんへお譲りします。

歌穂さん「最後のご挨拶ということでどうすればいいんでしょう・・・

 本当に素敵なお芝居で。実は私シアタークリエに出演するのは初めてで(そうなんですよね!と隣でシアタークリエ登板常連の女優さんが)、皆さんはシアタークリエ出演の先輩ということで、この素敵な劇場で素敵なお芝居を、素敵なスタッフと素敵なお客さまとで作り上げられたことを心から嬉しく思います。ありがとうございました!」

・・・と見事に締まり、最後はカズさんから

「ぜひ名古屋へおいでくださいね。赤だしのお味噌汁美味しいですよ(名古屋人1名が喜んでおられました)」
「またこのお芝居でこのメンバーでお会いしたいです。本日はありがとうございました」

名古屋行きますので(爆)、作品のまとめは名古屋大楽の後でまた改めて-。

そういえば。
この日、何回かのカテコのラスト、出てきた4名は思い思いのものを持参していたのですが。
カズさんは雑誌(キャットがブライダルドレスを見ていてジョンに怒られるあれです)
歌穂さんはお菓子(袋未開封)
聖子さんは瓶詰めお菓子
万里生くんはラグビーボール

はいいのですが、聖子さんの瓶詰めお菓子は蓋が開いてて、食べてる(笑)
1人だけじゃ物足りなかったのか、万里生くんに「あーん」、歌穂さんに「あーん」、そしてカズさんに「あーん」。

やっぱり自由人グランプリは聖子さんの頭上に輝いたのでありました(笑)

そしてその上、楽屋でも食べてたそうで(笑)→ご参考

|

« 『トゥモロー・モーニング』(3) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/57241574

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥモロー・モーニング』(4):

« 『トゥモロー・モーニング』(3) | トップページ | 『トゥモロー・モーニング』(5) »