« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(3) | トップページ | 『ロックオペラ・モーツァルト』 »

『新妻聖子ライブ2012』(5)

2013.2.11(Mon.) 14:00~15:00(滞在時間)
千駄ヶ谷ギャルリー・リフレ

2月10日(日)から開催されている「新妻聖子ライブ2012写真展」に行ってきました。

利用路線からすると北参道駅(副都心線)の方が近いのですが、前の予定との兼ね合いもあって明治神宮前・原宿駅(千代田線)から入ることに。

混み合う原宿駅前を北方向に山手線沿いに進み、「原宿外苑中学校西」の信号を右折(公式の地図には「千駄ヶ谷3西」とありますが、この名称に変わっています)、信号1つ目の1つ先の路地を左折(公式の地図には「ampm」とありますが、コンビニは潰れています)です(←いろいろ笑)。

外にDMの写真が貼られている小綺麗なギャラリー。

写真撮影は千葉市民会館公演の写真とのことで、写真51枚と新作のポスターが3枚。

ポスターは1枚2,000円で、展示写真は受注生産(会期終了後1ヶ月で配送、額付き)で1枚3,000円。そして聖子さん初のポストカードセット(5枚組)が1,000円。

写真がそれぞれだぶっている部分もあるので、どう組み立てるのか、パズルみたいで結構面白かったです(笑)。

ポスターはDM写真の衣装1枚、弾き語り赤衣装を背後から撮った1枚、とありましたが自分はもう1枚の赤衣装のポスターをセレクト。

1枚目のポスターは確かにDM写真の衣装なのですが・・・マネージャーさんに感想を申し上げたのですが、妙にお姉さん(由佳子さん)に似てるアングルな気がしました(^^;)

展示の写真はほぼ聖子さんのシングルカットですが、バンドの皆さん全員と写った写真が2枚、ヴァイオリンの美月さんが後ろに写っているのが1枚、バンマスの五十嵐さんと写っているのが1枚ありましたが、ちょっと迷った揚げ句に全員写真を選びました。

このうち、DM写真のピンク衣装と、赤&黒衣装は会場に展示されていて間近で見ることができます。
もっと注目なのは名実ともにハイヒールなハイヒール2点。実際、かがみ込んで拝見させていただきましたが(おいw)すんごい高さでした。この高さであれだけ動き回れるって凄いなぁ。

会場では今回のライブの映像もリピートで流れており、中央に椅子&テーブルもあるのでゆっくり鑑賞できます。
「私だけに」「ピエタ」「I've never been to me」のリピートです。実に初見の方向きなラインナップです。

私の後から来られていたご夫婦の方は映像を見て「若い方なのね」とおっしゃっていたので、そういう”初めて見られる方”を対象にした写真展なんだろうと思います。実際、よみうりホールのチケットも販売されていましたし。

そのテーブルには聖子さんお勧めのハーブコーディアルジュースが置かれていて、お言葉に甘えて飲ませていただいたんですが、見た目より甘くて後味が凄く良いです。さすがの舌です(^^;)

まだいただけていなかった、よみうりホール(3月4日)のチラシもいただけて一安心。

滞在した1時間の間のお客さまは先客がお2人、後から来られた方が3人ということで1時間で5~6人といったところ。
記帳ノートもあって、拝見したところ、(昨日の)初日はやっぱり多かったみたいです。

今回のよみうりホールのポスターには本人の直筆コメントが書かれていて、そこには寄せ書きができます。通称「サイゴン方式」ですね(笑)。そこにちゃんと白と金と銀のペンが置いてあるという(ポスターが黒系なので)相変わらずの気配りの細かさに感動します。

・・・

今回の企画を聞いた時に、さすがだなぁって思ったことを思い出します。

聖子さんがお休みを取られる2月に(実際には合間合間で仕事されているようですが)どれだけよみうりホールに新しい人を連れてこられるかを考えたときに、「見てもらわなきゃ、聞いてもらわなきゃ伝わらない」って気持ちを形にすることって素敵なことだなと。

痒いところに手が届く、熱意が溢れるプロの仕事っていいなって思います。
また時間が出来たら覗いてみたいと思う、とっても素敵な空間だったのでした。

写真展の会期は2月24日(日)まで。平日は15時~19時、土日祝は13時~18時です。

|

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(3) | トップページ | 『ロックオペラ・モーツァルト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/56747158

この記事へのトラックバック一覧です: 『新妻聖子ライブ2012』(5):

« 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(3) | トップページ | 『ロックオペラ・モーツァルト』 »