« 2012年もお別れ。 | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(4) »

『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2)

2013.1.3(Thu.) 12:30~15:50
シアタークリエ 17列1桁番台(センターブロック)

2013年(平成25年)の観劇初めはシアタークリエ開場5周年記念フェスタの千秋楽。
チケットが1回も取れない・・・って嘆いていた割にはこの日2回目。
ミーマイの時に使うタオルはやっぱり売り切れていました。
でもあれ振り回すとどう見ても危ないよ(まぁ上に放り投げるのが基本だそうですが)。

というわけで日替わりセットリストです。
もう公演終わったのでネタバレも何もないですね。

とある日の公演で、公式にセットリストを出すという話もMCで出たらしいですが、公演終了後すぐHPをクローズするのがお得意な主催様なのでちょっとだけしか期待せずということで。

〔第1部〕
1.ハムレット「愛があれば」

<オープニングムービー:山口祐一郎様(町内会餅つき大会編)>

2.レベッカ「今宵マンダレイで」(アンサンブル)
3.レベッカ「レベッカ」(涼風)
4.レベッカ「永遠の瞬間」(大塚)
5.レベッカ「持ちつ持たれつ」(マテ/大塚)
6.レベッカ「何者にも負けない」(シルビア)
7.GOLD~カミーユとロダン~「天使の園」(伊礼)

<MC:伊礼>

8.デュエット「They Are Playing Our Song」(石井/池谷)
9.デュエット「Fill In the words」(石井/池谷)
10.スーザンを探して「One Way Or Another」(小野田/入野)
11.スーザンを探して「Dreaming」(香寿)
12.スーザンを探して「call me」(香寿)
13.この森で天使はバスを降りた「ひかりよ照らして」(大塚)

<MC:大塚>

14.ブラッド・ブラザーズ「長い長い日曜日」(武田/岡田)
15.ブラッド・ブラザーズ「あいつに」(武田/岡田)
16.ブラッド・ブラザーズ「言わない気持ち」(岡田)
17.ハムレット「今こそ、ためらわずに」(昆/平田)
18.ハムレット「妹」(伊礼/昆)
19.ハムレット「不実」(涼風)
20.ハムレット「この世界を越えて」(チョン・ドンソク/昆)
21.アイ・ガッド・マーマン「I Got Rhythm」(シルビア/全員)

〔第2部〕

1.We Will Rock You「We Will Rock You」(マテ/岡田/石井/アンサンブル)
2.プリシラ「Go West」(武田(♂♀)/伊礼♀/入野♀/小野田♀)

<MC:石井/マテ>

3.Wiz「Ease On Down The Road」(大塚/岡田)
4.TATOO14「Steppin’Out With My Baby」(シルビア/上島)
5.ミー&マイ・ガール「ランベス・ウォーク」(入野/昆)
6.ミー&マイ・ガール「ヘアフォード家の歌」(涼風/入野)
7.MOZART!「僕こそミュージック」(チョン・ドンソク=韓国語)
8.MOZART!「愛していれば分かり合える」(小野田/平田)
9.ダンス・オブ・ヴァンパイア「サラへ」(伊礼)
10.ダンス・オブ・ヴァンパイア「恋をしているのなら」(伊礼/マテ)
11.ルドルフ・ザ・ラストキス「私という人間」(チョン・ドンソク=韓国語)
12.ルドルフ・ザ・ラストキス「愚かな英雄」(香寿)
13.エリザベート「闇が広がる」(チョン・ドンソク/マテ)
  =ハンガリー語/ドイツ語/韓国語/日本語)

<MC:シルビア/大塚/香寿>

14.三銃士「一人はみんなのために」(石井)
15.ZORRO THE MUSICAL「ジョビジョバ」(シルビア/大塚)
16.ウェストサイドストーリー「Tonight」(涼風/石井)
17.スウィート・チャリティ「今の私を見せたいわ」(昆)
18.ジキル&ハイド「あんなひとが」(香寿)
19.MITSUKO「愛は国境を越えて」(マテ/全員)

千秋楽特別カーテンコール(当番:涼風)

・・・

この日はハプニング大会でした。

ただでさえ千秋楽とあってか曲数も多いのに、やらかしてくれます>主にマテ(笑)

まずはちーちゃんつれない属性絶賛発揮のM4「持ちつもたれつ」。

ファヴェル役のマテ、わたし役のちーちゃんの回りをうろちょろ(笑)踊ってたら・・・何と言うことかちーちゃんの帽子を落としてしまい・・・。
マテ、「これは失礼しました!」と言って拾ってちーちゃんに渡してましたが、ちーちゃんはただでさえ踊りにくいあのシーン、帽子の行き場にむちゃくちゃ困ってました。

「帽子まで落としてくれたからに!」ってもっと怒ってくれる展開を期待したんですが、ご本人は半分素に戻っていてそれどころじゃなかったみたいで(笑)、後のMCで「さっき帽子落ちたじゃないですかぁ。びっくりしましたー」って言ってました、はい。

マテ大会その2。
2幕の伊礼アルフ追っかけ大会で、あろうことか歌詞全飛び(笑)
「何だっけ、どうだっけ。歌詞飛んじゃった」とかマテが言ってるんですが、助けるかけらもない伊礼氏(大笑)
とはいえ、シチュエーション的にどうしようもないですけどねアルフは。

2~3分じゃれ合った末に歌詞が戻って事なきを得ましたが、何とその間に焦ったマテが何かを上手側に吹っ飛ばしてしまい・・・どう見てもあれはマイクぽかったですが、すんごいスピードで吹っ飛んでいきました(顔面に当たったら相当痛いレベルの速度)。上手側お客さんに拾ってもらったかと思えば・・・直後に下手側袖に放り投げてました。もう使い物にならないって意味ですかね。何が起こったのか、客席と伊礼氏がみんな唖然としてました(笑)。

それにしても伊礼アルフのあの歌い方は誰の真似なんですか(笑)。別に普通に歌えばいいのになぁ。

そして女装大会。
もう自己紹介しないと誰がだれだかわからへん(笑)
曲終わりで客席降りしてうちの1人が客席に座って曲が終わった時点で、あれは伊礼社長だとわかりましたが(爆)。

3人で足見せ合うんですが、控えめに出す入野君、何かを諦めてる小野田君、そしてありえない程あけっぴろげな伊礼氏・・・というしっちゃかめっちゃかさに、あの武田真治様でさえ収拾付けられず、まさかのマテの高速ツッコミ「それは新しい芸ですか」で収束(大笑)

横にいる石井さんがマテに「違うからそれ」って冷静に突っ込んでいるのが笑えすぎた。

あぁ、げいだねぇ(別の意味で)。

真治氏「マテのツッコミ鋭くなっているんですよ(笑)」

・・・

そしてMC。

伊礼君があいかわらずでして
「私は歩かないとMCできません(笑)。歩くと脳が活性化されるんですよ」

だそうです。

で、前回見られなかったちぃちゃんMCを初体験です。

1幕は「この森~」の直後でシングルMC。

「千秋楽だから10分しゃべってても良いよ(会場内拍手)とも言われたんですよ。千秋楽だから何しゃべっても怒られないよ(会場内笑)とも言われたのですが、MCは苦手だしそんなしゃべることもないので曲紹介します」という無難なMCでした。この時に帽子吹っ飛ばされ話もしてました。

2幕はレベッカシスターズこと、シルビアさん&ちーちゃん、プラスたーたん(香寿さん)の組み合わせ。
お1人3つずつお年玉を持って登場(ちなみに紅白袋に入ったお煎餅だったらしいです)。
で、客席から立候補を募って配って歩くのですが、最後の1つを渡すときのテーマが三者三様。

たーたん「私の作品見たことある人ー」
ビアさん「私のファンの人ー」
ちーちゃん「一番声が大きい人ー」←会場からこれが一番ウケてた(笑)

(笑)

その後の3人のMC

ちーちゃん「ビアさん『ファンの人ー』って言ってましたけど、強制してなかったですか
ビアさん「いえいえ。大丈夫よね-(と、あげた方ににっこり)」
ちーちゃん「ダンヴァース夫人じゃなくて良かったですよね。(そうだったら)『ファンです』って言わざるを得ないですもんね(笑)」
ビアさん「そーよ、(ダンヴァース夫人は)家に火付けちゃいますからね

・・・というやりとりにたーたんがツッコミどころを失う始末(爆)

ビアさん「私たち(ビアさんとちーちゃん)は『レベッカ』でも共演していますがお2人(ちーちゃんとたーたん)は」
ちーちゃん「『MOZART!』のとき、お稽古だけ一緒にさせていただいたんですよ」
たーたん「そうなんですよ」

2007年のM!ですね。
ちーちゃんコンスが名古屋・博多(男爵夫人は一路さん)で、香寿男爵夫人が帝劇でしたから、実は共演してはいないんですね。

この3人のMCは完全ノー打合せだったんだそうで最後のまとめどころに困りつつ(場所はセンターブロックの通路の場所でした)。

ビアさん「次はスリーストーンの方のコーナーですが(←ここで会場が笑うあたりリピーターの山なんでしょうね)」
ちーちゃん「最初はストーンサークル(石丸さん)、次はストーンリバー(石川さん)、そして最後は・・・あれ何の英語でしょう」
たーたん「『井』ってどうすればいいのかしら」
ビアさん「『戸』って付けて「well」、ストーンウェルってことで」

そして幕が開き

カズさん「どーも、ストーンウェルですっ!」(会場内拍手)

・・・やっぱりそうなったか。カズさんだもん拾うわな。

・・・・

この日は「ランベス・ウォーク」で皆さん客席降り。前回に引き続きなっちゃんサリーはすぐそこまで来てくれたし、走ってきたちーちゃんがなっちゃんににっこり微笑んだおこぼれを戴いて嬉しいーーー!

ちなみになっちゃんはやってきたマテに、帽子の頭に指を当てられてくるくる回されてました(笑)。マテの笑いのセンスが秀逸過ぎる。

・・・・

という、何というかもはやセットリスト以外の進行は全て無視されている感じがするのですが(笑)、それでも時は過ぎゆき終演。つか既にこの時点で予定から20分以上押してたんですけどね。

「本日は『ONE HEART MUSICAL FESTVAL』にご来場いただきありがとうございます。
本日千秋楽の当番(会場内笑)を仰せつかりました涼風真世でございます(拍手)」

という引き金で始まりました特別カーテンコール。
何しろアンサンブルさん含むキャスト全員にコメントもらうわけですからもう何が何やらえらいこっちゃに。

なにしろ、かなめさんの振りが「今年の抱負、今回の感想、
今後の告知などよろしくお願いします」だった(笑)

その中で印象的だった皆さまをピックアップ。

アンサンブルさんからは池谷京子さん。
「私アンサンブル内最年長でございまして。よって踊りませんでした(笑)。素敵な歌を歌わせていただいて幸せでした」

ドンソクさん(通訳付き)「今回初めて日本の舞台に立たせていただきましたが、皆さまに本当に優しくしていただき嬉しかったです」

マテさん「今回はありがとうございました。去年はエリザベートで呼んでいただいて、感謝しています。日本に『来る』ではなくて『帰ってくる』という言葉を使いたいぐらいです。ありがとうございました」

・・・ちなみに通訳さんがいて、かつ通訳に伊礼君が立候補したんですが、全部日本語で挨拶したマテ(笑)
凄いなぁ。

小野田くん「クリエで実は舞台に出たことがありません(ステージ上から「へぇ」の声が)。ショーは出たことがあったのですが、そんな中で10曲も歌わせていただいてとても楽しかったです」

昆さん(なっちゃん)「懐かしい曲(ハムレット)も歌えたし新しい歌も歌えたしで嬉しかったです。『来年』もどうぞよろしくお願いします。」←ステージ上全員から即ツッコミで本人が「あー、やっちゃったぁ」ってしてたのが可愛かった(謎)

入野くん「素晴らしい先輩方と一緒に出させていただいてとても勉強になりました」的な優等生ご挨拶で終わるかと思いきや「『来年』・・・でなく『本年』もよろしくお願いします」・・・とちゃんと拾った(笑)

香寿さん「今回はミニスカートで踊るシーンがあったのですが(『スーザンを探して』)、新境地を開いてしまおうかと思います(笑)」

伊礼さん「クリエには『GOLD』と『アンナ・カレーニナ』、『ハムレット』で出させていただいたんですがどっちも暗い役で。自分の役、悩んでるか苦しんでいるかとかばっかりなんで、今回新しい面が出せて営業に繋がったかなと」(会場内笑)「で告知ですが次は『アンナ・カレーニナ』で出ますのでよろしくお願いします」・・・と相変わらず抜け目なく。

岡田さん「楽しかったです。次こんなライブコンサートがあるならぜひ今度は客席で見たいです」←ステージ上みんなから「え、出ないの?」って突っ込まれる

シルビアさん「どうも、変な外国人です(笑)。そこにも変な外国人がいます(マテと伊礼氏を指して)。こういうコンサートってあっても1日2日とかなんですけど、今回は長かったのでじっくり作れて良かったです」

真治さん「さっき『プリシラ』の時に『今年自分は結婚します』って言ったんですけど相手募集中なんです(笑)。そこから始めなきゃいけないんですがハードル下がってます(笑)。皆さん対象外と思わないように(笑)。○○○で対応が良いのはそこも含んでいますからね!(笑)」・・・面白すぎる。
「それはさておきミュージカルが好きな皆さんがこうして集まって、こういった形で盛り上がれたのは素敵だったと思います。今年もミュージカル界をみんなで盛り上げていきましょう。ありがとうございました。」

ちーちゃん「そこまで締まっちゃったら、私話しにくい(笑)。今回のフェスティバルは日替わりメンバーでしたけど、私、ビアさん、なっちゃん、かなめさんはレギュラーチームということで頑張りました。年末年始こういった形で舞台の上に立たせていただけるのはスタッフの皆さま、キャストの皆さま、そして足を運んでいただくお客さまがあってこそです。あと告知ですが、3月日生で入野君と『屋根の上のヴァイオリン弾き』に出ます(入野君は反対側で手を上げてました)。劇場に来ていただいて温かい気持ちで帰っていただける作品ですので、ぜひおいでください。本当にありがとうございました。」

・・・入野君がパーチックだったんだ、認識してなかった。

カズさん「私は舞台に立って20年経つのですが、このフェスティバルに参加して分かったことが2つあります。まずこの世界にいる人はみんな『変』です!(会場内&舞台上大爆笑)!。この人もこの人もこの人もみんな『変』!(笑)だからこそこういう形で舞台に立てているのかもしれません。もう1つの話なのですが、今回楽屋が男性(プリンシパル)一緒だったのですが、最初はドンソクさんがほんとしゃべってなくて。自分ら日本語か英語しかないので。でもそんなの気にせず話しかけていったんですよ。そうしたらだんだん笑顔が出るようになって。マテは最初からこんな感じですから関係ないんですが(笑)、それで改めて思ったのは最後の曲にもありましたけど『愛は国境を越える』んだということを感じまして。言葉なんか要らないんだ、と思ったんです。本当に今回はありがとうございました」

※参考までにカズさん参考blog→こちら
 
愛咲さん「皆さんのお話を聞いていて何をしゃべろうかずっと考えていたんですけど・・・今石井さんも仰られたのですが、自分も一昨年(言葉の通じない)ハンガリーに行ったときのことを思い出して、『言葉は要らない、心で通じる』ことを今回改めて感じました。ありがとうございました」

・・・よくよく振り返ると涼風さんが自分のことを話忘れてますね(笑)

・・・・

ラスト、マテが出演者皆さまと抱き合っていたのですが、男性は基本ががしっと抱き合って健闘を讃え合う、なのですが、女性陣はハグしに行ったお相手の方がちーちゃん、愛咲ちゃん、ビアさん。
そしてかなめさんには手を取って紳士なご挨拶。そして、たーたんには手を取ってそこにkiss(びっくりしてました)、んで、なっちゃんには頭の上に指を・・・(笑)

ちゃんとコンサート内のマテとの距離感と合っているんですよね。そこがさすがだなと。

つまるところ、最後のダンスはマテが持っていきました(爆)

|

« 2012年もお別れ。 | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(4) »

コメント

どこからつっこんでいいのだろうか・・・って感じですね(笑)

それにしてもこれだけの方の挨拶、覚えて書けるのはさすがすぎます!

ちーちゃん、最後の挨拶は言わないといけないことは全部ちゃんと言ってる、えらい!第一声が何か「らしい」けど。

あれ?伊礼くん、「ハムレット」は?
「プリシラ」の名前の後ろについてるマーク(笑)この日は3人だったんですね。

投稿: ぴらふ | 2013/01/05 07:50

ぴらふさん>
これで全分量の6割ぐらいです(笑)

曲順は覚えられなくなってきたのにMCは
それなりに覚えているのが不思議です。

ちーちゃんの最後のご挨拶はメンバー中
一番しっかりしてました。成長されましたねぇ(うるうる)。後輩さんもしっかりしてきているんだから先輩さんも(以下略)

後段のご指摘は完全に漏れ&間違いなので訂正しておきましたが、訂正の仕方に一工夫しました(爆)

投稿: ひろき | 2013/01/06 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74093/56462388

この記事へのトラックバック一覧です: 『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』(2):

« 2012年もお別れ。 | トップページ | 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ~』(4) »